炭焼鰂魚 / プラーヤーン ปลา ย่าง

e0062977_08055049.jpg




タイに行ったことが無い(そしてたぶん今後も行く予定が無い)私にとって、タイ料理の味の見本は、香港・九龍城のタイ料理


ボートピープル時代からの香港におけるタイ人の一大生息場所なもんだから、タイにある店よりも美味しい(と、タイ人が言っていた)

お気に入りのタイ料理屋で、必ず食べるのが炭焼鰂魚、タイ料理名だとプラーヤーン
e0062977_14363512.jpg
(香港・九龍城のタイ料理屋の炭焼鰂魚)


炭焼鰂魚とある通り、鰂魚という魚が使われているけれど、日本ではまず生の状態で手に入らないので、鯛とかイトヨリとかで作っていた



が!!


先日初めていった、大東京綜合卸売センター内のアジアンミール Asian Mealさんで、冷凍の鰂魚(Tilapia ティラピア。台湾産)が売っているではないですか。
e0062977_08411029.jpg

いよっしゃーー!!!作れる!


鰂魚というとなんとなく泥臭そうなイメージもあるかもしれないが、泥臭いなんてことはなく(あってももう感じ無いけど)、身は柔らかくジューシーで、大好き。

私が買った時の鰂魚は、内臓とエラと鱗を取った状態で冷凍されていた。

プラーヤーンとしては、お腹にレモングラスやこぶミカンの葉などを入れたいので、少し解凍した状態でチェックすると、100%きれいな状態とは言えないが、鱗はとってあり、内臓は一部端っこが少し付着、エラはなぜか片側だけ取ってあった(笑)

とりあえず残りをきれいに取り、良く洗い、お腹にレモングラス、こぶミカンの葉、カー(しょうがの1種)、香菜の根をパンパンに詰める。

あとは、完全に解凍させる必要ないので、周りに塩をたっぷりして、グリルで焼く(香港なんてカッチンカチンのまま焼きだしてるが、むしろそれがジューシーに仕上がるポイントだと思っている)
e0062977_08055666.jpg
(この位、焼いちゃって大丈夫)


焼きあがった時の香りは、そうそう!これこれ!これなのよぅ!という炭焼鰂魚でうっとりする。

ペロリと皮をはいで、柔らかい身をナムジムジェオなどにつけてどうぞ。

こんなにおいしいし、食べごたえもあるのに1尾380円とか嬉しすぎる!

一応、同じだけど作り方ものせておく。
e0062977_08055342.jpg
[材料]
冷凍鰂魚  1匹 (エラと内臓が確認できる程度に解凍)

詰め物
ショウガ(スライス)  1カケ
レモングラス 2~3本
コブミカンの葉  3~4枚
香菜の根  4株

塩(粗塩)

[作り方]
1 詰め物の材料をすべてキザむ。
2 魚のお腹をよく洗い水けを拭き取った後、1のフィリングをギュウギュウに詰める。エラ部分にも詰める。
3 魚の表面に塩を刷りつけるようにたっぷりまぶす。
4 グリルにいれて中火~弱火で表面がこんがりするまで焼く。
5 裏返して、残りの反面を焼く。
6 焼きあがったら皿にもり、エラ側、しっぽ側、背びれ側、腹側にハサミをいれて皮をペロンと剥がす。

※お腹の詰め物は食べない。
※うろこがついている場合は、うろこは取らない方が皮が剥がしやすく、また身もふっくら焼き上げられる。



香港・九龍城のタイ料理店風の通称「魚につけるやつ」(ナムジム・ジェオ น้ำจิ้มแจ่ว)の作り方
[材料]
プリックポン(チリパウダー)  大1(小匙1から初めて好みの辛さに調節するのが吉)
ナンプラー(またはヌクマム)   大1
パームシュガー(またはグラニュー糖) 大1
マナーオ汁 1個分
カルクーア(炒り米を粉砕したもの) 大1 ⇒ 作り方
刻んだ香菜 1株分位

[作り方]
1 プリックポン以外を先にを混ぜて砂糖をよく溶かす。
2 最後にプリックポンを加える。
3 好みで砂糖、ヌクマム、マナーオ汁を再度加えて調整する。

※マナーオ汁はレモン汁でもすだちでもシークワーサーでもOK(風味は違うけど)。



香港・皇后街熟食市場のタイ料理屋で食べた時の添えダレの作り方
[材料]
ニンニク 1/2カケ
唐辛子 1/2本
パームシュガー 大1~1.5
ナンプラー 大1
マナーオ汁 大1~2

[作り方]
1 クロック、擂り鉢、耐熱ガラスの計量カップなどがあれば、そこにニンニクと唐辛子を入れて、突き棒でついて細かくする。
2 パームシューガー大1、マナーオ汁大1を加えて突きながらパームシュガーを溶かす。
3 ナンプラーを加えて味をみて、パームシュガーやマナーオ汁を加えて出来上がり。

※水で少し薄めても。
※マナーオ汁はレモン汁でもすだちでもシークワーサーでもOK(風味は違うけど)。
※突き棒がニンニク臭が付くので、ごますり用を使う場合はラップなどで覆ってから使うのが吉。
e0062977_14362903.jpg
(香港・皇后街熟食市場のタイ料理屋の炭焼鰂魚)



# by recipko2 | 2017-10-16 18:00 | Recipe | Comments(0)

糖不甩

e0062977_08080801.jpg


香港、というよりも広東省や福建あたりの甜品である、糖不甩(トンパラッ)

日本だと単なる白玉団子という感じだけど、片糖と呼ばれるサトウキビから作られるざらっとした砂糖を溶かした液につけて色をつけてから、ピーナッツを主体とした粉をまぶして食べる。

材料もすぐに手に入るものばかりだし、作り方も手軽。

ピーナッツを主体としたまぶす粉も、ピーナッツと砂糖と胡麻少しというシンプルさ。

こういう、見たまんまな、間違いない美味しいモノが大好き。

シンプルなだけに、ちょっと変化が欲しくなるので、少し大人なまぶし粉を作ることにした。

ピーナッツは殻つきピーナッツから薄皮を取りながら実を取り出し、ローストする。また、同量のローストしないのも(こちらは薄皮付きで)用意する。

胡麻は、搗き胡麻を使う(市販品)。

砂糖は、普通のグラニュー糖などでもいいけど、コクが欲しいのでカラメルを作って固めたものを、グラインダーを使って粉末にする。そしてもう一つ、シンガポールやマレーシアの美味しい椰子砂糖であるグラメラカを削って細かくする。

あとは一つまみの塩を加えて全体を引き締めると、好みの味に仕上がった。

片糖は、水に加えて煮立てると濁るので、鍋に片糖いれてから沸騰した湯をいれて溶かす。

黄金色になった白玉が、かわいい。

e0062977_08081919.jpg

[作り方]16個
団子
白玉粉  100g
ラード  15g
サラダ油  10cc
水  70cc~
片栗粉  3g

砂糖液
片糖  0.7片
熱湯  350cc

配料(ピーナッツ粉)
皮なしピーナッツ(ローストする)  40g
皮ありピーナッツ 40g
カラメルシュガー 20g
グラメラカ 20g
搗き胡麻 15g
塩  少々

[作り方]
団子
1 ボウルに水以外の団子の材料を入れて、全体をよく混ぜる。
2 水を70cc加えて馴染ませて、握るように練っていく。
3 生地の感じをみて、水をさらに加えて、耳たぶ程度の硬さになる位に。
4 全体がひとまとめになる程度まで練ったら、15分程寝かせておく。

砂糖液
1 鍋に片糖をいれておく。
2 湯を沸かし、分量の湯を1の鍋に加える。
3 片糖を良く溶かす。

団子の仕上げ
1 寝かせておいた団子の生地を16等分程にして、丸めていく。
2 大きめの鍋に湯を沸かし、丸めた1を入れて中強火で茹でる。
3 団子が浮き初めてきたら、さらに3分ほど茹でる。
4 砂糖液がはいった鍋を火にかけて1度沸騰させて、茹で上がった3を入れていく。
5 砂糖液の鍋の火をとめて、そのまま15分程漬けておく。
6 食べるときに皿にもり、ピーナッツ粉を添えて出来上がり)

配料(ピーナッツ粉)
1 すべてのピーナッツを少量ずつグラインダーなどで細かく粉砕していく。
2 ボウル等に、1、カラメルシュガー、削ったグラメラカ、搗き胡麻、塩を多め一つまみ加えてよく混ぜておく。


※カラメルシュガーは、グラニュー糖 大3+湯 大1を小鍋にいれて火にかけてカラメルを作り、オーブンシートなどに流して固めたものを、粉砕したもの。
※コーヒーシュガーでも。
※ピーナッツをグラインダーで粉砕する場合は、10粒づつ位をボタンを細かく押して少しずつ砕く。長回しすると油がでてペーストになってしまうので注意。
※片糖が無ければ、きび糖や、グラメラカを使うと同じようになる。
(ただし、この2種はアクもあるので、アクを濾してから使う)

# by recipko2 | 2017-10-13 18:00 | Recipe | Comments(0)

インド エイガ ノ ススメ ソノ十参 - SULTAN -

おなじレスリングもので、こんなにも違うのかと・・・・

e0062977_10304934.jpg

原題: SULTAN
出演:
スルタン・アリ・カーン ・・・サルマン・カーン
アーファ・ハッサン ・・・ アヌーシュカ・シャルマー
ゴヴィンド ・・・アナン・ヴィッダート・シャルマー
アーカシュ ・・・ アミット・サダ



<あらすじ>
デリーで新興の異種格闘技大会のプロモーターであるアーカッシュは、事業の見直しを迫られていた。

全世界で人気があるからと、インドに導入したものの、全く人気を得られずに事業はとん挫寸前。出資者たちに責められる。

そんな時、父に「自分は間違っていたのだろうか」と相談すると、「インド人は家族を愛する。国を愛する。異種格闘技ではインド人が出ないだろう?だからダメなんだ。自分たちの同胞が一生懸命に戦う姿を見れば、人々に受けれられるだろう」という。

でも、そんな選手がいるのだろうか?

「あの男なら、きっと・・・・」

父は、数年前に忽然と姿を消したレスリング選手の名前をあげた。

その名は、スルタン。

アーカッシュはスルタンに出場を依頼するために彼の元を訪れた。

ハリヤーナー州水道局に勤務するスルタンをみて、「父さん、人違いだ。ただのおっさんだよ」と落胆するが、脱輪したトラクターを肩で持ち上げる姿をみて見直す。

スルタンに事情を話、お金ならいくらでも出すから出場してほしいと頼むが、断られる。

アーカッシュは、スルタンの世捨て人のような現状に、スルタンの近しい友人であるゴヴィンドに事情を聴くが・・・・


日本中を一斉風靡した、「ダバング 大胆不敵」のサルマン・カーンが帰ってくる!

昨年、インド人向け公開枠(?)で公開したスルタン。今年のIFFJでやるそうですね。

アーミルのDANGALを観た後なので、インドでの公開順は逆になりますが観ました。

まず観た感想の一番が、

アヌーシュカ、デカイ(身長)

でした。 サルマンのシークレットブーツ説とかヅラ説とか再燃するんじゃないか!?って心配するくらい、アヌーシュカの長身が引き立ちます。しかも細い。

まぁ話の内容としては、

力自慢のしょーもない中年やもめのオッサン (アレ?どこかで見たような・・・)

町で出会った美人に一目ぼれ (似たような光景を見たことあるぞ)

美人に近づくために、いきなりな展開 (ダバングじゃないよね・・・)

美人、気が強い (ダバングじゃないよな・・・)

美人、いきなりオッサンに惚れる (ダバングじゃないはず・・・・)

オッサン 調子にのる (ダバングかよ!)

オッサンが裸でガチンコ勝負 (ただのダバングじゃねーか!)

というデジャブ感がありますが、ま、いっか。

同じレスリング設定のDANGALでは、アーミルは娘の髪の毛はきっちゃうわ、めちゃくちゃ厳しい練習を重ねさせて、見事インドに金メダルをもたらせていましたが、我らがサルマンのSultanでは、あっさり取っちゃいます。

おい・・・あっさり取りすぎだろ・・・・

と汗が出る位あっさり行きます(それなりの努力はしてます)。

荒唐無稽唯我独尊サルマン
VS
辛気臭い努力型のアーミル

はどこかで見たなぁと思ったが、ダバングTalaashだった。
同じ階級の警察官で、こうも違うのかwと思ったやつ。


アーミルのDANGALでは、涙するところが多々ありますが、Sultanでは力はいるところばかり。

でも、気が付けば引き込まれているのだから、さすがボリウッドのマネーメイキングアクター、サルマン。

共演のアヌーシュカが、とにかく美人でスタイルが良いし、きれいな姉ちゃんやぁとみているだけじゃなく、演技もちゃんとしてるもんだから、サルマンがくわれがち。

これは、アーミルと共演したPKでもそうだったらしいので、今を耀くアヌーシュカ・シャルマーといったところだろうか。

設定がレスリングとか格闘技とか、暑苦しい感じなので好き嫌いはあるかと思うが、DANGALが日本公開する前に(公開するのか知らんけど)、先に見とくべきだと思いました(見なくても困らないけどw)。

一つだけ言わせてもらうと、脈絡ない音楽とダンスシーン(ボリウッド映画お約束)のうち、君は440ボルト(原題 "440 Volt")という曲がでてきますが、これはすっぱりいりません。

# by recipko2 | 2017-10-11 18:00 | Cinema | Comments(0)

陳皮蒸肉餅

e0062977_08075423.jpg


香港の酒家などにいって、自分では選ぶことが無いが、出てきたら美味しいもの。

そして、どちらかというと、朝、食べている場合が多いおいしいもの。

それが蒸肉餅

蒸肉餅って、廣東とか福建とかがメインなのかな?(知らんけど)、当然のことながらお餅要素は一切なく、廣東式ミートローフというか蒸しハンバーグというか。

どこ国にも、ミンチ状にした肉を、蒸したり焼いたりする料理があって、いずれも不味いなんてことが無いと思うが、この蒸肉餅も当然のことながら間違いなく美味しい。

材料はシンプルに見えるし、作り方も蒸すだけと簡単。でも、いざ作ってみると、なるほど、美味しいひと手間がかかっている。

蒸肉餅は、魚や、豚肉で作って梅菜という塩漬け野菜を刻んでいれてものや、乾燥オリーブを加えたものもあるけれど、今日のこれは牛肉を使う。

一緒にミカンの皮を干した陳皮も加える。

スパイス類は、香港島の上環という場所にある源興というお店でしか買わないのだが、ここでは数種類の陳皮が用意されていて、一番古いものは25年モノだったかな。価格を聞いたら2000ドル(しかも1/2斤とかだったような)と聞いてびっくり!

私はそんなに陳皮を使い慣れているわけではなく、1両だけ買うだけだし、寶の持ち腐れなので、一番安いものにしている。

もう一つ、蒸肉餅で大事なのが、クワイ。

ベトナムで夕方になるとクワイ剥く人が道端にいたけれど、残念ながら日本で生のクワイを道端で向いている人を探すのは難しいなので、缶詰を使う。

レンコンで代用したけど、やっぱりクワイがいい。

熱を通しても、歯ごたえがシャキシャキしているから。

牛モモ肉の塊を買ってきて、スライスした後にじっくりと中華包丁でたたいてミンチにしていく。普通の三徳包丁を使っているなら、フードプロセッサにお任せしたい。

包丁でたたいてある程度ミンチ状になったら、脂身の多い豚のミンチを加えてさらに叩き、味付けをして、水餃子を作るときの要領で1方向にかき混ぜて粘りを出す。

我が家は、ハンバーグを作るときに、つなぎにパン/パン粉+牛乳を使うが、これと同じ感覚で、オートミールを加える(牛乳には浸さないけど)。

最後に、叩いて細かくしたクワイを加えてよく混ぜて、深めのお皿に広げていく。

何回か試作して、蒸肉餅はコレがキモなんだなぁと感心したのが、広げ方。

またもやハンバーグとの比較で恐縮だが、ハンバーグの場合は1個分を叩いて中の空気を追い出して肉の密度を上げるように形をつくるが、蒸肉餅は隙間を作るようにする。

だから、お皿に広げるときは、混ぜた肉を一塊にして広げてから皿に置くのでも、お皿に載せてから肉をベタベタして広げていくのでもなく、、お皿の上においてから肉と肉の間に格子をいれるような感じで隙間を作って広げていく。

具体的には、お皿の上にボウルからお肉とってを乗せたら、箸でグサグサと刺しながら小さな隙間をつくって少しずつ広げていく。こうすると、間に空間ができ、加熱で肉が縮むが、ギュッとなり過ぎない。

※まぁ、ギュッとなってもウマいけど。

これやっている時に、三陸のウニ飯弁当の作り方を思い出した。駅弁のご飯はそのまま詰めるとガッチガチになってしまうので、箸で少しずつ空気を含ませるようにご飯をのせることによって、ふんわりと柔らかいご飯になる、というものだった。

この蒸肉餅も一緒で、そのまま載せたっていいけど、空間をつけてあげることによって、フワッと柔らかい食感となる。

蒸し時間も、10分足らずというのもいいところ。

仕上げに豉油をかけて、肉汁と一緒に食べると、ご飯ワシワシ行ける。

が、私はこれには目玉焼きをつけたい。
e0062977_08071101.jpg

[材料]

牛モモ肉  250g

豚ひき肉(脂肪が多い部分)  50g

くわい(皮を剥いたもの。缶詰)  10粒

陳皮  2枚(水にいれてふやかし、裏側の白い部分をそぎ取っておく)

調味
砂糖 小1
オイスターソース 大2
醬油 小1
片栗粉  大1
サラダ油 大1
ごま油 小1
胡椒粉 小1/3
卵 1個
水 大2
オートミール  大2.5

[作り方]
1 牛モモ肉は塊肉の場合は5mm程のスライスにし、さらにサイコロ状に切る。
2 陳皮は粗くみじん切りする。
3 1と2を合わせて包丁でたたいて、ミンチ状にする。
4 豚ひき肉を加えて、さらに包丁でたたいて、滑らかなミンチ状にする。
5 ボウルにいれて、調味料をすべて加えて、1方向に練って粘りが出るまで続ける。
6 30分程休ませる。
7 クワイは洗って水けをふき取り、包丁でたたいてからみじん切りにする。
8 クワイを6に加えて全体を混ぜる。
9 蒸し器の準備をする。
10 深さのある皿に、8を適量いれて、箸で隙間を作るように(実際は隙間が見えない程度)広げていく。厚さは1cm程度までで。
11 蒸し器にいれて、8分~10分程蒸す。
12 仕上げに豉油かけて出来上がり。

e0062977_08070669.jpg

※面倒なら肉と陳皮はすべてフードプロセッサでミンチ状に。
※缶詰に入っているクワイは量が多いので、余ったら冷凍する。
※牛肉は脂身がないもも肉のほうがおいしい。その分、豚ひき肉で脂身を入れる。
※陳皮はなかったら入れなくてもいいけど、クワイは入れてほしい。



# by recipko2 | 2017-10-10 18:00 | Recipe | Comments(0)

CHANEL 「レ ベージュ スティック ベル ミン N゜22」

羽田空港の免税店と、香港國際空港の免税店で7月に探してたけど、売り切れていて、先日みたらあったので、ついつい買ってしまった。

気が付けば、クリームブラッシュが廃盤となっており、大好きだったのに!と悲しい思いをしていたが、また別の形で戻ってきたのが、このレ ベージュ スティック ベル ミンだろうか。

クリームブラッシュは、どの色も素敵で大のお気に入りだったのに。

スティックタイプに代わって2色が定番であり、もう1色が新色で出ていた。買ったのは定番で出ていた2色のうち22。

クリームブラッシュのPRESAGEに似た色だけど、色持ちはこちらの方が悪い気がする。夕方には落ちてしまってるので、ムムムー!

スティックタイプのチークは、量の調節が難しいように感じる。

肌に直接チョチョッとつけてから、指で伸ばしてるけど、なんとなく物足りないし、かといってグリグリぐりぐりすると、つきすぎてしまうし。

羽田免税価格で5100円。現行品が税込で5940円なんだけど、以前より免税率悪くなってない?

# by recipko2 | 2017-10-05 18:00 | Blusher etc. | Comments(0)

アジアンミール Asian Meal@大東京綜合卸売センター・府中


e0062977_08401746.jpg

家で作る香港メシや、アジアメシに欠かせない、キモの調味料や食材は、ほぼ香港で、足りなかったものや税関の関係で難しいようなものは大久保で、それぞれしているけど、なんと家から車で少し行ったところで、ほぼそろうことが分かった。

東京競馬場のそば、サントリー武蔵野ブルワリーの隣に、大東京綜合卸売センターという市場がある。

昔からあるのは知ってたけど、行ったことが無かった。

ふと、思い立って向かってみると、何とも香ばしい、私的に完全ホームな雰囲気の市場があった。

中を覗いてみると、アジア食材を本気で扱ってくれてる店があり、この一店舗があるだけでも、、大東京綜合卸売センターありがとう!という気持ちになる。

お店の名前は、アジアンミールさん。
e0062977_08530136.jpg
香港の街市に入っている、TOKOのような雰囲気で、青いバナナも置いてある。
e0062977_08405766.jpg
扱っている缶詰も、大久保のタイ食材店や、TOKOでもあなり見ないようなのもあって、(自分が使ったことないとしても)めちゃくちゃテンションが上がる。

外側には、乾物や麺類とともに、冷凍ケースが置いてあり、そのラインナップも素敵だ。
e0062977_08400450.jpg
タイ料理に必要なレモングラス、プリッキーヌーなどの唐辛子類、カーや、パンダンリーフ、バナナリーフといったものから、肉類、干豆腐等も豊富。

e0062977_08430099.jpg

e0062977_08431216.jpg

e0062977_08432420.jpg

e0062977_08433568.jpg
何より、香港でタイ料理屋に行ったなら、絶対に食べている鰂魚(ティラピア)が売っているではないですか!
e0062977_08411029.jpg

e0062977_08424638.jpg
大久保で見つけたけど、冷凍状態で持ち帰るのはちょっと大変だったのに、ここなら車で行って常時積んである発泡スチロールの保冷ケースに入れて帰れば、かちんかちんのままの距離!

いやっほーーーー!!!

豚皮や、鳳爪もあったりで、もううれしくてうれしくて挙動不審になる。

青パパイヤや、質の良い香菜もあるし、
e0062977_08462206.jpg
小缶しか見たことなかった、雲南ハムの缶詰もあった!
e0062977_08460722.jpg
(雲南ハムは、中国側が雲南ハムの製造過程で使われている添加物が、日本の食物検疫の規定値を超えているらしく、この数年輸入が難しいらしい)
e0062977_08465201.jpg
チェーの材料にピッタリな、果物の缶詰も豊富。
e0062977_08470089.jpg
e0062977_08464002.jpg
そして、そして、雑貨もかわいいのが、とっても手ごろな値段でおいてあるのです。
e0062977_08512483.jpg
e0062977_08510761.jpg
e0062977_08495810.jpg

e0062977_08503575.jpg

e0062977_08505086.jpg

塩漬け発酵ササゲもある・・・・
e0062977_08403932.jpg

# by recipko2 | 2017-10-02 18:00 | other | Comments(0)

インド エイガ ノ ススメ ソノ十弐 - DANGAL -

e0062977_09375812.jpg
原題: DANGAL
出演:
マハビール・シン・フォーガット ・・・アーミル・カーン

<あらすじ>
マハビール・シン・フォーガットは、アマチュアレスリングの有名選手。

自分がかなえられなかった、インドにアマチュアレスリングの世界大会に金メダルをもたらせなかった夢を、自分の息子に託そうと決めていた。

だけど、第1子は女の子。

村の人たちが、フォーガット夫妻に男の子産み分けの知恵を授けて、挑んだ第2子も女の子。

結局、4人の子供を授かるが、すべて女の子だった。

落胆し、彼の夢を封印。

インドでアマチュアレスリングで生活していくには厳しく、マハビールも生活のために勤め人となっていた。

子供たちが成長したある日、マハビールが仕事から帰宅すると、顔を腫らしてあざを作った少年たちとその親が家に来ていた。

事情を聞けば、「お宅の子が、うちの子をぼっこぼこにして、こんなになってしまった!どうしてくれるのよ!」という。

謝罪をしてなんとか帰ってもらった後に、犯人である長女のギータと、次女のバビータから事情を聴く。

「だって、あいつら馬鹿にしたのよ!」とフルボッコにした状況を、嬉々として話、いとこのオムカールをつかって再現していた。

それをみたマハビールは、この二人に自分の中のアマチュアレスリングの才能が受けつがれている!と確信し、妻には「今後、この二人に家事はやらせなくてもよい」と伝え、翌朝から、地獄の訓練が始まる。

女の子の訓練とは思えない、早朝からの厳しい訓練。

キツクくて授業中は居眠りしてしまうし、何よりもお菓子などは今後一切食べてはダメともいわれる。

たまりかねて二人は、「疲れて授業中に寝てしまうし、ろくに手入れできないから、髪のシラミが8匹もいたのよ」と訴える。

マハビールは「そうか、それなら・・・」と少女二人の髪の毛をショートカットにしてしまう。

その後も訓練はつづくが、ある日同級生がお嫁にいくことになり、父に内緒でパーティーへと向かった。

久しぶりにオシャレもし、友人たちと楽しく、踊っているなか、父が怒髪天でやってきて怒られてしまった。

横暴な父に対する不満を言ってたら、その場に一緒にいたお嫁に行く友人が、

「私にもそんなパパがほしかった。女の子は勉強や得意なことよりも家事を覚えいればよいといわれ、まだ14歳なのにお嫁に行かされるのよ。しかも一度もあったことのない人のところに。それに比べたら、あなたたちのパパは、いつも一緒にいて、自分のことを考えてくれる。幸せだわ」

この言葉に触発されて、二人はトレーニングに真剣に打ち込むようになる・・・・



「きっとうまくいく」のアーミル・カーン主演。

これだけで、まぁいい映画なんだろうとわかりますが、今回もきっちりとキメてきた。

香港でちょうどやっていたので見ることができた。

オープニングの曲が、マッチョな野郎ばっかりで、曲調も似ていて、ダバングかよ!とツッコんでしまったけれど、アーミルらしい良い映画でした。

このDANGAL(ヒンディー語でレスリングの意味)、実話をベースにした話で、まず最初に劇中のアーミルの体形変化の凄さに圧倒される。話が進んでいくうちに、姉妹に感情移入できるようになり、大会のシーンでは、頑張れ!とハラハラしてしまうほど。

厳しいトレーニングを受けた娘たちが、勝ち進み、世界大会で金メダルということなんだけど、それを受けるのが少女たちで、14歳で知らない男性に嫁に行かされてしまう現状がまだある事にも、まだまだ「女の子だから」という抗うことのできない見えない鎖とが沢山あって、単純なようで深くて面白い。

初戦はお姉ちゃんのギータが、男の子と対戦し、惜しくも敗れてしまうのだが、これが彼女に火をつけて、それ以降は負け知らずになる。その時の表情もいい。

成長し、国家体育大学みたいな専門機関へ入り、寮生活になるのだけど、初めて家からでての生活で、同世代の女の子もいるし、わかりやすく堕ちていくんですね(といってもかわいいものだけど・・・・)

久しぶりに帰った時に、その様子で父は悟り、仲たがいするのだけど、自分自身とコーチの力ではどうしようもない程で、後から入学してきた妹のバビータに「パパと話をしてみて。私たちのパパなんだから」と説得されて、電話するシーンがあるのだけど、泣いてしまいます。

厳しいのは、いじわるなのではなく、愛情があるから。

スポーツ選手にとって、勝てないことが一番くやしいこと。そんな思いをさせないために今厳しくても、それが結果になって帰ってくる。

最後のシーンは、Commonwealth Games(イギリス連邦総合体育大会)で戦いぶりは、こちらが熱くなってしまいそうなほど。

役柄とはいえ、ここまで動けるようになるなんて、相当トレーニングしたいんだろうなぁと感心できた。

英語字幕で見たけれど、途中から字幕見なくても話わかる位、話の流れとしては単純。でも、見た後は、

くっそ!アーミルやりよるなぁ!

と、日本で公開してくれたいいのになぁと思える作品。

インドにおける風習は、「え?なにこれ?」と全然想像できないことも多いんだけど、これは想像できる範囲。

※ただ、Commonwealth Games(イギリス連邦総合体育大会)は、日本人的にはなじみないわぁ。クリケットでは知ってたけど、一体どんだけ植民地もってんだよ!と。


これ日本で公開になったら、絶対にアニマル濱口親子がでるんだろうなぁと思ってしまった・・・^^;



画像のポスターは、アーミルの隣にいるのが、成長したギータ(右)とバビータ(左)。後ろにいるのは少女期のギータ(左)とバビータ(右)。

少女期のギータ役の子は、今年のアーミルの映画Secret Superstarで、覆面のミュージシャン役をする女の子。






# by recipko2 | 2017-09-25 18:00 | Cinema | Comments(0)

炒土豆絲(千切りジャガイモの塩炒め)

e0062977_08575194.jpg


初めて食べたのは、高校の時だったように思う。

長城飯店という、ガチの中国人がやっている中国料理屋で、しょっちゅう行っていた。

じゃがいも炒めたんだってー

と好奇心だけで頼んだのに、出てきたものを食べた時は、びっくりした。

ブログを漁ってみたら、この間(といってももう2年前?)行ったときも頼んでいたわ

これは、香港にいっても時々頼んでいて、味もほぼほぼ同じ。

基本的に、ジャガイモだけで作れるという手軽さも素晴らしいし、シャキシャキした食感も箸が止まらなくなる。

水餃には、いつも油菜を添えてしまうけれど、今日はちょっと水餃專家的に、炒土豆絲を添えてみたい。

ピーマンや木耳があれば、一緒に使ってみるのもいい。

味付けはシンプルに、塩味系で。


[材料]
じゃがいも 大2個

ラード 大1
サラダ油 大1

調味
塩 小2/3
酒  大2
砂糖 小1/2
鶏粉  付属の匙すり切り1
水 30cc~50cc
白胡椒粉 ひとつまみ

[作り方]
1 ジャガイモは、皮を剥いて千切りにし、水にさらしておく。
2 調理する直前に1の水けをきる。
3 フライパン(中華鍋でも)に、ラードと油をいれて、強火で熱し、2のジャガイモをいれて、ザザッと炒めて、そのまま1分ほどおいておく。
4 ターナーで全体を返しながら、調味料の材料を加えて良く炒める。
5 最後に胡椒粉を加えて全体を炒めて、できあがり。

# by recipko2 | 2017-09-20 18:00 | Recipe | Comments(0)

涼拌豆干絲 (押し豆腐の中華風和え物) ②

e0062977_08562532.jpg
富澤商店で売っている泰山干糸を使って、作っていた涼拌豆干絲(涼拌豆腐干絲)

廣州で食べた、シート状のものを、大久保の華僑服務社で買ってきたので、こちらで作ってみる。

湯葉が厚くなったような、まるでタイルのようなエンボスが入ったシート状の押し豆腐が、5枚程重なり、全重量は400gとある。

買ってきてからそのまま冷凍していたので、開けてしまった以上全部使わなくては!と作ってみると、ボウル一杯できてしまうので(まぁ食べちゃうけど)、買ってきたら半分に切って、冷凍しておくのがいいと思った(次回の教訓。とかいいつつ、あと2袋ある)。

あー!これこれ、廣州で食べたのはこれだわー

と嬉しくなる。
e0062977_15004137.jpg
(再度、廣州で食べたやつ)



解凍し、そのまま適当に5mm程度の幅に切る。

そのままだと全部きれいにほぐれないが、熱湯で茹でると綺麗にほぐれてくれる。

今回も涼拌するお供は、にんじんと、香菜。

人参は皮を剥いて、ソムタムピーラーで千切り。香菜はザクザクと切っておく。

今回は、少しレシピを変更し、香菜の茎は早めに投入して、茹でた干豆腐の熱でシンナリさせ香りを出汁、ニンジンは干豆腐と一緒に茹でてしまおう。

ボウルに、香菜の茎と、葉を少し入れておき、鍋に湯を沸かして沸騰した状態で干豆腐と人参をいれて、再度湧いてきたら引き上げて、香菜の入ったボウルに。

少し冷ましてから、涼拌醤を加えて全体を合える。

粗熱が取れたら、冷蔵庫にいれて、食べる直前に残りの香菜の葉を加えて合えよう。

味も食感も泰山干糸使ったときと、劇的に変わらないけれど、見た目はこちらの方がソレっぽい。


[材料]
干豆腐  1/2袋

人参  1本
香菜  好きなだけ

涼拌醤
ニンニク(おろす) 1かけ
ごま油 大2
塩 小1/3
チキンスープ大1/2+湯大1 (好みで)

[作り方]
1 干豆腐は冷凍されていたら完全に解凍しておく。
2 5mm幅に切る。
3 人参は千切り、香菜はざくざくと切って、茎部分と葉部分を大まかに分けておく。
4 ボウルに3の香菜の茎全部、葉部分を半分を入れておく。
5 涼拌醤をよく合わせておく。
6 鍋に湯をたっぷり沸かし、強火のまま、1と人参をほぐしながら加えて再沸騰してから1分茹でる。
7 湯だったらザルなどにあげて水けをきり4のボウルに入れる。
8 涼拌醤をボウルにいれて全体をよく混ぜて、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ、食べるときまで冷やしておく。
9 食べる直前に残りの香菜を加えてざっくり合える。

# by recipko2 | 2017-09-19 18:00 | Recipe | Comments(2)

スイートポテトプディング@Afternoon Tea TEAROOM

e0062977_14310366.png





この秋は、定番メニューとして復活したスイートポテトプディング

モンブラン同様、美味しかったオリジナルのスイートポテトプディングから、さらっとブレッドプディングに代わり、がっかりしたもの。

でも、昔のスイートポテトプディングと比べるからがっかりなのであって、アイスが乗ったブラッドプディングだと思えば、美味しい。

一口食べて、

あ、おいしい・・・・・・ん~・・・・


となる。


あ、おいしい・・・・ は、クリームとカラメルと、スイートポテトプディングな部分を味わっているとき。

ん~・・・・・ は、ブレッド部分が来て、食感がパンになっている私的にイマイチと思っている部分。


もっとも、バニラアイスと、カラメルという強力な助っ人付なので、とりあえず美味しいんだけどね。

# by recipko2 | 2017-09-06 18:00 | AfternoonTea | Comments(0)

モンブラン@@Afternoon Tea TEAROOM

e0062977_16250199.png



毎年、この時期に復活してきたモンブラン


一番最初に出た時は、栗とさつまいものモンブランで、その名の通り、スポンジクリームに間に、栗ペーストにさつまいもが入っていた。

その後、さつまいもの名は消えて、でも美味しさは変わらず、今年も同じものが食べれると油断してたら、

全然変わってた。

どのくらい変わったかというと、モンブランが、モソブラソになった位変わった(わかりにくい)

Afternoon Tea TEAROOMのモンブランの、何が素敵だったって、渋皮入りの栗ペーストと、クリームにはいった栗、そして時々刺さっているチョコレートだったのに、これがなくなってしまった。

スポンジの間に挟まっているクリームに栗は入っているけれど、上にかかっている栗ペーストのいわゆるモンブランな部分が、フラットな渋皮入りではなくなってしまい、それどころか、栗ペーストとバターっぽいのがやけ入った、味の抑揚がなくなった安っぽいペーストにかわり、

チョコレートの代わりに、なにこれ?ポン?ポンなの?というパフが乗っている。

ATのサイトでは、

イタリア産の栗で作ったマロンペーストに、カスタードクリーム、ホイップを加え濃厚なマロンクリームで仕上げたモンブラン。カシスソースとともに。

なんて書いてあるが、イタリア産じゃなくていいからもとに戻してくれ!と声を大にして言いたい。

なにより、カシスソースが合わん!

もう、がっかり・・・・

# by recipko2 | 2017-09-05 18:00 | AfternoonTea | Comments(6)

きのことローストチキンのソイソースパスタ@Afternoon Tea TEAROOM oishii


今年も美味しい季節がやってきた!

きのことローストチキンのソイソースパスタが今年もでると、コメント欄で教えていただき、さっそく帰りにいってしまった。

じゅわっとマッシュームを噛みしめると、鶏肉の旨味とパスタのソイソースが合わさって旨味が出てきて、柔らかい鶏と一緒に食べると、ウマー!


e0062977_16250643.png
これが終わるまで、しばらくは一択です。

で、秋のお楽しみは、モンブランの復活なんだけど・・・・・

# by recipko2 | 2017-09-01 18:00 | AfternoonTea | Comments(2)

Bintang Bali@大久保


大久保に食材を買いに行くついでに、食べたご飯。


ちょうど、TOKOに行ったあとで、そうだ、そういえばあそこのTOKOがやっている店があったはず。

といってみたのが、Bintang Bali




ビルの3階にあるみせで、えー、本当にあるの・・・?と不安になりながらも登っていくと、あった。
e0062977_08432745.png
店内は、元居酒屋の居ぬきという感じで、店の中にインドネシア人のお客さんが数組いたので、ここはあたりかも!
e0062977_08444532.png
e0062977_08433571.png

e0062977_08434668.png

e0062977_08435512.png

e0062977_08440377.png
お腹ペコペコではなかったので、ビール、ガドガド、ジャワ風揚げ鶏を注文してみた。

ビンタンビールは、氷一杯で!といったら店員のお兄さんが顔を輝かせた。
e0062977_08444904.png
ガドガド。普通に旨い。
e0062977_08445492.png
内容的に、自分で作ったほうがおいしい(当たり前だけど)けど、野菜の切り方とか盛り付け方が、インドネシアっぽくて好き。ガドガドソースは、おそらくTOKOで売ってるのもの(味が同じだったから)。

ジャワ風揚げ鶏
e0062977_08445861.png
これがメチャウマー

鶏丸ごと1羽分食べたい!と思うくらい美味しい。外側パリッぱりでジューシー。

調味料でマリネしてから、一度茹でて、それから揚げているとのことで、たぶん、香港の炸雞髀とほぼほぼ同じ作り方で行けそう。

次回は、ナシゴレンを食べにいくつもり。



[お店の場所]
Bintang Bali
東京都新宿区百人町2丁目27−3 第2橋本ビル


# by recipko2 | 2017-08-31 18:00 | Eat | Comments(0)

ローストポークと彩り野菜のとうもろこしソースパスタ@Afternoontea Tearoom

e0062977_08040374.jpg



ハニーチキンとアボカドのサラダプレートは、インディアンスパイスソースが使われていて、それって、海老とハーブのスパイスソースサラダでも使ってたインド人の味がするやつかーー!と苦手だったので、ローストポークと彩り野菜のとうもろこしソースパスタ。


香ばしくやかれたトウモロコシと、ローストポークがおいしさを引き立てます!となってたけど、残念ながら感動するほどではなく、ソースのクリームがもっとコーンクリームしてるとかならいいのにと思った味。

この夏の限定は、萌えるものがなくて、早く秋になってほしいなぁ。

# by recipko2 | 2017-08-12 18:00 | AfternoonTea | Comments(4)

燕窩(ツバメの巣)


香港に行っている割には、漢方薬だとかに興味がない。

熊の手は食べたことないし、フカヒレやアワビも食べなくても全然こまらないし。

もともと、コラーゲン、とか健康食品系の謳い文句が書かれていると、どうしても食べることができない。

何も言わずに入ってたら食べれるんだけど、○○エキスどころか、コラーゲンとか書かれていると、エヅいてしまい飲んだり食べたりすることができなくなる(なんでだかわからん)

なので、香港で買える美容の最強フードであるツバメの巣も、全く興味がなかった。

(ツバメの唾液でつくられた・・・・というエピソードですでにハードルが高い)

許留山で、甜品食べるときにのっているのを選ぶときも、ツバメの巣要らないんだけど。。。とちょっと思ってたし、でろりとしたツバメの巣がわからないように、西瓜やタピオカと混ぜ混ぜして食べていた。
(たぶん、ツバメの巣分だけ食べるとしたら、エヅくと思う)

れ記茶餐廳で出す予定の西瓜西米露(西瓜のタピオカ入り)にツバメの巣をいれたくて、今回は、許留山で載ってたようなツバメの巣のシロップ煮を探して来ようと決めていた。

昔、よくMTRの改札前にあるショップにツバメの巣やがあったけど、MTR乗らないからわからんし、まぁ萬寧あたりに行けばあるだろと探してみる。

思った通り、いろいろあるけれど、箱入りで中身が見えずに、グラムと雰囲気で選んでしまった。しかも初回だったので、高いのは手が出ずに、瓶で小分けされていて、なるべく添加物が入っておらず、手ごろなモノ。
e0062977_08084026.jpg
ということで、これを買ってきた。中には小瓶で6瓶入っている。
e0062977_08084116.jpg
・・・・って、すくなっ!

(ここからみても見えないけど、別に底に溜まっているわけではなく、全体がこんな感じ)

え?どこにツバメの巣が入ってるの?というほど、カスと言ってもいい位の量(笑)


まぁ、安かったしこんなものかー。でも、これで西瓜西米露にデロッと載せれなくなったなー。ま、なしで出せばいいか。

とはいえ、まぁせっかく買ってきたのだから、試してみようと、1瓶の1/3量を、スーパーで買ってきたタピオカココナツに加えて食べてみた。



・・・・・・・・おい!!!肌ぷりぷりやないけ!!(品なくてごめんなさい)

翌朝起きてびっくり。

いやね、自慢ですがデブなので顔への脂肪も多いのですよ。だからシワは気にしたことないんだけど、やっぱり全体的に細胞が下向きだということはわかっている。

いくら、肌の調子がいいといっても、加齢にともなって、上向けない細胞だということはわかるわけですよ。

ところが、これが、上向けない細胞が上向いているではないですか。

え!?え!?なに!?

と驚いている場合ではなく、どう考えてもツバメの巣(まさかタピオカココナッツではあるまい)

たしかに、確かに、香港の空港でツバメの巣入り西瓜西米露食べて帰国した後、肌の調子はよかったけど、VALMONTスパ行った後だったし・・・
(だいぶ前に、許留山なくなったので、それから食べてないし)

ハハハハ、まさかね

と、その日の夜も、今度は大匙1程度(どこにツバメの巣がいるのかわからない)、豆乳にいれて飲んでみましたが、

・・・・・・・・やっぱり肌ぷりぷりやないけ!!(品なくてごめんなさい)

と翌朝思えるわけです。

もう、怖くてやめられないですよね。一瓶終わるまでたとえ少量でもいいので、ジュースとかにいれて飲んでました。

で、飲みきって、もう一瓶あけるのどうしようかなーとか、ちょっとやめて実験してみようと、飲むのやめてみたら、

1日目は、まぁ保っているような気がする。

でも、2日飲まなかったら、細胞下向き!めちゃくちゃネガティブ!

(効果が出るのが早すぎる気もするけど)

ひぇぇぇ!!!と、もう一瓶開封して、今度は小さじ1程度入れて飲んでみると、


・・・・・・・・いやぁ!肌ぷりぷり!!


と戻るんです。

やっぱ30代じゃわからなかったけど、ババァになってきた今こそ効果がわかるってやつ?

これ、価格お手頃なので次回大量に買ってくるか、もしくはもっとデロンと入っているのを買ってくるか!?


そりゃ、大地真央が食べるわ。


# by recipko2 | 2017-08-09 18:00 | Supplement | Comments(2)

冷凍帆立の貝柱


METROで買い物するようになってから、冷凍した、むきバナメイエビと、ブラックタイガー(殻つき)が私の冷凍庫の常備品となった。

冷凍エビは、大きさによってサイズ分けられていて、袋の表に、

16/20

とか

31/40

とか

41/50

とか書かれている。最初、何のことかわからなかったけど、これだけいろいろ書いてあるということはサイズでしょうとあたりをつけて、見比べてみると、数が小さい程エビの大きさは大きいようだと気付く。

実際は、

800g中何尾入っているか

が記載されており、たとえば、41/50だと、800gに41尾から50尾入ってますよという事になっている。

大きなエビフライが食べたい!なんて場合は、6/8とか8/12とかを選ぶと大満足だけど、私が使うのはベトナム生春巻きとか、水餃とか、炒卵蝦仁だとか、威化蝦筒だとかなので、大きさは要らない。

使い勝手のよい41/50とか51/60あたりで手ごろなのを選んでいる。丸紅のがお気に入り。
(ちなみに、コストコでもこのサイズでいいのが売ってた)


と、同様に、もう一つ常備品となったのが冷凍帆立の貝柱
e0062977_08083634.jpg
冷凍の帆立貝柱はかなりの種類おかれていて、その中で目に入ったのが特フレとなってる箱がある。

METROは商品自体に値札が張られておらず、売られているところに、表示されているだけ。

他の2Sとか300gで売ってたりする中、1キロいりで、特フレ?いったいいくらなのよ・・・・

フレというくらいだから、細かくちぎれたのが入ってるんだろうか・・・・水餃にちょうどいいけど。

と外側の箱を開けてみると、まぁ立派なのが入っている。
e0062977_08083699.jpg
・・・・なによこれ・・・こんな立派なので特フレって、めっちゃ高いやつなんじゃ・・・

と、近くにいたスタッフに価格を聞いてみると、え?というほど安かった。


調べてみると、帆立もまた、同様なサイズ表記がされていて、3Lが一番大きくて、2L、L、M、S、2S、3S、4S、5S、6Sが最少。

これ、たぶん2Sでも普通にスーパーでお刺身用として売っているサイズより大きいかもしれない。

これらは、お寿司屋さんで使うような、真円の割れてないきれいなモノらしく、少しでも割れが入ると、フレーク扱いとなる。

フレークといっても、どこに割れがあるのか全然わからない位で、むしろ、いつも買ってたスーパーのよりよくないか?という品質の良さ。さらに大きさはいろいろ入っていて、しかも安い!

で、基本的に水餃に入れてよし、普通にお刺身で食べてよし、なにより便利なのが蒜茸粉絲蒸扇貝
e0062977_08084045.jpg
蒜茸粉絲蒸扇貝は、殻つき帆立の貝柱のほうが断然豪華だけど、殻は後で捨てる用だし(今時武田久美子ごっこもしませんし)、生の帆立はむしろ鮮度心配だし、開けるの面倒だし、食べたい時に売ってないし!

でも、この冷凍の帆立があれば、あとは春雨と蒜茸を用意すれば、いつでもいっぱい蒜茸粉絲蒸扇貝を楽しめるのです。


蒜茸粉絲蒸扇貝の作り方

今年のお正月に、家族一同(普段一緒ではない兄たち家族とか)に作って、ウマッ!と評判よかったのに、一人1個ちょっとしか作れなくて、悔しいを思いをしたけど、来年は、思う存分作れるぞ!

# by recipko2 | 2017-08-04 18:00 | Recipe | Comments(0)

シンガポールの生姜ソースとチリソース。

e0062977_17171754.jpg

普通のでも、カトン風でもいいけれど、海南鶏飯を食べるときに添える生姜ソースと、チリソース。
e0062977_17171739.jpg
旅に出た時に、こういったのを買ってくるのも楽しみの一つだが、なくなったら悲しい。

悲しんでもいられないので、手作りしてみる。

辛いのが苦手なのでチリソースについては、そこまでこだわりが無い。だから、香港で買ってくるチリソースでもいいし、ベトナムのでもいいし、今時ならカルディにシンガポールな辣椒酱が売っているのでそれでもいい。
味からいったら、桃屋のキムチの素も、十分にチリソースで合う。

生姜ソースは、薑蓉というけれど、これはシンガポールスタイルの海南鶏飯で食べるなら、文東記のが断然好み。

ストックが尽きてしまった今、瓶のラベルを見て材料を確認し(もちろん増粘剤とかはいれない)、同じようなのを作る。香港で食べる白切鶏のタレは葱が入るけど、ほぼほぼそれと同じ作り方。


e0062977_17171836.jpg







薑蓉(生姜ペーストタレ)

[材料]
生姜   大きめの塊  → 皮を剥いて適当な大きさに切る
水  適量 
鶏粉
ピーナッツオイル (生姜ペーストの1/4~1/3量程度)


1 ブレンダーに生姜と、水を大1程入れて回し、ペーストになる程度に水を増やしていく。入れ過ぎに注意。
2 深めの耐熱皿に、1と、塩、鶏粉を適当に入れる(ペースト大10に対し、塩・小1、鶏粉・小3/4位)。
3 ピーナッツオイルを加える。
4 レンジで1分30秒程加熱。
5 よく混ぜれば出来上がり。粗熱をとって冷蔵庫へ。

------

辣椒酱

香港やベトナム、タイのチリソースで代用してもいいけれど、シンガポールの海南鶏飯のチリソースは微妙に異なるので、作れる時間があるなら作りたい。

[材料]
生唐辛子 15本 → ヘタと種を取り除く
揚げピーナッツ 大1~2
柑橘果汁  大2
砂糖 大1.5~2
塩  小1/2
(好みでニンニクを加えても)

1 ハサミなどをつかって、生唐辛子からヘタと種を取り除く。
2 ブレンダーに、材料をすべていれて、ペースト状になるまで(ピーナッツがほぼなくなるまで)回して出来上がり。

※生唐辛子のヘタと種を取り除くときは、必ずビニール手袋をする。しないと、後から手がジンジンして大変!
※柑橘果汁は、できればシークワーサー。なければカボス、すだち、レモン。

# by recipko2 | 2017-08-03 18:00 | Recipe | Comments(0)

れ記茶餐廳 in 雑貨と喫茶 ビルカーベ

e0062977_14253122.jpg


香港茶餐廳料理研究家を言ったもの勝ちで自称し、れ記茶餐廳という名で妄想オープンさせていますが、

この度、現実に限定オープンすることになりました。

場所は、東京・荻窪にある雑貨と喫茶 ビルカーベ さん。

雑貨と喫茶 ビルカーベさんのHP

こちらに置いてある商品が好きでオンラインショップで購入し、そうだ!と実店舗に伺って見たところ、置いてあるすべてが目がハートになる位好みのモノばかりで、心をわしづかみ。

この時に、インスタのアカウントをお互いフォローしていたり、なんだかんだと2時間以上はお話してたのかも。

今年に入り、実店舗が不定期オープンになってしまった為、開店日はまだかまだか!とHPのチェックを欠かさず、久しぶりのオープンだった6月。

バッグのミュルアさんの展示会もかねてのオープンの時に、差し入れをと考えて、お菓子やお花は他のご友人が持ってくるかも・・・。さすがに水餃子はいないだろうなぁと、差し入れたのをきっかけに、れ記茶餐廳をビルカーベさんでポップアップ的にやるお話をいただいた。


扱っている雑貨が、私が持っている中國制造ものや、そのほかの器類や雑貨(鹿牌とか!)と雰囲気があっている事。

インスタでアップしていた料理をみていただいてたこと。

何よりも楽しそう!

という気持ちが、今回の、れ記茶餐廳の限定オープンへのきっかけになった。

私自身、自宅で妄想オープンさせているのと違い、ビルカーベさんで、妄想理想とするれ記茶餐廳を実現するとなると、いろいろな料理は出せないし、まずは1種類に絞りたい。


本来の茶餐廳料理という意味であれば、すこし外れるけれど、れ記茶餐廳の良いところ(?)である、

香港、シンガポール、ベトナムで覚えた味を、茶餐廳というベースで、集めている愛しの中國制造モノの器で、オールド香港な雰囲気で出したいという

(要は、自分の店なんだから好きなもの出したって良いじゃない?

という気持ちから言ったら、OKでしょう!ということで、初回は毎日水餃子!と押していた、水餃に決定。


妄想ではなく、現実世界へと一歩足を踏み出した、れ記茶餐廳です。



開店日   2017年8月26日(土) ※一日だけの限定オープン

営業時間  11時半~20時(19時半L.O.)

場所    雑貨と喫茶 ビルカーベ(東京・荻窪)
JR/丸ノ内線・荻窪駅より徒歩約15分(場所はこちらから)


予約も可能です。詳細はビルカーベさんのHPでご案内しています。



当日予定しているメニュー

・水餃のメニュー
  鮮肉椰菜餃(キャベツと帆立貝入り)
  鮮肉韮菜餃(ニラと炒り卵入り)
  鮮肉辣椒翠玉瓜餃(ズッキーニと2種類の唐辛子入り)
e0062977_14253777.jpg


・単品の他にランチセットもご用意。
  精選午餐 水餃(任選兩款)+油菜
  送 茶或豆漿 凍飮同価價
e0062977_15013745.jpg

こちらが、鮮肉椰菜餃(キャベツと帆立貝入り)と鮮肉韮菜餃(ニラと炒り卵)を任選兩款して、追加で鮮肉辣椒翠玉瓜餃(ズッキーニと2種類の唐辛子入り)4個を頼んだパターン。追加1皿をお二人で分けてもちょうどいいと思います。

単品は、4個と8個をご用意していますので、お腹のぺこぺこ具合で調整ください。

油菜はレタスです。当日仕入れるレタスの玉の大きさにもよりますが、だいたいこの位の分量になると思います。

もちろん、茶餐廳ですので、基本となる港式奶茶や檸檬茶もご用意しています。

・飲み物のメニュー
  港式奶茶(熱/凍)
香港で紅茶といえばこれ。エスプレッソのように濃く煮出した紅茶にたっぷりのエバミルクをいれています。もちろん黑白淡奶を使用。濃厚な味をお楽しみください。
※茶走(コンデンスミルクをいれた熱奶茶)もご用意。

e0062977_14253550.jpg
e0062977_14253539.jpg


  檸檬茶(熱/凍)
びっくりするほどレモンが入った香港式のレモンティー。
熱檸茶はそっと、凍檸茶はストローでガシガシしてからお召し上がりください。

e0062977_14253603.jpg
e0062977_14253456.jpg


・甜品のメニュー
  西瓜西米露
香港・許留山でよく食べたものを再現。スイカをピューレにし、タピオカと合わせています。
たっぷり!とは言えませんが、ツバメの巣入り。
e0062977_15364963.jpg


  香蕉焦煉奶撻(バナナトフィータルト)
尖沙咀・厚福街でであったバナナトフィータルト。
タルト生地に、練乳で作ったカラメルミルクジャムとバナナをのせ、コーヒー味のホイップクリームたっぷり。私にとっては香港の味なのです。
e0062977_14253337.jpg


当日は、香港で買ってきた、歩道にはみ出した茶餐廳御用達の折り畳みテーブルと、紅Aの椅子が、一部のお席として活躍します。
e0062977_14253203.jpg

また、使う器類は、香港の茶餐廳で使われているカップやカトラリー、愛しの中國制造でサーブします。

当日、水餃の外賣(お持ち帰り)もできます。こんな感じ・・・・

e0062977_16431351.jpg


ぜひ、れ記茶餐廳に遊びにきてくださいねー。



# by recipko2 | 2017-08-01 18:00 | 素敵なごみと、アジアメシ | Comments(2)

ナスとトマトのキーマカレー@Afternoontea Tearoom

e0062977_07012125.jpg


夏の限定メニュー。

サフランライスの上に、揚げ茄子をのせたキーマカレー(そのまんま)。

添えられてる、チャツネみたいなのは桃なのかなぁ。ひよこ豆のサラダと、紫キャベツのサラダはさっぱりしてて美味しい。

肝心のキーマカレーは、もうキーマカレーという感想しかなくて、これ毎日食べたい!定番に!と思うほどではない。

こういうのより、いつも出してたサラダサンド(蝦とアボカドとか、鮭とか)が食べたいなぁ。


# by recipko2 | 2017-07-08 18:00 | AfternoonTea | Comments(0)

ロレアルパリ「エクストラオーディナリー オイル ラ クレム ラヴォン クレンジング クリーム さらさらシャイン」

ツイッターで広告がでていたので、ミーハーにも買ってみてしまった。

クレンジングという概念だったのが面白い。

ドラッグストアへと行き、3タイプある中から、手に取ったのはピンクのエクストラオーディナリー オイル ラ クレム ラヴォン クレンジング クリーム さらさらシャイン(長い)。

e0062977_15244657.jpg
画像はロレアルの公式ページより。


使用方法を見てみると、

1 まずはお湯でよく全体を濡らす

2 3プッシュ程を、まずは毛先に、残りを地肌に揉みこむようにして使う

3 洗い流す

というものだった。

えー、そんなのでちゃんと洗えるの?

と疑いをもって使ってみた。

ローズ系の香りというけれど、使うとクールなミント系が強くて、このクールさでさっぱり感出してるのかなぁと思いつつ洗う。

クリームの硬さが、コンディショニングよりやや濃いめ、トリートメントより薄目なので、しっかり洗い流したい。

洗い流した後は、クールさも手伝い、さっぱり感がある。ただし、なんとなく髪の毛がぺしゃっとしている気もする。

タオルドライすると、確かに普通に洗ったのと同じ状態になっているし、そのあとドライヤーで乾かせば、普段と変わらないような、気もする。

普段使っているのが、エッセンシャルでこれがここ数年つかったシャンプー&リンスの中で抜群にいい仕上がりなので、それに比べるとやや劣るが、まぁいいかなぁ。

ただ、一つだけ、良くも悪くも香りがロレアルで、シャンプー&コンディショナーの濃度と違い、トリートメントの濃度で地肌に使うものだから、香りが強い。

洗った後、一日中、強く香りが残る。ロレアル酔いしてしまうため、残念ながら普段使いは断念した。

数日は、別のシャンプー使ってたとしても、香りがわかるときがあり。

夜、入浴して洗髪して寝て、翌日、シャワーなどで洗髪しないでOKなら、ちょうどいいので、私にとっては、出かけない休日タイプ。


コンセプトは好きなので、もう少ししたら、他社がまねして改良していろいろ出るのかなぁと楽しみにしている。

# by recipko2 | 2017-07-07 18:00 | Body/hair/bath | Comments(0)

スイートポテトプディング アラモード@Afternoontea Tearoom


昨年、懐かしメニュー復活アンケートで、期間限定復活したスイートポテトプディングは、パンプディングになってしまい、昔日の味が無かった。

そのショックを忘れた今、またスイートポテトプディングをつかって、スイートポテトプディング アラモードなる期間限定スイーツが登場したので、

こんどこそ!

という気持ちで食べにいってみた。

e0062977_07012144.jpg

やっぱり、パンプディングだったー

そうだと思えば、美味しい(あきらめた)

# by recipko2 | 2017-07-06 18:00 | AfternoonTea | Comments(0)

家メシ・アジアメシ 2017年6月


基本的に平日は料理をしない(で水餃子食べてる)ので、土日は家メシを楽しんでいる。

家で食べるアジアメシ。6月は・・



6月3日 水餃

仕事のストレスを解消すべく、水餃作りをしていたので、夕ご飯も水餃に。
e0062977_12393014.jpg
水餃(韮菜炒蛋水餃、辣椒翠玉瓜水餃)
小薔薇花柄のリム付き皿(中国)

レタスの油菜
山葡萄柄のオーバル皿(香港)

籠盛りされた4種の花の柄の四季丰収の碗(シンガポール)
香港・紅Aのプラスチックカップ(香港)
香港・紅Aのメラミンレンゲ(東京)
香港制造プラスチック箸(香港)




6月4日 菠蘿咕嚕雞、皮蛋水蛋、清蒸魚、蕃茄蛋花湯
e0062977_06524595.jpg
香港メシ食べたい熱が盛り返してきて、菠蘿咕嚕雞、皮蛋水蛋、清蒸魚、蕃茄蛋花湯

菠蘿咕嚕雞
ミッドウインターのミンシリーズ
e0062977_06524586.jpg
皮蛋水蛋
鳥柄ボウル(香港)
メラミン皿(香港)
アルミのレンゲ(ベトナム)
e0062977_06524671.jpg
清蒸魚
帝花柄のオーバル皿(香港)
e0062977_06524796.jpg
蕃茄蛋花湯
映日紅花柄に富貴栄華の4文字が入ったボウル(シンガポール)
PYREXのプレート
台湾のレードル
e0062977_06524631.jpg
映日紅花柄の四季丰収の碗(シンガポール)
メラミンボウル(香港)
香港・紅Aのメラミンレンゲ(東京)
香港制造プラスチック箸(香港)
e0062977_06524474.jpg


6月10日 咸菜蛋花湯、蝦仁炒滑蛋、欖菜肉崧炒四季豆、清蒸魚
e0062977_12393015.jpg
欖菜肉崧炒四季豆
薔薇柄のモノクロオーバル皿(シンガポール)
e0062977_12393463.jpg

蝦仁炒滑蛋
映日紅花柄のリム付き深皿(シンガポール)
e0062977_12393392.jpg

清蒸魚
魚柄の皿
e0062977_12393160.jpg

咸菜蛋花湯
帝花柄のボウル(香港)
野薔薇柄のメラミンプレート(台湾)
e0062977_12393296.jpg
雛菊柄の四季丰収の碗(香港)
メラミンボウル(香港)
映日紅花柄のレンゲ(香港)
プラスチック箸(香港)
e0062977_12393294.jpg

6月11日 紙包雞、ガドガド、咸菜蛋花湯
定期的に食べたくなる衝動が来るのが、紙包雞とガドガド。
e0062977_12393409.jpg
紙包雞
PYREXのプレート(イギリスの)
e0062977_12393519.jpg

フランスのままごと皿
e0062977_12465453.jpg

ガドガド
バスク柄のプレート(フランスの)
e0062977_12393591.jpg
咸菜蛋花湯
カフェオレボウル(フランスの)
e0062977_12465515.jpg



6月21日 清蒸魚、蒸し貝、翠玉瓜炒肉片
プラーヤーン作るつもりで買った鯛が既に鱗と内臓を取られていたので清蒸魚に変更。あとは蒸し貝、翠玉瓜炒肉片。
e0062977_12510082.jpg
清蒸魚
魚柄のオーバル皿(香港)

蒸し貝
笹柄のリム付き皿(香港)
e0062977_12510158.jpg
翠玉瓜炒肉片
ミルクガラスのオーバル皿(シンガポール)
e0062977_12510219.jpg
雛菊柄の四季丰収の碗(香港)
小紅花柄の小皿(香港)
帝花柄のレンゲ(香港)
プラスチック箸(香港)
e0062977_12510330.jpg


6月25日 海南雞飯、欖菜肉崧炒四季豆、咸菜豆腐湯、豆腐干絲
冷凍してあった丸鶏をみていたら、むらむらと作りたくなったので海南雞飯、欖菜肉崧炒四季豆、鳥スープで咸菜豆腐湯、廣州で出会って大好きになった豆腐干絲。
e0062977_12465581.jpg
海南雞
帝花柄のオーバル皿(香港)
e0062977_12470080.jpg
雞飯
琺瑯ボウル(香港)
e0062977_12465651.jpg
雛菊柄の碗
e0062977_12465931.jpg

欖菜肉崧炒四季豆
大紅花柄のボウル(香港)
e0062977_12465748.jpg
咸菜豆腐湯
野薔薇柄のメラミンプレート(台湾)

豆腐干絲
メラミンプレート(香港)
e0062977_12465835.jpg
タレをいれた小醋皿・3種(香港)
e0062977_12465734.jpg

# by recipko2 | 2017-07-05 18:00 | 素敵なごみと、アジアメシ | Comments(0)

涼拌豆干絲 (押し豆腐の中華風和え物)

e0062977_06583537.jpg







広州に行ったときに初めて食べて、とても美味しくて感動した涼拌豆干絲
e0062977_15004137.jpg
(広州で食べたもの、目指すはこれ)

押し豆腐を麺のようにしたものが中国にはあるようで、この時食べたのはもう少し薄くてシート状になったものを細目に切ったのかもしれない。

日本だと、富澤商店や、中華食材店に泰山干糸として売っているので、それを使ってみようと思う。

広州で食べた涼拌豆干絲は、味付けがとてもシンプルだったのもよかった。

良く行ってた中国人がやっている中華料理店で出てきた涼拌の味。

だとすると、あの構成で再現できるはず。


泰山干糸は冷凍されていたので、自然解凍で完全に解凍させてから、沸騰した湯で1分茹でる。

茹で上がったら、水けをよく切ると、ほわっとほぐれてくれる。

タレは、すりおろした(または叩いてつぶした)ニンニク、ごま油、塩、そしてチキンスープ。

これは、鶏肉とタタキキュウリの中華和えで使っているタレのレシピに、ちょっと加えてみただけ。

具は、広州と同じ、ニンジンと香菜のみ。

胡瓜いれても、茹でた鶏肉や、煮豚を入れても美味しいと思う(しないけど)。

確かに豆腐なんだけど、さっぱりしているのに、酒のつまみにもなりそうな味で、お皿一杯持っても食べてしまう。

[材料]
泰山干糸  1袋

人参  1/2本
香菜  好きなだけ

涼拌醤
ニンニク(おろす) 1かけ
ごま油 大2
塩 小1/3
チキンスープ大1/2+湯大1 (好みで)

[作り方]
1 泰山干糸は冷凍されていたら完全に解凍しておく。
2 鍋に湯をたっぷり沸かし、強火のまま、1をほぐしながら加えて再沸騰してから1分茹でる。
3 湯だったらザルなどにあげて水けをきり、ほぐしながら適当な長さに切る。
4 人参は千切り、又はソムタムピーラーなどで細切りにしておく。
5 香菜は洗って適当にざく切りしておく。
6 涼拌醤をよく合わせておく。
7 ボウルに、3、ニンジンをいれて6を加えてよく合え、最後に香菜を加えてざっくり合える。

# by recipko2 | 2017-07-01 18:00 | Recipe | Comments(0)

乳液でクレンジング

私がコスメにハマりだしたころから言われている事だが、基礎化粧はクレンジングが大事。

肌は、自分が食物で摂取した栄養素を使い、肌細胞の生産、補修はできるけれど、汚れを肌表面から取り除くことはできないから。

オイル、ジェル、クリーム、エマルジョン、ウォーターとクレンジングには様々なタイプがあり、洗い流す、ふき取る、乳化させるなど落とす方法もいろいろ。

洗いあがりも、さっぱりからしっとりという幅なのに、微妙に違ったりする。

消費者の好みに応じて、何種類あるかわからないほど、世の中に出ているが、目的はメイクを落とすという一点だ。

私は、さっぱりと落とせるタイプが大好きで、洗い上げたい派(ふき取りは面倒くさい)

これまでいろいろ使ってみたが、今でも一番いいクレンジングはオシエムだと思っている(が、いかんせん、常に在庫切れなので、使うのあきらめた)

オシエム使えないなら、もう何でもいいやと、適当にドラッグストアでクレンジングを買っているが、メイクを落とすことはできるはできるけど、帯に短し襷に長しな状態

(数誌をチェックしていた頃の)コスメ雑誌で、定期的に、クレンジングにも保湿が大事!美容液みたいなクレンジング!というようなネタがあったが、肌に優しすぎると汚れは落ちないし(落ちないどころか、毛穴の角栓がすごいことに)、優しいだけではすまないことが多かった。

40歳も過ぎたころ(というか、香港から戻ってきてから)実は夜のスキンケアが面倒で、化粧落としてそのままというのが続いていた。

オシエム使っているときは、それでも全然大丈夫で、使わなくなって肌バリバリするわーと感じながらも、ま!いっかと放置。さすがに昨年冬位になって「いい加減、乾燥してくるわ」と気が付き(遅い)、グレイスワン濃潤液を使い始めた。それでも洗い流してからこの乳液つけるまでの間にピキピキしてたので、クレンジングの問題なんだなぁと実感。

濃い化粧をしているわけではないが、落とせないのは困る。かといって、あまりクレンジング力が強いのもなんだかなぁ

と考えているうちに、あ、そか乳液でクレンジングすればいいんじゃない。と気が付いた。

乳液でプレクレンジングして、仕上げにその乳液をクレンジングを使って落とす。

幸い、グレイスワン濃潤液は、安価で内容量もたっぷり。

脱衣所に置いて、まずこのグレイスワン濃潤液をたっぷりと使って顔全体をくるくるし、クレンジング(今はジェルタイプ)を少量つかって、乳液となじませて洗い流す。

洗いあがりは、オシエムで感じた時と同じような感触になり、洗いっぱなしでもいいけど目の前にあるんだから、ちゃんとグレイスワン濃潤液を塗って終わり。

今は、美容液もクリームも使ってないが、肌の調子は良くなった(当たり前)。やはりクレンジングは大事なんだなぁと、改めて痛感。

# by recipko2 | 2017-06-26 18:00 | Cleanser etc. | Comments(0)

午後のお茶の時間 ~ アンナンとエルメスのメゾンアンシャンテのC&S ~

e0062977_06552753.jpg


あまり暑い時期に、茶色系のティーセットは使いたくないけれど、不思議なことにこの時期になると使わなくちゃ!と思ってしまう。

エルメスのメゾンアンシャンテシリーズ。
e0062977_06552968.jpg
毎年自分への誕生日プレゼントに1セットずつ・・・・なんて柄にもない優雅なこと(?)考えてたら、このシリーズそのものが店頭でほとんど見なくなってしまった。

でも好きな柄なので、見つけたら集めていきたい。

そして、このカップとソーサーを使うときは、マリアージュのアンナンを選ぶことが多い。なんでしょうねこれ。

ティーポットは、ブラウンベティ。
e0062977_06552865.jpg
お茶請けは、簡易版でつくったバナナトフィーケーキ。
e0062977_06552962.jpg
バナナをきれいに並べるか、それともある程度の大きさに切ってカラメルミルクジャムを絡めてのせるか、の違いなんだけど、やはり断面はあまり美しくない。
e0062977_06553026.jpg
バナナはこちらのほうが沢山食べれるけどね。


# by recipko2 | 2017-06-23 18:00 | AfternoonTea | Comments(0)

CHANEL 「レ ベージュ タン ベル ミン」 kirei


驚くことに、久しぶりのコスメネタです。

ファンデーションは、この数年(どころかブログを確認してみたら長いものでは5年近く)

イヴ・サンローラン  LE TEINT TOUCHE ECLAT

TOM FORD TRACELESS FOUNDATION

Dior CARTURE TOTALE SERUM FOUNDATION

イヴ・サンローラン  LE TEINT ENCRE DE PEAU

の4本を愛用している。

一度老化してから若い時に戻るということもできないし、他人にもなることができないから、今の自分の状態がすべてになる。

・・・どんなことにも言えることだけど。

40代になって、不思議なことに肌の調子はよくなってきたが、それはこれまで悩みだった吹き出物がナリをひそめてきたということで、肌そのものの輝きは衰えてきたことを認めたい。

当たり前の享受していた若さは、失いはじめてその貴重さがわかる。

昔、会社の先輩(一回り以上離れていた)が、

若いうちよ

と、言っていた。その時は言われた事がわからなかったけれど、今にして思えばアドバイスだったんだなとしみじみ身に染みてよくわかる。

だから、私も若い人に言いたい。

若いうちよ、と。
(オバチャンのヒガミと思うかもしれないが、いずれ自分も通る道。先駆者は「若い時にもっと○○しておけばっ!」と後悔していて、後続に同じ過ちを踏んで欲しくないので言うのです。)

40代になり、肌の調子はよくなってきたが、肌そのものが持つ細胞の耀きがなくなってきた。なんだか肌がどんよりしているのですよ。

マチュアな世代が、なぜヒカリモノが好きになるのかもわからなかったが、ここにきて、それまでは自分の肌やデコルテがレフ版替わりになっていたが、光を放つ力がなくなったので、代わりとなるダイヤモンドとか光り物が必要になるのだとわかり始めてきた。

だから、肌の土台を作るファンデーションも、今選ぶならそのあたりがキモ。ババァ肌にマットは恐ろしいし、かといってラメやパールぎらぎらも、いかがなものか。

愛用している4本のファンデーションは、マット過ぎず、パールのわざとらしさもなく、肌そのものが明るく見える。

でも、ちょっと気分的にマンネリ。

ちょうどなくなってきたこともあり、新しいファンデーションを使ってみることにした。

CHANELのレ ベージュシリーズから出ている、 タン ベル ミン。

CHANEL  LES BEIGES TEINT BELLE MINE レ ベージュ タン ベル ミン
e0062977_08071196.jpg
尤もCHANELのファンデーションは、ヴィタルミエール以降飽きて使ってないのでものすごく久々だし、そんなに期待していなかった。

単にヘルシー グロウな仕上がりという言葉に惹かれただけだが、使ってみて、

こういうファンデーションこそ40歳代が使うべきでしょ?

30代はまぁ使ってもいいかもしれないが、20代はすっこんでろ!(そもそも輝いてるのよあなたたちは・・・)

と言いたい。

テクスチャは、ギリシャヨーグルト様で、オイルフリーだからか伸びはそんなによくない。特に、トムフォードとYSLのアンクルドポーは、ほんの少量(いつも米粒1粒位)で全顔に使う程度なので、それに比べると小豆粒は必要となる。

最初に肌に載せた時に、これまで使っていたCHANELのファンデーションとは違う感覚に驚いた(ブランクありすぎ?)

CHANELのファンデーションというと、仕上がりはキレイなんだけど載せるときがモサっとしやすく、ブラシ、指、スポンジなどで丁寧に伸ばしていかないと、塗りました感が出ていた。

ところがタン ベル ミンは、伸びこそよくないが、指先で肌に伸ばすと吸収しちゃった?という位馴染んでいく。伸びの良さと肌馴染みは比例するものだと思ってたけど、どうもこれは違うよう。

塗り終わりは、確かにヘルシーグロウ。素の肌もなかなかいいんじゃない?と自分で誤解できる仕上がり。

香港の湿度100%な中で使い始めたけれど、ドロリと崩れることもなかったので、大変優秀である。

# by recipko2 | 2017-06-22 18:00 | Foundation | Comments(0)

台湾での恒例のアレ


では、日帰り台湾での恒例のアレ行きます。

我慢できずにはいった素敵(そう)なごみ屋では、陶器が全然なくて、プラスチックやメラミン樹脂ものだけだった。

そんな中、以前に荻窪・ビルカーベさんで手に入れたお茶碗と同じ花柄のプラスチックプレートがあった。

一見ミルクガラスにも見える花柄。
e0062977_08001396.jpg
昔のPYREXの柄にも似ている。

同じ柄シリーズで、大きさ違いで深さあるのとないのプレート2種。
e0062977_08001846.jpg
e0062977_08013811.jpg
オーバル
e0062977_08001748.jpg
ちょっとファンシーだけど、ツボったオーバル
e0062977_08001769.jpg
肉圓皿と書かれていたステンレスの小皿。
e0062977_08001361.jpg
なにかの振り掛けモノに使いたい、プラスチックボトル
e0062977_08013889.jpg

そして、林百貨店。受託荷物は買ってないので手持ちできるモノを選んだけれど、液体もの買いたかった・・・・

箱がかわいかった、お茶。
e0062977_08001491.jpg
台南のお茶屋さんらしい、振發茶行が作った。林百貨店から600m位なので時間と元気があれば行きたかった。
中にはジャスミン茶のティーパック(個包装)が入っている。が、味はイマイチ。

こちらも台南産の揚げピーナッツ。ウマし!
e0062977_08001449.jpg
ミレービスケットを彷彿とさせる、麦芽糖を挟んだクラッカー。
e0062977_08001698.jpg
何ともおいしそうで、お茶請けはいくらあったも良いので購入。かえって食べてみたら、素朴な味で美味しかった。
e0062977_08001539.jpg
素敵なごみ屋のそばにあった金徳春老茶荘といお茶屋でかったお茶いろいろ。
e0062977_08001656.jpg
安いお茶は(75g/50台湾ドル)は、価格から推して知るべし!な味で、久しぶりにジャスミンの花が入っているジャスミン茶だったので、ウオッ!と声が出た。

日本の中国料理店(中国人がやってる系)で出てくるジャスミン茶のレベルなので、好きは好き。


# by recipko2 | 2017-06-21 18:00 | Travel | Comments(0)

一筆書きシリーズ 国外編 日帰り乗り鉄旅行 ~臺灣鐡路~ ④

e0062977_06202032.jpg

一人での旅行ではないので、素敵なごみ漁りは封印してたのだけど、通りかかったらたまらず見ちゃうよね・・・・
e0062977_06201917.jpg


e0062977_06202099.jpg

5分だけ時間を頂戴!と告げて、中に突進。

なんでそんなの買うの(笑)

と言われながらも、やっぱり買ってしまった・・・・

さて、氷を食べたばかりですが、うろうろしているうちに、やはり暑さに参ってきて、今度こそマンゴー食べよう!と次の店に行ってみた。

鳳冰果舖

私はパイナップルのスムージーを、
e0062977_06202147.jpg
友人はマンゴーのかき氷を頼んだ。
e0062977_06202139.jpg
マンゴーはさすがの美味しさだったけど、冰自体が、なぜかおばあちゃんの味がした。なぜだ?何が入ってるんだろうか(作ってくれてたのはかわいいお姉さんだった)。

さて、そろそろ戻る準備。

赤崁樓。
e0062977_06202295.jpg
ここから、お土産買いに寄ろう!と林百貨店にむかう。
e0062977_06202352.jpg

雰囲気ありすぎな林百貨店。これは期待せずにはいられない。

店内も、昔の百貨店な上品さ。
e0062977_06202449.jpg
台南の主な有名な品はそろっているという感じ。
e0062977_06202569.jpg
お土産をかって、台南駅へと向かう。
e0062977_07555718.jpg
(疲れてタクシー使ってしまった)

台湾鉄道で今度はのんびり高雄へ。

乗ってるだけだけど・・・ちょうど下校の時間帯だったのか、かなり混雑していた。
e0062977_07555807.jpg


e0062977_07555925.jpg
高雄着。
e0062977_07555910.jpg
台湾高速鉄路の左營駅へ向かうため、MRTの高雄車站へあるいて移動。
e0062977_07560010.jpg
e0062977_07560074.jpg


左營駅についたところで、少し街中に・・・なんて思ってたけど、新幹線の社票をかったり弁当買ってたりしたら大雨が降ってきたので、これにて終了。さっさと乗り込んで、一路台北を目指す。

お腹すいたのでみんなで台鐡便當。
e0062977_07560114.jpg
日本で食べたのと違うっ!?(どちらも美味しいですが)

台北からは、空港線をつかって空港まで。でも空港でご飯と最後のお土産をなんて思ってたら、結局いいものなくて、がっかり。

ご飯は、第2ターミナルのほうがまだよさそうだった(われらは第1ターミナル)

ということで、乗り鉄の旅国外編。第1回は台湾だったけど、友人も私も、日帰りならいいね!と気に入った。

今回は高雄までいってしまったので、移動時間に時間をとられたが、これが台北いるだけなら、結構いろいろできたのではないか?思う。

まだ半周残っているので、そのリベンジもかねて、また来たい。




# by recipko2 | 2017-06-20 18:00 | Travel | Comments(0)

一筆書きシリーズ 国外編 日帰り乗り鉄旅行 ~臺灣鐡路~ ③


e0062977_08120678.jpg
冰郷の裏手から民生路一段という小路へ入りぶらぶら。
e0062977_08120694.jpg
e0062977_08120884.jpg
懐かしい感じがする古い家々の合間に、時々上手にリノベーションした洒落たカフェがあり、こういうところが台湾好きな人にはたまらないのかな。
e0062977_08120789.jpg
e0062977_08121175.jpg
同じ中華文化の国なのに、大陸とも、香港とも違うし、シンガポールとも違う。
e0062977_08120741.jpg
e0062977_08120889.jpg
どちらかというと台湾は、古い日本にいるような気分になる。

# by recipko2 | 2017-06-15 18:00 | Travel | Comments(0)

一筆書きシリーズ 国外編 日帰り乗り鉄旅行 ~臺灣鐡路~ ②


台南站のプラットホーム。
e0062977_08065303.jpg
日本統治時代に作られたという駅なので、雰囲気も残っている。

駅前はロータリー状になっている。事前に地図を見ていて、ところどころ圓環となっているサークル上の道路があり、おもしろい。
e0062977_08065470.jpg
映画「KANO 1931海の向こうの甲子園」での嘉義市内の再現風景で、同じようにサークル状になった道路の真ん中部分に噴水ができるシーンがあったけれど、現代にも残っているというのが興味深かった。

さて、今回の台湾乗り鐡旅行は、勢いで決まったようなもので、パーティー内に台湾の知識がある人間が皆無(唯一私が1度台北に行ったことがあるくらい)
e0062977_08093356.jpg
ということで、ぺこぺこのお腹を満たすべく、ガイドブックを頼りに街歩き開始。
e0062977_08065431.jpg
(スタバもやっぱりあった)

何が食べたい?といっても、台湾料理の知識もないものだから、適当に選んでいってみたのが、東城麺家
e0062977_08093038.jpg
店の入り口も店内もオサレな感じ。

入口入ってすぐのところにオーダー表が置いてあり、これに書くのかなぁ?といいながら、すぐ横に席が空いてたので座る。
e0062977_10491682.jpg
(東城麺家のオーダーシート)


これに書いて渡せばいいのかなぁと悩んでいると、隣のテーブルに一人で座っていた方が声かけてくださった。

日本の・・・方ですか?

日本好きな台湾の方かな?と思ったら在住の日本人の方でした。

オーダーの仕方と、おすすめメニューを伺い(感謝です!)、さっそくトライ。

まずは、このオーダー表に書かれたメニューで、頼みたいものにチェック。

右上の卓號と書かれたところには、テーブルについている番号を記入。
e0062977_08093158.jpg
(テーブルは台湾ビールのケースでできてる。かわいい)


入口に滷味とよばれる具が並んでいるので、ボウルに好きなものをいれて、オーダー表をボウルにクリップでくっつけて、奥の厨房前に持っていく。

厨房前でどうしたらいいのかわからなくて、その場で待ってたけど、席で待っててよ!と言われ(たぶん)すごすごと席に戻ってきた。

しばらく待つと、先ほど選んだ滷味を盛り合わせたお皿や、オーダーしたものが運ばれてきた。
e0062977_08093132.jpg
滷味って、香港で「滷味」と意識して食べたことが無いが、滷味用の調味液に浸して沁みるように煮たものといっていいのだろうか。これなに?と言われたら答えられるけど、説明しようと思うと難しい。

今回選んだのは、鶏(鶉?)肉、押し豆腐、肝(たぶん)、皮蛋。

どれもみなであ、ウマッと食べれたので一安心(二人がアジアメシ大丈夫かどうか?わからなかったし、私も台湾の味付けはいまいち・・・・だったから)

どれも美味しくて、ビール飲みたい感じ。

声かけてくださった日本人の方がこの店にはこれを食べに来るんです!とおすすめしてくれた、麻醤麺
e0062977_08093217.jpg
汁なし麺で、ゴマダレがかかっているもの。うまし!確かにこれはウマい。麺は上海麺かなぁ。

もう一つ頼もうかと、酸辣湯麺
e0062977_08093309.jpg
※だがしかし、この店は粿仔條を頼むべきだったのでは!?と後で気づく(ガイドブックに書いてあったから)

酸辣湯麺は、酸っぱさがやや足らなくて、すごくウマい!という感じではなかった。たぶん食べ方の問題。

個人的な確認のために、水餃(でた!)
e0062977_08093268.jpg
ニラが入ったやや甘めの味付けで、まぁ美味しいけど、自分で作ったやつのほうが旨いわ(いうねー)。水餃専門店じゃないからいいんだけど。

乗り鉄先輩から
「●●さん(奥さんが台湾人)が言ってたけど、水餃子なら中国のほうがおいしいって」

といわれ、

「んなこたぁわかっとるわい!(誰にいっとんじゃボケ!位の勢いで)いきなり都攻めますか?まずは周辺からでしょう!?」とわけわからないことを言っておいた(道場破り的な?)


もう一つ、写真取り損ねたけど、筧菜(なのかな)茹でたものに(湯青菜)。これは香港の油菜とかベトナムのザウムオンサオトイのほうがおいしい。味付け違うけど。

台北に行った時の食事が、イマイチだったのにくらべ(チョイスの問題だとは思う)、台南のご飯は美味しい。

店を出て、食後のデザートを食べに向かう。

やはり台湾と言えばフルーツかき氷でしょう!ということで、ガイドブックみていて、冰郷という店のがとても美味しそうだった。ここから、少し歩いたところにある店を目ざす。

冰郷でもこういうオーダーシートに記入すればいいらしい。
e0062977_10494675.jpg
(よくわからなかったので、お店のおじさんに、これ、これと指さしてお願いしたけど)


頼んだのは、八寶豆花(40台湾ドル= 146円)
e0062977_08093525.jpg
豆花の上に。いろいろな種類の炊いた豆が載っている。小豆、白豆、ブラックタピオカ、白玉、レンズ豆などなど。

固めました!という感じではないホワッとした豆花に、絶妙な甘さに炊かれた豆がぴったり。

ウワッ!ウマ!
なにこれウマッ!
すげーうまっ!
ピーナッツ、ピーナッツヤバイ!

とか言いつつみんなで掬っていく。

もう一つは、お店のおじさんおすすめの綜合水果冰(60台湾ドル=219円)
e0062977_08093518.jpg
パッションフルーツと、キビ糖のシロップ(かな?)がかけられた氷の下には、いろいろなフルーツ盛りだくさん。

西瓜、黄色い西瓜、ライチ、リンゴ、パイナップル、バナナ、ブドウ。どの果物も食べなれている味と違うのが、産地の凄み。上にかかっているパッションフルーツがもう最高で、

フルーツうめー!
バナナ!バナナやばい!
パッションフルーツメチャウマー!

とあっという間になくなった。私これ10杯は食べれる。てか、これで219円とかなんなのーーー!?!?!?
e0062977_08093425.jpg
薑糖番茄を食べてこなかったのを、今ものすごく後悔している。


正直、食事の味付けはイマイチあわない台湾ですが、このフルーツを食べになら来たい。

# by recipko2 | 2017-06-14 18:00 | Travel | Comments(0)


コスメやスキンケアや美容のこと。一生懸命あがいています。といっても最近は素敵なごみ・・・もとい日用品を買う方が多いけど。2017年も旅行に買い物に骨董市にと好きなことしまくります!


by recipko2

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

<< お気に入りのブログ>>
Cozy's Cozy's World
映画のフェイクポスターをのせているブログ。本物かと思うほどの凄まじい出来です。

ニョニャ料理の日々

------------------------
広州
旅行口コミ情報

香港旅行・ホテルのクチコミ






*-*-*Twitterはじめました-*-*

「recipko」
で検索してみてください。

※おもに暴言。たまーに記事にする前のコスメのこととかつぶやいてます

*-*-**-*-**-*-**-*-**

https://iluquappa.stores.jp/

最新のコメント

> まきまきさん ..
by recipko2 at 17:43
設備の問題なのですかぁ…..
by まきまき at 18:21
> やす姉さん 富..
by recipko2 at 14:44
> まきまきさん ..
by recipko2 at 14:42
富澤商店でも扱ってるんで..
by やす姉 at 08:28

ブログジャンル