<   2013年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ハノイで買ったもの

まずは琺瑯の鍋、2サイズ。
e0062977_22551100.jpg

e0062977_2255276.jpg

e0062977_225525.jpg

深めのボウル
e0062977_2255359.jpg

柄がもう訳わかんないカップ。
e0062977_2255381.jpg

ブルーのシリアルボウル。
e0062977_2255422.jpg

お盆。
e0062977_2255520.jpg

ランチボックス。
e0062977_2255566.jpg

e0062977_2255636.jpg

アルミの両手鍋。
e0062977_225561.jpg


と、リプトン。
e0062977_2255725.jpg



今年も一年ありがとうございました。

良いお年を!

by recipko2 | 2013-12-31 18:00 | ベトナムのこと | Comments(0)

ラウンジすごろく⑧ハノイ編 ノイバイ国際空港

ノイバイ国際空港でのチェックインは、2時間前の21:25からだった。

小さな空港の利点は、すべてが近くにあること。チェックインを終えて、出国手続きをとったらすぐに搭乗口兼免税店。

でも、まったく買うものがないラインナップだった(もちろん化粧品も高い)

ラウンジのある階にある店なんて、ほとんどやる気がなというか・・・
e0062977_1856537.jpg


ベトナムエアラインはスカイチームらしくて、ベトナムエアラインとドラゴンエア以外のじゅっぱひとからげラウンジ。
e0062977_18565470.jpg

殺風景ながら、まぁそこそこ居れるかんじ。フォーもある。
e0062977_18565520.jpg

ベトナムはイミグレのスタンプまでも可愛い。
e0062977_18565624.jpg


帰りの機内食。スープが目覚めに美味しかった。什器はなんてことない、JALの赤だったのね。
e0062977_18565739.jpg

by recipko2 | 2013-12-30 18:00 | ベトナムのこと | Comments(0)

霧と霞と湯気の街 ハノイ その10

市内での最後のご飯は気になっていた裏通りにあるお店。
e0062977_18214270.jpg

裏通りに席がある。
e0062977_18214355.jpg

鶏のフォーはもちろん、もち米を炊いた炊き込みご飯のXOI(ソイ)というご飯。
e0062977_18214482.jpg

鶏のスープをしっかり吸い込んでうまみをギュッと閉じ込めたおこわは、凄く美味しくて、持ち帰ってこなかったのが残念でならない。

ご飯の後は、ホテルの近辺をうろうろ。
e0062977_18214476.jpg

そして、憧れのチャーをすべく、そこかしこにあるお店の中から、婆ちゃんがやっていたお店にする。
e0062977_18214577.jpg

沸かしているわけではないだろうし、こんな感じなので、美味しさは期待していなかったのに、湯飲みにそそがれたお茶は、熱々で、しっかりとした緑茶だった。
番茶に似たベトナムのお茶を飲みながら、低いプラスチック椅子に座ってしまうと、それが路上であることを忘れてしまう。
e0062977_18214564.jpg

暖かいお茶があれば、そんな場所でもくつろぐことができる。居心地が良くて出発の時間ぎりぎりまでのんびりさせてもらった。

また、絶対に来よう。
by recipko2 | 2013-12-29 18:00 | ベトナムのこと | Comments(0)

霧と霞と湯気の街 ハノイ その9

興味なかったけど、出発まで時間がありまくったので、水上人形劇を見てみた。

ホアンキエム湖の西側にある水上人形劇場。
e0062977_17235034.jpg

料金は10万ドン(500円くらい?)
e0062977_17235148.jpg

中華様式な舞台で、中央はプールのようになっている。
e0062977_17235298.jpg

生歌生演奏なのをしって、俄然興味がでてきた。

沖縄民謡に似たベトナム民謡からはじまる。

はい、注ーーーー目ーーーーー!(と聞こえる)掛け声がかかり、

赤褌野郎登場。

これがどうやらこの水上人形劇の中心人物テウらしい。

その声は、どう聞いても少林寺など昔のカンフー映画に出てくる、茶楼のオヤジの声である。
e0062977_17373754.jpg


モクモクしながら龍の踊り。二匹の龍がついたり離れたりして踊るが、結構しつこい。
e0062977_17235279.jpg

次は鳳凰かと思っていたら麒麟らしい。これまた結構長い。
e0062977_17235374.jpg


クドイわっ!とツッコもうとおもったところで、場面がかわった。

腰から黒々としたナニかを突き出しながら人形が出てきたので、
な、なにーーー!?と思ってよく見ると、黒い水牛だった。
どうやらベトナムの農事のことらしい。黒と白の牛をつかって水田の土を掘り起こしているところのようだ。
e0062977_17235380.jpg

後から、植え付けをする人などでてくるが、だんだんと動きがエスカレートしてきて、ちょ、ちょっと・・・と誰か止めてもらいたいほど激しくなる。

人形が壊れるんじゃないかというほど激しい動きが終わり、場面転換。黒いビキニを穿いたマッチョなオッサン人形が出てきたと思ったら、次はオッパイ丸出しのおばちゃん人形がでてきて、変態プレイでも始まるのかと心配していたら、

まさかの合鴨農法!
e0062977_17235451.jpg

そこへ、鴨を狙う何かが登場し、それを追いやるためにビキニマッチョは、全力で頭突きをする。
そんなにせんでも・・・と心配になるくらい全力。
e0062977_17235587.jpg

合鴨を狙っていたのはシマリスかよっ!!
e0062977_17235524.jpg

そして、また

リスが合鴨を付けねらう

ビキニマッチョが全力で頭突き


という、ドリフかっ!というドタバタ劇を合計4回ほど繰り返し、
e0062977_17235614.jpg

シマリスが見事合鴨を捕まえたところで、一同あっさり引き返す。

ビキニマッチョの全力頭突きはなんだったのか?という疑問を残したまま・・・・

ちなみに、あとからこのシマリスが、キツネであることがわかった。

また場面がかわり、
e0062977_17235613.jpg

小さな漁船にのった、先ほどのビキニマッチョと、ポロリおばさん。
e0062977_1723571.jpg

ベトナムでは、カゴ(?)を使っての漁もするらしく、そのオッサンが、網を使う漁師ともに登場。
e0062977_17235788.jpg

しかしこのカゴ漁のオッサン。これまた心配になるほど全力でカゴを水面に叩きつけて捕まえようとしている。デリャッ!デリャッ!と水面に叩きつけ、労力の割にはまったく成果の上がらない漁法である。なぜかポロリおばさんを捕獲しようとしたする、お約束のドリフ的ドタバタ劇がここでも繰り広げられて、しつこいw
e0062977_17235877.jpg

やっと終わり、船に乗った偉人(?)登場。
e0062977_17235876.jpg

これはホアンキエム湖で、亀が大剣を渡す故事らしい。
e0062977_17235965.jpg

また場面がかわり、音楽団。
e0062977_1724015.jpg

そして、AKB48ならぬ、HNI8(適当)。妖精の踊りのあと四霊の踊り。
e0062977_1724021.jpg

おしまい。
e0062977_1724123.jpg

後ろでマペットを操っていた人たちの挨拶で終了。
e0062977_172418.jpg


見に行ったほうがいいと人にはお勧めはしないけれど(好き嫌いあるだろうから)、自分は毎回ハノイに行くたびに見に行ってしまうと思うくらい気に入った(笑)
by recipko2 | 2013-12-28 18:00 | ベトナムのこと | Comments(0)

霧と霞と湯気の街 ハノイ その8

今回一番気に入ったお店がここ。
e0062977_16482382.jpg

ベトナムの琺瑯製品はハイフォンというところで作られているらしく、ここはその製品と、今回ハノイでみつけて、お気に入りになったアルミ製品のブランドを取り扱っているみせだった。
e0062977_16482413.jpg

店ごと買うにはいくらあれば!?とお金にモノを言わせてしまいたいラインナップ。
e0062977_16482596.jpg

どれもこれもがツボで、とりあえずと選んで帰るのが大変だった。
e0062977_16482672.jpg

お店を後にしてうろうろとしていると、急によく知っている香りのする通り。漢方薬を扱うお店が軒を並べるこの通りは、香港を思い出させて、なんだかホッとする。
e0062977_16482773.jpg

その通りに入る手前に、ゆで卵売りのお姉さん。昨日見かけて、ゆで卵好きとしては食べたいナーと思っていた。

身振りで「ひとつください」というと、お姉さんは凄く心配そうに「本当にたべるの?大丈夫?」とでも言いたげな顔をしてきた。もう一度「ひとつくださいな」をすると、籠をおいて準備をはじめてくれる。
e0062977_16482753.jpg


バインミーと同じように、籠の中に小さなコンロをいれてアルミの鍋をかけて茹でている卵。

そう、すっかりその可能性を忘れて、普通の茹で卵だと思っていた・・・・・

ギャーーー!わーすーれーてーたーーー!

孵化寸前のアヒルの卵のゆで卵があるということをっ!

e0062977_16482817.jpg

卵をわり器に入った瞬間、後悔したけれど、もう後には引けない。せっかくおねえちゃんが作ってくれたものを食べないわけにはいかねぇっ!!!

なるべく見ないように、遠くを見ながら、

これは、鶏肉をのせたゆで卵

と自分を欺きながら、一口。

・・・・・ん、まぁ食べれないこともない←マジ

スプーンですくうと、生まれたら羽毛となってくるだろう部分ももちろんすでにできてて、うわーこれなんか口の中に残りそう!と食べてみたけど(食べたんかい)、以外にもそんなことはなかった。

パクチーどころか、ドリアンも今回食べ、さらにこれも食べれてしまうなんて、すっかりたくましくなった自分を誇らしく思っていると、
e0062977_16482968.jpg


目があって無理!

e0062977_16482978.jpg

なにか大切なものを失ってしまったかのような気持ちになりながら、ホアンキエム湖へ。
e0062977_16483018.jpg

神様ならぬ、亀様が祭られているらしい祠。
e0062977_16483194.jpg

この湖の東岸は政府機関があつまっていて、一角に高級デパートもあった。ヴィトンもくあるのにはびっくり。
e0062977_16483168.jpg

湖の見えるcafeで一休み。
e0062977_16483286.jpg

ホアンキエム湖を跡にして、ハノイ大聖堂。
e0062977_16483395.jpg

周辺は、青山のような雰囲気。
e0062977_1648332.jpg

デベソ
by recipko2 | 2013-12-27 18:00 | ベトナムのこと | Comments(2)

霧と霞と湯気の街 ハノイ その7

ハノイの朝は、練炭の香りで始まる。
まだ、夜の開けきらぬ時間。真っ暗な街にでれば、煮炊きをする練炭の香りがする。
街灯のない通りに、明かりが見えるのはフォーのお店が準備をしているから。
スープとともに入れている玉ねぎの香りだろうか、鼻をクンクンさせると、炭の香りと一緒にいい匂いがしてくるのだ。
e0062977_19204976.jpg

香りと店の明かりを頼りに、市場までの道を行くと、市場の前の通りは麺のお店であふれていた。
e0062977_19205058.jpg

e0062977_19205130.jpg

その中でも、おじさんがスープの鍋や、ごうごうと火をあげる練炭を七輪コンロにくべながら忙しくしている店があった。
e0062977_19205275.jpg

やっぱりテーブルは、プラスチック。
e0062977_19205232.jpg

頼んだのは、鶏のフォーであるフォー・ガー。
鶏のスープは、あっさりとしているのに鶏の風味が豊か。最初はそのまま、少ししたら卓上にある小さなシークァーサーみたいな柑橘を絞る。
e0062977_19205383.jpg

e0062977_19205481.jpg

食べ終わるころには、体も温まって、そして、街も明るくなっていた。
e0062977_19205572.jpg

先ほどまで、ほとんど人がいなかったのに、すっかり人が集まって今日の準備をしている。
感心するのは、お店の前に出していたものを夜はすっかり片付けて、朝また同じように並べていること。
e0062977_1920567.jpg

by recipko2 | 2013-12-26 18:00 | ベトナムのこと | Comments(2)

霧と霞と湯気の街 ハノイ その6

今回とまったホテルのコンシェルジュは、とても気が利いていた。
こちらが示した条件に、ぴったりのプランをアレンジしてくれた。

ガイドの青年と、車をチャーターして、バチャン村へ。

旧市街から車で約30分。ホン河をを超えていく。

バチャン村は、思っていたよりもこじんまりとした入り口だった。
あまりバチャン焼はそんなに興味ないしなんて思っていたが、実際に行ってみるとやはり夢中になってしまう。

ガイドの青年が案内してくれたのは、村を入ってすぐのところにあるバチャン焼センターだった。

建物最上階にある工房。
e0062977_1612043.jpg

ここでは轆轤を使い作品を製作していた。修行をはじめたばかりという風情の青年が師匠に作り方を教えてもらっていた。

バチャン焼の土は、とても美しい白灰色をしていた。
e0062977_1612145.jpg

大きな製品や作品は轆轤から作り、日常的なものは型から作るのだという。
e0062977_1612175.jpg

絵付けをする女性たち。ひとつひとつ色を手馴れた筆裁きで塗っている。
e0062977_1612253.jpg

こういう大きな作品は轆轤で作り、そして、丁寧に彫刻刃みたいなもので模様を刻んでいる。
e0062977_1612373.jpg

どうやら画像や写真を持っていくと、お皿などに焼き付けてくれるらしい。

水上交通が意味不明だが、おそらく船便で送りますってことか?
e0062977_1612379.jpg

こんなの焼いていいのか?
e0062977_16124100.jpg

バチャン村は、さまざまな陶器店があるのだけど、
e0062977_1612528.jpg

イマイチわからず、最初にはいったバチャン焼センターで買い物することにする。
e0062977_1612552.jpg

ちなみにこれは、村の中にある古い中華様式の建物で古い陶器を展示しているのだけど、昔の魚柄があった。
e0062977_1612678.jpg

バチャン焼センターでは、買ったものをこんな可愛らしい籠袋へいれてくれる。
e0062977_1612731.jpg

さて、今回買ったもの。バチャン焼のティーセット。これ、45ドルだかで、ベトナムの物価からするとめちゃくちゃ高い。でもやはり可愛くて買ってしまった。伝統的な柄の、蓮柄と、デイジー柄があるけれど、これは蓮の柄で。
e0062977_1612743.jpg

レンゲは、蓮とデイジーの両方で。
e0062977_161281.jpg

小さめのお椀は、フォーを入れるのに。
e0062977_1612851.jpg

四角いお皿。
e0062977_1612997.jpg

これは藍色と蓮のピンク色が気に入ったプレート。
e0062977_1613086.jpg

砂糖や調味料入れ。

中にも蓮が書かれている。
e0062977_1613067.jpg

by recipko2 | 2013-12-25 18:00 | ベトナムのこと | Comments(2)

霧と霞と湯気の街 ハノイ その5

いわゆる、日本で食べれるバインミーは、どうやらホーチミンなど南のスタイルの様である。

ハノイのバインミーは、もちろんパテもあるけれど、卵焼きのバインミーがどこでも出ていた。
美味しそうだったので、籠で売っているバインミーやさんを呼び止めて作ってもらう。

おもむろに籠を下ろすと、一つの籠には、簡易コンロ。火をつけてフライパンを載せてオイルを入れる。
e0062977_2018111.jpg

プラスチックカップの中に香菜を刻んだものやネギをいれて、卵を二つよく溶きほぐす。
e0062977_2018972.jpg

オムレツみたいにフライパンの中でかき混ぜたりせず、そのままじっくり焼いている。その間、ハサミでバインミー用のフランスパンに切れ目をいれる。
e0062977_20191380.jpg

じっくり焼いてから、ひっくり返す。
e0062977_20192452.jpg

焼けた卵焼きを半分にきって、さらにジュージューと焼きをいれる。
e0062977_20194180.jpg

それからパンにはさんで、パンごとフライパンに戻して、残りのオイルをパンに含ませるかのように押し付けながら焼き続ける。
e0062977_20195747.jpg

出来上がり。味がついていないようで、しっかりと柔らかく味がついていて、パンは外側はサクッとして、中は潰れているのにふんわり。
e0062977_20193941.jpg

by recipko2 | 2013-12-24 18:00 | ベトナムのこと | Comments(0)

霧と霞と湯気の街 ハノイ その4

Hang Thiecの通りは、業務用調理器具の通りだ。
e0062977_19595690.jpg

ブリキやステンレス、アルミなどの製品を売っている。

特にステンレスとブリキは、自作している店が殆どで、フォーの店などでよく見かけるケースや、棚なども、注文に応じて作っているようだ。
e0062977_19592792.jpg



これを見た時に、どうやって持って帰るか算段している自分が怖い。
by recipko2 | 2013-12-23 18:00 | ベトナムのこと | Comments(0)

霧と霞と湯気の街 ハノイ その3

何故こんなに街並みがかわいいのだろう。

擦り切れた中央線が残っている道路を、両天秤の後ろ姿。
e0062977_19201629.jpg


フランス統治時代の名残のようなファサートの建物。
e0062977_192079.jpg


時々現れる中華様式な寺院というか祠。
e0062977_19212074.jpg

フォーの店なのに、まるで映画の中のような雰囲気を出している。
e0062977_19203142.jpg

街路樹とともにランタンがゆれ、
e0062977_1921399.jpg

路地の水たまりで郷愁に駆られて、
e0062977_19221519.jpg

懐かしさとともに、今が溶け込む。
e0062977_19224241.jpg

社会主義国家であることを思い出させるけれど、なんだかクスリと微笑ましくもある。
e0062977_19254753.jpg

慌ただしさと背中合わせに、
e0062977_19264518.jpg

ゆったりと時間は流れる。
e0062977_1927143.jpg

by recipko2 | 2013-12-22 18:00 | ベトナムのこと | Comments(0)


コスメやスキンケアや美容のこと。一生懸命あがいています。といっても最近は素敵なごみ・・・もとい日用品を買う方が多いけど。2017年も旅行に買い物に骨董市にと好きなことしまくります!


by recipko2

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

<< お気に入りのブログ>>
Cozy's Cozy's World
映画のフェイクポスターをのせているブログ。本物かと思うほどの凄まじい出来です。

ニョニャ料理の日々

------------------------
広州
旅行口コミ情報

香港旅行・ホテルのクチコミ






*-*-*Twitterはじめました-*-*

「recipko」
で検索してみてください。

※おもに暴言。たまーに記事にする前のコスメのこととかつぶやいてます

*-*-**-*-**-*-**-*-**

https://iluquappa.stores.jp/

最新のコメント

相変わらずのお宝探しの名..
by やす姉 at 06:46
お~っ、お久しぶりでござ..
by Yumija at 22:55
> Yumijaさん ..
by recipko2 at 16:34
お久しぶりです☆ 素敵..
by Yumija at 21:36
> もりもりみつみつさん..
by recipko2 at 15:55

ブログジャンル