「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

タングリン・ハウト・マーケット(Tanglin Halt Market)へ


e0062977_16510865.jpg

Holland Drive Market & Food Centreを後にし、またもや大きな道路を外れて、人けのない道へ。
e0062977_06313552.jpg
なんにもないTanglin Halt Roadを歩く。左から陽射しがあるが、朝だからまだ我慢できる。

よく見ると、タマリンドの木。
e0062977_06313508.jpg
その向こうには何かの研究機関ポイ建物。
e0062977_06313681.jpg

どんどん歩いていきます。Commonwealth Driveに入ると、HDB群の日陰が優しく迎えてくれる。
見上げると、壁に綺麗なピンク色の花!
e0062977_06313782.jpg

ここはもうTanglin Halt Marketの裏手。
e0062977_06313786.jpg

[PR]
# by recipko2 | 2016-08-25 18:00 | Singapore | Comments(0)

Holland Drive Market & Food Centre

e0062977_16383098.jpg

スーパー・Giantで本気で買い物していたら、陽が昇ってきていた。
e0062977_06282090.jpg
次のマーケットへ行くべく歩いていると、公園に設置されている健康増進器具で、おっさんが器用に歩行マシン(?)を使ってる。平然と使ってるけど、難しそう・・・
e0062977_06282113.jpg
Commonwealth Avenueにでると、向側にはBuona Vistaの駅が見える。
e0062977_06282141.jpg
少し歩くと、Holland Drive Market & Food Centre到着。
e0062977_06282297.jpg
ここも結構大きいなぁ。
e0062977_06282301.jpg
フードコートをチェックする。
e0062977_06282384.jpg
擂茶の店もあった!
e0062977_06282414.jpg
このカレーパフの店も美味しそうだった・・・
e0062977_06282477.jpg
結局まだお腹減らなくて、見るだけみて次のマーケットへ移動する。ちなみにマーケットでは素敵なごみや確認できず。
e0062977_06282537.jpg



[PR]
# by recipko2 | 2016-08-24 18:00 | Singapore | Comments(0)

Ghim Moh Market

e0062977_16281301.jpg
e0062977_07551138.jpg
Ghim Moh Marketの明かりが見えてきた。
e0062977_07551191.jpg
想像していたのよりも大きなマーケットで俄然テンションが上がる。
e0062977_07551359.jpg

e0062977_07551220.jpg
マーケットそのものも大きいけれど、周囲のHDBにある商店街も活気があって、朝から楽しい。
e0062977_07551309.jpg
おはよー!
e0062977_07551276.jpg

こちらは、HDBに入っているお約束のスーパー・Giant。
e0062977_07551435.jpg
やっぱりチェックしてしまう、米のコーナー。
e0062977_07551554.jpg
インドネシアのお茶、テボトル。
e0062977_07551403.jpg
果物も新鮮です。
e0062977_07551652.jpg

[PR]
# by recipko2 | 2016-08-23 18:00 | Singapore | Comments(0)

高幡不動 ござれ市 8月

e0062977_15162475.jpg
8月も後半になると、なんだか秋の空になっている。

前日の大和へは行かなかったので、高幡不動ござれ市張り切っていってみた。

大物家具が3000円。なんかとても欲しかったが、置く場所はともかく、何に使うんだ!とあきらめた。
e0062977_15162589.jpg
今日は1ヶ月ぶりにRaindropsさんへ!
e0062977_15162516.jpg
この日は、ノブやフックをたくさん出していた。こういう雰囲気のあるものって探そうと思うとないから、気になる人は普段からチェックしてるんだろうなぁ。

さて、高幡不動ござれ市、恒例のアレ。さっさと行きます。

Raindropsさんのちょっと手前にいつもお店・・・というか広げている古伊万里等を扱っている方のところで買った豆皿。
e0062977_15162783.jpg
うかがうと、古伊万里とのことだけど、古伊万里らしい藍色が強く出ているものの中に、2枚だけ褪色したようなグレーがかった色があった。
e0062977_15162879.jpg
模様と色合いが、安南焼きのような、フランスのアンティークのような雰囲気。卵をかたどったような形もかわいくて手に入れた。

先付などを盛る小皿だったのかも。


そして、Raindropsさんでも、豆皿。
e0062977_15162687.jpg
アーリーノリタケ(オールドノリタケ)の、柿色っぽい赤いラインがはいった豆皿。

e0062977_15162956.jpg
500円だまを一回大きくしたくらいの、アルミの豆豆皿。まるでビンの王冠みたい。


鳥が4羽ならんだスタンプは、フランスのアンティーク。
e0062977_15162882.jpg

来週の多摩骨董市は休会だそうなので、今月の骨董市はこれでおしまい。



[PR]
# by recipko2 | 2016-08-23 18:00 | Museum Piece | Comments(0)

中峇魯市場(Tiong Bahru Market)

e0062977_17250927.jpg

朝の5時。

今の季節の日本ならとっくに明るくなっているが、赤道直下のシンガポールではまだ真っ暗。

市場はもう準備にかかっているはずなので、私も張り切って起き出して出かけた。
e0062977_17250844.jpg
といってもチョンバルマーケットは目の前。

朝一番にろうそくと、供え物と線香はかかせない。
e0062977_17250913.jpg
全体の半分くらいだろうか、準備が始まっている。
e0062977_17251052.jpg
八百屋さんは色とりどりの野菜を並べるだけではなく、もやしの準備や、小タマネギの選別。
e0062977_17251262.jpg
そして、こんな風にビニールに野菜をいれて吊り下げ初めている。
e0062977_17251005.jpg
バナナの葉や、アロエがあるのも南国という感じ。
e0062977_17251296.jpg
魚屋さんでは、魚をのせるために、氷をひきつめて槌みたいので平らにし台を作っている。
e0062977_17251307.jpg
調味料や乾物、雑貨の店も開いている。
e0062977_17251356.jpg
幾つか欲しいものをかって、さて、朝ごはんを食べに2階に上がりますよ。





[PR]
# by recipko2 | 2016-08-22 18:00 | Singapore | Comments(0)

バス75 Blk 183行き チョンバルマーケット ⇒ Aft East Sussex Lane

e0062977_16055374.jpg

早起きして朝食も済ませたので、さっそく本日の行動開始。

朝食食べて午前6時。始発がそろそろ出るはずなので、ホテルそばのバス停 Blk55にいき、バス75をまつ。
e0062977_07503875.jpg
(あとで気づいたけど、このバス75はすごい!)

さすがにオーチャードへ向かう道も、この時間だとほとんど車が通ってないので、あっという間に進んでいく。

あっというまにホーランド・ロードにはいる。でも窓の外見ても真っ暗で景色が楽しめない・・・
e0062977_07531921.jpg
目的のバス停Aft East Sussex Laneついて、降りると・・・

そこは高級住宅街だった!
e0062977_07503936.jpg
明るい北朝鮮と呼ばれる(?)シンガポールだけど、貧富の差はすごいので(といっても富の振れ方がすごいので、実は貧のほうはそんなに貧じゃないけど)、バカみたいなお屋敷がたくさん建っている。

国民の90%がHDBに住んでいるのに、いくら借地権とはいえこんなデカイ家建ててるってのが、もうひと握りなんだけど、その一握りが固まっているエリアの1つなんだろうなぁ、ここ。

1軒の敷地面積は、東京近郊なら百合ヶ丘とかの住宅地くらいかもしれないが、建売じゃないだけに、まだ真っ暗なのにわかるほど主張している注文住宅が立ち並んでいて、ある意味壮観。

だが、こんなお高級なところに、目指すマーケットはあるのか!?

と心配になり歩いていくと、ケモノミチがやってきた。Googleマップには目的地へのルート上に狭いけど道がある。

ホーランド・ロードのバス停から、すぐにイーストサセックスレーン East Sussex Laneにはいる。
e0062977_07532072.jpg
まっ暗!

と思ったが、前に壮年のご夫婦がウォーキングがてら歩いているので絶対あの人たちホーカーに朝ごはん食べに行くに決まっている!と決めつけて、後を追うことにする。

坂をのぼりくだりが始まった先に、さらにケモノミチになっていた(案の定ご夫婦も歩いていく)
e0062977_07532075.jpg
ここまで来て、超地元民の散歩コースで行き止まりでした!
e0062977_07504077.jpg
みたいな、オチだけは勘弁してくれよ!と祈るように進んでいくと、そこはサバンナだった(木がサバンナっぽい)
e0062977_07504108.jpg
(真っ暗でわからないだろうけど、まっすぐに続く溝がある)

なにここ?どこ?シンガポールじゃなかったの?

とドキドキするが、どうやらここはグリーンウェイ(The Greenway)というらしい。

植民地時代の電車の廃路線跡か・・・・と思ってたら、マレーシア鉄道で2011年あたりまで運行してたみたい。

これを越える陸橋を渡ると、急に庶民派の世界が戻ってきた。
e0062977_07504245.jpg
なにやら朝から中華な曲をかけて、オバちゃんたちが踊っている・・・・
e0062977_07532198.jpg
(暗くてみえないだろうけど、オバちゃんたちが12人程いる)


[PR]
# by recipko2 | 2016-08-22 18:00 | Singapore | Comments(0)

源記魚圓麵 @ #02-72 中峇魯熟食中心 Tiong Bahru Market & Food Centre

チョンバルマーケット上にあるホーカーセンターも、朝5時だと早すぎて営業している店が少なかったw
e0062977_17280381.jpg
その中で、そうだフィッシュボール(魚圓)も食べてみたいだった!と選んだのはこの店。
e0062977_17280342.jpg
3Sドル / 4Sドルかを選んで、麵は中華麵、細めの中華麵、河粉(フォー)、米粉(ビーフン)から選べる。
e0062977_17280400.jpg
3ドルのを選び、麵はビーフンにした。
e0062977_17280449.jpg
手際よく麵を作っている姿をみつつ、私は小皿に唐辛子と醤油(魚露という中国魚醤だった)を加えて準備OK。
e0062977_17280661.jpg
ついでに、数軒横で豆漿(豆乳)を買ってきた。
e0062977_17280534.jpg
できあがった魚圓麵。
e0062977_17280580.jpg
なんちゅうかスープは淡ーい味。そこにぶりっぶりのフィッシュボール、さつま揚げを切ったもの、小さなミートボールみたいなのに、芥子菜っぽいもの、もやしが入っている。

フィッシュボールは、なんだろ、丸くしたかまぼこ。味も歯ごたえもかまぼこ。スープの味が蛋白なので、タレをちょっといれて食べてみたりする。

ガッツリ朝ごはんでも大丈夫だが、朝にぴったりな味という気もする。

ちなみに、前のお客さんは太目の中華麵で頼んでたようで、茹で残ったのが一緒に入っていたw

さて、座って麵をすすっていると、今日の分の届に製麺屋さんが配達にきていた。店の目の前の席に座っていたので、ここおいてもいい?と聞かれて、頷くと目の前にドーーーン!と麵が入った袋を載せていった。

すると、お店のおばちゃんが何やら持ってきて広げる。

それは米袋!

米袋といってもビニールではなく、大陸袋っぽい生地の袋だ。たぶん10キロ入りのかな?を裏返しにしたものを広げ始めた。

なにするのかなぁと興味津々で見ていると、目の前の袋を開けて中から麵をとりだし、解しながら使いやすい大きさにまとめなおしている。
e0062977_17280673.jpg
あまりにその姿が素敵で、私も米袋欲しい!!!となった。



[PR]
# by recipko2 | 2016-08-21 18:01 | Singapore | Comments(0)

老字号中峇魯肉骨茶 Old Tiong Bahru Bak Kut Teh@Seng Poh Rd ・中峇魯

e0062977_17212316.jpg
(ホテルの目の前の低層HDB。各家の明かりが素敵でウットリしてみていた)


デザートは食べに行くとしても、夕飯位はホーカー以外で食べてみるかと向かったのは、ホテルから60歩くらい。
e0062977_17212459.jpg
チョンバルマーケット前にある、バクテーの店。

老字号中峇魯肉骨茶 Old Tiong Bahru Bak Kut Teh
e0062977_17212403.jpg
ここチョンバルマーケットのエリアは、車の通りも人の通りもそこそこあるけれど、中心部のような雑踏ではなく、のんびりしている。

だから、昼間ウロウロしている時に見かけた、ハノイのビアホイのように路面のテーブル席が気持ちよさそうだった。

夜だからビール飲んじゃうもんねーと、席についてまずはビール
e0062977_17212559.jpg
注文したほは、バクテーと、空芯菜のサンバル炒め(サンバルカンコン)、えーいアサリもいっちゃえ!とあさり炒め

やっぱりビールには氷でしょうと氷をたっぷり持ってきてもらう(本当はチェイサーに炭酸が欲しい)。
e0062977_17212680.jpg
バクテーが来た。ここのバクテーは胡椒ベースの潮州風。
e0062977_17212609.jpg
立派な(?)スペアリブはホロホロになり、確かに塩味よりも白胡椒がいきている味のスープも美味しい。

でも私的にはやっぱりマレー風の黒いバクテーの方が好きかなぁ。

お次に来たのはサンバルカンコン。
e0062977_17212755.jpg
空芯菜炒め物はアジア各国美味しいものがあるが、中華圏のニンニク炒めも、ベトナムのニンニクとヌクマムで炒めたのも、どこでも美味しいけれど、シンガポールはサンバルというチリやニンニクなどがいろいろ入ったペーストを使って炒めたサンバル炒め。

どの国にも引けを取らない美味しさ。

栽培しやすいこともあるだろうけど、他の青菜に比べて圧倒的に使われている気がする。

もう一つは、アサリの炒め物、これもたぶんサンバル炒めっぽくなってる。まぁね、間違い用の無い美味しさですよ。
e0062977_17212839.jpg
全体として間違いない美味しさでハズレではないと思うの。

でも、シンガポールに到着してからずっと、ホーカーメシだった私的には、

ビール + バクテー + 空芯菜のサンバル炒め + アサリ炒め = 34Sドル

って、なんじゃそりゃーーーー!!!!

なわけです。約2800円。香港でタイ料理食べに行ってもこんなにならん!とちょっと自分に憤り。

お店で食べているから、値段的には妥当だと思う。ずっとこういうお店で食べていたら、ま、こんなもんかとか、複数人だったら安い!とか思うかもしれないけど。


やっぱりホーカーメシですよ、ホーカーメシ。




[お店の場所]
老字号中峇魯肉骨茶 Old Tiong Bahru Bak Kut Teh
58 Seng Poh Rd, Singapore 160058



[PR]
# by recipko2 | 2016-08-20 18:00 | Singapore | Comments(0)

調布・布多天骨董てんこもり(布多天神社大骨董市) 8月

毎月第2日曜日恒例、調布の布多天神社骨董市へ。
e0062977_07545915.jpg
朝から涼しくて、骨董市日よりだが、お盆の只中とあって、出店はいつもの半分くらいかな。
e0062977_07545975.jpg
RainDropsさんの出店がなかったので、ぐるりと一回りしておわり。
e0062977_07550064.jpg
ですが、布多天神社大骨董市での恒例のアレあります!

全て同じお店で購入。Duralexのデザート皿。18センチサイズのグリーン。画像ではややグリーン強めに出ているけれど、実際はもっとミルクがかったグリーンで、大好きな香港グリーンだったので迷わず2枚購入。
e0062977_07550086.jpg
グリーンと全く同じサイズの、イエロー。これも画像では黄色が強めですが、ミルクかかった黄色。

e0062977_07550136.jpg
同じシリーズだけど、これは一回り大きいサイズの、ミルキィオレンジ。
e0062977_07550244.jpg
このほかに無色のもあって、とても珍しかった、大体1色だけとか、1枚だけとかおいてあるのに、この店にはグリーンは2枚だけだったが、イエロー、無色は6枚づつ位あった。

色部分にだいぶハゲがあるけれど、そこがまたよし!

今っぽい料理を作ることが多分ないので、アジアメシに組み合わせて使う予定。香港メシよりも、ビリヤニとか、シンガポールやベトナムメシに合いそうだわ。



[PR]
# by recipko2 | 2016-08-19 18:00 | Museum Piece | Comments(0)

通菜排骨燉湯

e0062977_16292657.jpg

シンガポールの燉湯屋で食べた、西洋菜排骨湯(スペアリブとクレソンのスープ)が美味しかったので、久しぶりに作ってみることにした。ただし、空芯菜(通菜)で。

西洋菜排骨湯は中華の影響をうけた食文化圏なら、必ずあると思われる定番のスープ。

香港でももちろんスープといえば西洋菜排骨湯!という位ポピュラーだが、私は特にこれが食べたくて頼むことがない。定食の今日のスープ(例湯)でついてくるとか、他にも頼んでついでにという頼み方はするけど。

香港式の西洋菜排骨湯は、湯煲で棗やクコの実なんかも加えて、コトコトじっくり煮てつくり、くったくたになったクレソンと、ホロホロになったスペアリブから出るスープが少し濁っている位。

これは食べるとしみじみ美味しいけど、私の中ではこれ食べるために香港に行きたい!というほどではない。

ただ、冬にコトコトと煮込んで食べるのは好きなので、時々作っている。

シンガポールで食べたのは、燉湯という、器に材料をいれて蒸気で蒸して作り上げるタイプで、クレソンはくたくたになりすぎてなく歯ごたえが残った状態、でもスペアリブはホロホロだった。

味付けはというと、むむ!?味薄すぎじゃない!?と最初は思うも、食べ奨めていくとちょうどよく、肉は小皿につくった小口切りの唐辛子&醤油という組み合わせのタレに付けて食べるので、薄いくらいがかえって美味しい。

買ってきた燉鍋も使いたいし、このシンガポール風の味付けで作ってみることにした。

さて、燉鍋とはいったいなんぞや!?

これが燉鍋
e0062977_12022950.jpg
この鍋は、2層構造になっている。
e0062977_12023080.jpg
(中に入っている陶器製容器の蓋)
e0062977_12023286.jpg
(中に入っている陶器製容器)

この鍋の中には、まんま白い骨壺のような陶器製の器がはいっており、これに材料をいれる。

e0062977_12023113.jpg
(中に入っている陶器製容器の上に乗せる穴あき容器)

今回はスープなので、穴の開いた容器は使わず、スペアリブとスープをいれてる。

e0062977_12023283.jpg
(外鍋)
アルミでできた外鍋に水をいれて、陶製容器をセットし、蓋をして火にかける。湯煎と水蒸気に後は任せておけばいい。
e0062977_12023392.jpg
1.5時間程煮たところ一度蓋をとり、余分な油を取り除いてクレソンの代わりに空芯菜(通菜)を加え、さらに30分煮込む。

最後に、ほんの少しだけ塩と胡椒を加えて15分ほど煮込んで完成。
e0062977_16292756.jpg
添えるタレは2種類。
e0062977_16292897.jpg
小口切りの生唐辛子&醤油&シーズニングソース

塩&胡椒&シークワーサー

スープをレンゲにとり、この2種類のタレを加えて食べるので、スープの味付けは最小限に。
e0062977_16292870.jpg

[材料]
豚スペアリブ 200g

空芯菜(葉と茎に分けておく) 1袋

手羽先  8個

皮付きにんにく 1個

塩、こしょう



[作り方]
1 スペアリブは必要なら食べやすい大きさに切り、沸騰した湯にいれてサッと茹でて引き上げておく。
2 鍋に、1のスペアリブ、手羽先、皮付きニンニク、全体がつかる量よりも7cm上になるように水を加えて強火にかける。
3 沸騰したらアクを取り除き、中弱火にして、スペアリブが柔らかくなるまで煮込む。
4 柔らかくなったら、手羽先を取り除き、空芯菜の茎部分適当な長さに切り、加えて30分ほどさらに煮込む。
5 仕上げに、空芯菜の葉の部分を加えて、塩一つまみ程度、胡椒少な目の一つまみをいれて15分ほど煮込んで出来上がり。

※タレで味を替えながら食べたいので、仕上げの味付けは控えめにしているが、好みで加減。
※辣醤油タレ  小口切りの生唐辛子(好みの量)、醤油 小1、シーズニングソース 1、2滴
※塩コショウ檸檬タレ  塩、白胡椒粉に小さなシークワーサー(レモン、スダチなどでも)を絞る





・この日使った器等・
スープをいれた盅 - シンガポール
メラミン樹脂のプレートとレンゲ - 江華記・香港
タレをいれた豆皿 - シンガポール



[PR]
# by recipko2 | 2016-08-18 18:00 | Recipe | Comments(0)

オーチャード通りのアイスサンド屋台

e0062977_06301207.jpg


初めてシンガポールに来た2011年。美味しいものをたくさん食べたけど、前回と、今回も美味しいもの食べているけど、ぶっちゃけシンガポールで一番美味しいものはなんだろう?

これ食べるためにシンガポール行ってもいいかも!と思わせる程だったモノ。
私がシンガポールで一番美味しいと思うモノ。

それは、アイスサンド!

オーチャードに行くのは、確かに本屋も目的だけど、一番の目的はアイスサンド食べるためといっても過言でない。

過去のシンガポールでの記憶を振り返っても、オーチャードとクラークキーでしか見たことがない、アイスサンドの屋台。

屋台というよりも荷車にパラソルと冷凍ボックスを括り付けただけの簡素な作りだけど、出てくるアイスサンドの美味しさは素晴らしい。

20mおきにいくつも出ている位に人気で、この時も並んでいましたよ。


まだかな?まだかな?と、はやる心を抑えて、今日は何味にしようか!?と悩む時間。
e0062977_06301222.jpg
今日こそドリアンいっちゃうか!?とか、コーンも捨てがたいとか、紅豆もある!とか悩むけど、結局頼むのは一番美味しいチョコレート(モカがあったらモカ)

アイスサンドは、パンかクラッカーに挟んでもらうので、注文の時にブレッドかクラッカーか伝える。でも断然ブレッドよブレッド。
e0062977_06301391.jpg
ブロック大の塊を取出し、包丁で2cmに切った後、周りの紙をペロリとしながら、パンで挟んで渡してくれるのです。
e0062977_06301464.jpg
これがぶっちゃけ、シンガポールの食べ物中で、一番美味しいアイスサンド!

このパンがですね、天然酵母なんぼのもんじゃい!とイーストフードとかショートニングとか体に悪いものが、たっぷり入ってると思われるふわふわで甘さのあるパンで、何故か苺色とのマーブル構造。このパンだけ食べても美味しいが、そこにさらにハーゲンダッツの存在なぞ完全否定するようなバリバリのラクトアイスが挟まっている。

これを一緒に食べた時の、単純明快な美味しさといったら!!!!!

確かにB級かもしれないけど、私はホテルのレストランで食べるシンガポール料理とアイスサンドだったらアイスサンドを選ぶね!ってくらい好き(両方イケルならなおよし)

今回の3日間の滞在で、ご飯代10sドルしかないけど、アイスサンドで我慢して!といわれたら、喜んで!というくらい好き。


実際、本気で日本に導入できないか、この権利元はどこなのか交渉に行こうと思うくらい好き。
(さらにいうなら、日本でやるなら、パンはあのパン屋、アイスはあそこと考えている位好き)

しかも1.2Sドル!!!(5年前は1ドルだった・・・)


あーー、食べたーい (*´д`*)

[PR]
# by recipko2 | 2016-08-17 18:00 | Singapore | Comments(2)

バス5 Pasir Ris Int行き チョンバルマーケット ⇒ オーチャード

e0062977_14384700.jpg
さて、今回も本屋に行きたいのでオーチャードへ行く。

チョンバルマーケットからすぐのバス停Blk 1から、5バスPasir Ris Int行きを使う。

5バスは本数も多いので、5分と待たずにやってきた。

e0062977_06293030.jpg
(今度は撮れた!)


夕方ともなり、道はややこんできたけれど10分程のったらオーチャードエリア。


バス停Royal Plaza On Scottsで下車して、少し戻ると、オーチャードの交差点。

が!この交差点では渡れないとわかり、結局地下に(迷うから嫌なんだよね・・・・)

目的地はシンガポールの高島屋に入っている紀伊国屋です。



[PR]
# by recipko2 | 2016-08-16 18:00 | Singapore | Comments(2)

BooksActually@Yong Siak St・中峇魯

e0062977_14124546.jpg

前回もうなんなのここーー!となったBooksActually(ブックスアクチュアリー)。


シンガポールでの行程を考えている時には、今回も必ず行かねば!と思っていたが、この日の素敵なごみの収穫が想像以上だったので、何も高い値段で買うこともないなと、落ち着いた気持ちで行くことができた(でもやっぱり行ったのか)
e0062977_06274603.jpg
店の奥に行くと、オーナーの方がマレーシアだかインドネシアだかの出版社のインタビューを受けていた。

しかも受けていた場所が、私が発掘したいブースの目の前で、ちょっと・・・・・と舌打ちしたい気持ちを抑えてほかの部分を見つづける。

置いてあるモノで、今回必ず買わなくては!というブツもなかったので、前回来たときから買うと決めていたカップとソーサーのセットを古いガラス戸の食器棚取り出す。

前回買って帰らなかったことを大後悔し、お願いだから次回行くときまで誰もに買われませんように!と祈り続けた品。ちょっと高いけど、今買わないと絶対にする。

それがこの枇杷柄の蓋つきカップ&ソーサー28Sドル。18
Sドルの勘違いだったー!
e0062977_06541244.jpg
ひゃぁぁぁ~かわええ~ (*´д`*)

枇杷柄て!!!!なんで枇杷をこんなかわいく柄にするのか!蓋の持ち手部分は急須の蓋によくある感じだけど、その真ん中に金彩でポチっと・入れるなんて!

これ一個で大満足のはずが、別のところを見ていると、コップに小さな翡翠色のプラスチックスプーンが刺さっているではないですか。
e0062977_06274749.jpg
ひゃぁぁぁ~かわええ~ (*´д`*)

1Sドル/本。うち1本が割れてしまったので完全観賞用になったけど、二本は使える。


[お店の場所]
BooksActually
9 Yong Siak St, singapore 168645
http://www.booksactuallyshop.com/

[PR]
# by recipko2 | 2016-08-16 00:00 | Singapore | Comments(2)

チョンバル・マーケットからMoh Guan Terrace

e0062977_13531518.jpg

ホテルをとった、チョンバルマーケット周辺は、4月に初めて来たときからとても気に入っていたエリア。
e0062977_06260939.jpg
高層住宅となっている今のHDBからは想像もつかない。ゆったりとした雰囲気を持つ低層HDBにすごく惹かれた。

それぞれのHDBの住民は、1階の住まいの人は庭先(といっても、わずかなスペース)に花を植えたり、椅子を置いたて涼をとれるようにしていたり、階段にたくさん緑を置いて、さらにテーブルみたいのがあったり。
e0062977_06260915.jpg
玄関周りを見ても、各家でことなる。

風の通りがよくなるように、玄関を開けはなしにするため、玄関には鉄格子のドアが付いている。
e0062977_06261032.jpg
鉄格子と呼ぶには申し訳ない、さまざまな形の格子があり、ちらっと中を覗くと、家の奥の窓があいてる様が見えたり、場所によっては、婆がソファに座ってテレビ見てる姿が見えたりと、人の家を覗き込むのが趣味(人聞き悪い)の私としてはたまらない。

公共団地HDBにしては、新しく買うとなるとこの場所は価格が高い。そりゃ、この環境なら手放さないと思うわ。
e0062977_06261137.jpg
チョンバルマーケットを背中に歩いてくると、U字磁石みたいな形の建物群とそれに沿った通りに当たる。
e0062977_06261179.jpg
オシャレなお店も多いし、なんといっても歩いていて、なんだか気分の良い通りなのが一番いい。
e0062977_06261243.jpg

[PR]
# by recipko2 | 2016-08-15 18:00 | Singapore | Comments(0)

LuLuLun 「京都プレミアムルルルン」


羽田空港の免税店はいくつかあるけれど、THREEなどが置いてあるANAの免税店で買い物したときに、レジ横に積まれていたのが、これ。

LuLuLun  京都プレミアムルルルン
e0062977_12103967.jpg


既に会計をしていたので、何の気なしにみていた。


ふーん、フェイスマスクが5袋入りなのねー、ばらまき用にはいいけどどこのお土産だよって話よねー

と思いながらよく見ると、1袋にマスク7枚入りでそれが5袋はいって1500円(もちろん税なし)ではないですか!

ええええーーー!それはいいんじゃないの!?(まぁばらまき土産にはしてませんけど)と追加で購入した。

が!もっと買ってくればよかった!!!

マンゴーとか、ゴーヤとか肌につけるにはちょっと・・・な香りのものがあった中で一番普通そうな、宇治茶葉エキスやら繭玉エキスやらが入ったものを選ぶ。

枚数と価格から言って、高級マスク程には期待してなかったのだけど、これがすばらしい。

シートマスクもそこそこ試したけれど、だいたいどのマスクも、

小顔が世の中的にウリのくせに(そうだっけ?)、なんでこんなに顔デカいんだ!

というくらい、デカイマスク多すぎ

顔にぴったりなんてします?

いつもほとんど無駄に余るので切って無理やり顔にぴったりにして付けてますよ。もしくはえ?ここ足らないの!?というような。まったくもってピッタリなのってシートマスクで皆無。お蔭でティッシュ使いがうまくなりますけどね。

好みのユーケイドーは本当に大きいし、ちょっと前に頻繁につかっていたAWAKEのマスクも液がさらさら故に貼りつけると下の方に液が落ちてきてしまう。

一長一短あるのがシートマスク

と気にせずに使っていたけれど、このLuLuLunのマスクは、マスクのサイズが過去最高に優秀なちょうど良さ。シート自体に伸縮性があるのはもちろんなんだけど、かなり引っ張っても破れない。

特に目の周りが絶妙な穴の開きなので、ここを合わせてほかの部分は伸ばしてつけるようにしていくとぴったりつく。

液体は、サラサラでも無駄にドロドロでもなく、タレ落ちることがなくその場にとどまってくれて、空気の乾燥にも負けないトロみ。

この時期だとこのシートマスクだけして、乳液とかクリームしなくてもいいくらい。

シートマスクを使うなら、化粧水代わりに毎日(または集中的に)つかってナンボ!だと思うので、週に1度高級マスクを気休めに使うよりは、手ごろなのを毎日使う方がよりいいと思う。

そういう意味でも、これは1週間分が1袋になってるから使いやすいし、わかりやすい。

次回空港で買う時は、もっとガッツリ買ってこよ。




[PR]
# by recipko2 | 2016-08-14 18:00 | Mask etc. | Comments(0)

福永興@Seng Poh Rd・中峇魯

e0062977_06375620.jpg
チョンバル・マーケット前にある素敵なごみ・・・じゃなかった五金やさんの福永興

前回、うひゃー!となるほど色々と発掘してきたが、今回いったらなんかなかった・・・

棚にあったはずのものがなかったり・・・・追加で買おうと思っていた映山紅柄(ツツジ柄)のプレートが無かったりして残念。

それでもゴソゴソしていたら、前回は見つけられなかったのになぜかあった、プラナカン好みなピンクのボウルがあった。
e0062977_12022525.jpg
これはこの日珈琲粉屋さんで見つけたのよりも一回り小さいタイプで、ちょうどカフェオレボウル位だろうか。
e0062977_12022675.jpg

それぞれが微妙にピンクの濃さが違う。ヨーロッパのピンクとも違う、アジアメシにぴったりのピンク。1枚2.5Sドル位だったと思う。






[お店の場所]
福永興
71 Seng Poh Rd #01-47 Singapore

[PR]
# by recipko2 | 2016-08-13 18:00 | Singapore | Comments(2)

桃とサングレープトマトの冷製パスタ@Afternoon Tea Tearoom


夏のシーズンメニューではなく、店舗限定で出ているっぽいメニュー。

桃とサングレープトマトの冷製パスタ
e0062977_12071841.jpg
ネクタリンと、三浦半島で採れたというサングレープトマトを使った冷製カッペリーニ。

以前にも登場したガスパチョソースを使っているけれど、その時はイマイチ・・・だったが、今回はぴったりハマって美味しい。自分のスペシャリテであるトマトの冷製パスタに近い味なのも好みな所。

ジェノベーゼソースも風味を加える上品な加減でかかっているのもいいし、なによりスペアミントのアクセントが素晴らしい!(スペアミント好きなもんで)。

パスタに桃?(しかもネクタリン)と思うかもしれないけど、ガスパチョソースのニンニクと塩気に、ネクタリンの甘さと香りがぴったり。

ネクタリン単体で食べても、生ハムが入っているので生ハムと重ねてパスタにからめても、モッツァレラチーズと生ハムでいってもよし。

暑い夏にぴったりの美味しさと爽やかさで、春以降の新作では、私的にベストワン!かもしれない。

このメニューは、どの時間でもお茶とセットになっているスペシャルセットメニュー。でも他のメニューと一緒でケーキも付けたりできる。



[PR]
# by recipko2 | 2016-08-12 18:00 | AfternoonTea | Comments(0)

5 STARS EXPORT PTE.LTD 出入口商 @ 中峇魯市場(Tiong Bahru Market)

e0062977_06323745.jpg


前回取りこぼした、チョンバル市場前のセブンイレブン横にある店。
e0062977_06323991.jpg
大興奮するほどの素敵なごみ・・・じゃなかった日用品は見つけられなかった。
e0062977_06323903.jpg
メラミン食器がずらっとおいてあるのはいいけれど・・・・
e0062977_06323882.jpg
周りの住人がちょくちょくと使っている、という感じの店だった。
e0062977_06323707.jpg





[お店の場所]
5 STARS EXPORT PTE.LTD
58 Seng Poh Road, #01-21

[PR]
# by recipko2 | 2016-08-11 18:00 | Singapore | Comments(0)

宜康 iEcon @ 中峇魯市場(Tiong Bahru Market)

e0062977_06333824.jpg
この店は、素敵なごみ屋というか、よろずやさん。

店頭と奥に少し雑貨がおいてあり、あとはお酒や調味料、缶詰、米、ドッグフードなどなど取り揃えていた。
e0062977_06333938.jpg
好みのものはなかったけど、見てて面白い。
e0062977_06333948.jpg


[お店の場所]
宜康 iEcon
71 Seng Poh Road

[PR]
# by recipko2 | 2016-08-11 18:00 | Singapore | Comments(0)

中峇魯炒粿條 TIONG BAHRU FRIED KWAY TEOW @ #2-11 中峇魯市場(Tiong Bahru Market)

e0062977_06315099.jpg

ホテルに荷物を置いて、向いのチョンバル・マーケット 中峇魯市場(Tiong Bahru Market)におやつを食べに。

15時まわっていたので、休憩に入っている店も多く、お目当ての店も休憩に・・・

とりあえず、クッティオの店が開いてたので、これにしよう。
e0062977_06315199.jpg
2Sドル / 3Sドル / 4Sドル

の3種類の量から、2Sドルを選ぶ。

この位。
e0062977_06315158.jpg
味は、ソース焼きそばでもなく、オイスターソース風でもない、不思議なんだけど食べてしまう味。おやつにぴったりだと思った。

バカウマ!とか思わないけれど、このぐらいの時間になにか食べたいぞ!というときに食べたい味。



楗柏水粿で前回食べて美味しかった水粿も。
e0062977_06315289.jpg
前回は、辛いの無しにしてもらったけど、今回はほんの少しだけつけてもらった。







[お店の場所]
中峇魯炒粿條 TIONG BAHRU FRIED KWAY TEOW
#2-11, 30 Seng Poh Ln, Singapore 161034

[PR]
# by recipko2 | 2016-08-10 18:00 | Singapore | Comments(2)

Ang Mo Kio からチョンバルへ(バス851)

e0062977_14290931.jpg
段ボールが乗った相棒のコロコロはずっしり重いが、大収穫のため足取り軽くバスにのってチョンバルへ。

荷物の多さと重さからいったら、ここはタクシーを!と思いつつ、雨が降ってきてしまったためにタクシーが全然捕まらず、こうなったら意地でもバスで帰ってやる!とバス停に向かった。

幸いなことに、ここからなら851バスに乗れば、チョンバルのホテルの目の前まで帰ることができる。

向かったバス停は、Aft Blk 304。ここから851バスにのって、ホテルの目の前のバス停は、Blk 55

すっごく便利!


[PR]
# by recipko2 | 2016-08-10 18:00 | Singapore | Comments(0)

ケブンバルの素敵なごみ・・・じゃなかった日用雑貨店 ② @ CHOICE 338 Ang Mo Kio

シンガポールに遊びに来てるんじゃないのよ!

素敵なごみ漁りにきてるのよ!


本気をだして発掘中

一番下の皿がある段は、奥を覗いてみると、かすかにキラッ!と縁が輝いてるのがある。

それを見てしまっては、全部出して確認せずにはいらない!

ということで、下の段の皿を全部出して、チェックしてみると、出てくるわ出てくるわ好みの皿。

・・・もう写真撮るどことではないので取っていません。

となると、小碗のあった棚もとりあえず全部出してみてチェック。
e0062977_08254597.jpg
燉湯屋で使ってた器の、周りにあるのもかわいい(今回はあきらめた)。
e0062977_08254609.jpg
やっと次の棚に。
e0062977_08254769.jpg
ここはまな板とか、はし、レンゲ、豆皿コーナー。
e0062977_08254883.jpg
レンゲも豆皿もこれまた好みのモノだらけ!!!
e0062977_08254912.jpg
ティファンも!
e0062977_08254613.jpg
買うものがあっという間に積み重なったので、その辺にあった段ボールを持ってきて、ガンガンいれていく。
e0062977_08270534.jpg
画像とってないが、ティーカップのコーナーがこれまた中国制造モノがたくさんあって、もう大興奮!

(ちなみに、段ボールに入っているほかに、プレート類が横に積みあがっています)

で、お会計は全部で50点位かって、165Sドル。
e0062977_08270622.jpg
終わって段ボール詰に。いや~買った買った~っ!大満足!

[PR]
# by recipko2 | 2016-08-09 18:00 | Singapore | Comments(0)

チーズカスタードケーキ@Afternoon Tea Tearoom

e0062977_12080488.jpg

1992年に登場したチーズカスタードケーキが復刻メニューとしてでていた。

このケーキも、私の中ではそれほど・・・な印象のもの。

頼んで食べてみると、カスタードクリームと、チーズクリームがちょうどよくてとても美味しい。

カスタードと、チーズケーキにそれほど萌えないので、やっぱり私的にはふ~んなケーキなのだ。

5回に1回位は、頼んでもいいかなぁと思いつつ、苺のショートケーキを頼んでしまうのです。

でも、食べると美味しいです。(?)

[PR]
# by recipko2 | 2016-08-09 18:00 | AfternoonTea | Comments(0)

ケブンバルの素敵なごみ・・・じゃなかった日用雑貨店 ① @ 338 Ang Mo Kio

e0062977_08202183.jpg
素敵なごみ・・・じゃなかった日用雑貨店調査をしていると、時にお店はあるけれど自分の思っている素敵なごみ・・・じゃなかった日用品がなくて、結構心が折れる(勝手にやってるからしょうがないけど)

歩き疲れている所に重なると、もう泣いちゃおうかな~って位の挫折感と焦燥感い襲われる(まぁ、勝手にやってるからしょうがないけど)

でも!

かならず1軒は、

やっててよかった~!!!

という店があるから、続けていられる(いや、勝手にやってるんだけど)

今回、アンモーキオ探査も前半!と思っていたこのケブンバルで、本日終了~となる位に、素敵なごみ・・・じゃなかった日用雑貨店を見つけた。

まず目に入ったのが、店先においてあるこのワゴン類(正式名称知らない)
e0062977_08202125.jpg
これまでシンガポールで見てきた、素敵なごみ・・・じゃなかった日用雑貨店の店頭に大体これがある。

香港の素敵なごみ・・・じゃなかった日用雑貨店は、店先にいかに吊り下げモノがたくさんあるかで善し悪しがわかるが、シンガポールでの目印はこのワゴン類かもしれない。

(スーパーやパン屋、八百屋、果物屋でも出ているから油断ならないけど)

メラミン樹脂食器の鶏柄を筆頭に、最近イチオシのアヤメ柄。まぁ、これまで見た店でもあったけど・・・さてどうかな?(でもこの1枚だけある花柄がすごい気になるけど)と店内へ。

まず入ってしょっぱなに、琺瑯の魔法瓶類と、琺瑯のカップ類が置いてある棚。
e0062977_08202297.jpg
お、いいのあるねー、でも持ってる系だから今ここで無理して買わなくてもヨシ!

その奥に進むと、上の棚にはよくあるタッパー系容器(日本製)の下に、大好物の七厘
e0062977_08202335.jpg
キタ!この七厘のタイプは香港やベトナムで見たことないわ~。でもまぁ思いから無理して買わないけどね。

でも、なんかここツボるなぁ~

とその背後の列に回ると・・・
e0062977_08254510.jpg
!!!!!
e0062977_08202305.jpg
ちょっとまった!なんだここ!!!!

と、本気で腰を据えて探査モードに切り替え、後ろを見ると、

ぎゃーーーーー!!

チョンバルのブックスアクチュアリーで1個7Sドルで買った小碗が、気軽にあるわけです。手前には帝花柄の碗、ちらっと魚柄の碗もあるし、ここにおいてあるの、大好きな中国制造モノがおおいぞ・・・・
e0062977_08202438.jpg
その下の棚にも、これまた気になる碗や皿類。
e0062977_08202498.jpg
一番下の棚は皿(プレート)類。さらっと見えているだけで、もう大興奮。
e0062977_08202577.jpg
ココに居座るぞ!と立ち上がってふと上の棚を見ると・・・・
e0062977_08202660.jpg
バラ柄のティーポット!!??

ハイビスカス柄や帝花柄に、基本バラ系花柄もたまらなくツボですが、最もツボな柄(そして探査目的の1つ!)のティーポットがある衝撃。

バックスタンプこそないけれど、素地の感じ、柄、デザイン、どれをとっても中国制造モノ!!!!

すぐ下には、さっき食べた燉湯屋で使ってた器もあって、やっぱりね!と嬉しくなる。


もちろん、続きますっ!


[PR]
# by recipko2 | 2016-08-08 18:00 | Singapore | Comments(4)

美味燉湯 @ CHOICE 338 Ang Mo Kio

e0062977_08145997.jpg


雨だしなぁと、ケブンバルをうろうろしていたら、CHOICEというフードコートだかコピティアムだかがあった。
e0062977_08145953.jpg
こういう時は、食べている所を観察。

どこに行ってもお店で使われている器が気になるので、ここでもチェックしていると、スープがはいった器がなにやらかわいいですぞ!

毎日洗いこまれて、すっかり柄が薄まっているけれど、帝花柄に似ているし、器そのものも武骨な感じ。

香港ではスープというよりも、蒸しご飯とかに使われている器。

さまざまなスープに、海南鶏飯のライスのようなものと一緒に食べている。

お店は、点心、カレー、廣東式などさまざまで、その1つに燉湯と書かれているブースがあった。

燉湯というのは、スープの作り方で蒸気を使う方法をいう(と私は理解しているけど、細かい定義は知らん)

例えば、土鍋(煲鍋)に水と材料をいれてスープをとるのは、普通にスープだけど、器に材料と水分をいれて蒸籠等にいれて、蒸気を使って蒸してスープを作る料理方法。

よく見るのが、骨壺(こらっ)みたいな器にいれて、そのまま蒸し器にかけて仕上げるスープ

ここは、先ほどみた無骨な感じの器にいれて、ステンレス製の大きなスチーム器のなかで蒸していた。

美味しそうだったので、つい1時間ほど前に朝ごはんを食べた気がするけど、気にせずに、スペアリブとクレソンのスープを注文。お値段、3.8Sドル(320円位)。別でご飯を頼めるけど、スープだけにした。
e0062977_08150069.jpg
店頭に置かれている調味料から、小皿に切った唐辛子と醤油をいれてスペアリブ用のタレにする。
e0062977_08150120.jpg
別の店で、ライムジュースを買ってきて、いただきます。

スープのベースはチキンかなぁ。くたくたになりすぎてないクレソンと、ホロホロのスペアリブがぴったり。
e0062977_08150025.jpg





[お店の場所]
美味燉湯
338 Ang Mo Kio Ave 1, Singapore

[PR]
# by recipko2 | 2016-08-07 18:00 | Singapore | Comments(0)

CHANEL 「 la solution 10 de chanel(ラ ソリューシオン 10 ドゥ シャネル)」


かゆいんです。


電車内の冷房が強風過ぎて、スイングする度に私の髪の毛をゆらして肌に触れるので、かゆいんです。

もう、それはかゆくてかゆくて、ハゲにしたろか!と思うくらい痒いのです。

去年はこんなに痒くなかったように思うけど、自分の髪の毛に敏感になってしまっているうえに、ボリボリ掻いてしまうので余計に悪い。

こうなった時に思い出すのは2品。

1つは、ゲランのSOSセロム、もう一つは、CHANELのソリューション デストゥレッサント

どちらも何度となく助けられた品。

このところ、空港の免税店でしかメガブランドの化粧品を買わないので、今回も羽田空港の免税店にいってみると、知らぬ間に世はかわり、ソリューション デストゥレッサントは廃盤。

かわりに、ラ ソリューシオン 10 ドゥ シャネルが発売になっていた。

CHANEL  la solution 10 de chanel(ラ ソリューシオン 10 ドゥ シャネル)
e0062977_13434011.jpg
まぁね、名前変わっても結局コンセプトや使用感は一緒なわけで、これはテクスチャ変えて、体よく容量少なくして、値上げしてるだけじゃない?と思いつつ購入。

100mlあったのが30mlになり、テクスチャは5倍位濃厚になった。

あの軽い乳液っぽい感触も好きなんだけどなぁと、使ってみると思った以上に肌へののびもよく、1プッシュで十分。

10ある成分の1つ、ソフトパウダー。つけた時にパウダーっぽい感じも確かにある。これは以前のソリューション デストゥレッサントの時よりもしっかりとわかる感触かも。

肌につけた後は、1枚しっかりと肌を守っている感じがする。でもこれは、エスティローダー系に顕著なポリマー系の気持ち悪い被膜感ではないから、不快さはナシ。

この日、化粧を落として、ラ ソリューシオン 10だけをつけて、飛行機に乗って7時間。髪の毛がふれた後ずっと痒いのが続くのに、それも治まり、乾燥による荒れもなく過ごせた。

医薬部外品でないはずだが、ソリューションと名が付くだけの機能がメガブランドの凄味だと思う。

[PR]
# by recipko2 | 2016-08-06 18:00 | Elixir | Comments(0)

Kebun Baru Market & Food Centreまわりの素敵なごみや調査 @ Ang Mo Kio





ふぅ~


のっぴきならない(でもないけど)状態を脱したので、落ち着いてKebun Baru(ケブンバル)マーケットまわりのお店を見ていく。

もちろん、

素敵なごみ・・・じゃなかった日用雑貨店

の調査に来ているのだから、そこ中心に探していきたい。

大き目のマーケットだったので、まわりのHDB群の1階に入っている店も充実している。

ここは、キレイに整頓されている素敵なごみや。
e0062977_08100827.jpg

こちらはまた別の店。
e0062977_08100873.jpg
打包用品も充実している。素敵なごみ・・・じゃなかった日用品狙いの私にはものたりないけど、生活していて普段使うのには(?)いいお店だと思う。
e0062977_08100982.jpg
むしろ、日本でもここまで個人店で充実してて、キレイな店ってなかなかないと思うわ。
e0062977_08101083.jpg
どうしても心惹かれる、穴明おたま系列(おたまじゃないけど)
e0062977_08100991.jpg

蒸し鍋に並べた器の上において、もう一段にして使える蒸し板も充実。
e0062977_08101102.jpg
ここでもやっぱり
e0062977_08101199.jpg
お盆(しらんけど)

e0062977_08101212.jpg
ここは中央に丸い広場みたいなのがあり、
e0062977_08101261.jpg
そこを中心に円状に渡り廊下みたいになっている。
e0062977_08101324.jpg
あっちの素敵なごみ・・・じゃなかった日用雑貨店に行きたいんだけど、すごい雨が降ってきた。
e0062977_08105515.jpg

[PR]
# by recipko2 | 2016-08-05 18:00 | Singapore | Comments(0)

Kebun Baru Market & Food Centre @ Ang Mo Kio

e0062977_13110964.jpg


Kebun Baru(ケブンバル)マーケットをまず覗いてみると、大きいマーケットでフードセンターも併設されている。
e0062977_08131671.jpg
洋服のリメイク屋さんや、生地、靴屋などもある。
e0062977_08131660.jpg
この店は西瓜しかなかった。西瓜専門店?
e0062977_08131797.jpg
葬祭の必須アイテム、紙器(と呼んでいるけど、シンガポールでは何と呼ぶのか?)の店。紙札、線香、あの世に持っていくアイテムが揃っていた。
e0062977_08131795.jpg
まったく需要ないかもしれないけど、このマーケットのトイレ。水洗タイプと和式タイプがある。

公衆廁所慣れてしているため、まったくもって使うのに躊躇うことない(しかもここはキレイだと思う)
e0062977_08131804.jpg
使うのに10セントかかる(使わせてもらうのに文句言って申し訳ないが、10セント払うの面倒なんすよ・・・)

公共の場所にあるトイレの使用に関しては、人件費・上下水道代・整備代・維持費は税金で賄うべしって国連あたりで各国で協定してくれませんかね。国連にぴったりな仕事だと思う。

紙は備え付けられてないので自前で用意するか、入口で10セント払う所に、10セントトイレットペーパーを丸めたのが用意されている(2回分量程が巻かれている)

横にごみ箱が用意されている場合は、ごみ箱に、されてない場合は便器に流してしまったが、どうなんだろか。てか、それしかやりようないし!

ただし、香港の定番(?)である女子便所だけど便座あがってるというのは、あまり見かけなかったように思う。



[PR]
# by recipko2 | 2016-08-05 18:00 | Singapore | Comments(0)

Kebun Baru Marketへ


Ang Mo Kio Block 162 Market and Food Centreから少し坂を上って、再度下り。

e0062977_08054028.jpg
新しいHDB群の小路をしているので大幅なショートカットはせず、 Ang Mo Kio Avenue 4をしばらく下っていく。

すると左手にコピティアム(?)が見えてきた。
e0062977_08054151.jpg
この向かい側のHDBをぬって歩いて、少し歩くと、
e0062977_08054225.jpg
ケブンバルのマーケットが見えてきた。
e0062977_08054227.jpg

[PR]
# by recipko2 | 2016-08-04 18:00 | Singapore | Comments(0)

Giant @ Ang Mo Kio Block 161



HDBの一角に大き目の超級市場(スーパー)がある。

前回シンガポールに来た際によった、タングリン・ハウトのスーパーよりも、人が少なくて店内をのんびり見ることができるけれど、香港でいうなら恵康やパークンレベルの、生活するならここに来るよなぁ(街市以外でなら)という、密着型スーパー。

価格もド!ローカライズされてるし、品出し状況もよい(えらそうに)

爆安なわけではないから、無理して買って帰ることはないかなぁという気持ちは変わらない。
ただし、モノによって日本よりも断然安く、気楽に手に入らないものだったりするので、そこだけ注目したい。

店頭に積まれていたのは、鉱泉水とか、クーリングウォーターと書いてある水。
e0062977_07532268.jpg
脚にかいた汗の味といわえているけれど(前回かったら飲めないことはなかった)。中国産と、マレーシア産などいろいろあるのね。

このあたりは胡麻油。色々なブランドのが出ている。
e0062977_07532246.jpg
パックの野菜ジュース、フルーツ果汁もの。
e0062977_07532344.jpg

椰糖(グラメラカ)は日本より断然安い。ただしこれはインドネシア産のもの。同じ分量のものを大久保で800円位で買ってる。
e0062977_07532365.jpg
缶詰。
e0062977_07532421.jpg
出前一丁は香港ほど圧倒的ではないけれどあり。パッケージは日本流用?
e0062977_07532565.jpg
大好きなカップヌードルのシンガポールバージョン。やはり一番はラクサ味(でも今回買い忘れた)。
e0062977_07532569.jpg
ドリトスは、美味しいアメリカ版。
e0062977_07532685.jpg
今回スーパーで喰いついたのは、

香港との比較で恐縮だが、香港で売っている米はほとんどが厚手のプラスチックビニール(いわゆる日本で見る米入っている袋)で、真空パックされている。

が、シンガポールのは、厚手のプラスチックビニールはあるけれど、同じくもう一つ大陸袋素材の米袋でも売っている。

同じブランドでも重量が違うなら納得だが、まったく同じブランド、同じ重量なのに厚手のプラスチックビニール版と米袋版が出ているのが面白い。

これが、一つのブランドだけではなく、ほぼすべてのブランドでやっている。

さらに、こちらでもほとんどがタイのいわゆるジャスミンライス(カオホムマリ)が主流だが、香港で売っているタイ米はジャスミンライスということで「茉莉香米」と書かれている。でもシンガポールでは漢字表示で茉莉香米というのはみなかった。
e0062977_07532761.jpg
パッケージが各社ともかわいくて、初めて見る系統が金飛人(FLYING MAN)。
e0062977_07532652.jpg

製菓材料コーナー。
e0062977_08004542.jpg
インスタント涼粉があったら買おうと思ったのに、なかった。。。。
e0062977_08004530.jpg

やっぱりスーパーは楽しい!




[お店の場所]

Giant
#01-504, 161 Ang Mo Kio Ave 4, Singapore 560161
https://www.giantsingapore.com.sg/

[PR]
# by recipko2 | 2016-08-03 18:00 | Singapore | Comments(2)


コスメやスキンケアや美容のこと。一生懸命あがいています。といっても最近は素敵なごみ・・・もとい日用品を買う方が多いけど。2016年も旅行に買い物に骨董市にと好きなことしまくります!


by recipko2

プロフィールを見る

以前の記事

2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

<< お気に入りのブログ>>
Cozy's Cozy's World
映画のフェイクポスターをのせているブログ。本物かと思うほどの凄まじい出来です。

ニョニャ料理の日々

------------------------
広州
旅行口コミ情報

香港旅行・ホテルのクチコミ






*-*-*Twitterはじめました-*-*

「recipko」
で検索してみてください。

※おもに暴言。たまーに記事にする前のコスメのこととかつぶやいてます

*-*-**-*-**-*-**-*-**

https://iluquappa.stores.jp/

最新のコメント

> やす姉さん 私..
by recipko2 at 10:55
> やす姉さん ..
by recipko2 at 10:48
ありましたっけ?こんなの..
by やす姉 at 23:19
わかります、わかります!..
by やす姉 at 12:07
> るる♪さん か..
by recipko2 at 11:10

ブログジャンル