<   2013年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Chloe CREME DE LA ROSE 「CENTIFOLIA ROSE WATER LOTION」

クロエからでたスキンケアライン。

Chloe CREME DE LA ROSE 「CENTIFOLIA ROSE WATER LOTION」
e0062977_9564595.jpg

どうしようかと思ったけれど、機内販売で少し安かったので買ってみた。
香水の「クロエ」と同じデザインの容器に入っている。200mlいり。
e0062977_95712.jpg

香りは、クロエ オードパルファムのローズバージョンまでは行かないけれど、かなり華やかなバラの香りが楽しめる。
e0062977_9574640.jpg

ローズウォーターとは書いてあるけれど、実際は成分の中にローズウォーターを使い、他の保湿成分も入れている普通の化粧水だ。

使用感は、あくまでも普通。肌への入り方も普通だ。保湿力がとくにあるというわけでもないと思う。あくまでも普通。

パシャパシャと香りを楽しみながら使うというにはいいかもしれないが、特にこれじゃないともうダメ!という感動感はない。

あと、口のところがシール止めして合って、使いはじめにはがして使ってしまったのだけど、これがまた直径5mmはある大きな穴で、ドボドボとでて、しかもキレがわるいからすぐに容器に伝ってしまうという、なんだかなーな感じ。

だから、使うときは決してシールははがさずに、針などでちょっと穴をあけて使うのが良いと思う。

機内販売および免税店で、5000円
by recipko2 | 2013-11-22 18:00 | Lotion | Comments(0)

豚スネ肉のポトフ

e0062977_14315124.jpg

珍しく豚のすね肉を見つけた。

豚スネ肉がある時は、ポトフにする。

最初から茹でてもいいけれど、今回は一度グリルしてから入れることにする。

その間に、スープのダシとして頑張ってもらうのは、弟(柴犬)用に買ってくる豚の軟骨スジ肉。弟用には圧力鍋を使って、全部とろとろ柔らかく作るのだが、2枚ほど拝借してスープ用に使う。
e0062977_14314423.jpg

鳥のポトフも大好きだけど、豚で作るポトフも美味しくて、ポトフっていい料理だなぁと感心する。

[材料]
豚スネ肉 500g
豚の軟骨筋肉 100g
ホムデン(またはエシャロット) 1個
ブーケガルニ(ローリエにセロリ葉を巻いてタコ糸で縛っておく)

セロリ
にんじん
たまねぎ
カブ
レンコン

[作り方]
1 豚にすね肉は塩小1をもみこみ、1時間ほどおく。
2 大きめの鍋に、豚の軟骨すじ肉とホムデンと水1リットルをいれて中火にかける。
3 沸騰してきたら、アクをとり、セロリ、ニンジン、玉ねぎ、カブ、レンコンなどの野菜を加えて、中弱火で1時間ほど煮込む。ブーケガルニも入れておく。
4 1の水分をよく拭いて、180℃のオーブンで40分ほど焼く。
5 焼き上がったら油をふき取り、3に加えてさらに1時間ほど煮込む。
6 仕上げに塩、胡椒をして出来上がり。
by recipko2 | 2013-11-21 18:00 | Recipe | Comments(0)

DIOR VERNIS 824 UNDERGROUND

DIOR VERNIS 824 UNDERGROUND
e0062977_1415111.jpg

血豆色のネイルを探していたのに、なぜか手に入れた土色のネイル。

こげ茶色と言っていい、深い深い茶色。

パールやラメ感がない茶色だけれど、手の色を綺麗に見せてくれる色だった。

爪が大きいので、のばした状態だと迫力ありすぎてしまうから、
こういう濃い色を付ける時は、爪を短くする。深爪しないギリギリの短さでつける方が素敵だから。
by recipko2 | 2013-11-20 18:00 | Nail | Comments(0)

古い小さなお盆

特別に集めているわけではないけれど、気が付くと、小さ目の木のお盆が集まっている。

東京蚤の市に出展していた、石川県輪島の骨董屋さんに置いてあった小さなお盆。
e0062977_1483743.jpg

小さなといっても直径18cmくらいはある。

柄もなく、拭き漆などでもない、くりぬきの小さな盆。

これを見た時に、福建省にある客家の伝統的な建物である福建円楼を思い出した。

実際に行ったことがあるわけではないけれど、スッと直角にたった縁、シンプルな形が、この建物を思い起こさせたのだ。

茶杯と茶請けを載せた皿が乗る程度の大きさというのもいい。
by recipko2 | 2013-11-19 18:00 | Museum Piece | Comments(0)

ル・クルーゼのフォンデュ鍋と、ウッドハンドルの片手鍋

東京蚤の市で見つけた、ル・クルーゼの片手鍋。

いくつもお店があったのに、ふと視界に入ったお店が、なんだかやたらとツボに来る品物が多いなぁと思い、お店の名前を見てみると、時々WEBで購入していた奈良にあるMLP Shopだった。

中々、お店に行くことができないから、実物を見れるのがとてもうれしい。

まず最初に目に入ったのが、ル・クルーゼのフォンデュ鍋。ずっと欲しかったオレンジ。
e0062977_13572710.jpg

欲しいなぁと思っていたけれど、品物は予算内だけど送料がヨーロッパからのため倍くらいかかってしまってなどの理由で、まだ手に入れていなかった。

欲しかったオレンジが呼んでくれたのか、そこからPooleのティーポットだったり、カップだったりと欲しい物だらけ。

ふと、棚の後ろをみたら、ブリティッシュグリーンな鍋があった。

いい感じに褪色した木製の鍋の柄。そこに美しい深い緑色の鍋は、よく見るとルクルーゼで、しかも4個セットだった。

ミルクパン、16cm、20cm、24cmをぞれぞれ個々に売っている。

車じゃないし、相当重いし、一応予算もあるし・・・と考えに考えた結果、16cmと20cmを買うことにした。
e0062977_13574438.jpg

16cmは中の琺瑯加工が1cm四方くらい削れているため、破格の2500円。ありえないでしょう(笑)20cmは、6000円。これだってかなり破格だと思う。

両手に鍋を抱えて、家に帰って綺麗にすると、思っていた以上に状態がよかった。

その日は早速16cmでスープを作ったけれど、見た目も使い勝手も、仕上がりも良くて、手に入れてよかったなぁと思う。

両手鍋至上主義だったけれど、片手鍋も良いなぁと見直した。

でも、20cm以上は重くて腕がプルプルしちゃうから無理。
e0062977_1358197.jpg

by recipko2 | 2013-11-18 18:00 | Museum Piece | Comments(2)

生ハムとサーモンのマリネ

e0062977_13373472.jpg
昔からなぜかよくわからないけど、マリネが大好きだった。

高校生くらいのとき、自分の中で爆発的にヒットしていたのが、イカのマリネ(笑)

今でもマリネと聞くと、気になってしょうがないくらい好き。

オイルのおかげで野菜のカサが減るので、沢山食べることができるのも好きなところ。

生ハムとサーモンに、今日はタコもいれた。
全部そろえる必要はないし、野菜もあるものを入れればいい。

[材料]
生ハム 80g
サーモン 1パック
茹でタコ  1房
レッドオニオン
キュウリ
セロリ

※マリネ液
オリーブ油
レモン 1個(果汁を絞っておく)
塩 小さじ1/3
はちみつ 大1

[作り方]
1 生ハム、サーモンは一枚ずつはがし大きければ食べやすい大きさに切る。タコは食べやすい大きさに薄切りにする。全てをボウルに入れておく。
2 レッドオニオンは薄くスライスして水にさらして、よく水けを切る。
3 きゅうりとセロリは薄切りにする。
4 1のボウルに、オリーブ油大3~大4を加えてよく合え、レモン果汁を加えてさらに和える、塩、胡椒(適当)、蜂蜜を入れてよく合える。
5 レッドオニオン、きゅうり、セロリをいれて全体にざっくり混ぜ、冷蔵庫で30分ほど冷やして出来上がり。

※生ハムとサーモンの塩加減によって、塩は増減する。
by recipko2 | 2013-11-17 18:00 | Recipe | Comments(0)

Dior 「BLASH 746 Beige Nude」

スプレー糊、じゃなかったスプレー式下地とお粉と一緒に、カウンターで使ってもらい、仕上がりが良かったので購入したもの。

Dior  BLASH 746 Beige Nude
e0062977_13185525.jpg

今でこそ引退しましたが(?)、一時はチーク番長を張っていた手前、チーク選びには(根拠のない)自信があったわけですが、これはなんだかなぁでした。

肌になじみすぎるベージュなので、ほとんどついていない気がする。

とくに、この所ずっとクリームチークばかりを使っているので、

粉のチークの入れ方忘れちゃったよ

という感じ。

でも、確かにDiorのカウンターで肌に乗せた色味を見た時には、おお!いいなこれ!と思ったはずなのだ。

うーん・・・・
by recipko2 | 2013-11-16 18:00 | Blusher etc. | Comments(0)

バナナとイチゴのカラメルクリームのショートケーキ@Afternoon Tea TEAROOM

いつも行くアフタヌーンティーでは、時々、ほんとうに時々、メニューに載っていないケーキがある。

アフタヌーンティー式ショートケーキではなくて、1ポーションが4cm×7cmくらいの可愛らしいもの。
e0062977_11594157.jpg

スポンジの間に、カラメルを生クリームに混ぜ込んだ「カラメルクリーム」とバナナを挟み、上には、苺とバナナを載せている。

とてもシンプルだけれど、カラメルとついているだけで、クリームがとてもとても美味しく思える。

実際、いつも食べるショートケーキや、アップルパイとまた違っていて、美味しいのだ。

毎週きまった曜日にあるわけではなく、気まぐれ(というか材料の入荷によってだそう)にあるので、スタッフが説明してくださる「今日のケーキ」というのをちゃんと聞いておいた方がいい(笑)

隣の席に座った女性は、最後まで聞かずに「ショートケーキで」と言ってたので、おもわず「もう一つあるのよぅ!」と言ってあげたくなった。言わなかったけど。
by recipko2 | 2013-11-15 18:00 | AfternoonTea | Comments(0)

ソーセージとアスパラの炒め蒸し

STAUBは、材料をいれて蓋をして火にかけると、簡単でおいしくできるので便利だ。

しかも、そのまま出しても様になる。様になるどころか、簡単な料理だということを感じさせない外面の良さ。

一品欲しいけれど、時間も手間もかけたくない!なんて時にはぴったりなのである。

今日は、アスパラガスがあったので茹でずに、ソーセージと一緒に炒め蒸しにした。
e0062977_17111720.jpg

[材料]
アスパラガス 適量
ソーセージ  5本
バター 大1

[作り方]
1 アスパラガスは根元の固い部分をおとし、適当な大きさに切る。
2 ソーセージも適当な大きさに切る。
3 STAUBや蓋のできる小さ目の鍋に、オリーブ油を少しいれて中火にかけて、ソーセージを軽く炒める。
4 アスパラの根の部分をいれて、持ち上げるように全体を混ぜながら炒めて、残りのアスパラを加える。
5 塩少々、胡椒たっぷりして蓋をして2分ほど中火で蒸す。
6 ふたをとって、全体を混ぜ、また蓋をしてバターを載せて2分ほど蒸す。
7 全体を混ぜて出来上がり。

ソーセージが良いダシ替わりになる。軟らかめが好きなら、蒸し時間を長めに。
by recipko2 | 2013-11-14 18:00 | Recipe | Comments(0)

ニャーヴェトナム@新宿タカシマヤ店

ちょうど渋谷から副都心線にのったので、高島屋でフォーを食べることにした。

高島屋の13階にあるベトナム麺の店。

店はカウンターとテーブル数個があるこじんまりとしたもの。

いつもフォー・ボーを頼んでしまうけれど、今回もやはりフォー・ボーにした。しかも朝ご飯を食べそこなっていたから、フォー・ボーと、カレーのセットに、さらに春巻きまで追加した。
e0062977_19192183.jpg

さて、フォーには香菜、水菜、レモンがついている。これをフォーに入れて食べるわけだが、ちょっと物足りない。

2年くらい前まで、香菜なんて入ってたものなら、

ドクダミじゃないかっ!

と香りも味もありえなかったが、すっかり大丈夫になってしまった。

香菜は、ある日突然好きになるという話は聞いていたが、まさか自分もとわ。もちろん、香港でたくさん慣れたせいもある。

ということで、香菜をもっと入れないとなんだか物足りなくて、+50円をして追加で香菜をもらった。

投入すると、やっと「うん、これなら」という味になる(個人的には、もう少しナンプラー入れたい)。

高いけれど、ここの美味しいんだよね。優しいスープの味に、優しいフォーの食感。ツルリツルリとどんどん食べることができる。

レモン(本当はライム絞っていれたいけど)の酸味と香りも、どんどん食べたくなる一因。
by recipko2 | 2013-11-13 18:00 | Eat | Comments(0)


コスメやスキンケアや美容のこと。一生懸命あがいています。といっても最近は素敵なごみ・・・もとい日用品を買う方が多いけど。2017年も旅行に買い物に骨董市にと好きなことしまくります!


by recipko2

プロフィールを見る

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

<< お気に入りのブログ>>
Cozy's Cozy's World
映画のフェイクポスターをのせているブログ。本物かと思うほどの凄まじい出来です。

ニョニャ料理の日々

------------------------
広州
旅行口コミ情報

香港旅行・ホテルのクチコミ






*-*-*Twitterはじめました-*-*

「recipko」
で検索してみてください。

※おもに暴言。たまーに記事にする前のコスメのこととかつぶやいてます

*-*-**-*-**-*-**-*-**

https://iluquappa.stores.jp/

最新のコメント

> やまこさん 私..
by recipko2 at 18:00
> 鍵コメさん あ..
by recipko2 at 17:59
私はとても美味しかったの..
by やまこ at 19:33
> Yumijaさん ..
by recipko2 at 09:15
> るる♪さん 参..
by recipko2 at 09:14

ブログジャンル