<   2013年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

愛玉子@根津

友人と一緒に、台湾のスイーツ「愛玉子」を食べに根津に行ってきた。

愛玉子と書いてオーギョーチィ

香港専門家(いったもん勝ち)なので、同じ中華圏でも台湾へは行ったことがない。中国茶好きなのに。
来月、台湾に行くからその前に愛玉子を食べに行こう!となった。
e0062977_16221233.jpg

上野から上野公園を通って根津の駅へ。そこから歩いて15分くらいにある愛玉子のお店。
お店の手前にある古い風俗記念館で江戸糸操り人形を実演していた。
e0062977_1623484.jpg

さて、愛玉子。
e0062977_1623273.jpg

店構えがビンビンと香ばしさが漂っており、もう胸がキュンキュンしてしまう。

店内も昭和な雰囲気むんむんで、天井なんてくずれてて、一部がツバメの巣になってたみたいなのよぅ!(*´Д`)

早速「愛玉子」を頼む。私は普通に「愛玉子」にした。友人は「チー氷」。

店の名前はあくまでも「チィ」なのにメニューでは急に「チー」になってしまういい加減さがたまらない!
無花果によく似た形の愛玉子の果実を乾燥させたものを、煮だすことによってゼリーができるのだという。

普通のゼリーよりも断然ゼリー度(?)が高くて、固めでプリンプリン。
スプーンで切るのが大変なくらいの固さ。
e0062977_1624758.jpg

これにシロップをかけてあるんだけど、このシロップがまた懐かしい味。

なんていうんだろう。家庭用チューチューアイスを凍らさずにシロップとして使っているかのような味で、あー、こんな味のあった気がするーなんて言っているまにチュルリと食べ終わってしまう。

ちなみに「チー氷」はシロップがかかったスタンダードな愛玉子の上にかき氷が乗っている。
「チークリーム」はアイスが乗っていた(これにすればよかったー)

おばちゃん一人で切り盛りしているらしくて、混んでいるときは少々待つけれど、レトロな雰囲気どころかレトロそのものの店内でのんびりと話でもしているといいかも。


[お店の場所]
愛玉子 400円。お持ち帰りもあり。
http://www.guidenet.jp/shop/2210/
http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13018381/
by recipko2 | 2013-04-30 18:00 | Eat | Comments(0)

レアチーズケーキ

e0062977_14593189.jpg

中学生の時に読んでいた雑誌の付録か何かについていたレアチーズケーキの作り方。

その当時作ってみたら美味しくて感動したのを覚えている。

片付けをするために押入れをごそごそしていたら、そのレシピを書き留めた(当時からレシピ書くの好きだった)ノートを発見!

懐かしいなーと作ってみた。

書いてあるレシピだと生クリームは泡立てずに使っているけれど、そのままで使うとモッタリと重ためのチーズケーキになるので少し立ててから使うことにした。

面倒くさがりの私なのでその当時ボトムは作らずにいた。

カステラでも、サブレでも、ビスケットでもなんでもいいと思う。
カステラなら薄切りにして器に敷き詰める。
サブレやビスケットなら砕いて溶かしバターを加えて器に敷きつめて押さえて置く。

1つ目を作った時はカステラで作ってみた。
2つ目を作った時にはロータスのカラメルビスケットにしてみた。これがすごく合うんだけど器に敷き詰めて固めるのが面倒くさかった・・・・


[材料]20cm×20cm
クリームチーズ 200g ※室温に戻しておく
砂糖 80g
卵黄 1個
レモン汁 大2

ゼラチン10g+水大6 ふやかしておく

生クリーム 200cc

ボトム(カステラやビスケットなど) 適量

[作り方]
1 クリームチーズを室温に戻してボウルにいれてゴムベラで滑らかになるように練る。
2 砂糖を数回に分けて加え、さらに滑らかになるように擦り合わせる。
3 卵黄をいれる。この辺りから泡だて器で混ぜれるようになる。
4 レモン汁も加えてさらによく混ぜる。
5 ゼラチンに水を加えてふやかしておいたものをレンジにいれて溶かす(30秒くらい)
6 5を少しずつ加えてよく混ぜる。最後はゴムベラを再度つかってよく混ぜて置く。
7 生クリームは6分立(少しとろりとするくらい)になるくらいまで泡立てる。
8 7の生クリームを6に少しずつ加えながら、ゴムベラでよく混ぜ合わせる。
9 ボトムを敷いた器に流し込んで1時間程度冷やして出来上がり。

※この材料で、20cm×20cmの器なら4cm弱の高さになる。
※ロータスのカラメルビスケットをボトムに使うなら15枚から20枚くらい。好みの厚さで。
※電動泡だて器を使って6分立てにするなら強で30秒くらい。
※クリームチーズを滑らかにするのに最初から泡だて器を使ってもいいけれど、くっ付いちゃって「キ~っ!」となるのが嫌でゴムベラを使っている。

はちみつレモンレアチーズケーキ
by recipko2 | 2013-04-29 18:00 | Recipe | Comments(0)

HERMES 「Les Maisons EnchanteesシリーズのデザートプレートNo.3」

Les Maisons Enchanteesシリーズのデザートプレート。

HERMES  Les Maisons EnchanteesシリーズのデザートプレートNo.3
e0062977_173928.jpg


3月につかった成田空港でもう一枚買い足した。

今気に入っている器たちは、主にイギリスの物で、つづいて数は少ないけれど北欧(フィンランド、スウェーデン)の物。

フランスの器というのは実はこのシリーズだけかもしれない。

シンプルなデザインで柄があまりない物が好みなので、あまりフランスの器への嗜好がなかったのだけど、これは別。

この日はフレンチトーストを盛ってみた。
e0062977_16483535.jpg

それぞれ持っている雰囲気があって、クロワッサンとか載せるとがぜんエルメスのは強い!
by recipko2 | 2013-04-28 18:00 | 日用品 | Comments(0)

POOLEのプレートとシリアルボウル(Blue Moon)

ほぼ大満足で揃ってきたPOOLEのBlueMoon。
e0062977_1650971.jpg


e0062977_16502143.jpg

ティーポットだけではなくて、鉄紺色のプレートはどうなのかな?と、料理との相性を思ったけれど、問題なく使える色だった。
e0062977_16503111.jpg

皿の色が深い色だから白っぽい料理に合うのは当然だが、トマト系や、ブラウン系なんかも合うんじゃないかと思う。

たっぷりとした大きなサイズだから、いろいろな種類の料理を盛ってもいい。
by recipko2 | 2013-04-27 18:00 | 骨董市 | Comments(0)

beryのシリーズ@Wood's

もう少し前になるが、マーガレット・ハウエル神南でハウスホールドグッズのイベントがあった。

なにか掘り出し物があるかなーといったところ、イギリス・Wood'sの物がたくさんあった。

セラドン色に似ているけれど、もう少し翠色なグリーンのbery。

同じ色のシリーズで形が違うものを実際に見ることができる機会はそうそうないので、
嬉しく手に取った。
e0062977_16351170.jpg

まずはカフェオレボウルかシュガーボウルか微妙なボウル。
e0062977_16352644.jpg


まぁどちらでも構わないのだ。カフェオレボウルタイプは、スープをいれたり、サラダの器にしたり、ヌードルを入れたりと使い道が多いのでいくらあっても困らない(という免罪符を元に何個も買っている)。

e0062977_1636139.jpg

次は同じ形のディナープレート。
e0062977_16355512.jpg

そして、パンプレート。
e0062977_16362613.jpg

ディナープレートよりもパンプレートの方が使い勝手が多い。ケーキを載せたりスコーンを載せたり取り皿に使ったり。
e0062977_16362757.jpg

そしてスープ皿。シリアルボウルかもしれない。
これもシチューなどはもちろんほかの物にも使えるからいいよね!(こればっか)。

e0062977_16379100.jpg

これが珍しい形だと思うのだけど、楕円でも円でもない絶妙な形のプレート。
by recipko2 | 2013-04-26 18:00 | 骨董市 | Comments(0)

ともだちんちのハムでまいたかいわれさらだ

小学生の頃。

母はもう家にいたし、また料理も上手だったから出来合いのものを食べることはあまりなかったように思う。

昔は友人の家で夕ご飯を食べて帰るなんていくら近所でも大事だった。

何故その友人の家にいたのか忘れてしまったけれど、冬だったのは覚えている。

今にして思えば5時くらいだったのかな、その友人のお父さんが食卓でビールを飲みはじめていて、そばにいた私たちも「ちょっと食べる?」という感じで、友人のお母さんが出してくれたのだと思う。

人の家のご飯を食べる経験が少なかったから、そんな時はわくわくした(今も昔もこれは変わってないなー)。

お皿の上に盛りつけられていたのは、薄切りのロースハムに巻かれた貝割れ大根。

『貝割れ大根』なるものがちょうど出始めていた頃だ。

ロースハムの巻終わりを楊枝でちょこんと留めてあった。

それを一つとって、置かれていたタレにつけて食べる。
タレと思っていたのはキューピードレッシングの中華味(これも出始めの頃だった)。

貝割れの辛みと中華ドレッシングの辛みがすっごく美味しくてびっくり。

初めて食べた貝割れとハムの組み合わせはすごく衝撃で(笑)、家に帰ってすぐに母に報告した記憶がある。

これ以後、お気に入りの野菜に「貝割れ大根」が加わったのは言うまでもない。

いまでも貝割れ大根を見るとこの料理(?)を思い出す。料理というものではないけれど組み合わせの妙というか、簡単に美味しいのに手が込んで見える。

今でもこれを食べる時は絶対中華味のキューピードレッシングで!
e0062977_1454272.jpg


[材料]
かいわれ大根 1パック
薄切りハム  4枚
キューピードレッシング 中華

[作り方]
1 貝割れは根を切ってよく洗い水けを払う。
2 ロースハムに貝割れの1/4量を載せて巻く。
3 ロースハムが巻きにくかったら、楊枝で留める。
4 ドレッシングと別の器に好みの量だして、付けながら食べる。
by recipko2 | 2013-04-25 18:00 | Recipe | Comments(0)

ロバート・ウェルシュのトーストスタンド@OLD HALL

マーガレット・ハウエルのライフスタイル本で、彼女の海のそばのサマーハウス(?)のインテリアが紹介されている。

彼女の作る洋服が大好きで、もうずーっと、高校生から着ている。だからななのか、インテリアも「素敵だなぁ」と感じるものが多くて、ハウスホールドグッズなどツボハマりまくりである。

サマーハウス内のキッチンの窓辺に飾られているステンレスの物。

マーガレットは集めているロバートウェルシュデザイン、オールドホールもので、それはトーストスタンドだった。

毎朝、家でゆっくりとトーストを食べている時間はないけれど、休日はゆっくりと大好きな食器を選びながら朝食をとる。

トーストをお皿に盛るのも好きだけれど、このトーストスタンドが手元に来てからは、断然このトーストスタンドの出番が多い。
e0062977_13463093.jpg

なるべくトーストにあたる面が小さいようにデザインされたトーストスタンド。
お皿だと片面がお皿についてしまい湿気でふにゃっとしがちだが、このスタンドに立てかけると湿気がこもらずに表面がフニャフニャにならず、表面はカリっ!と中はフワッ!と食べることができるのだ。

とはいっても、8枚切りのサイズしかはさめないから、分厚いのを食べたいときは使えないんだけどね。

トーストは厚切りが好きだけれど、薄いのをガス台でゆっくりと焼きカリカリにしたのも美味しい。
by recipko2 | 2013-04-24 18:00 | 骨董市 | Comments(0)

かき氷専門店 ひみつ堂@谷中

かき氷のシーズンを楽しみにしているかき氷好きとしては、一年中かき氷を提供してくれるお店は貴重。

「かき氷やってるよ!」という友人に連れられ、行った先は谷中。

実は日暮里の駅を降りるのは初めて、谷中墓地とか大きくて山の上でびっくり。こんなになってたのね。

場所的にはなんとも香ばしい感じがして、今度ウロウロしに来なくては!と気になる場所だった。

行ったのは谷中銀座の少し手前にある「かき氷専門店 ひみつ堂」
http://himitsudo.com/
e0062977_13325921.jpg

ひみつは「氷蜜」でひみつ。

普通のかき氷メニューではなく、一工夫したシロップを提供してくれる。
(個人的には普通のかき氷シロップでもいいんだけどー)

毎日のメニューはツイッターでお知らせしているので、行くときは要チェック。

この日頼んだのは、「懐かしキャラメル味」の氷。
e0062977_1333397.jpg

日光の天然氷を昔ながらの氷かき器でショリショリと削られたフワフワの氷。

フワフワなのに天然氷だからか溶けるのが遅い。

時折キャラメルソースと練乳なのかな?ミルクをかけて、またふわふわの氷を載せて、またキャラメルソースをかけてを数回繰り返し、最後に塩を少々。

出来上がったのは、可愛らしいマッシュルーム型に積もったかき氷。

氷とキャラメル?と頼んでおいていうのもなんだけど、どうなんだろかー?と思ったけどこれが想像していた以上にマッチしやめられない美味しさ。

イチゴ味などは本物のイチゴをペーストにして掛けている。シロップと呼ぶには重たさがあるはずなのにフワフワのままで感心した。

食べに訪れた日は、真冬かと思うほど寒く店内は暖房が入っていた。にもかかわらず溶ける速度が遅い!というのに感動した。だから美味しいのね~。
by recipko2 | 2013-04-23 18:00 | Eat | Comments(0)

OLD HALLのステンレスティーポット

昨日、

いいんですっ!
とか書いといて、またティーポットで恐縮です。


OLD HALLという名前を知るよりも前に、ロバート・ウェルシュの名前を知っていた。

マーガレット・ハウエルのライフスタイル本の中で具体的にしって、
ステンレスのストイックなデザインと、使いやすそうな形でいいなぁと思っていた。

そのロバートウェルシュがデザインをしていたのが、OLD HALLと後から知った。

最近増えてきた北欧の食器類。

とても素敵なのだけど、微妙にイギリスの食器たちと合わない。

それはどちらも素敵だからなのか、お互いを引き立てるというよりも、どちらも主役になってしまうという感じなのだ。

どうしようかなーと思っていたやさきに見つけたOLD HALLのステンレスポット。
e0062977_18111632.jpg

これはロバートウェルシュのデザインではないようだけど、冷たすぎないデザインと、ヴィンテージのためピカピカ過ぎないところがすごくいい。

蓋が取り外せるのも可愛らしくて、北欧の食器にも、イギリスの食器にもよく合うのがうれしい。

それは、ロバートウェルシュが、スウェーデンとノルウェーでデザインを学んでいたからだろうと思う。

北欧のデザインセンスが、イギリス人の中で昇華されているから、どちらのものも引き立てることができる。
by recipko2 | 2013-04-22 18:00 | 骨董市 | Comments(0)

POOLEのティーポット (Blue Moon)

大好きなPOOLEのティーポット。ついに3つめ。
e0062977_175675.jpg

これぞ本当にティーポットと思う形。
ずんぐりとした形がとてもかわいい。

程よくたっぷりと入る容量で、午後のお茶のひと時、飲みまくれます。

また、中が広くなっているから洗いやすいのもよい。


縦長のポット2つ、このポット1つ。

こんなにポットがあっても・・・・・


いいんですっ!
by recipko2 | 2013-04-21 18:00 | 骨董市 | Comments(0)


コスメやスキンケアや美容のこと。一生懸命あがいています。といっても最近は素敵なごみ・・・もとい日用品を買う方が多いけど。2017年も旅行に買い物に骨董市にと好きなことしまくります!


by recipko2

プロフィールを見る

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

<< お気に入りのブログ>>
Cozy's Cozy's World
映画のフェイクポスターをのせているブログ。本物かと思うほどの凄まじい出来です。

ニョニャ料理の日々

------------------------
広州
旅行口コミ情報

香港旅行・ホテルのクチコミ






*-*-*Twitterはじめました-*-*

「recipko」
で検索してみてください。

※おもに暴言。たまーに記事にする前のコスメのこととかつぶやいてます

*-*-**-*-**-*-**-*-**

https://iluquappa.stores.jp/

最新のコメント

> まきまきさん ..
by recipko2 at 17:43
設備の問題なのですかぁ…..
by まきまき at 18:21
> やす姉さん 富..
by recipko2 at 14:44
> まきまきさん ..
by recipko2 at 14:42
富澤商店でも扱ってるんで..
by やす姉 at 08:28

ブログジャンル