<   2014年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

アパカ麻のカゴバッグ@マーガレット・ハウエル

かなり前から出していたけれど、当時の自分はこういうバッグよりも、ヴィトンやエルメスやクロエが好きだったので興味なく、香港から帰国してきた2012年の春のコレクションで急に気になったもの。

まだまだ寒かった2月。最寄駅を降りると、50歳後半の女性が草色のカゴバッグをもっていて、ものすごく心を鷲掴みにされた。そのカゴバッグをみてすぐに「マーガレット・ハウエルのだ!」と直感。

H&MとMARNIのコラボを購入しに新宿に行き、その後で神南店にいく(たしかアナタスさんと一緒に行った覚えが・・・・)と、思っていたカゴバッグが、2012年SSのHOUSEHOLDS GOODSのコレクションとして出ていた。

この時のカゴバッグは、少しだけ雲がかかったようなブルー。最初はアパカ麻が固くて、円筒形を崩すのも大変だったけれど、使い込んでいくうちに柔らかくなり、すっかりお気に入りになっていた。

次に、白のラインがはいったカゴバッグが出た。もちろんこれもお気に入りで、白のラインが入ることで、明るく春夏にぴったり(でも秋冬だって平気)。

そして、2013年、大阪の阪急百貨店に入っているHOUSEHOLDS GOODSのお店で先行で秋冬のプロダクトを展示するとしって見に行った時に、新しく出ていた碧がかったグレーのカゴバッグを手に入れた。

この色が素晴らしくて、明るめでもダークでも、どちらの色目の服と合わせてもぴったり。一番お気に入りの色だ。

そして、2014年の今シーズンは、ややラベンダーがかったグレーが出ていた。

手作りだから、微妙に一つ一つの形が違って、特に持ち手のところは作り手の個性が出ている。ひねるのが好きな人、ひねりが少ない人。アパカ麻の色も同じものが一つとしてないので、選ぶときにすごく悩む。

特に、いくつか在庫がある場合、見比べるのだけど、形はこっちで色はあっち。なんていうことが必ず起こる。一応全部見て悩むのだが、結局一番最初に目に入った奴を選ぶのが良いみたいだ。

これまでの4つのカゴバッグ。
e0062977_1354079.jpg

左から、2012年、2013年の白いラインが入ったもの、2013年の碧がかったグレー、2014年のラベンダーがかったグレー。


一番最初に買ったものは持ち手が切れてしまったので、今は部屋でおやつ入れになっている。
by recipko2 | 2014-03-26 18:00 | Vogue | Comments(0)

茹で野菜

朝の時間帯に、JALのラウンジで提供されている茹で野菜(ほにゃららドレッシング添え)。

野菜をただ茹でてあるだけなんだけど、茹で方がなかなかツボで、午前便をあまり使わないけれど使う時はひそかに楽しみにしている。

季節によって変わると思うが、ニンジン、大根、ブロッコリーあたりは必ずある。あとは、アスパラガスだったり、かぼちゃだったり、カブだったりといろいろだ。

一番気に入っているのが大根。あと、ニンジンは最後の一噛み分をのこし絶妙な茹で加減なところ。その他の野菜も冷凍ではないから、歯ごたえと風味が楽しめる。

家で作る時は、もっと好きな野菜をぶちこみたい。そして、これはJALで食べた茹で野菜に感銘を受けて作るものなので、

ディップするソースは一切凝らずに、だまってキューピードレッシングに任せろ!
(いや、作ってもいいんだけど面倒くさい)

そもそも、おいしい塩とオリーブ油をぶっかけておけばおいしいから、そんなこと(=ディップソース)に凝っている時間があるなら、真剣勝負で茹でたいのである。

茹で加減は、好みがあるが、ほんのりと歯ごたえが残る程度に茹でるのが望ましい。クッタクタに茹でるよりも、半生のほうが美味しいと思うから。


これにかけるのは、キューピーのクリーミィ野菜ドレッシングと1000アイランドドレッシングのブレンド。

e0062977_12473040.jpg


[材料]
ニンジン 1本
大根 10cm
サツマイモ 1/2本
ブロッコリー 1/2株
アスパラガス  3本
スナップエンドウ 10本



[作り方]
1 ニンジン、サツマイモは縦半分に切ってから、指の太さくらいの乱切り。大根は1.5cm位の太さにする。ブロッコリーは小房にわける。アスパラガスは5cm位に切る。スナップエンドウは筋を取っておく。
2 鍋(フライパンでも)にたっぷりの湯を沸かし、沸騰したら塩を2つまみほどいれる。
3 サツマイモをいれる。4分経ったらニンジンと大根をいれる。さらに4分たったらブロッコリー、1分経ったらアスパラガス、スナップエンドウをいれて2分茹でる。(トータル11分から12分茹でる)
4 ザルにとって水けをきって器に盛る。
5 好きなソース(ドレッシング)をかけて出来上がり。
by recipko2 | 2014-03-22 18:00 | Recipe | Comments(0)

平野日奈子さんのぐい飲み

(バッチャン焼きだけど)安南焼のポットを手に入れてから、お茶の時間がさらに楽しくなった。

紅茶の時は、PooleやWoods、オールドホールのティーポットや器を使い、中国大陸や台湾や日本茶の時は、茶壺や蓋碗など中国茶の為に集めている茶器を使う。

ここにハノイでだったベトナムのお茶も加わり、安南焼の筒型ティーポットが活躍している。

龍井茶は別にして、台湾茶や日本茶はお湯を入れっぱなしにしておくよりも、1回1回きちんと出し切った方が味と香りもいいから、小さい茶器が便利で、茶壺に多めに湯が入ったとしても出し切りたいから、茶海にいったんすべて出し切る。、そこから杯へ飲むたびに注ぎ、1杯の量も少量という飲み方だから、自然、飲むための道具が多くなってくる。

ベトナムのお茶は香りよりも味がしっかりしているタイプなので、多めにお湯を入れておいた方が美味しいように感じる。たぶん、それは、最初にこのお茶を飲んだ時の入れ方に影響されていると思うけど。

ほどほどの量の茶葉をいれ、お湯を注ぎ、湯呑みにすべて入れずに、そのままにしておく。このベトナムのお茶を楽しむ時間には、ポットと湯呑みという2種類の道具があれば事足りてしまう(ポットウォーマーもあればなおよし)。

となると、飲むための湯呑みをその時の気分で選ぶのが楽しい。きっと、日本酒が好きな人もこんな気持ちなんじゃなかろうか。

普通のガラスのコップや、小さ目のデミタスコーヒーのカップ、ゆで卵用のエッグカップも丁度良かったりする。

ついこの間、よくいく雑貨店で、発掘された遺跡に描かれた壁画みたいなカップを見つけた。

e0062977_12445366.jpg


平野日奈子さんのぐい飲みは、象嵌という技法をつかい描かれている。

キウィ?と思っていたら、ホロホロ鳥だそうで、アフリカで見た動物たちをモチーフにしているのだという。

その磨かれていない大理石のような、そのザラりとした質感がすごく素敵で、ベトナムのお茶を飲む時に一番使っている。
by recipko2 | 2014-03-21 18:00 | Householdgoods | Comments(0)

レモングラス風味の揚げ魚 Cá muối xả chiên

何故か香港で目覚めたタイ料理。

いつも行く美味しいタイ料理屋で、必ず頼むのが魚のグリル。

岩塩包みか!?ってくらい塩をまぶした魚を焼いたもの。その美味しさの秘密はおなかの中にたっぷりのレモングラスを入れておくこと。

ハーブティーが飲めないので、レモングラスというとどうも倦厭していたが、料理に使うとこんなにも美味しいのかと見直し(お茶は飲めないけど)、冷凍庫には常に10本以上ストックしてある。

食文化が似ているタイとベトナム南部だから、もちろん似たようなメニューがある。

ベトナム料理の方が、もっともっと簡単で手軽。そしてアジよりもイワシで作るのが好きだ。サンマでも美味しいと思う。
e0062977_12455465.jpg



[材料]
イワシ 4匹分

レモングラス 2本
塩 小1
粉唐辛子(または一味) 小1/4 ※辛いのが好きなら量を増やす

油 100cc

[作り方]
1 レモングラスはみじん切りにして、塩と、粉唐辛子をよく混ぜておく。
2 イワシは頭とはらわたを取ってよく洗い、水けをふき取ったあとで、1をお腹の中と表面にたっぷりと擦りこみ、30分以上置いておく。
3 フライパンにたっぷりの油をいれて中火にし、低温の状態で2のイワシを静かにいれる。
4 中火で両面を揚げ焼きにして出来上がり。


※食べる時に、ベトナムレモン(スダチとかでも)を搾ってもいい。
by recipko2 | 2014-03-20 18:00 | Recipe | Comments(0)

魚のすっぱいスープ Canh Chua Cá(カインチュア・カー)

相変わらず、自分の中でベトナム料理ブームは続いている。

シンプルな作り方で、素材の持つ味をいかし、野菜もたくさん取れ、お米にぴったりなベトナム料理は、日本人にとても合うと思う。

この日つくったのは、カインチュアという酸味のあるスープ。具によってカインチュア〇〇となるようだけど、この日は魚にしたので、カインチュア・カー。

作り方もいろいろあるが、本当にシンプルに、魚から出汁をとりトマトを入れて終わり。

どの国の料理も、その国で食べる以上に美味しく作ってしまう日本人だけれど、取り合わせについて「えー!そんな組み合わせ!?」という意外性を持っていない。一つのことやモノをとことん探究する、オタク心がすごくいいところだと思う。

でも、時々外を見ると、「おおお!!!!」組み合わせの自由奔放さに出会い感動する。

この料理も、考えてみればアリな組み合わせだけれど、小さい時から食べている日本食では、少なくとも我が家ではお目見えしたことがなくて、目からうろこ。

魚のメインの身部分は必要なくて、アラで十分美味しい。

この日は、鯛をお頭を使った。身部分じゃなくていいから、少し奮発して天然モノの鯛にした。

鯛(のお頭)をよく洗って水気をふき取り、ヌクマムを振りかけておく。お鍋に、トマトといっしょにいれて、水をたっぷり。

煮えたら、塩コショウで味を調えて、ネギと香菜をたっぷり入れる。

鯛のお頭は大きいから食べ甲斐もあって、食欲がないお昼にもいいと思う。
e0062977_12425696.jpg


[材料]
鯛のお頭(半分に割ったもの) 1匹分
トマト 中2個
万能ネギ 3本
香菜 1株

ヌクマム 大1

塩・胡椒(適当)

[作り方]
1 魚の入る鍋を用意しておく。
2 鯛のお頭は鱗など確認し残っていたら取っておく。よく洗って水けをふき取り、1の鍋にいれてヌクマムを振りかけておく。
3 トマトはヘタをとり、一口大(適当に)に切り、2に加える。万能ねぎは斜め切り、香菜は3cm幅ほどのざく切りにしておく。
4 トマトを加えた2の鍋に、水を1リットルほどいれて、強めの中火にかける。
5 時々アクをすくって、20分ほど煮る。
6 味をみて、塩・胡椒をして、ネギと香菜を加えてひと煮立ちさせできあがり。

※食べる時に、ベトナムレモン(スダチとかでも)を搾ってもいい。
by recipko2 | 2014-03-19 18:00 | Recipe | Comments(0)

3月の花 ミモザ

お花を活けてから、もって1週間くらいかなぁと考えていたのに、実際は半月以上持ってくれている。それどころか、蕾の状態で買ってきたものなら、徐々に花が開き始めたりして、なんだかうれしい。

春の花というと、つい、チューリップを選んでしまうのだけど、なるべく違う物で、その季節らしい花を選びたい。

花屋の店先に、目を引く黄色いほわほわしたミモザがあった。

枝物はチョット難しいかな?と思ったけれど、そのひよこみたいな黄色とかわいらしい姿に抗いがたく、今回の花に選んでみた。
e0062977_12434395.jpg

ミモザだけでもいいのだけど、ちょっとつまらないかなぁと、緑のてまり草と、白のスイートピーをいれ、ちょっとアクセントにアイビーをいれてみた。

まっすぐ立てていけたかったけれど、花器の形とミモザの重さではちょっと難しくて斜めに。そうなると全体的に色を散らすのはチョット変だから、ミモザと、てまり草と、スイートピーをそれぞれ固めて活けてみた。
e0062977_12434779.jpg

花器にしたのは、西山芳浩さんのガラスのピッチャー。
by recipko2 | 2014-03-18 18:00 | other | Comments(0)

ハノイで買ったもの

今回ハノイで買ってきたのは、相変わらずなもの。


青いラインが可愛い、STM(SAT TRANG MEN)の琺瑯バット。
e0062977_2242113.jpg



前回、一番大きいサイズを購入し、とても便利だった長方形のアルミバットの中と小サイズ。
e0062977_224248.jpg


アルミだろうと、琺瑯だろうと、バットは何枚あってもいい(という理由で買う)。

アルミの鍋、小さいサイズは16cm、大きい方は20cm。
e0062977_224262.jpg


アルミの小さなタライ。
e0062977_2242935.jpg


アルミの匙。
e0062977_2243175.jpg


琺瑯のプレート。
e0062977_2243370.jpg


アルミの水切りタライ。
e0062977_2243651.jpg


この日は、テト(旧正月)開けだったせいか、お店の在庫が前回の半分くらいだった。



[買ったお店]
Đại lý Nhôm Hải Phòng
by recipko2 | 2014-03-17 18:00 | Việt Nam | Comments(0)

ミックスフルーツのチェー

ハノイでおやつの時に食べたチェーが、美味しかった。

そのままでも美味しい果物を、小さな一口大にカットして、コンデンスミルクとココナツミルクをかけて、別添えできたクラッシュアイスを載せて食べる。

寒かったので氷は載せずにそのまま食べた。

普通でも美味しい果物だから、まずいなんてありえず、コンデンスミルクの甘さが歩き疲れて休んでいるときにちょうどよかった、

ココナツミルクもいいけれど、エバミルクも良いなと思っているので、家で作る時は、その時に食べたい気分の方をかける。
e0062977_14573245.jpg


[材料]
イチゴ 10粒
リンゴ 1個
キウイ 2個
オレンジ 1個

コンデンスミルク
エバミルク 又は ココナツミルク

[作り方]
1 オレンジは皮を剥いて、中心を避けて半分に切ったあとで食べやすい大きさに切る。
残りの中心が残った半分は中心部分を切り落として、食べやすい大きさに切る。
これをまずボウルに入れる。果汁が出ているくらいでちょうど良い。
2 リンゴは櫛切りにして、一口大に切る。皮は残しても残さなくても。ボウルにいれてオレンジと合えておく。
3 キウイは皮を剥いて、食べやすい大きさに切る。
4 イチゴはヘタを切り落として、半分または4等分にする。
5 キウイとイチゴも2のボウルにいれて、全体を混ぜて、器に好みの量をいれる。
6 エバミルクをスプーン大1(または好みの量)をかける。
7 エバミルクを大1かける。
8 クラッシュした氷を載せて出来上がり。
by recipko2 | 2014-03-16 18:00 | Recipe | Comments(0)

タンロン水上人形劇

e0062977_222322.jpg


前回いって大好きになった水上人形劇。今回はボングセンではなく、有名どころのタンロン水上人形劇場で見ることにした。
e0062977_2223769.jpg


大きさは同じか少し小さいように感じる。

こちらでも楽団がいて生演奏だ。
e0062977_2224018.jpg

テウが出てきて始まるのは一緒だけれど(あたりまえか)、曲が全然違うっ!なんかこちらはチョット暗め。
e0062977_2224196.jpg




話の内容というか順番も微妙に違っており、なんか人形もちょっと微妙だった・・・・
e0062977_2223534.jpg


ボングセンに観に行けばよかった・・・・・
by recipko2 | 2014-03-15 18:00 | Việt Nam | Comments(0)

筍とサルシッチャのソイソースパスタ@Afternoontea Tearoom

e0062977_15321591.jpg


昨年でていた「筍と小柱のソイソースパスタ」。今年は小柱からサルシッチャに替えて再度ソイソースパスタ。

今年の方が美味しいと思う。

サルシッチャがソースを吸って、肉汁のうま味とともに食べれるからだろうか。筍も昨年の様に缶ぽさが気にならずに、歯ごたえを楽しめる。

ただ、毎回食べたいとは思わずに、サラダサンドや、モッツァレラのトマトソースパスタ、豚とエリンギのパスタを選んでしまう。イマイチ萌えないのである。


自分で作るなら、サルシッチャと、柔らかい春キャベツ、上にはサラダセロリではなくてチャービルとミントをたっぷり合わせるかな。
by recipko2 | 2014-03-14 18:00 | AfternoonTea | Comments(0)


コスメやスキンケアや美容のこと。一生懸命あがいています。といっても最近は素敵なごみ・・・もとい日用品を買う方が多いけど。2017年も旅行に買い物に骨董市にと好きなことしまくります!


by recipko2

プロフィールを見る

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

<< お気に入りのブログ>>
Cozy's Cozy's World
映画のフェイクポスターをのせているブログ。本物かと思うほどの凄まじい出来です。

ニョニャ料理の日々

------------------------
広州
旅行口コミ情報

香港旅行・ホテルのクチコミ






*-*-*Twitterはじめました-*-*

「recipko」
で検索してみてください。

※おもに暴言。たまーに記事にする前のコスメのこととかつぶやいてます

*-*-**-*-**-*-**-*-**

https://iluquappa.stores.jp/

最新のコメント

> やまこさん 私..
by recipko2 at 18:00
> 鍵コメさん あ..
by recipko2 at 17:59
私はとても美味しかったの..
by やまこ at 19:33
> Yumijaさん ..
by recipko2 at 09:15
> るる♪さん 参..
by recipko2 at 09:14

ブログジャンル