<   2013年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ARABIA 「KOKO オーバルプレート」

e0062977_1644732.jpg

個人的に、

TEEMAと何が違うのかよくわからない

という、疑問があるKOKO

キルタは別として、TEEMAはそんなに惹かれないけれど、白のこのKOKOはオーバル皿好きの心をくすぐられて、手に入れてしまった。

オーバルって、オーバルというだけで得をしていると思う。

形が楕円形なだけで、何となく特別な感じがして、何となく美味しそうに見えるから。

このKOKOも、パスタに、カレーに、前菜を盛ったり、プレートご飯系なんかにもぴったりだし、和食に使っても違和感がなくていい。
by recipko2 | 2013-07-31 18:00 | Museum Piece | Comments(0)

ダヴィネス「ナチュラルテック シャンプー<R>」

スクラブ入りシャンプーと買ったのは、オイリーヘア用のシャンプー。

ダヴィネス ナチュラルテック シャンプー<R>
e0062977_16331743.jpg

髪の毛はすごく乾燥するくせに、昔から地肌がすぐに脂っぽくなってしまうので、ついついオイリーヘア用というのに興味をそそられてしまう。

スクラブ入りシャンプーの方が、餡子玉みたいに硬いテクスチャーだったのに対して、こちらは普通のテクスチャ。

でも、やっぱり香りはクッセー

何をどうしたら!?ってくらいクッセー

シダーが臭いのか、日本緑茶の香りをイタリア人は勘違いしてるんだろっ!ということなのか、臭い。

いかにも西洋人が「東洋」のイメージしそうな臭さ。

さて、洗い心地は、これもまたちょっと微妙。

お気に入りのトレセメのシャンプーだと、シャンプーだけでも平気なのだけど、これを使うと、なんというか、

ジムシー@コナン

になれそうな感じの洗い上がり(わかる?わかる?)。

ばっさばさになるんだけど、オイリーヘア用だからしょうがないんだろうか?これ使った後2,3日髪がバサバサになってしまうのよね。。。。


リピートで買うことは絶対に無いorz
by recipko2 | 2013-07-30 18:00 | Body/hair/bath | Comments(0)

La Cantine CENTRE The Bakery@銀座1丁目

e0062977_151465.jpg

銀座一丁目の高速道路下。紺屋ビルにできたベーカリー。

フランスパンのVIRONの食パン部門らしいけれど、VIRONを知らなかったw
e0062977_1512333.jpg

開店少し前についてしまったので、お店の前にあったベンチが丁度よく木陰になっていたので、座って待つ。暑いけれど、心地の良い風が吹いていて、オープンカフェでもいいのになぁと思った(木陰があればだけど)。

このお店に来てみたかったのが、食パンではなくて、ヤコブセンのチェアと、トースター。

e0062977_1525065.jpg

店内は、アルネ・ヤコブセンのセブンスチェアと、
e0062977_1522086.jpg

スワンチェア、そしてエッグチェアがある。

開店1番目だったので、エッグチェアの席を選ばせてもらった。
e0062977_152758.jpg

いつかは手に入れたいと思っている、ヤコブセンのエッグチェア。
4脚ともにタン色の皮張で、すっごく座り心地がよくて、やはりいい家具は違うなぁと実感。
e0062977_153868.jpg

照明は、ルイスポールセンのアンティーチョーク。デカいけれど、不思議なことに邪魔な感じがない。

さて、朝食に選んだのは、トースト2枚+牛乳、ジャム+バターセットで1500円

パンは3種類から選べるようになっており、それぞれ国産小麦の食パンと、特定産地(忘れた)小麦の食パン、イギリスパン。

特定産地小麦のと、イギリスパンをお願いした。

パンを焼くためのトースターが、入口の横にいろいろな種類が置いてあり、自分の好きなものを選んで持ってくることができる。

選んだのはイギリスDualit(デュアリット)社のトースター
e0062977_1534497.jpg

トースター界のロールスロイスと呼ばれている逸品で、ペニンシュラ香港でも使われている。一度使ってみたかったのだ。

まず、ジャムと蜂蜜のはいったプレートが運ばれてきた。
e0062977_154642.jpg

フランス・ミオ社のジャム(ラズベリー、マーマレード、ブルーベリー)、フランス産のアカシヤ蜂蜜、ベルギーのヘーゼルナッツとチョコレートのスプレッド、自家製のレモンカード。

パンが左の2枚がイギリスパン、右の1枚が特定産地小麦の食パン。
e0062977_1541545.jpg

右に3つ見えるのはバターで、上からエシレバター、自家製バター、国内メーカーのバター(いずれも発酵バター)。

まずは食パンから。デュアリットのタイマーにはお勧めのトースト時間のところにニコちゃんマークの絵が描かれたシールが貼ってある。

これよりも少し長めにセットしてトースト。
e0062977_1543757.jpg

トースター界のロールスロイスは静かに仕事をはじめて、待っている時間があっという間に感じるほど、素早くきれいにトーストされてきた。

ポンテケージョか?と思うほどモッチモチのしっとりとしたパンで、焼いてもしっとりモチモチだ。

少し甘みを感じるパンで、何もつけずに食べるよりもバターを付けた方が美味しかった。

次に、イギリスパン。トーストしてカリカリ感を楽しんでほしいとのことで、薄切りになって居る。2枚併せた状態でデュアリットにいれて片面を焼き、焼き上がった方を内側にして再度重ねて両面やいた。
e0062977_1542865.jpg

確かに、カリカリだ。でも何となく鹿せんべいみたいなふすま香がする。

これにはジャムや蜂蜜を付けて食べるのが好きだった(どうも鹿せんべい風味が気になってしまったので)

最後に、追加84円で残りの国産小麦のもイッテみた(画像なし)

こちらもモチモチしているが、程よいモチモチ感で、特定産地小麦のよりはふかふかでこちらの方が好みかな。

焼かないでそのままで美味しいといってたけれど、確かにこちらもやや甘みがあって美味しい。トーストするよりも焼かない方が確かに美味しかった(トーストすると少しクドイ?)

で、1500円払ってよかったかといえば、エッグチェアに座るだけで十分おつりが私的にはくるんだけど、パンに関してはまぁ美味しいなーという感じだった。

モチモチしたのよりもフワフワしたのが好きだし、普段からパンを食べる時は美味しいパンしか食べないので、こんな美味しいの初めて!という感動はなかったからだ。
イギリスパンも、もしかしたら鹿せんべい風味なのが正統派なのかもしれないけれど、私はどうも苦手であった。

そして、デュアリットの購入を考えていたけれど、網焼きで焼いたパンの香りと味に勝るものは無いとわかったのでそれもよかった。

網焼きで焼いたパンは、何もつけなくても美味しいから。

でも、きっと、また食べに来ると思う。


自宅で好きなパンを買って、自分で網焼きにして何もつけずに食べる。
香港の茶餐廳で、オッサンがトーストしてなかなか溶けないバターとコンデンスミルクをかけてくれたトーストをシャクッと言わせながら食べる。

この2つに勝る朝食のトーストはないなぁと改めて思った。


11:00まではトーストと飲み物のみ。
11:00以降、サンドイッチやサラダ、スープなども楽しめる。


[お店の場所]
La Cantine CENTRE The Bakery
東京都中央区銀座1-2-1 東京高速道路紺屋ビル 1F
by recipko2 | 2013-07-29 18:00 | Eat | Comments(0)

ロバート・ウェルシュのティーストレーナー@OLD HALL

e0062977_14414499.jpg

伊勢丹でOLD HALLのティーポットを購入したときに、ちょうどイギリスに買い付けにいくというので、もしあったらとお願いしていた、ロバート・ウォルシュのティーストレーナーが見つかったというので、引取にいってきた。

とても状態のいいもので、とてもうれしい。

両耳がついているタイプのティーストレーナーで、マーガレット・ハウエルがもっているのと同じもの。

Pooleや、Woodsの器にやっぱりぴったり。
by recipko2 | 2013-07-28 18:00 | Museum Piece | Comments(0)

インゲンとオクラのオイル蒸し

どちらも美味しいけれど、フライパンで炒める野菜炒めと、STAUBみたいな鋳鉄の鍋で作る野菜炒めは、全然違うものに仕上がって面白い。

美味しいオイルと、塩と胡椒とベーコン(ハムでも)で、野菜の旨味がぎゅっと詰まって、沢山食べることができる料理に変身する。

基本的には野菜の炒め煮の作り方。

インゲンとオクラが安かったので、これをメインにした。切って、炒めて15分くらいでできるのもいいところ。

材料の分量は一応書いたけど適当。
e0062977_13342751.jpg

[材料]
インゲン 200g
オクラ 1袋
玉ねぎ 1個
パプリカ 2個
ベーコン(またはハム) 3枚

[作り方]
1 いんげんはよく洗って水けをきり、付け根は手でもいでおく。
2 オクラは、入っていたネットで良く洗い産毛を取り除き、ヘタを軽く切り、半分にする。
3 玉ねぎは皮をむいて、1cm幅の輪切りにする。
4 パプリカは、半分に切って種を取り除き、食べやすい大きさに切る。
5 ベーコンは5cm幅ぐらいに切る。
6 STAUBやルクルーゼ等の鍋に、オリーブ油大1を引いて玉ねぎを並べ、中火で両面に焼き色をつける。
7 玉ねぎに焼き色がついてきたら、いんげんを加えてざっと炒め、蓋をして2分蒸らす。
8 オクラ、パプリカ、ベーコン、塩2つまみ、オリーブ油大1をいれて、全体をザッザッと大きく混ぜて、蓋をして2分。
9 ふたを開けて、再度大きく何度か混ぜて、蓋をしてさらに2分。
10 白胡椒を挽いて、混ぜて出来上がり。
by recipko2 | 2013-07-27 18:00 | Recipe | Comments(0)

ダヴィネス 「ナチュラルテック スクラブ シャンプー<D>」

伊勢丹のビューティーアポセカリーをうろうろしているときに、目についたシャンプーを買ってみた。

ダヴィネス ナチュラルテック スクラブ シャンプー<D>
e0062977_11572317.jpg

http://www.comfortjapan.jp/product_nt.html

スカルプケア用ということで、珍しくスクラブ入り。

スクラブを入れているからか、もともとこういうテクスチャが好きなのか、液体というよりも完全スライム化しているシャンプーで、あまりに出にくいからボトルつぶすように押して、
餡子玉
みたいになったスライムを使う感じだ。

念入りにお湯で予洗いをした髪に使ったけれど、なかなか泡立つことがない。スカルプ用なのでこれはこれでいいのかもしれない。

スクラブの感触はほとんどというか、まったく感じなかった。

はいってんの?これ?

という感じだ。

普段から、夜はシャンプーだけでコンディショナーやトリートメントはしないが、これは洗い上がりが、脱脂された羊みたいになる(笑)

タオルドライする時にキュッキュするから、いいのか?と気になるところ・・・・

そして、イタリア系で、何となくサンタマリアノヴェッラを彷彿とさせるので気づけばよかったけど、

臭い。

もうどうしようもないくらいに臭い

頭にイタリア人のオッサンが居座ってるかと思うくらい臭い

しかもこの香りが、地肌にしみこむようで、別のシャンプー使っていても2,3日香りが戻ってくるくらい残る。


オッサン居座りすぎや!!!(#゚Д゚)
by recipko2 | 2013-07-26 18:00 | Body/hair/bath | Comments(0)

もんじゃ焼き いろは@月島

急に猛烈にもんじゃ焼きが食べたくなって、東京てくてく日記のアナタスさんにお付き合いいただき、月島にいってきた。

もんじゃ焼は食べたいけれど、行きつけがあるわけではないので、適当に入ることにした。

1件目入ったところは 焼肉屋 みたいな雰囲気で、アナタスさんが「ここ、明太もちチーズないんじゃない?」といってくださった一言で、ハッ!と気づき、お店を出たw

2件目の「いろは」は見た目の香ばしい感じもいいし、明太もちチーズも美味しそうだしで納得の入店。

頼んだのは、もちろん明太もちチーズ
e0062977_11231991.jpg

前に勤めていた所に、ちゃきちゃきの江戸っ子上司がいて、何度かもんじゃ焼飲み会をして、作り方を鍛えられたけれど、すっかり忘れてしまった。

ここはお店の方が、お願いすると作って下さるので楽でいい。
e0062977_11235843.jpg

最初にもんじゃ出汁(?)をなるべく出さないように、具だけを炒めて、堰をつくり、その中にもんじゃ出汁と明太をいれてトロリとしたところで全体を混ぜてならし、上に鉄板の端で焼いていた餅を乗せて、チーズをちらす。
e0062977_1124711.jpg

小さなヘラで焼きつけながら食べる明太もちチーズもんじゃはおいしーい!

久しぶりに食べたけど、やっぱりもんじゃ焼きは明太もちチーズ一択!

一緒に、ソーダ水を頼んだのだけど・・・・これが・・・・
e0062977_11242230.jpg

めちゃくちゃ美味しい!!!
これぞソーダ水!売ってくれこれ!
小売りしてくれないか、このソーダ水を作った京葉飲料商会に電話して確認したい衝動に駆られているくらいウマイ。

ソーダ水好きにはたまらんっ!

もんじゃ→ソーダ水→もんじゃ→ソーダ水

お腹いっぱいになった(笑)

[行ったお店]
いろは 西仲店
東京都中央区月島3-8-10
by recipko2 | 2013-07-25 18:00 | Eat | Comments(0)

透ガラス ショットグラスとミルクピッチャー@蠣﨑 允


e0062977_114466.jpg
6月に手に入れた蠣﨑さんのガラス。
e0062977_1144248.jpg

ショットグラスと、ミルクピッチャー。

ショットグラスは、中国茶の茶杯として使うのにちょうどよい大きさ。
さすがに熱湯をいれるということはしないけれど、低めの温度で出したお茶もいいし、水出しや氷出しにしたお茶にぴったり。

ミルクピッチャーは、ミルクをいれるよりも、ドレッシングやソース、はちみつやメープルシロップなどをいれることが多いので、好きで集めている。

どちらもシンプルなのに、退屈じゃない。温かみのある、いつまでもみていて飽きないデザインなのがいい。

ガラスの透明さは、夏には最適だけど、冬は冷たさを感じてしまってダメだという方も多いと思うが、冬のガラスというのも嫌いじゃない。

一年中使える、一年中使いたい そんなガラスなのが蠣﨑さんのガラス。
by recipko2 | 2013-07-24 18:00 | Householdgoods | Comments(0)

ゆしま花月@湯島

クロワッサンをみていたら、美味しそうなかりんとう屋さんがでていた。

大江戸線を利用したので上野御徒町駅から歩いて3分くらいのところにある、ゆしま花月。
e0062977_10474540.jpg

上野松坂屋の近くにあり、周りはすっかりビルが多くなっているなか、日除けのすだれがかかっている店舗があった。

木製の引き戸をあけると、普通の家の玄関口ぐらいのスペースに、かりんとうと、せんべいの見本が並び、たたきを上がったところは作業スペースとなっていた。

なんとも、昭和な懐かしさがある店内で、お勧めを教えてもらい、かりんとうと、飴がけのあられである「さざれ」、「あげせん」を選んだ。

袋詰めもあるけれど、やっぱり缶入りがいい。

こちらの丸缶は、朱色、黄色、藤色とあり、好みの丸缶に好みのものを入れてもらえる。
朱色と藤色にかりんとうを、黄色にあげせんを入れてもらった。

そして、さらにこの丸缶は、なんと手塗なのだそうだ。
(四角缶はちがうとのこと)

何となく、かりんとうはパコッ!と缶の蓋をあけて、1本2本取り出して食べるのが美味しいように思う。

創業時から変わっていないんだろうなーという包み紙も可愛らしい。

良く売っている黒糖かりんとうも好きだけれど、花月のかりんとうはプリッツエルみたいな食感に、穏やかな甘さで、大人のかりんとうという味で好きだ。

飴がけのあられである「さざれ」も、はじめはちょっと甘さが物足りない?と思ったけれど、いくつか食べていくと、それが飽きのこない甘さだということに気づいて、止まらなくなってしまう。

暑い日に氷出しのお茶と合わせて、和風アフタヌーンティーセットにしてみた。
e0062977_10483193.jpg

かりんとうと、さざれと、新宿讃岐屋のところてん。
お茶は、朝からキャラフェに氷をたくさんのせて淹れた明前獅峰龍井茶。

龍井の香りと味が、かりんとう、さざれととても合う。

[お店の場所]
ゆしま花月
東京都文京区湯島3-39-6
http://www.karintou-kagetsu.com/
by recipko2 | 2013-07-23 18:00 | Eat | Comments(0)

オシエム「TSコンプレックス」

6月になると何故か導入したくなる美白もの。

今年もやっぱりオシエムにしようと、伊勢丹へいってみた。

買おうと思っていたラストニングセラム 50ml 18900円と、新しくでたスポット美容液のTSコンプレックス 30ml 9800円が一緒になった「夏肌スターターセット」が19950円という、もうわけのわからない価格になっていた(笑)

両方買おうと思って行ったら、ラストニングセラムの価格で両方買えてしまったようなもので、ホクホクしながら帰ってきた。嬉しいけれど、そんなにしちゃって大丈夫か?とちょっと不安でもあるw


オシエム TSコンプレックス
e0062977_10114190.jpg

※画像は公式HPから


さて、TSコンプレックス。

スポット美容液として、気になるところに半プッシュ位をトントンと使ってくださいと言われたけれど、私は1プッシュを全顔に投入している。

ふわりと柔らかくて甘い花の香りが、使うたびに楽しみなジェル状美容液で、ラストニングセラムがトロリとしているのに比べて、しっかりと固めのテクスチャだ。

付けた後に単体でも、その後クリームをつけてもモロモロすることもなくてよい。

強い保湿力はないけれど、エアコンをつけない夜などは、これだけでも私は大丈夫。

速攻でクスミが抜けた気がする!は、くすみを気にしていないからわからないし、顔色が明るくなったかというのも、変わらない気がするが、それでいいのだと思っている。

陽に当たるような日は、DIORの日焼け止めを付けて防御しているけれど、油断している日もあるから、そういった日々の蓄積を、リカバリーしてくれればいい。
by recipko2 | 2013-07-22 18:00 | Elixir | Comments(0)


コスメやスキンケアや美容のこと。一生懸命あがいています。といっても最近は素敵なごみ・・・もとい日用品を買う方が多いけど。2017年も旅行に買い物に骨董市にと好きなことしまくります!


by recipko2

プロフィールを見る

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

<< お気に入りのブログ>>
Cozy's Cozy's World
映画のフェイクポスターをのせているブログ。本物かと思うほどの凄まじい出来です。

ニョニャ料理の日々

------------------------
広州
旅行口コミ情報

香港旅行・ホテルのクチコミ






*-*-*Twitterはじめました-*-*

「recipko」
で検索してみてください。

※おもに暴言。たまーに記事にする前のコスメのこととかつぶやいてます

*-*-**-*-**-*-**-*-**

https://iluquappa.stores.jp/

最新のコメント

お久しぶりです☆ 素敵..
by Yumija at 21:36
> もりもりみつみつさん..
by recipko2 at 15:55
> まきまきさん ..
by recipko2 at 15:52
> もりもりみつみつさん..
by recipko2 at 15:47
アスリート並みの酷使で、..
by もりもりみつみつ at 20:14

ブログジャンル