カテゴリ:シンガポールのこと( 81 )

ケブンバルで買った恒例のアレ

ケブンバルの素敵なごみ屋でかっさらってきた素敵なごみの、恒例のアレを忘れていた。

グダグダ書いてないで、アレみせんかい!と思われた方も多いかと思います(まず、自分が思ったわ・・・なにか足りないなぁとは思っていた)

と、いうことで、今回いったシンガポールでの最大の収穫!恒例のアレ行きます!



中国制造ダサ可愛系列・バラ柄のティーポット!
e0062977_18271210.jpg
6人分位は余裕で入れることができそうな大きいタイプ。醴陵なバラ柄が悶えさせてくれる。

なんと、10Sドル(800円位)

お店のおっちゃんに「この柄ものでほかにはないんですかっ!(ハァハァ)」と聴いてみたら、「これ昔のハウスウエアで今はもうめった見ないんだよ」と。

遠慮せずに、ドンドン作ってくれていいのに!

こちらも中国制造・景徳鎮なティーカップ
e0062977_18271308.jpg
ポッテリした形ながらも手画き絵付けが繊細でな、ティーカップ。これは童子だが、調べてみると女仙の絵などのバリエーションもあるっぽい。

これはたぶん日本のモノ。バラ柄のミルクピッチャー
e0062977_18271474.jpg

映日紅柄・金縁仕上げのレンゲ
e0062977_18271664.jpg

こちらは、唐子柄のレンゲ
e0062977_18271716.jpg
プレート類行きます。

映日紅柄・金縁仕上げの直径16cm程のプレート。もちろん中国制造。
e0062977_18271817.jpg
ミルクガラスのプレート。なんと韓国製。
e0062977_18291197.jpg
間違いなくPYREXをパクってるんですが、かわいい。

柄は、ミルクピッチャーのバラ柄に似ているけれど、こちらは中国制造。直径22cm位。
e0062977_18291511.jpg
牡丹柄のプレート。こちらも直径22cmくらい。料理映えするすごく気に入っている柄。
e0062977_18291650.jpg
帝華柄のプレートは、直径20cm位。
e0062977_18291793.jpg
カップ&ソーサー類いきます。

帝華柄のカップ&ソーサー。金縁仕上げ。
e0062977_18303710.jpg
e0062977_18271910.jpg
小花柄のカップ&ソーサー。こちらも金縁仕上げ。
e0062977_18272097.jpg
この小花柄は、今一番欲しい柄。赤紫色というのかな、全部この色になっている柄があるのだけど、その柄だけが見つからない。この色合わせは初めて見た。
e0062977_18303641.jpg
中心部分に花びら模様の彫りが入ったバラ柄カップ&ソーサー。こちらも金縁仕上げ。
e0062977_18272649.jpg
こういうカップの形を玉蘭型というらしい。
e0062977_18303377.jpg

红梅竹柄のソーサー
e0062977_18273333.jpg
やけに状態がよく、作りが最近のぽいが、裏見ると蝴蝶柄の底款がついた醴陵モノだった。
お店のおばちゃんに、これのカップは?といったらそれよ!といわれたのがこのカップ。
e0062977_18303416.jpg
・・・・明らかに柄がちがうが。玉蘭型白菊花柄。こちらも蝴蝶柄の底款がついた醴陵モノ。


映日紅柄のソーサーはカップなし。中国唐山 made in China。
e0062977_18290864.jpg
カップなくて残念だけど、ソーサーは使い道が多いから嬉しい。

こちらもソーサーだけ。中国出品 MADE IN CHINA と底款(パックスタンプ)がある。
e0062977_18290971.jpg
水仙にしか見えないんですけど、蘭ですかね。花知識がないから判別できないけれど、絵柄としてはとても気に入っている。


さて、碗類いきます。

定番の魚柄だけど、印判と手書きのもので、すべての魚の表情が違う。
e0062977_18291158.jpg
大好きな、映日紅柄+四季丰收シリーズ。醴陵のを前回も買ったけれど、今回は中国力生のもの。1ダース買った。
e0062977_18291273.jpg
シンガポールの美味燉湯でつかわれていた器と同じものがあったのでもちろん手に入れた。
e0062977_18291322.jpg
豆皿類いきます。

シンプルな白地に金縁仕上げの豆皿
e0062977_18291437.jpg
メラミンの豆皿2種。
e0062977_18315166.jpg
こちらの柄の方が古くからあるようだ。
e0062977_18315229.jpg
麦柄の小皿
e0062977_18304973.jpg
ガラス類行きます。

セピアガラスのボウル。オンデオンデとかいれたい。
e0062977_18315003.jpg
80ccサイズのコップ
e0062977_18304340.jpg

食卓に欠かせない、メラミンシリーズいきます。

しゃもじ。ついでに氷とるのにも便利。
e0062977_18303840.jpg
レードル。スープはもちろん、大皿でデザートを作った時などにも大活躍。
e0062977_18304065.jpg
最後は、箸類いきます。

鶴柄の箸。
e0062977_18304176.jpg
鶴て!!と嬉しくなってかったw

一応多分バラ柄
e0062977_18304285.jpg
この二つの箸は10膳入りだけど、強烈に塗装臭がして、使うまで1ヶ月位外に出しておかないと臭くてつかえないんじゃって代物。
でも見た目可愛かったからいいの。


以上!


by recipko2 | 2016-09-27 18:00 | Singapore | Comments(6)

7月のシンガポールで買った本

e0062977_06323150.jpg
7月にシンガポールの紀伊国屋で手に入れた本。

e0062977_06323270.jpg

e0062977_06323269.jpg

e0062977_06323396.jpg

e0062977_06323317.jpg

e0062977_06323447.jpg

e0062977_06323414.jpg


by recipko2 | 2016-09-20 18:00 | Singapore | Comments(0)

バス59 Bishan Int 行き ⇒ バス53 PTB2 Basement行き


チャンギビレッジから、チャンギ国際空港へも、もちろんバス
e0062977_14374622.jpg
時間の余裕はたっぷりあるし、直行便のバスはないけれど、乗換さえ許容してしまえば、行けるルートはあるわけです。
e0062977_14374836.jpg
チャンギビレッジのバスターミナルでバス59に乗り込み出発するが、真っ暗なので全然わからない(もともとわからないけどさ)。

車内に次のバス停への電光掲示板なんてのもないので、グーグルマップでチェックしながら、乗換のバス停が近づいてるかを確認する。

10分乗るかのらないか、というところで、乗換のバス停であるOpp Blk 149A。
e0062977_14394964.jpg
降りて、案内板をみようかな・・・なんて余裕もなく、すぐにチャンギ空港行のバス53がやってきた。

ターミナル3で、シャワーを浴びたかったので、ターミナル3のバス停で降りる。
e0062977_14374791.jpg
チャンギ国際空港第3ターミナル。おつかれさまでした!



by recipko2 | 2016-09-16 18:00 | Singapore | Comments(0)

Changi Village SATAY @ #01-20 Changi Village Hawker Centre


マレー系の雰囲気で決めた、サテの店。
e0062977_14500368.jpg
中では、お母さんと娘さんが盛り付けなどを担当し、お父さんがサテ焼いてるって感じ。
e0062977_14500464.jpg
サテの種類は、

鶏肉
羊肉
牛肉
牛肚(胃)
牛肝(レバー)
牛肺(肺)

1本0.8Sドル(だったように思う)で5本~注文できる。

鶏肉、羊肉、牛肉の3種類を注文した。

時間かかるので、その間にほかの店を物色してもいいくらい。

サテ焼いてるお父さんが、サテから火が上がるたびにレモングラスでべしべし叩いて消火してるのを待ちながらウットリと見ていた。

焼きあがって、盛られたサテ。

左から、鶏、牛、羊(たぶん)
e0062977_14500591.jpg
牛と、羊の味付けの違いがよくわからん!と思いつつ、サテソースをたっぷりつけて食べてしまうので、結局皆同じ味なような気もする・・・・

待っている間に注文してきた鷄手羽揚(肉ばっか)。
e0062977_14500822.jpg
氷をたっぷりいれたジョッキに、タイガービールを注ぎ、今回の旅の打ち上げだ。
e0062977_14500637.jpg
サテソースは、上に油がいっぱい浮いてるので、ソース作る時に相当量の油を使っているのが容易にわかるけれど、その油を感じさせることなく、ピーナツの香ばしさと風味が、肉の脂とよく合って美味しい。
e0062977_14500730.jpg
炭酸割のビールが進むぜ!

チャンギビレッジホーカーセンターは、ナシレマとか、アイスカチャンとかも美味しそうだった。

そして、全然関係ないけれど、ホーカーセンターのテーブルって傘用?の穴が開いている。いつも旅行中に持ち歩くバッグの中に、S字フックをいれておくのだが(バス乗った時とか便利)、これがぴったりで重宝した。
e0062977_14500933.jpg
[お店の場所]
Changi Village SATAY
Changi Village Hawker Centre, Blk 2 Changi Village Road #01-20

by recipko2 | 2016-09-14 18:00 | Singapore | Comments(0)

チャンギ・ビレッジ ホーカーセンター Changi Village Hawkers Centre


チャンギビレッジでバスを降りて、チャンギ・ビレッジ ホーカーセンターへ。
e0062977_14473396.jpg
ホーカーセンターまわりにもレストランや海鮮系の店が多く集まっているが、
e0062977_14473412.jpg
何よりも素敵なごみやっぽいのがたくさん見えてきて、
e0062977_14473552.jpg
まさか最後の最後でまたあるなんて!!!!

e0062977_14473661.jpg
とほくそえんで調査しにいったら、バーベキュー用品とか
e0062977_14473725.jpg

釣り具の店でやんの・・・・
e0062977_14473843.jpg


それでももしかして!?と素敵なごみ魂(?)を出して真剣にみたけど、やっぱりバーベキューなモノばかりだし、欲しいものは液体物だったりで(もうチェックイン済みなので液体物を持ち込めない)、がっくし。
e0062977_14473767.jpg
ネコ売ってたけど。
e0062977_14473991.jpg



本来の目的である、ホーカーでの打ち上げ先を物色しに、ウロウロしてみる。
e0062977_14474096.jpg
こんな辺鄙なところ!?と思う位置にあるチャンギビレッジホーカーセンターだが、人はいっぱい。
e0062977_14474121.jpg
e0062977_14485342.jpg
真っ暗でよく見えないけれど、公園のような広場がすぐ目の前にあり、
e0062977_14485530.jpg
そこはチャンギ国際空港へ着陸する飛行機のアプローチコースとなってるので、飛行機好きにはたまらない場所だった。
e0062977_14485520.jpg
(真っ暗だけど)





by recipko2 | 2016-09-12 18:00 | Singapore | Comments(0)

バス59 Changi Village Terminal 行

e0062977_14144988.jpg

今回のシンガポールでは、予定していた通りに公共バスをかなり乗りまくれたと思う。

香港の巴士に関しては相当乗り倒していると自信があるが、シンガポールのバスについては、まだまだ路線全体を把握していないし、系統等のルールもわかっていないけれど、シンガポールのバスも相当、いやもしかして上回る程便利だとわかった(MRTはクソだけど)

この旅の最後に選んだのは、今回のったバスで、乗り換えなしの最長路線となった59だ。

空港に行く前の最後の目的地は、チャンギビレッジホーカーセンターにしようと決めていた。

トアパヨから行くには・・・・と検索してみると、出てきたバス59。しかもすぐそばにバス停があり、乗り換えなしで行けるじゃないですか。
e0062977_11550376.jpg
(★はホーカーセンター)

Toa Payoh Lor 1 Marketから、Lor 1 Toa Payohへと出て、ほんの10m程歩くとバス停が見えてくる。

さて、バス59はこんなに長い。距離にして20キロちょっとあるのでシンガポールの約半分を横断することになる。

10分ほど待つと、やってきましたバス59。
e0062977_11550402.jpg
乗り込んだこの時点では、車内はスカスカ。長旅に備えて極寒の社内で過ごすためにストールを巻きつけ、車窓を楽しむことにする。

ほどなくトアパヨの中心部トアパヨセントラルのバス停にきた。
e0062977_14154878.jpg
(トアパヨセントラル)

このエリアも見るからにHDBやショッピングモールやらが混在して、ここも次回調査しなくてはいけない地点。

トアパヨセントラルを過ぎて、PIE(パン・アイランド・エクスプレスウェイ)の隣の道路を走りつつ、Kaki Bukitへ。窓から見えるHDBが、素敵なごみ調査地としてしか見れない私にとって、ここも次回来なくては!!と興奮する場所だった(ちら見だけだが)


Kaki BukitのHDB群が終わったところで、交差点にみえたのがMasjid Alkaff Kampung Melayu
e0062977_11550505.jpg
イスラム寺院みたいだけど、照明があやしい・・・

この寺院を過ぎて、ベドク貯水池。だいぶ暗くなってきてしまったので、ベドク貯水池をよく見ることができなかったけど、何やらデカイ湖みたいは見ることができた。
e0062977_14161820.jpg
(ぺドク貯水池とタイパインズエリアあたり)

このあたりから、バスの中が一気にインド系住民になってくる。たぶん車内の90%位はインド系(マレー系じゃなくて)。

何処かで結婚式でもやるのか、華やかなパンジャビドレス来てる人が多い。

タイパインズエリアに入って大きなHDBでかなり降りたと思ったら、同じ位の人数が乗ってきてやっぱりインド系だった。

で、このタイパインズ。ここも次回は絶対に来てみたい雰囲気。

e0062977_11550882.jpg
そしてゴールのチャンギビレッジ!
e0062977_11550786.jpg
今度来たときは、ここから59バスにのって逆に行ってみたい!

by recipko2 | 2016-09-11 18:00 | Singapore | Comments(0)

蔡南發百貨商店 Cai Nan Fa Department Store@Toa Payoh Lorong 1

e0062977_07513336.jpg


今回最後の素敵なごみ屋探索となったのが、この蔡南發百貨商店

Toa Payoh Lorong1 マーケット周りにあるHDBの路面店としてある。


香港の素敵なごみ屋は、店頭にぶら下がる商品が目安だが、シンガポールの素敵なごみ屋は、店の入口前におかれているラックにひしめく商品が目安

入口は狭いけれど、中は広い。
e0062977_07513485.jpg
一歩はいると、こ!これは・・・!とワクワク出来るディスプレイ(いいすぎ?いいすぎ?)
e0062977_07513408.jpg
奥にあった陶器類コーナーを見ると、これ希少なのよー!とアピールされて高くなっているモノがあった。
e0062977_07513547.jpg
高すぎだろ・・・・
e0062977_07513691.jpg
なんて、レアものはこの一角だけで、他の棚には普段使いの器で、帝花柄や映日紅柄など、小躍りできるものがそろっている。
e0062977_07513661.jpg
カトラリーなどもいろいろ充実していて、堀出す楽しみもある。
e0062977_07513886.jpg
すでにチェックインを済ませて、コロコロは盛っているけれどもう一杯状態なので見るだけ。
e0062977_07513852.jpg
メラミン食器類も充実しているので楽しい。
e0062977_07513528.jpg
このメラミン食器類コーナーの中に、ほんの少しだけプラスチック器があり、おおお!!!とテンションあがってそれは軽いので(重要)購入。

アジアでステンレス製品といえば、パッと思いつくのがタイのシマウママークでおなじみの、ゼブラ タイランド

http://www.zebra-head.com/

ゼブラブランドは大好きで、ピントー(お弁当箱)や、キッチンツールをたくさん持っている。

そのゼブラブランドだが、シンガポールでよく見かけたのは、これにそっくりのHORSEブランド。明らかにパク・・いやリスペクトしまくりなブランドロゴに騙されて、何度か買いそうになった。

蔡南發百貨商店では、ちゃんとゼブラブランドが置いてあり、ラインナップもよい。
e0062977_07521239.jpg

チェックイン後だったことが悔やまれる・・・・
e0062977_07513744.jpg

さて、蔡南發百貨商店で購入した、恒例のアレ。

まずはプラスチック器。メラミン樹脂の器に比べると、ペコペコで軽くてかわいい。
e0062977_07521361.jpg
ツイッターでNam Ngai Hongはベトナムのプラスチック製品や!とドヤ顔でツイートしてたけど、タイランドの製造なのね。。。。

Nam Ngai Hongのプラスチック製品は、実は意外と身近。香港の九龍城にあるタイ食料品店などでは、ピーナッツや、干し蝦を小さなプラスチックの器にいれて小売してるけれど、この器がNam Ngai Hongのだったり、最近驚いたのが、愛用しているパームシュガーの容器もNam Ngai Hongだった。

このパームシュガーと同じもの↓
https://www.amazon.co.jp/dp/B00AIIT82U


こちらはメラミンの、タレ用豆皿。
e0062977_07521375.jpg



[お店の場所]
蔡南發百貨商店 Cai Nan Fa Department Store
Block 124, Toa Payoh Lorong 1, #01-481




by recipko2 | 2016-09-10 18:00 | Singapore | Comments(0)

Toa Payoh Lor 1 Marketへ


おやつも食べたことだし、おそらく最後の調査地、Toa Payoh Lor 1 Marketへ向かう。
e0062977_07495745.jpg
やっぱりルートは、HDBの中を突っ切る。

周囲を壁囲いしてないし、住民もやはり通りたいのだろう、ちゃんとルートができているのが楽しい。

大抵そういうところには、爺婆やネコがいる。

HDBを抜けると、Lor 4 Toa PayohからLor 2 Toa Payohへ突っ切れる道へと出た。
e0062977_07495763.jpg
(今にして思えば、この裏表(?)も見てくれば良かった)
e0062977_07495804.jpg
Lor 2 Toa Payohにでて、少し北に行くと、見えてくるのがToa Payoh Lor 1 Market。
e0062977_07495998.jpg
ここのHDB群も大きくて、下には商店がびっしり。
e0062977_07495954.jpg
真ん中にToa Payoh Lor 1 Marketがある。
e0062977_07500091.jpg


by recipko2 | 2016-09-08 18:00 | Singapore | Comments(0)

大巴窑烤鸡翅 @ #01-30 Toa Payoh Lorong 5 Hawker Centre

e0062977_07472431.jpg

ウロウロしたことだし、ここらでちょっとおやつ・・・・と、ホーカー内をうろうろしていると、やけに鷄手羽焼きの店が目立つ。

どこ選んでいいのかわからないまま、適当におじさんが焼き、おばさん(ハデ目の美人)がてきぱきとこなし、その奥で息子さんらしき人が仕込みをしている、というお店があったので、ここにしてみよう。

鷄手羽焼きは1つ1.3Sドル。

あと少しで焼きあがるから待っててねーといわれたので、ジロジロと眺めながらまっていると、手羽をふたつ、ちょんちょんとカットして紙皿にのせてくれ、そこにシークワーサー(カラマンシー)を一つ載せたのを渡してくれた。
e0062977_07472537.jpg
そう、この烤鸡翅で使っている手羽は、手羽とうっても、手羽元、手羽中、手羽先までの本当に手羽全部なので、これで1つ1.3Sドルって安いと思うー!

やっぱり下午茶は、手羽だよね、うん、とかぶりつくと、タイのガイヤーンと香りが似てるけど、世界の山ちゃんともこれまた違う、塩気がちょうどよく効いて、肉は柔らかく、焼き目は香ばしい美味しい鶏だった。

シークワーサーをかけて食べると、香りもいいしさっぱりだしと、また違う楽しみ方ができて、追加で5個くらい食べようなと思った(けどまだ後もあるからやめておいた)




[お店の場所]
大巴窑烤鸡翅
Toa Payoh BBQ Chicken Wings (since 1975)
Toa Payoh Lorong 5 Hawker Centre  #01-30

by recipko2 | 2016-09-06 18:00 | Singapore | Comments(0)

明成茶室 @ #01-19 Toa Payoh Lorong 5 Hawker Centre

e0062977_07475232.jpg


烤鸡翅をもらって、席はここと決めていたのは、コピの店の前。

席について、コピを買いに行く。

何の変哲もない、コピ。
e0062977_07475268.jpg
(混ぜる前)

でも、練乳の甘さが疲れた時にぴったり。





[お店の場所]
明成茶室
Toa Payoh Lorong 5 Hawker Centre   #01-19

by recipko2 | 2016-09-06 18:00 | Singapore | Comments(0)


コスメやスキンケアや美容のこと。一生懸命あがいています。といっても最近は素敵なごみ・・・もとい日用品を買う方が多いけど。2017年も旅行に買い物に骨董市にと好きなことしまくります!


by recipko2

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

<< お気に入りのブログ>>
Cozy's Cozy's World
映画のフェイクポスターをのせているブログ。本物かと思うほどの凄まじい出来です。

ニョニャ料理の日々

------------------------
広州
旅行口コミ情報

香港旅行・ホテルのクチコミ






*-*-*Twitterはじめました-*-*

「recipko」
で検索してみてください。

※おもに暴言。たまーに記事にする前のコスメのこととかつぶやいてます

*-*-**-*-**-*-**-*-**

https://iluquappa.stores.jp/

最新のコメント

> やす姉さん 唐..
by recipko2 at 16:34
ひとつひとつの茶器を食い..
by やす姉 at 07:04
> やす姉さん あ..
by recipko2 at 17:06
> Yumijaさん ..
by recipko2 at 17:04
相変わらずのお宝探しの名..
by やす姉 at 06:46

ブログジャンル