<   2013年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

Pooleのマッシュルーム色のボウル 大と小

マーガレット・ハウエル神南に置いてあるイギリスのヴィンテージ食器はとても魅力的だ。

20年くらい前は、イギリスやフランスやヨーロッパの食器がAfternoonteaに置いてあって、今ほど自由に買えない身だったので、とても憧れていつか手に入れたいと思っていた。

それが可能になったころには、Afternooteaでは扱わなくなってしまったりして、あの時見たものが買えなくなってしまった。

全部が全部ではないけれど、その頃の憧れた雰囲気をもった食器を、マーガレット・ハウエル神南では見つけることができる。

Poole、Denby、Woodsなど良い物がたくさんある。

特に好きなのがPooleのもの。

MHL.martでみたマッシュルーム色の器(この時はほぼフルラインといっていいほど揃っていた!)は、ほかの物に予算を回したのでmartの時は買わなかったけど、先日ボウルがあった。
e0062977_1044829.jpg

ぽってりとした形で、ちょうど手の中に納まる感じ。
e0062977_105164.jpg

飯椀を探していたので、これだ!と決めた。

カフェオレボウルとしても、スープボウルとしてもいいし、色も穏やかなのが気に入っている。


そして一緒に小さなボウル。
e0062977_1052044.jpg

これはボウルというよりもカップといっていいサイズで、実際は何に使っていたのかな。
カップとしてエッグカップにしてもいい感じ。
e0062977_1053297.jpg


スタンプが大と小で違っている。

e0062977_1054633.jpg


e0062977_106095.jpg

by recipko2 | 2013-02-28 18:00 | 骨董市 | Comments(0)

一目で気に入ったプレート

どこのブランドか、どこで作られたかわからないけれど、一目で気に入ったプレート。
e0062977_9193782.jpg


香港での楽しみの一つは、通称「ゴミ屋」と呼んでいる日用雑貨店を覗き、床や棚に堆く積まれ埃をかぶった器の中からお宝を探すこと。

時々、いよっしゃーー!とガッツポーズしたくなるモノを発掘できたりする。

これもそのうちの一つ。
e0062977_9195177.jpg


ただのプレートではなく、渕の角度が少し高くて、ボウルまで行かないけれどプレートよりも深いから、サラダや果物を盛ったり、ケーキを載せたりととても利用できる幅が広い。

フチ部分もただのフチではなく(ってなに?)、バスク風っぽいような大きな格子のような柄が入っているのがよい。

価格的には150円位で、これ一枚だけだったのがとても残念で、今もゴミ屋に行くと同じシリーズがないかなぁと探している。
「S」と「P」とはいったロゴマークの間にカクテルグラスの絵柄がはいっているが、どこかで見たようなマークだけど思い出せずにいる。

これはφ20cm位なのだけど、φ10cm程のもあったらかわいいなぁと思う。


昔はそんなに興味なかったのに、今はガラスの器にとても惹かれている。
by recipko2 | 2013-02-27 18:00 | 日用品 | Comments(0)

ニース風サラダ

e0062977_1656731.jpg
昔からサラダが大好きだった。

ウチのママンはお料理が上手だった。裕福ではなかったけれど、旬の野菜をつかったり、その当時にしては珍しいメニュー(ビーフストロガノフとか、グラタンとか)も出してくれていたし、ドレッシングも簡単な組み合わせだけど毎回その都度作っていた。

いわゆる日本の家庭料理が上手だったように思う。

またこれのおかずなの?と思ったことがなかった。

なかでもサラダが大好きで、一人でバクバクたべて、最後にトマトの汁がとけたドレッシングまで飲み干す勢いだった。

いまだに一番好きなおかずを考えた時に一番に思いつくのがサラダだ。

今でこそいろいろなサラダを作るけれど、その中でもさらに一、二を争うの程好きなのはニース風サラダ。

野菜だけでもうれしいのに、さらにツナや酢漬けのイワシ、卵などなど美味しい物が乗るからなのだろうか。

そしてニース風サラダのドレッシングは、だれが何と言おうとヴィネグレットに決まっている。

新玉ねぎの時期は、すりおろして入れる。

ひとり分を作るとすると、すごく手間がかかって面倒くさいから、これを作るときは10人分くらい作りたい(作らないけど)。
e0062977_1712217.jpg

[材料] 1人分
サニーレタス(グリーンリーフでもレタスでもなんでも) 2枚
トマト 1/2個
いんげん 3本
ジャガイモ 1個(盛り付けるのは1/2個)
ゆで卵(お好みの固さに) 1個
ツナ缶(上等なもの!)  1/2缶

★ヴィネグレットドレッシング
サラダ油 大3
白ワインビネガー 大1
塩 小1/3
+新玉ねぎがある時期なら1/2個をすりおろす


[作り方]
1 ジャガイモはよく洗う。鍋にじゃがいもと、ジャガイモがすっぽりかぶるほどの水をいれて中火にかけ25分ほど茹でる。茹で上がったら皮をむいて半分に切り、食べやすい大きさに切る。
2 いんげんは筋を取る。別の鍋に湯を沸かし、塩少々をいれていんげんを1分ほど茹でる。
3 トマトは櫛切りに。
4 サニーレタスはよく洗って、食べやすい大きさにちぎって水けをきる。
5 ドレッシングは、ボウルにビネガーと塩をいれてよく溶かして、それからオイルを入れること。最後に玉ねぎをすりおろしたものを加えて混ぜる。
6 お皿にサニーレタスをもり、ジャガイモ、いんげん、トマト、ゆで卵、ツナを盛り付ける。
7 食べる直前に、5のドレッシングをかけて出来上がり。

※オリーブの実や、酢漬けのイワシやニシンを添えたらさらに最高。
by recipko2 | 2013-02-26 18:00 | Recipe | Comments(0)

マーガレット・ハウエルのMACKINTOSH(マッキントッシュ)のコート

e0062977_192510.jpg

7年前にバーニーズNYで購入したマッキントッシュのゴム引きコート。

本当はピーコートデザインが欲しかったけれどなくて、ダブルボタンとトレンチコートタイプ。
少しサイズは小さ目だった。

サイズの在庫がなくて、いいなと思ったのは肩はぴったりで、普通ならちょっと小さいかなーとやめるところだけれど、試着時のシルエットがぴったりで、また袖口周りがとても手がきれいに見えたりで、迷わずに買ってしまった。

ゴム引きなだけに、湿度が高い日は中汗だくになったり、ゴム引きの香りがしたりと、普通のコートよりも付き合う時の覚悟がいたけれど、まったく後悔なくて、真夏と梅雨以外のシーズンでいつでも大活躍してくれる頼もしい存在だ。

3年くらいたったころからゴムもかなり慣れてきて、本当にいいなーとつくづく思うようになった。

そんなお気に入りだったから、2枚目も欲していろいろと探したけれど、どうも自分のイメージにぴったりくるものがない。2枚目は今度こそピーコートタイプを欲しかった。

大好きなマーガレットハウエルのコレクションで、何度か「これだ!」と思うデザインが出たけれど(そもそも「ピーコート」タイプというのはMHで見たんだと思う)、コレクションオンリーで実際に店頭に出る時は、別の形になっていたりした。

そんなマーガレットハウエルの秋冬のコレクションで久しぶりにマッキントッシュがでた。形も持っている形に近くて、見に行って、とてもいいなと思ったけれど、色が紺色で形も似ているというところで「今持っているのでいいな」と欲しい気持ちがスっと消えて、また出るのを待てばいいやとなった。

もちろん、手ごろな価格だったら買っていたけれど・・・・

神南店から春夏物のカタログが届き、中をめくっていると、今期もマッキントッシュを作っていた。

形も色も思っていたのにとても近い。

早速見に行ってみると、形はベルトないダブルのステンカラーコートのようなタイプ。

色は、グレー。

グレーといってもねずみ色のグレーではなくて、少しラベンダー寄りの青がかかったグレーで、沈まない色。

パステルカラーでもないから、一年中着ることができる。
e0062977_1921591.jpg

マーガレットハウエル得意の少しくすんだ色は、自分にとても合うと思っている。

普通のマッキントッシュのお店では、こういう色合いはめぐり合うことがないのだけれど、ずっと待っていた甲斐があったというものだ。

7年前と同じに、エイヤッ!と清水の舞台から飛び降り、でも後悔なんて全くなく手に入れた。

マッキントッシュは確かに高いけれど、リペアもできるので、たぶん一生着ていくと思う。

エクスクルーシブコレクションのためか、いつもとタグが違った。
e0062977_1925959.jpg

by recipko2 | 2013-02-25 18:00 | Vogue | Comments(0)

サラベス@新宿ルミネ

世界一の朝食を食べれるということで、遅い昼食をとり(なんのこっちゃ)に新宿ルミネのサラベスにいってみた。

ところで、この所「世界一の朝食」はシリーズにでもなっているの?いたるところで見かけるんだけど。
で、いったい何を基準に世界一なんだかさっぱりわからんけど。

まぁ、気にせずに行く。

ルミネ2の小田急線側の入り口にあるエスカレーターを上がると、サラベスはあった。
ここは9:00から営業している。ルミネの本体と入口が分けれるからできることなのね。

e0062977_1614402.jpg
13:30ごろについて15分くらい並んだ。やはり、朝食といえば大好きなエッグベネディクトを食べなくてはでしょう!

ということで、注文したのはエッグベネディクト、フルーツボウル、グレープフルーツジュース。

はっきり言って、エッグベネディクトにはうるさい。自慢じゃないが赤坂に努めているときはわざわざリッツカールトンのクソ高い朝食を食べに行っていたくらいだから。ホテルに泊まって朝食をとるときは必ずエッグベネディクトにしているくらい好き。

一般のカフェやレストランでエッグベネディクト出すところ日本だとほとんどないからしょうがないけれど。香港にいる時は、ホテルはもちろんだが、SOHOにあるclassifiedや、フライングエッグなど何店か出すお店があって食べることができた。

さて、エッグベネディクト。マフィンに、ポーチドエッグ、ベーコン、オランデーヌソース。
e0062977_1615263.jpg

マフィンはふかふかでこれまで食べた中で一番ふかふかだった。ポーチドエッグの仕上げ具合もよかったけれど、ベーコンが焼きすぎ。焼きすぎというか煙ですぎた鉄板で早く仕上げようとしてギュウギュウ押し付けんじゃなかろうか。ベーコンのスモークした香ではなく、明らかに「煙」の香りがついてしまって、味を台無しにしていた。オランデーヌソースは、上に焼きが入っていないタイプ。焼きが入っているタイプが好きなので、ここもちょっとマイナス点。

次にフルーツボウル
e0062977_16154391.jpg

これはなかなか素敵で、カットしたグレープフルーツとオレンジがボウルの下に入っており、その上にカットされたバナナとイチゴが乗っている。
e0062977_1616423.jpg

フルーツ好きには嬉しい内容で、変色を防ぐためか、蜂蜜かシロップかで少しマリネしてあるのがよかった。イチゴはもちろん、グレープフルーツなど少し酸っぱめだけれどこのおかげで、とても美味しく食べれる。

トータルとしては、世界一というのはだいぶ言い過ぎだと思う。

これが世界一なら、お気に入りで食べている朝食は宇宙一になってしまう。

でも、朝食にちょっと贅沢してというのならいいかもしれないが、ホテルで食べても価格的には変わらないのがちょっと気になるところだ。

エッグベネディクト  1400円
フルーツボウル  850円
グレープフルーツジュース  650円

by recipko2 | 2013-02-24 18:00 | Eat | Comments(0)

Wood'sのカップ&ソーサー@マーガレット・ハウエル神南

懐かしい物を見つけた。

Afternoonteaの渋谷一号店ができたころ。雑貨ブームだった。

今でこそオリジナルのクソプロダクトが満載のアフタヌーンティーだけど、その頃は、フランスやイギリス、ポルトガルなどからの輸入食器も多く、またオリジナルのプロダクトも素敵なものが多かった。

初めてAfternoonteaに行ったときは、世の中にはなんとかわいい食器があるんだろうかと感動。

その当時中学生だったが、すでに食器が好きだったので、店内に置いてあるものすべてがキラキラしていた。

中でもWOODSの食器は、好みの色と形で鮮明に覚えている。
今ほどは好きにものを買うことができない学生の身だったので、いつか買おう!と何度も手にとっていた。

数年後に、やっと自由に買えるようになった時には、すでにWOODsのシリーズはなかった。

一番最初に出たAfternoonteaの本を見てみると、このWoodsのシリーズが乗っている。
e0062977_17362412.jpg

そうそう、この青とイエロー。
e0062977_17364092.jpg

先日いったマーガレット・ハウエル神南で、Woodsの憧れていたティーカップがあった。
e0062977_1737599.jpg

グレイかかった少しくすんだブルーで、カップとソーサーのフチに波紋のような模様が入っている。朝顔のようなパーフェクトな形状のカップに、持ち手もただ耳になっているのではなく、少ししたと上がクルッとなっているのがとても品が良い。
e0062977_17371381.jpg

20年近い時を経て買えるようになったかとうれしくて、3客あった分を全部と思ったが、1客だけ購入した。カップとソーサーは最低でも2客あった方がいいんだけど、以前購入したWoodsは1客だけだったから。
e0062977_921968.jpg

by recipko2 | 2013-02-23 18:01 | 骨董市 | Comments(0)

ホタルイカと春野菜のペペロンチーノ

ホタルイカが、お魚売り場の冷蔵コーナーに出てくると、春が来たんだなぁと感じる。

ぬた等にしても美味しいけれど、一番好きなのはパスタに使うこと。

たっぷりのホタルイカと同じく春を感じる野菜と一緒に、シンプルにニンニクとオリーブ油と塩で食べる。

小さいホタルイカがぷっくりとしてとてもかわいい。
e0062977_1713544.jpg

[材料] 2人前
ニンニク 1かけ
ホタルイカ 1パック
春野菜(今回はプチヴェール)  4個

[作り方]
1 湯をたっぷり沸かし、沸騰したら塩大1をいれパスタ2人前を茹ではじめる。
2 ニンニクはみじん切りにする。
3 ホタルイカはできれば目と背骨を取り除く(面倒くさいからしないけど)、プチヴェールは4等分にする。
4 パスタのゆで時間残り4分で、フライパンにオリーブ油大2とニンニクをいれて弱火で熱し始める。ニンニクが茶色く焦げないように注意する。
5 ニンニクの香りがでてきたらホタルイカをいれて軽く炒める。
6 パスタのゆで時間残り1分きったら、プチヴェールをパスタの鍋に入れる。
7 パスタとプチヴェールが茹で上がったらザルにあげて水分を軽く切り、茹で汁を大1とともに5のフライパンに。
8 フライパンを揺すりつつ、オリーブ油と茹で汁を乳化させて全体に塩を一つまみして味をみて胡椒を軽くして、全体にざっくり混ぜて出来上がり。
by recipko2 | 2013-02-22 18:00 | Recipe | Comments(0)

Pooleのティーポット(小)とウォータージャグ@マーガレット・ハウエル神南

e0062977_16354457.jpg

以前に、マーガレット・ハウエル神南で手に入れたPooleの鉄紺色の美しいティーポット

少しオリエンタルな雰囲気の形なのに、色は北欧っぽかったりもして大好きなティーポットだ。背が高いから、ティーコゼも特注した。

Pooleの色合いは、淡いものがおおくて、こういったはっきりした色だしは少ない。

でも、どうも昔からこの色に弱く、とてもひかれていたが、その色の名前が「鉄紺色」だというのは、このティーポットを購入したときに教えてもらい知った。

なかなか出ないヴィンテージだから、半分諦めていたけれど、先日、マーガレット・ハウエル神南行ったら、ほかのアイテムが丁度入ってきたというので見せてもらった。

それはすでに持っているティーポットの小さいサイズ(といっても普通のより大きい)と、さし湯を入れておくためのウォータージャグ。

ウォータージャグは以前から欲しかったけれど、まさか小さいサイズ(といっても大きいけど)のティーポットも出るとは思っていなくて、完全予算オーバーで、少し迷ったけれど両方とも購入した。

大きいサイズのポットは、普段お茶を飲むには大きすぎなので、小さいサイズ(といってもやっぱり大きいけど)はとても便利。
e0062977_1633980.jpg

サイズ的に、ギリギリ中身を洗える(手が入る)大きさなのもいい。どうしても紅茶は茶渋がついてしまうから。


ウォータージャグは、なんともおもちゃのペンギンみたいな形状で、とても美しいと思う。
e0062977_16331382.jpg

上から見ても、
e0062977_16333815.jpg

遠目にみても、
e0062977_16335329.jpg

近くで見ても、やっぱりかわいくて、見つかってよかったなぁと思うのだ。
e0062977_16352196.jpg

by recipko2 | 2013-02-21 18:00 | 日用品 | Comments(0)

インド エイガ ノ ススメ ソノ壱 -3ideots-

香港で初めて観て、その後ハマってちょくちょく観だしたのがインド映画。

インド映画というと

= ムトゥ踊るマハラジャ

というイメージだけれど、私の世代くらいだともう見てない人も多いんじゃないかな。え?みんな見てるのかな?私見たことないんだけど。

実際に見てみるまで
インド映画=意味もなくダンスする+顔がクドい+濃い
という印象しかなかったけれど、見てみると新鮮だった。

ハリウッド映画は壮大で荒唐無稽で面白いからよく見る。
(ちなみに日本の映画はテレビでやっているなら見るけれど、劇場でお金払ってまで見る気にならない。韓流にまーーーったく興味ない。)

インド映画は、ハリウッド映画とはまた違い、なんというか埃っぽいのに新しくていい感じなのだ。

映画大国のインドでは、実はいくつかあって「ムトゥ踊るマハラジャ」はインド的にはいわゆるメインの『ハリウッド』作品ではない。インド映画界のメインの地はボンベイ(ムンバイ)。

アメリカのハリウッドにかけて、ボリウッドと呼ばれているけれど、作品数でいったらボリウッドの圧倒的な勝ち(中身は知らないけどw)

もっともニワカファンなので観たものといっても最近のものばかり。
でも面白かったからDVD持っているけれど、それらが今年日本公開になる。

3ideots (邦題:「きっと、うまくいく」)
e0062977_1662469.jpg

私が初めてみたインド映画。
映像がきれいで、デリーというのはこんなにきれいな場所なのか!と誤った(?)認識をしてしまったほど。

インドの社会的なことはわからないけれど「ふーん、どの国でも問題というのはあるのね」と、映画見ている最中はもう気にしていられない程、ぐいぐいと引き込まれてしまった。

服装もメイクも、もっと

濃っ!!

と引くかと思いきや、全然そんなことなくて(そりゃー『平たい顔族』ではないけど)、見ていて違和感がなかった。


主役のアミール・カーンはこの時すでに40はとうに過ぎてるオッサンなのにちゃんと大学生に見えるし、他の役者さんも同様に大学生に見えるのがすごい。アミール・カーンはボリウッドのTOPスター、3大カーンの一人。TOPスターが3人とも「カーン」という姓なのも面白いけど。

ヒロインは、ボリウッド映画界で今TOPにたつカリーナ・カプール

この女優さんは映画界の名家の生まれで、家族みんな俳優というサラブレッド。
私的にはちょっと雅子様に似てると思ってるんだけど(笑)

話もよく作られていて、さらにどう見ても一般人で腹筋とかダンスする才能なさそうな人たちがそれはそれは素晴らしいキレのいい踊りッぷり。

最後の北インドの景色がとても素晴らしく、終わり方もとてもよかった。

最初に見たこの作品がとても面白かったので、すんなりとインド映画も見れるようになった気がする。
本当に好きで何度も見ていて、劇場でも持っているブルーレイも英語字幕で見てるが私程度の英語力でも十分わかる。

日本公開時の日本語訳がどうなるか?に注目している。つまらない訳だとがっかり!だから。

作品中に主人公が「なにか不安に思った時には、"Aal izz well"と唱えるんだ」というセリフがある。これがこの作品ではとても重要だと思う。

Aal izz well = All is well

で、日本語訳で「きっと、うまくいく」にしてるんだと思うけど、私はこれに対して文句を言いたい。

ちがうっ!
なんとかなる」なのっ!

なんで、「きっと、うまくいく」なのかなー。
で、邦題はつかなくて、そのまま3ideotsでいいじゃないかと思う。
by recipko2 | 2013-02-20 18:00 | Cinema | Comments(0)

TOM FORD BEAUTY 「NAIL LACQUER 14 SCARLET CHINOS」

久しぶりに赤のネイルをかった。

TOM FORD BEAUTY NAIL LACQUER 14 SCARLET CHINOS
e0062977_16281229.jpg

トム・フォードのネイルを見た時に、ベージュも魅力的だったが同じくらい赤にもひかれた。

SUQQUの赤に出会って以降、ネイルに使う赤は少し暗めの赤と決めていて、朱赤よりは買わないように気を付けていたが、今回の赤はあまり暗くない赤。

手元のネイルに使うと、老け感がでてしまうのでペディキュア用だけれど、この赤は良い。

淑女ではないけれど悪くもなく、華やかとはまた違う。
明るく楽しく毎日を過ごしている。そんな雰囲気の赤で笑顔が似合う赤だと思う。

なんというのだろうか。なんだか透明感がある赤だ。

まだまだサンダルのシーズンには遠いけれど、足元を出すようになってもっと楽しみたい!
by recipko2 | 2013-02-19 18:00 | Nail | Comments(0)


コスメやスキンケアや美容のこと。一生懸命あがいています。といっても最近は素敵なごみ・・・もとい日用品を買う方が多いけど。2017年も旅行に買い物に骨董市にと好きなことしまくります!


by recipko2

プロフィールを見る

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

<< お気に入りのブログ>>
Cozy's Cozy's World
映画のフェイクポスターをのせているブログ。本物かと思うほどの凄まじい出来です。

ニョニャ料理の日々

------------------------
広州
旅行口コミ情報

香港旅行・ホテルのクチコミ






*-*-*Twitterはじめました-*-*

「recipko」
で検索してみてください。

※おもに暴言。たまーに記事にする前のコスメのこととかつぶやいてます

*-*-**-*-**-*-**-*-**

https://iluquappa.stores.jp/

最新のコメント

いつも李錦記の叉焼醤で作..
by IKE at 09:49
> まきまきさん ..
by recipko2 at 17:43
設備の問題なのですかぁ…..
by まきまき at 18:21
> やす姉さん 富..
by recipko2 at 14:44
> まきまきさん ..
by recipko2 at 14:42

ブログジャンル