カテゴリ:素敵なごみと、アジアメシ( 14 )

家メシ・アジアメシ 2017年1月

基本的に平日は料理をしない(で水餃子食べてる)ので、土日は家メシを楽しんでいる。

家で食べるアジアメシ。1月は・・・

1月4日 豚つくね、海苔スープ Canh rong biển、厚揚げのトマト煮 Đậu phụ sốt cà chua。
e0062977_15300627.jpg
1月14日 叉燒三蛋飯
e0062977_15300659.jpg
1月15日 港式自助餐的素食(魚香茄子、㰖菜炒四季豆、炒蛋苦瓜)
e0062977_15300706.jpg

1月22日 粟米忌廉汁芝士火鍋
e0062977_15300866.jpg
1月29日 ハノイのチャー・カー・ラー・ヴォン
e0062977_15300941.jpg


by recipko2 | 2017-02-25 18:00 | 素敵なごみと、アジアメシ | Comments(0)

家メシ・アジアメシ 2016年12月


基本的に平日は料理をしない(で水餃子食べてる)ので、土日は家メシを楽しんでいる。

家で食べるアジアメシ。12月は・・・



12/3 酥炸生蠔、瑤柱蛋白炒飯、粟米斑腩
e0062977_08572499.jpg
12/4 生エビのサラダ(クンチェーナムプラー)、ソムタム、鶏皮を揚げたもの
e0062977_08572787.jpg
12/10 香港風蕃茄芫茜鍋
e0062977_08572725.jpg
12/11 ブンチャー・ハノイ Bún chả Hà Nội
e0062977_08572425.jpg
12/17 豉椒炒蟶子、油菜、瑤柱蛋白炒飯、西檸雞
e0062977_08572636.jpg
12/18 プラーヤーン、ヤムウンセン、鶏肉のパンダン包揚げ
e0062977_08572583.jpg


by recipko2 | 2017-01-20 18:00 | 素敵なごみと、アジアメシ | Comments(2)

あけましてベスト・・・

あけましてベストコスメ!をやろうと思ったんですが、特にこれといって使ってもないので、

あけまして水餃子!(年初からかい)


平日は(基本的に)料理しないと決めているので、

その代り、本当に水餃子食べているんですよ。


ということで、前回から順調にたまった水餃子ネタを行ってみよう。

※大量に餃子のストックをしているので、中身も変わることがありません。
e0062977_12054507.jpg
(左上から時計回りに)

水餃子 - 鯉と蓮の器
油菜(菜心) - メラミン樹脂のオーバル皿
小醋碟 - 中国制造の白
トレイ - アルミトレイ

水餃子 - Woodsのプレート
油菜(レタス) - アルミの弁当箱の蓋、帝華柄のオーバルプレート
小醋碟 - ベトナムのプラスチック製オーバル小皿
トレイ - 東京蚤の市で手に入れたもの

水餃子 - 鯉と蓮の器
油菜(レタス) - オレンジの薔薇柄
小醋碟 - 中国制造の白
トレイ - アルミトレイ

水餃子 - オレンジの薔薇柄
油菜(レタス) -  香港で手に入れた幾何学模様の皿
小醋碟 - 小紅花柄
小皿 - 花柄
トレイ - アルミトレイ

e0062977_12060608.jpg
水餃子 - ピンクのボウル(シンガポール)
油菜(レタス) -  山ブドウ柄(香港)
小醋碟 - 小紅花柄(香港)
小皿 - 小藍花柄(香港)
トレイ - 金魚柄のトレイ(東京蚤の市)

水餃子 - DURALEXのガラスのオーバル皿(香港)
油菜(レタス) -  映日紅柄(四季豊收)(シンガポール)
小醋碟 - メラミンのこ小花柄(シンガポール)
小皿 - 小花柄(香港)
トレイ - 琺瑯のトレイ(シンガポール)

水餃子 - 水仙っぽい花柄のソーサー(シンガポール)
油菜(レタス) -  唐子柄の器(高幡不動ござれ市)
小醋碟 - 小花柄(香港)
小碗 - 小藍花柄(シンガポール)
トレイ - 金魚柄のトレイ(東京蚤の市)

水餃子 - 山ブドウ柄のオーバル皿(香港)
油菜(レタス) -  帝華柄のボウル(シンガポール)
小醋碟 - 帝華柄(香港)
小皿 - フランスのままごと皿(東京蚤の市)
トレイ - 金魚柄のトレイ(東京蚤の市)
e0062977_12063583.jpg
水餃子 - 小澤基晴さんの翡翠釉の皿(百草の庭)
スープ -  平野日奈子さんの粉引のカフェオレボウル(百草の庭)
小醋碟 - 小紅花柄(香港)
小皿 - ソンベ焼き(ベトナム・ホーチミン)
トレイ - アルミのトレイ(ベトナム・ハノイ)

水餃子 - 鯉と蓮柄の皿(香港)
油菜(レタス) -  帝華柄のオーバル皿(香港)
小碗 - メラミン樹脂の碗(香港)
トレイ - アルミのトレイ(ベトナム・ハノイ)

水餃子 - ピンクの花柄 NCYPの碗(香港)
油菜(芥蘭菜)) -  メラミン樹脂のプレート(香港)
小醋碟 - 小紅花柄(香港)
小碗 - 小藍花柄(シンガポール)
トレイ - (東京蚤の市)

水餃子と油菜(レタス) - アルミのピントー(高幡不動ござれ市)
油菜(レタス) -  メラミン樹脂のプレート(香港)
小醋碟 - プラスチック製使い捨て用(シンガポール)
小皿 - 琺瑯の小皿(シンガポール)
トレイ - 金魚柄のトレイ(東京蚤の市)
e0062977_12065509.jpg
水餃子 - 小藍花柄(シンガポール)
油菜(芥蘭菜)) -  帝華柄のオーバル皿(香港)
小皿 - 小花柄(香港)
トレイ - アルミのトレイ(ベトナム・ハノイ)

水餃子 - オレンジの薔薇柄ボウル(香港)
油菜(レタス) -  西洋ロココ柄のソーサー(Birkahve)
小醋碟 - 小紅花柄(香港)
小皿 - 小藍花柄(シンガポール)
トレイ - 金魚柄のトレイ(東京蚤の市)
テーブルクロス - 台湾花布(Birkahve)

水餃子/油菜(レタス)/小醋碟/小皿 - ソンベ焼き(ベトナム・ホーチミン)
トレイ - アルミのトレイ(ベトナム・ハノイ)

水餃子 - ピンクのボウル(シンガポール)
油菜(レタス) -  山ブドウ柄のオーバルプレート(香港)
小醋碟 - ダブルハピネス柄(シンガポール)
小碗 - 小藍花柄(シンガポール)
テーブルクロス - 台湾花布(Birkahve)


年もどうぞ

よろしくお願いします!

by recipko2 | 2017-01-01 18:00 | 素敵なごみと、アジアメシ | Comments(2)

家メシ・アジアメシ 2016年11月

基本的に平日は料理をしない(で水餃子食べてる)ので、土日は家メシを楽しんでいる。

家で食べるアジアメシ。





11/12  威化蝦筒、翠玉瓜炒肉片、水餃子
e0062977_13560138.jpg


11/13 西檸雞、鹹檸檬蒸魚、蒜茸炒時菜#窩蛋牛肉煲仔飯
e0062977_08033843.jpg


11/19 水餃子、油菜
e0062977_06493225.jpg


11/20 焗粟米肉醬鴛鴦飯
e0062977_13561752.jpg


11/23 ヤムウンセン、プラーヤーン、ガイヤーン、ベトナム風蒸し貝
e0062977_14161878.jpg


11/26 ベトナム風しゃぶしゃぶ
e0062977_15224130.jpg


11/27 西檸雞、海苔のスープ Canh rong biển、蝦の素揚げ tôm chiên 、
厚揚げのトマトソースかけ Đậu phụ nhồi thịt sốt cà chua 、
ベトナム風空芯菜のにんにく炒め Rau mướng xào tỏi
e0062977_10490004.jpg



by recipko2 | 2016-12-01 18:00 | 素敵なごみと、アジアメシ | Comments(0)

水餃子と素敵なごみ・・・じゃなかった器たち 2


基本的に、会社いってるか、旅行いってるか、アフタヌーンティーにいってるか、水餃子食ってるかなので、特にネタ無し。

なので、水餃子ネタいってみよう。
(左上から時計回りに)

e0062977_08383747.jpg
レタス油菜 - 雛菊柄の碗(シンガポール)
水餃子 - インド産ステンレスのオーバル皿(シンガポール)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - メラミンのタレ皿(シンガポール)
トレイ - アルミ(ハノイ)

プラーヤーン - グリーンのオーバル皿(高幡不動ござれ市)
茹でキャベツ 黄身ソース添え Chưng Cải Dắp - バラ柄のリム付き深皿(大和骨董市)
水餃子 - バラ柄のボウル(シンガポール)

レタス油菜 - メラミン皿(香港)
水餃子 - ピンクのボウル(シンガポール)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - メラミンのタレ皿(シンガポール)

レタス油菜 - バラ柄のボウル(シンガポール)
水餃子 - 唐子の有田焼(高幡不動ござれ市)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - ダブルハピネス柄のタレ皿(シンガポール)

e0062977_08383807.jpg
揚げコーン Ngô chiên - 無骨仕上げのオーバル皿(香港)
水餃子 - ピンクのボウル(シンガポール)
小碗 - 映日紅柄(シンガポール)
パンジー柄のミルクガラスのプレート - (シンガポール)

水餃子 - メラミンのボウル(ダイソー)
白菜と春雨と豆腐の鍋 - 砂鍋(香港)

菜心の油菜 - 山ブドウ柄のオーバル皿(香港)
水餃子 - 帝華柄の浅皿(香港)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - 帝華柄のタレ皿(香港)

レタス油菜 - 琺瑯ボウル(ハノイ)
水餃子 - 琺瑯トレイ(シンガポール)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - 白い無地のタレ皿(シンガポール)

e0062977_08383938.jpg
レタス油菜 - 帝華柄のオーバル皿(香港)
水餃子 - 青い花柄の碗(香港)
同じ柄の小皿 - 香港
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - 赤いメラミンタレ皿(シンガポール)

菜心の油菜 - 琺瑯ボウル(ハノイ)
水餃子 - アルミのトレイ(ベトナム)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - ベージュの無地のメラミンタレ皿(シンガポール)

レタス油菜 - ソンベ焼きの浅鉢(ホーチミン)
水餃子 - 映日紅柄のボウル(シンガポール)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - ソンベ焼きの小さなタレ皿(ホーチミン)

菜心の油菜 - 帝華柄のオーバル皿(香港)
水餃子 - バラ柄の碗(シンガポール)
小皿 - 帝華柄( 香港)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - ベージュの無地のメラミンタレ皿(シンガポール)

e0062977_08384083.jpg
レタス油菜 - 帝華柄の浅皿(香港)
水餃子 - 琺瑯のプレート(ハノイ)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - 花柄のメラミンタレ皿(シンガポール)

餃子と白菜と春雨の鍋 - アルミの鍋(香港)
小碗 - 映日紅柄(シンガポール)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - 小花柄のタレ皿(香港)

水餃子とレタスの油菜 - ピンクのボウル(シンガポール)

水餃子 - グリーンの琺瑯リム付きプレート(香港)



私も好きねぇ。。。。(ふたたび!)



by recipko2 | 2016-10-31 18:00 | 素敵なごみと、アジアメシ | Comments(2)

水餃子と素敵なごみ・・・じゃなかった器たち


なぜ水餃子のネタばかりなのか、不思議に思われるかもしれないが、なにせ水餃子を夕ご飯に食べていることが多い。

だいたい月に1度のペースで、水餃子のストックを作っている。

まぁ、中身は芹菜豚肉餃子(セロリと豚肉の餃子)ばかりですが・・・・

完全食であるためそれ一品で主食とおかずを兼ねられ、冷凍しておいたものを茹でればいいだけという手軽さもあり、添えるのは大抵冷蔵庫に入っているレタス類を餃子を茹でた鍋で、茹でてしまえば油菜の出来上がりという、メニュー構成的にも完璧。

そりゃぁ食べちゃうってもんです。

主にタレは、

黒醋 + 辣油

の組合せだったが、今ではほぼ

唐辛子(生) + 醤油 + シーズニングソースちょろっと

のタレだけになっている。このタレ、食べているうちに肉汁が入ることで味がドンドン美味しくなるスグレモノ。

日本では骨董市がメインだけど、香港、ベトナム、最近ではシンガポールで素敵なごみ漁りをしているので、そこで捕獲してきた器にもぴったり。

いろいろ組み合わせるのが、これまた楽しいわけです。

餃子をいれた大き目の碗、油菜、タレが入った豆皿、取り皿として使う小さな碗をトレイに全部載せて、定食みたいに食べるのが好みのパターン。

カメラロールを覗いてみると、撮った画像がかなりあり、こんな組み合わせしてたのか!と見ていて楽しい(なんと自己満足な!)

e0062977_15082490.jpg
1段目左から、

空芯菜の炒め物 - 魚柄の浅皿(高幡不動ござれ市)
水餃子 - 帝花柄のボウル(香港)
タレ(黒醋+辣油) - 白い無骨仕上げの小碗(香港)
トレイ - アルミ(ハノイ)
ダブルハピネスが描かれた箸袋 - 香港

取皿 - 魚柄の浅皿(高幡不動ござれ市)
たことセロリのサラダ - 魚柄の浅皿(高幡不動ござれ市)
水餃子 - 帝花柄のボウル(香港)
トレイ - アルミ(ハノイ)

モヤシの炒め物 - 魚柄の浅皿・大サイズ(高幡不動ござれ市)
水餃子 - 魚柄の浅皿(高幡不動ござれ市)
きゅうりと人参の炒め物 - 魚柄の浅皿(高幡不動ござれ市)

きゅうりと人参の炒め物 - 魚柄の浅皿(高幡不動ござれ市)
トマトのサラダ - 魚柄の浅皿(高幡不動ござれ市)
水餃子 - 帝花柄のボウル(香港)
タレ(黒醋+辣油) - 白い無骨仕上げの小碗(香港)

2段目左から、

ベトナム風フライドポテト - ソンベ焼きの浅皿(ホーチミン)
ベトナム風カリフラワーのフライ - ソンベ焼きの浅皿(ホーチミン)
水餃子 - 帝花柄のボウル(香港)
トレイ - アルミ(ハノイ)

栗子鶏 - 帝花柄のスープボウル(香港)
レタスの油菜 - 文革瓷青花シリーズのリムプレート(香港)
水餃子 - メラミン樹脂のボウル(香港)
タレ(黒醋+辣油) - 小花柄の小皿(香港)
トレイ - アルミ(ハノイ)

回鍋肉 - 無骨仕上げの浅皿(香港)
イカのワタ煮 - 魚柄の浅皿(高幡不動ござれ市)
水餃子 - 魚柄の浅皿(高幡不動ござれ市)
タレ(黒醋+辣油) - 白い無骨仕上げの小碗(香港)
下に引いた皿 - 帝花柄のプレート(香港)

サニーレタスの油菜 - メラミン樹脂のボウル(香港)
水餃子 - 帝花柄のボウル(香港)
おでん - 帝花柄のスープボウル(香港)
まぐろの刺身 - ガラスの器

3段目左から、

ペーパーチキン - メラミン樹脂のオーバル皿
サニーレタスの油菜 - メラミン樹脂のボウル(香港)
水餃子 - 琺瑯の打飯セット
タレ(黒醋+辣油) - 魚の碗(香港)
レンゲ - メラミン樹脂のレンゲ(香港)

水餃子 - プラナカンのボウル(シンガポール)

サニーレタスの油菜 - メラミン樹脂のボウル(香港)
水餃子 - メラミン樹脂のボウル(香港)
タレ(黒醋+辣油) - メラミン樹脂の小碗(シンガポール)

タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - 小花柄の豆皿(香港)
水餃子 - 映山紅(四季平安)の碗(シンガポール)
レンゲ - メラミン樹脂のレンゲ(香港)
小花のトレイ - 大和骨董市


4段目左から、

水餃子 - ベトナムのメラミン樹脂ボウル
サニーレタスの油菜 - メラミン樹脂のボウル(ダイソー)
タレ(黒醋+辣油) - 景徳鎮シリーズの小碗(シンガポール)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - メラミン樹脂の豆皿(シンガポール)
レンゲ - ホーロー(nico)
トレイ - アルミ(ハノイ)

水餃子 - アルミのピントー(高幡不動ござれ市)
レタスの油菜 - ソンベ焼きの浅いボウル(ホーチミン)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング)  - メラミン樹脂の小碗(シンガポール)
レンゲ - 坪洲で買った手書き絵のレンゲ(香港)
トレイ - 琺瑯(シンガポール)

水餃子 - 帝花柄のカフェオレサイズのボウル(シンガポール)
油菜 - 映山紅(栄華富貴)のボウル(シンガポール)
酢漬けエシャロット - 白の金縁仕上げ豆皿(シンガポール)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - メラミン樹脂の豆皿(シンガポール)

水餃子 - プラナカンなピンクのボウル(シンガポール)

5段目左から、

水餃子 - 中国制造なバラ柄のボウル(シンガポール)
レタスの油菜 - メラミン樹脂のボウル(香港)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - 小花柄の豆皿(香港)
タレ(黒醋+唐辛子+香菜) - タイのメラミン樹脂の小皿
取皿 - 青花が書かれた小碗(シンガポール)
レンゲ - 映山紅柄(シンガポール)

水餃子 - プラナカンなピンクのボウル(シンガポール)
レタス油菜 - 映山紅(栄華富貴)のボウル(シンガポール)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - 白の金縁仕上げ豆皿(シンガポール)
取皿 - メラミン樹脂の碗(香港)
レンゲ - メラミン樹脂のレンゲ(香港)

水餃子 - 中国制造な映日紅柄のボウル(シンガポール)
サニーレタスの油菜 - 琺瑯皿(香港)
取皿 - 青花が書かれた小碗(シンガポール)
レンゲ - ホーロー(nico)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - ダブルハピネスが書かれた豆皿(シンガポール)
小花のトレイ - 大和骨董市

水餃子 - プラナカンなピンクのボウル(シンガポール)
レタスの油菜 - メラミン樹脂のボウル(ダイソー)
取皿 - 青花が書かれた小碗(シンガポール)
レンゲ - ホーロー(nico)
金魚柄のトレイ - (東京蚤の市)


私も好きねェ。。。。

by recipko2 | 2016-09-19 18:00 | 素敵なごみと、アジアメシ | Comments(2)

素敵なごみと、アジアメシ。 [ 帝華柄 × 水餃子 ]

香港メシから始まったアジアメシの旅。


香港茶餐廳料理研究家(言ったもん勝ち)を僭称しているわけだが、茶餐廳に限らず、その国や土地に住んでいる人が、日常食べているご飯だったり、当たり前すぎて「え?こんな店でいいの?」というような店の食べ物にとても興味がある。

はっきり言うと「人」には興味がないけれど、「人々の生活」にはとても興味がある。

だから、人々の生活に直結している「食」というものに惹かれるのだと思う。

その土地の食べ物や、素敵なごみと呼んでいる日用雑貨品(器や台所回り、日用品)が大好きなのも、すべてはその興味があるから。

私の作る香港メシもアジアメシも、高級レストランで出るようなものはなく(そもそも作れん)、普段の食ばかりだ。

豪華絢爛の器じゃなくて、普通の家庭や食堂で使われている器を使いたいと、少しづつ(大量に)集めている。



e0062977_15561583.jpg

我が家で小さい時から食べていた餃子は、焼き餃子だった。

餃子の皮を何袋も買ってきて、大きなボウルに具を作り、50個以上は包んでいたのを思い出さす。

大人になっていろいろとお店で餃子を食べて、美味しいなと思うものはあるけれど、やはり家の手作りの餃子は別格だ。

だから餃子といえば、=焼き餃子

けれど香港にいってから、180度好みが変わり、水餃子が定番となった。もちろんママンが作るのは焼き餃子だけど、自分で作るのは水餃子。

香港の恵康(ウエルカム)という超級市場(スーパー)がある。住んでいた紅勘のいつも行く恵康は、実は恵康の中でも大きな店舗だったらしく品ぞろえがいい。

ここの冷凍食品コーナーで見つけたのは、量り売りの餃子

量り売りしてもらうよりもすでに適当にビニール袋に入って、値段のシールが貼ってあるのが多かったが、その中に芹菜豬肉水餃とかかれているものがあった。

へー、セロリと豚肉の餃子かー こんなのあるのかー

と、帰ってから茹でてみると、スーパーで売られている手作りではないものなのに、びっくりするほど美味しくてハマった。

香港では、日本でも食べるようなセロリも売られているが、中国セロリと呼ばれる、みためはセリそっくりの細いセロリが売っている。

これが、その細さに似合わず、セロリの香りが濃く、歯ごたえもしゃきしゃき。

中国セロリがたっぷりはいって、豚肉の肉汁とたまらなくよく合い、むちむちの皮も食感が良い。

香港にある北方系餃子屋さんに行くと必ず芹菜豬肉水餃を頼むようになった。

そして、今でも自分で作る餃子は、芹菜豚肉の水餃子だ。なぜか焼き餃子では食べない。

と、餃子の話が長くなったけれど、この餃子を茹でたときに。合わせたいのが大きめのどんぶり・・・じゃなかったボウル。

中でも帝華柄のボウルは、一番似合うように思う。

帝華柄は、本当にそういうのかわからないし、香港で乾物街と名高い上環にある、兆和貿易有限公司という素敵なごみ屋でそう書かれていたから、そう呼んでいるだけだが、古い香港の食事シーンでもよく見ることができる。

このボウルは、ずっと古いタイプのを探していたけれど見つけられなくて、やっと縁が金彩(といってもだいぶ薄くなってしまってる・・・)を見つけて買ったもの。

ボウルだから焼き餃子ではサマにならない。絶対に水餃子を入れる。

ちなみに、香港の火鍋屋さんでは、中国セロリを刻んだものや、醤油、酢、刻んだ唐辛子や辣油、刻んだ香菜、葱(万能ねぎくらいのもの)が卓上に置いてあり、自分の好きなものを好きなようにいれてタレを作る。これ堪らないほど美味しいので、火鍋以外にも使っている。


あ、水餃子関係なく、中国セロリが美味しいという話になってしまった・・・・





by recipko2 | 2016-07-01 18:00 | 素敵なごみと、アジアメシ | Comments(0)

素敵なごみと、アジアメシ。 [ ステンレスのオーバル皿 × 香港メシ ]

e0062977_15322346.jpg


香港メシから始まったアジアメシの旅。


香港茶餐廳料理研究家(言ったもん勝ち)を僭称しているわけだが、茶餐廳に限らず、その国や土地に住んでいる人が、日常食べているご飯だったり、当たり前すぎて「え?こんな店でいいの?」というような店の食べ物にとても興味がある。

はっきり言うと「人」には興味がないけれど、「人々の生活」にはとても興味がある。

だから、人々の生活に直結している「食」というものに惹かれるのだと思う。

その土地の食べ物や、素敵なごみと呼んでいる日用雑貨品(器や台所回り、日用品)が大好きなのも、すべてはその興味があるから。

私の作る香港メシもアジアメシも、高級レストランで出るようなものはなく(そもそも作れん)、普段の食ばかりだ。

豪華絢爛の器じゃなくて、普通の家庭や食堂で使われている器を使いたいと、少しづつ(大量に)集めている。



ステンレスのオーバル皿は、アジアのどの国々の料理にもぴったりあう。

実際、その国でオーバル皿で出ているかというと、ハテナだけど、盛ると一気にそれっぽくなるのがいい。

日本でも食堂などで生姜焼きを頼むとステンレスのオーバル皿で出てきたり、サンドイッチがのせられていたり・・・

特に肉料理がこの皿にはぴったりで、これは何の皿を使おうか?と悩んだ時にあ!ステンレスのオーバル皿がぴったりだ!と活躍してもらってる。

中でも、香港メシの特徴といえるのっけとけメシとは、相性抜群。

のっけとけメシは、焼臘(しぃゅらっぷ)屋と呼ばれる、叉焼や、焼肉(やきにくにあらず)、ローストや蒸した鶏、鶉、鴨なんかが店頭にぶら下がっている、香港のみならず中華食文化の影響がある所なら必ずあるお店。

叉焼飯だとか、切鶏飯とか、組み合わせたのだとか、ダンダンダン!と切ってご飯に乗せるだけなのに夢中でワシワシできるアレ。
e0062977_15322307.jpg
一度に何種類も食べたいよくばりだから、いつも頼むのは叉焼焼肉切鶏飯が大好き。まぁ、タレがかかっていればそれだけで米が食べれてしまうけど・・・

家でも、叉焼焼肉切鶏飯を作ったら、もちろんのせるのはこのステンレスのオーバル皿。

ほかにも、ベトナムのつくねとか、タイの豚の串焼きとか焼き物をのせてもいいし、実は肉類だけじゃなく小さ目の魚なら清蒸にする時の皿にしても便利。

ダサ可愛系の器もかわいいけれど、このステンレス皿は、回鍋肉をのせれば中国っぽく、ソムタムを盛ればタイっぽく、タンドリチキンをのせればインドっぽく、サテーをのせればインドネシアっぽく、なみなみに切ったフライドポテトをのせればベトナムっぽく、そしてご飯とカレーをもれば日本っぽい万能選手。


香港で買ったSUNNEXのものと、合羽橋で買ったヴェルサイユと書かれたものを両方使っている。




by recipko2 | 2016-06-25 18:00 | 素敵なごみと、アジアメシ | Comments(2)

素敵なごみと、アジアメシ。 [ 小鹿田焼 × タイ料理 ]

香港メシから始まったアジアメシの旅。


香港茶餐廳料理研究家(言ったもん勝ち)を僭称しているわけだが、茶餐廳に限らず、その国や土地に住んでいる人が、日常食べているご飯だったり、当たり前すぎて「え?こんな店でいいの?」というような店の食べ物にとても興味がある。

はっきり言うと「人」には興味がないけれど、「人々の生活」にはとても興味がある。

だから、人々の生活に直結している「食」というものに惹かれるのだと思う。

その土地の食べ物や、素敵なごみと呼んでいる日用雑貨品(器や台所回り、日用品)が大好きなのも、すべてはその興味があるから。

私の作る香港メシもアジアメシも、高級レストランで出るようなものはなく(そもそも作れん)、普段の食ばかりだ。

豪華絢爛の器じゃなくて、普通の家庭や食堂で使われている器を使いたいと、少しづつ(大量に)集めている。


e0062977_15043421.jpg




後にも先にも小鹿田焼を買ったのは、神楽坂の雑貨屋さんであるjokogumoさんで1回のみ。

1回で十分なほど、たくさん買ってしまったわけだが、小鹿田焼の窯元からたくさん送られてきた器類は、素敵なごみとはまた違うけれど、日本の陶器なのにとてもアジアな雰囲気を持っている。

普通に和食に合わせてもいいけれど、残念ながらアジアメシばかり作っているものだから、機会がない。

そして小鹿田焼を見ていると、タイ料理ばかり思い浮かぶから不思議だ。

たとえば、5枚買ったうちの、飴色の釉薬がかかり中心部にマルが大きく刷毛で書かれた大皿は、ガイヤーンを盛るとそれはもうぴったり。友人宅でご飯会をするにあたって、ガイヤーンを作った時はわざわざ持っていったくらいだ。

もう一つ、白がベースの大皿と、グリーンの浅目の鉢型を組み合わせてラープを盛る。

サニーレタスの色合いと、豚肉、ホムデン、ミントに、糯米を炒ってつくるカルクーアの色合いともぴったりで、飛びカンナなのか、刷毛目のせいなのか、こんなにもアジアを感じさせる日本の器は無いと思う。

でも不思議と、ベトナムではなくて、タイとかインドネシアなのだ。





by recipko2 | 2016-06-19 18:00 | 素敵なごみと、アジアメシ | Comments(0)

素敵なごみと、アジアメシ。 [ 昭和な柄皿 × 香港メシ ]

香港メシから始まったアジアメシの旅。


香港茶餐廳料理研究家(言ったもん勝ち)を僭称しているわけだが、茶餐廳に限らず、その国や土地に住んでいる人が、日常食べているご飯だったり、当たり前すぎて「え?こんな店でいいの?」というような店の食べ物にとても興味がある。

はっきり言うと「人」には興味がないけれど、「人々の生活」にはとても興味がある。

だから、人々の生活に直結している「食」というものに惹かれるのだと思う。

その土地の食べ物や、素敵なごみと呼んでいる日用雑貨品(器や台所回り、日用品)が大好きなのも、すべてはその興味があるから。

私の作る香港メシもアジアメシも、高級レストランで出るようなものはなく(そもそも作れん)、普段の食ばかりだ。

豪華絢爛の器じゃなくて、普通の家庭や食堂で使われている器を使いたいと、少しづつ(大量に)集めている。







旅行のガイドブックを読むのが好きだ。

初めて行く場所なら必ず買うし、何度もいってすでに知ってるはずの場所のも、情報のブラッシュアップのために買ったりする(ブラッシュアップできる部分は自分的に必要ない所ばかりだけど・・・)

行った事がない場所のも、読んでいるとわくわくする。

最近好きなのは、写真、特に食べ物が写っているのをくまなく見て、ダサ可愛い組み合わせを堪能すること。

見入っていてはっきりとわかるのは、ホテルやレストランのセッティングではなく、小さなお店や、屋台や、路上や、家庭でのセッティングが好きだということ。

特に今大好きなのは、気取らない生活感あふれる日常のテーブルセッティング。

テーブルセッティングという言葉を使うことが間違いなほどの、ほとんどの人が「何の変哲もない日常の風景」として意識にも留めないほど当たり前になってしまった器づかいが、私にとってはキラキラと輝いて見える。

まだまだ「合わせました」という意識がにじみ出ていて気恥ずかしいが、何も考えずにそこらへんにあった皿に盛りましたとなりたいなと思う(何目指してるんだ?)

やまとプロムナード古民具骨董市で、ふと見つけたこの深皿は、そういえばこんな器、家に昔あったっけという感じながら、縁の金彩や花柄が、アジアメシにぴったり。
e0062977_07544077.jpg
この日作った、香港メシ(廣東メシ?)な栗米石斑も、いつもなら香港で買ってきた無骨シリーズを合わせるが、深皿をみていたら合わせたくなってしまった。
e0062977_07544043.jpg
栗米石斑は、白身魚を揚げたものに、中華風コーンスープをかけたもの。香港で知って大好きになった一品。作り方が簡単な割に、出すと盛り上がるし、ご飯にぶっかけてワシワシ食べるのにぴったり。

白か、コーンの黄色しかない淡い色の食べ物なので、花柄の赤と、緑とに合わせるとググッと家庭料理っぽくなっていいなと思う。




by recipko2 | 2016-06-16 09:00 | 素敵なごみと、アジアメシ | Comments(2)


コスメやスキンケアや美容のこと。一生懸命あがいています。といっても最近は素敵なごみ・・・もとい日用品を買う方が多いけど。2017年も旅行に買い物に骨董市にと好きなことしまくります!


by recipko2

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

<< お気に入りのブログ>>
Cozy's Cozy's World
映画のフェイクポスターをのせているブログ。本物かと思うほどの凄まじい出来です。

ニョニャ料理の日々

------------------------
広州
旅行口コミ情報

香港旅行・ホテルのクチコミ






*-*-*Twitterはじめました-*-*

「recipko」
で検索してみてください。

※おもに暴言。たまーに記事にする前のコスメのこととかつぶやいてます

*-*-**-*-**-*-**-*-**

https://iluquappa.stores.jp/

最新のコメント

久しぶりにPCを開きまし..
by もりもりみつみつ at 11:17
> やまこさん 私..
by recipko2 at 18:00
> 鍵コメさん あ..
by recipko2 at 17:59
私はとても美味しかったの..
by やまこ at 19:33
> Yumijaさん ..
by recipko2 at 09:15

ブログジャンル