<   2014年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

カラメル色の馬拉糕(マーラーカオ)

大根餅を香港で食べるときに「蘿葡糕(ろーばっこう)」と言って頼んでいるけれど、なぜマーラーカオになるんだろうか。

これはやはり九龍(カオルーン)がクーロンになってしまうようなものだろうか。

などとどうでもいいことを考えながら、上環街市の星星小菜で飲茶をしていた。

ここのマーラーカオは、ふわふわで、色も濃い目、味は甘すぎずで個人的に一番おいしいと思っているマーラーカオ。

外賣にして日本に持って帰ってきたけれど、帰ってきて冷たくなっても美味しくて、急にマーラーカオに目覚めさせてくれた逸品。

自分で作ってみようとトライをしてみた。

まずは手元にあった糖朝のレシピで作ってみる。

これはたっぷりのエバミルク、カスタードパウダー、小麦粉と強力粉のブレンド、ベーキングパウダーと重曹を両方利用、サラダ油とバターを使った。

かなり大きな蒸籠で、かなり大きなものが完成した。
e0062977_10272081.jpg


見た目大満足で味も悪くない。でも、ものすっごく乳臭いのと、ずっしりと重くて、これは私が思い描いているマーラーカオではない!

で、考えた。上環街市(市場)の上にあるフードコートの店が、こんなに材料に手間かけてつくるか?と。

毎日作るものとはいえ、在庫になるのはやはり避けたいだろうから、ほかの料理とも使いまわしができるものになると思う。

エバミルクは香港だと手軽に手に入るとして、カスタードパウダーなんか使わんだろー。

と、いろいろと淘汰していってすごくシンプルにしたレシピで試作してみる(いろいろとあると計るのの面倒だし)と、これが大成功だった。

分量の半分はサラダ油をいれて、半分はなしで。なしのほうが結果的には、星星小菜のマーラーカオに近かったから、なしで行く。

黒糖を使うレシピが多いけれど、私は断然カラメルで作りたい。このカラメルが大成功でとってもらしい色になったと思う。

香港の徳昌森記蒸籠の蒸籠をそのまま型にして蒸す。
e0062977_7324676.jpg

e0062977_7325115.jpg


さましてそのままでもいいけれど、少しまた蒸すとよりおいしい。
e0062977_7325435.jpg



[材料]直径16cmの蒸籠約2個分
卵 3個
小麦粉 100g
砂糖 100g
スキムミルク 大3
ベーキングパウダー 大1

クッキングシート

[作り方]
1 蒸籠の内側合わせるようにクッキングシートを敷く。高さは縁の高さまでで大丈夫。
2 蒸籠の大きさにあった鍋に、たっぷりと水をいれて火にかけて蒸せる用意。
3 カラメルを作る。材料の砂糖の分量から大さじ5~6程度と水大1を琺瑯などの小鍋にいれて中強火にかける。
4 しばらくして砂糖がとけて褐色のカラメルになったら火をとめて、水大匙3~4入れ緩々にしておき冷ます(冷めても固まらない程度にする)。
5 ボウルに卵を割りよくほぐし、砂糖、スキムミルクを加えてよく混ぜる。
6 5のボウルに冷めた4のカラメルを加えてさらによく混ぜる。
7 小麦粉とベーキングパウダーを6に加えてよく混ぜる。混ざった後の生地はトロトロな状態くらいがいい。
8 準備しておいた1の蒸籠に縁から1.5cm下まで生地をいれる。
9 沸騰した2の鍋の上に載せて、蒸籠のふたをして強火で12分蒸す。
10 12分たったら竹串をさし、生地がついてこなければ出来上がり。ついてくるようならもう3分ほど蒸す。
11 蒸したてを食べてもいいし、蒸籠から外してケーキクーラーなどにクッキングシートごとおいて少し冷まして食べてもよい。

※蒸し時間は様子を見ながら、少し長めに蒸している。
※卵は泡立てる必要はなし。ただしよく割りほぐすこと。
※カラメルにする砂糖の分量は適当に。
※もしカラメルが少し硬めで、かつ冷ましきらずにいれてしまうと生地の中で固まってしまうが、そのまま作ると、蒸しあがった後にカラメルの層ができる。
by recipko2 | 2014-05-31 18:00 | Recipe | Comments(0)

シュリデヴィがやってきた!~「マダム・イン・ニューヨーク」(English Vinglish) ジャパン プレミア~

にわかインド映画ファンの私ですが、以前に記事にしたEnglish Vinglishの日本公開がきまった。

インド エイガ ノ ススメ ソノ四 - English Vinglish -


邦題は「マダム・イン・ニューヨーク」。

最初聞いたときは「なんじゃそりゃ!」と思ったけれど、慣れてしまえばこんなものかという感じ。

6月28日からシネスイッチ銀座などで全国ロードショーなわけですが、去年の作品ではないし特に何もせずにロードショーかなぁと思ってた。

去年の夏に行われた映画祭でガウリ・シンデー監督が来日していたので、まだまだハリウッド映画ほどの集客力がないインド映画では、それでもいいほうかなーとは思っていた。

これまで、ボリウッド作品を日本で公開する際に、主演俳優や女優を呼んでプレミアをしたいと、インド側にその旨のオファーをしても、スルーされるか鼻で笑われるかのどちらかで実現したことがない。
(映画祭とかは違うけど)

が、何が起こったのか、急にアジア圏でのポテンシャルに気が付いたのか、「マダム・イン・ニューヨーク」主演のシュリデヴィが、ジャパンプレミアのために来日するという!

そこらの端役ではなく、インド歴代No.1女優が来日なんて、史上初の快挙!!!

と、いうことでインド大使館で行われたジャパンプレミアに行ってきた。←どんな小ズルい手を使ったんだ!?

午後3時から、靖国神社のほぼ向かいにあるインド大使館で始まった。
e0062977_743563.jpg

会場前のざわめき。基本的にマスコミ向けのためいろいろと人がいるけれど、だれがだれだかわからん(笑)

インド映画といえばこの方っ!な松岡環さんもいらっしゃってます。
e0062977_74336.jpg


インド大使館内の施設。立派なステージ。
e0062977_743624.jpg


今回の司会は、貴乃花部屋のおかみさんでもある花田景子さん
e0062977_74399.jpg


映画をみてとても感動して、ぜひプレミアがあるときには司会をさせてほしい!と言ってくださったそうな。
e0062977_753696.jpg

さすがにフジテレビ時代の華はないけれど、また違う落ち着いた美しさがあるなと思った。

そしてそして、シュリデヴィ登場!
e0062977_751247.jpg



か、顔が小っちえぇぇぇぇ~~~!!
e0062977_75158.jpg

e0062977_75181.jpg


頭がというよりも顔が小さくて10頭身に見える恐ろしさ。身長自体はそんなに高くないと思うんだけど。
e0062977_752167.jpg

花田さんだって、一般人に比べたら顔小さいのに、さらに小さくてそして普通の人よりも目が大きい。
e0062977_752351.jpg

同じ人間とは思えない(笑)
e0062977_75278.jpg

ゴールドのサリーに身を包んだシュリデヴィは、昨日到着したばかりで疲れているだろうに、そんなところは見せずに笑顔。


こっちお願いしまーす!
e0062977_753026.jpg


正面もお願いしまーす!
e0062977_753330.jpg


マスコミによる質問が終わっていったん記者会見は終了。

次は、トークショーがあるらしい。いったん下がるシュリデヴィ。

で、再度出てきたときは、トークショー用に美しい赤いドレス。
e0062977_753933.jpg


配給側はそのままでもいいですよと伝えたそうだが、シュリデヴィ本人が着替えたほうがいいと提案してのお召かえだそう(と話していたのを聞いた)。

e0062977_754213.jpg

やっぱりスターというのはわかってるんだなぁ。
e0062977_754592.jpg

e0062977_75488.jpg


駐日インド大使と、なぜかアグネス・チャン
e0062977_755133.jpg

そして、シュリデヴィへの花束贈呈は、スペシャルゲストは安倍首相夫人昭恵さん
e0062977_755450.jpg

e0062977_755743.jpg

今年の1月にインドへ行った際に、インド側は日本映画をリスペクトするイベントを行ってくださり、その際に花束を贈ってもらったのだそう。
e0062977_76071.jpg

今回は、そのお返しにと、インド歴代No.1女優のシュリデヴィにぜひ花束をということで、プレミアへの来賓となったそうだ。
e0062977_76480.jpg


花束贈呈後は、昭恵さんとインド大使は客席側に座り、シュリデヴィとアグネス・チャン(なんで?)、花田景子さんの3人でトークショー。
e0062977_76766.jpg



トークショーの内容は、特にいいです(おい!)。


「旦那さんのこんなところに惚れた」
いろいろとあるけれど、どんなに忙しくても仕事のストレスを家に持ち帰らないところ。

「主人公のシャシが「私が料理上手じゃなかったら帰ってもこないわね」というように、旦那さんは私のこんなところに惚れた」
これは絶対に主人には聞けないわね、だって私料理下手だから(笑)

「映画の主人公シャシのように「チャイくれ!」といわれる?」
私のほうがいつも遅く起きてしまうので、チャイをいれてくれる?と頼むのは私なの。

「旦那さんからもらったもので一番サプライズなものは?」
サプライズではないけれど、一番の贈り物は娘二人ですね。

とこんな感じ。

トークショーがいったん終わって、最後は映画の試写。その前にラドゥを配ってブレイク。
e0062977_761389.jpg


昭恵さんも一緒にラドゥを食べていました。そして席に戻って上映を待ってるところ。
e0062977_76108.jpg


最後まで(本当に最後の最後まで)見ていて、笑顔で帰ってゆかれました(手には「貴乃花」と書かれた袋がw)。

で、映画本編といえば、もともと大好きな映画なので、何も言うことはない。


が、日本語字幕がついたこの映画、やっぱりさらにいい!

じつは、日本公開版は、インド編やほかの国で公開されたものと実はちょっと違う。

シャシがヒンディーで話すところは英語字幕がついているけれど、ローランの話すフランス語部分は監督の意向もあって英語字幕が入らずにフランス語で話すだけ。

なので、本国DVDの英語字幕では、ローランがシャシに何を言っているのかフランス語のわかる単語でしか意味がわからなかった。

が、日本版ではこのフランス語部分も翻訳して字幕で入れているので、お互いが通じない言語でかみ合わない会話をしているのに、その場で感じる雰囲気はかみ合っているのがよくわかって、より映画が楽しめる。

ポスターの絵にしても、こういった訳一つにしても、日本だけの要素が大きくて、それも楽しみなところ。
by recipko2 | 2014-05-30 18:00 | Cinema | Comments(1)

靖国神社

九段にあるインド大使館へ行く前に、靖国神社へ参拝に向かった。
e0062977_6593013.jpg


実は靖国神社に参拝するのは初めて。
e0062977_6593232.jpg



時間があまりなく、本当に参拝だけで終わってしまった・・・・
e0062977_6593538.jpg



皆さんが守ったものを守れるようにがんばります。
by recipko2 | 2014-05-29 18:00 | other | Comments(0)

宇治金時@虎屋茶寮

e0062977_6593416.jpg

今年2回目。

今回は小サイズにした。

やはりこれがちょうどよいサイズ。
by recipko2 | 2014-05-28 18:00 | Eat | Comments(0)

ミスドの空輸

香港での手土産に、一番喜ばれるもの。

人それぞれいろいろあるだろうけど、ミスタードーナツはかなり喜ばれる。

在住時に日本へ一時帰国する時ももちろん大量に買って帰った。

ただ、問題は空港内にミスドがないこと。

羽田発の香港便は10時発なので、微妙にOPENを待っていては間に合わない。

それなら!と少し早めにいって、チェックインの後に、最寄のミスドに行ってみることにした。

羽田空港国際線でチェックインをすませ、身軽になる。

そのまま京急の乗り場にむかう。
e0062977_6562083.jpg


のります。
e0062977_6562965.jpg


糀谷駅で下車し、中央口をでたらそのまま商店街を抜ける。
e0062977_6563337.jpg


ミスタードーナツ糀谷駅前店。
e0062977_656377.jpg


買います。
e0062977_6564036.jpg


買ったらさっさと糀谷駅に戻り、
e0062977_6564399.jpg


空輸します。
e0062977_6564629.jpg


往復の所要時間は30分くらい。難点はアサイチのため種類が全部ないところ。
by recipko2 | 2014-05-27 18:00 | Eat | Comments(4)

ラウンジすごろく10 羽田空港 JALサクララウンジ スカイビュー

前回行ったのは、羽田空港の拡張直前だった。

拡張を終えた羽田空港国際線は初めてである。

リムジンバスからの眺めも、これまでなかった右側(第一、第二ターミナルからくると)に新しく建物ができていた。

すでにあるJALラウンジは、搭乗口112の向かい側に上り口があるのだが、新しくできたラウンジは、搭乗口114のそばにある。

搭乗口114までがこれまであったけれど、拡幅されてここから先ができていた。
e0062977_15583918.jpg


拡幅された手前には、税関のコーナー。地味にかわいくて好きな税関のキャラクターカスタム君
e0062977_15583623.jpg

ゴンタ・・・・じゃなかった、ちょっとどこかで見たことがある風貌。

エスカレーターをあがると4階は、ANAの新しいラウンジ。
e0062977_15585080.jpg

もう1階あたった5階にJALサクララウンジ スカイビューがある。
e0062977_15584157.jpg



ラウンジ内の雰囲気は、前よりも落ち着いていてよい。
e0062977_15584472.jpg

小山薫堂プロデュースってのはどうでもいいけど。

成田空港は、さくらラウンジと、ファーストクラスラウンジが入り口でわかれるので、ファースト乗る人には特別感があるけれど、羽田空港では、さくらラウンジの奥にファーストクラスラウンジがあるので、特別感というのが薄い気がする。まぁどれだけ本当にファースト利用の方がいる謎ですが(どうせ社蓄のダイヤモンドばかりだろうし)。

これから乗るJL029便。
e0062977_15584685.jpg


朝食は相も変わらずお気に入りのゆで野菜。
e0062977_15584960.jpg

by recipko2 | 2014-05-26 18:00 | Travel | Comments(2)

犬と森

お天気がいい日は外で遊ばせたいけれど、暑すぎると「家にいれろー!」と抗議をする弟。
e0062977_7302970.jpg

今日は暑くなりそうだけど、ちょっとだけ外に。

竹藪から何かが動いている音がするので興味津々。
e0062977_7303586.jpg


あっちのほうからも何か音がするので気になる。
e0062977_7304133.jpg


以前にイモリを見つけたことがあって、それ以来同じ場所をチェックせずにいられない。

裏の森を散歩する。一年中落ち葉が堆積しているので、歩くと音がする。でもそれが楽しいらしい。
e0062977_7304516.jpg

ビー(チ)サン(ダル)できてしまったので、ちとこの道は歩きづらい。
e0062977_7304974.jpg

by recipko2 | 2014-05-25 18:00 | other | Comments(0)

ソーセージのナポリタン

料理は家によってその味が違うので面白い。

中でもナポリタンは、とくにそれが違うのではないだろうか?


我が家のナポリタンは、

鶏胸肉+玉ねぎ+ケチャップ

でもたっぷりなんだけど、バランスよくちょうどよく具の量がはいっていて、ケチャップもたっぷりなんだけどしつこくない。

大体、土曜日に帰ってきたときの昼食だったように思う。夜ごはんでこれが出てきた記憶がない。

トロトロになった玉ねぎと、ちょっと硬い胸肉がおいしくてリクエストもよくしていたように思う。

自分で作るようになってからも、もちろん具は鶏胸肉と玉ねぎ。

もちろん、その組み合わせは今も大好きだけど、それ以上に頻繁に作ってしまうのが、ソーセージと玉ねぎが具のナポリタン。

鶏胸肉がソーセージに変わっただけだが、その味わいはこんなにも違うのか!とナポリタン恐るべしと感心する。

ソーセージはシャウエッセン系がマスト。輪切りではなく乱切りにするのがお約束である。輪切りでもいいのだけど、乱切りにしたほうが、中身が表に出る表面積が大きくなってうまみが出るから。

玉ねぎは薄切りをたっぷり加える。この時の玉ねぎは繊維を切るような切り方(輪切り方向)ではなく繊維にそって薄切りにするほうがおいしい。

味付けは、ケチャップ一筋。・・・・でもちょっとだけあればトマトピューレを加えたい。それとほんのちょっとだけシーズニングソース。

作りたてならたっぷりとパルメザンチーズをかけて。でも冷めてもおいしい。

e0062977_18513495.jpg


[材料] 2人分
シャウエッセン 2袋
玉ねぎ 大1個
ケチャップ おたま1杯
トマトピューレ 大2
シーズニングソース 数滴

パスタ  適量

[作り方]
1 鍋にたっぷりの湯をわかして塩大1を加え、パスタをゆで始める。ゆで時間は表示時間からマイナス30秒。
2 玉ねぎは薄切り、ソーセージは乱切りにする。
3 フライパンにオリーブ油大1を淹れてねっし、玉ねぎを炒める。
4 しんなりしてきたらソーセージを加えてよく炒める。
5 ソーセージにいい焼き色がついてきたら、ケチャップとトマトピューレを加えて少し水分を飛ばす。シーズニングソースを適量いれる(5滴くらい)
6 パスタをゆで上げ、5に加えてよくあえて出来上がり。

※好みでケチャップを加減する。
by recipko2 | 2014-05-24 18:00 | Recipe | Comments(0)

午後のお茶の時間 ~2012年ダージリンとPoole~

なんとなく急にポコポコが食べたくなった。

ポコポコは香港の鶏蛋仔を意識して作ったもの。

なんて、ホットケーキの生地をたこ焼き器で焼いたもの。コロコロとしていて、一口サイズで食べやすい。
e0062977_1849189.jpg


一気に焼いて器にもって、メープルシロップにつけて食べる。あったら生クリームかバニラアイスを添えてもおいしいので、今日はバニラアイスにした。

ポコポコに合わせて紅茶はダージリンのファーストフラッシュにする。

2012年のファーストフラッシュは、出来立ての風味が少し落ち着いて、春一番のお茶だけれどゆったりと飲むことができる。

ポコポコを持った器は、ARABIAのビンテージ。白くてシンプルな作りがいい。

メープルシロップとアイスを乗せたアルミのプレートは、先日の東京蚤の市で手に入れたもの。

鈍い色の昔の給食の食器みたいな雰囲気がたまらなくて、手に入れてしまった。

ティーポットは、お気に入りのPoole。C/Sはたっぷり飲みたかったので大きいほうのティーカップで。
by recipko2 | 2014-05-23 18:00 | AfternoonTea | Comments(0)

揚げなすとベーコンのトマトソースパスタ@Afternoontea Tearoom

もはや定番にしておいてくれていいのにな揚げなすとベーコンのトマトソースパスタ。

期間限定ながらもまた食べることができる。
e0062977_1853598.jpg

茄子と油の相性というのはなんでこんなにいいのか?と悔しいほど、揚げた茄子の柔らかさと、ベーコンのうまみが旨いく、食べたっ!という気になるパスタだ。

トマトとモッツァレラチーズのパスタは、食べた後になんとなく健康になった気がするけれど、揚げ茄子とベーコンのパスタのほうは油とりまくっちゃったぜという気になる。

が、そんなことは気にしない。
by recipko2 | 2014-05-22 18:01 | AfternoonTea | Comments(0)


コスメやスキンケアや美容のこと。一生懸命あがいています。といっても最近は素敵なごみ・・・もとい日用品を買う方が多いけど。2017年も旅行に買い物に骨董市にと好きなことしまくります!


by recipko2

プロフィールを見る

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

<< お気に入りのブログ>>
Cozy's Cozy's World
映画のフェイクポスターをのせているブログ。本物かと思うほどの凄まじい出来です。

ニョニャ料理の日々

------------------------
広州
旅行口コミ情報

香港旅行・ホテルのクチコミ






*-*-*Twitterはじめました-*-*

「recipko」
で検索してみてください。

※おもに暴言。たまーに記事にする前のコスメのこととかつぶやいてます

*-*-**-*-**-*-**-*-**

https://iluquappa.stores.jp/

最新のコメント

> やす姉さん 唐..
by recipko2 at 16:34
ひとつひとつの茶器を食い..
by やす姉 at 07:04
> やす姉さん あ..
by recipko2 at 17:06
> Yumijaさん ..
by recipko2 at 17:04
相変わらずのお宝探しの名..
by やす姉 at 06:46

ブログジャンル