<   2015年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ラウンジすごろく11 羽田空港 キャセイパシフィック・ラウンジ

ラウンジすごろく11、おそらくこれが最後になると思われます(来年度からもうサファイヤじゃないからさ)。

羽田空港の国際線ターミナル拡張にともない、JAL、ANAともに通常のラウンジともう一つ拡張エリアへラウンジを作っていますが、ここにキャセイパシフィックのラウンジも登場。

成田空港のキャセイラウンジは、雰囲気、飲食物の内容ともに(私の中で)トップ。そのキャセイのラウンジが羽田空港にできているとなったら期待したいところです。

羽田空港のキャセイラウンジはホテルオークラグループが運営。

オークラってところで、嫌な予感はしてたんですが・・・・

さて、久しぶりの空港利用ですよ。
e0062977_1057420.jpg


キャセイパシフィック・ラウンジは、入って左側の一番奥、拡張されたエリアにある。エスカレーターを上がっていくと、ANA、その上階にJAL。さらに上階がキャセイパシフィック・ラウンジ。
e0062977_105752.jpg


ですが、できたばかりということと、時間が早かったので、ラウンジ利用者は私が行ったときには2名。JALよりも断然人が少ないのはいいところ。

e0062977_1057621.jpg

シックなインテリアにまとめられたラウンジ内は、とても雰囲気がいい。

e0062977_1057426.jpg

奥にはキャセイご自慢のヌードルバーがありますが、この時間はやってるんだかやってないんだか。
e0062977_1057784.jpg

注文すると作り出してくれますので時間がかかります。呼び出し用の円盤をもらい、席で待つ(10分くらいかかった)。
食事は自分でとるブッフェ形式ではなく、お願いして取ってもらう形式なんだけど、サラダを頼んだらこんな風に盛ってくれました。
e0062977_1057871.jpg

半分どうしろと。。。。。

朝10時以降は食べ物も充実するようですが、早朝は、サラダ、パン、ちょっとした前菜、フルーツ、ヨーグルトなど軽めのモノばかり。

麺は、ワンタンメンか、担担麺、ご飯ものはおかゆ。

ワンタンメンを頼みました。
e0062977_1057929.jpg

これがまた、なんというかがっかりな味。香港のキャセイラウンジで食べるワンタンメンは、本場ということもあるけれど結構満足いく味なのに、ここのワンタンメンはがっかり。

麺がまず日本の麺。ちょっと硬めの細麺という感じで、ワンタンメン独特の風味と歯ごたえがない。スープの味も薄いラーメン。ホテルで出てくるラーメンの味。何よりワンタンのプリプリ感がない・・・

香港行くならここで食べずに我慢して、香港で食べることをおすすめしたい(笑)

キャセイのラウンジなら、成田空港が断然いいとわかった。ちなみにこの後すぐにJALラウンジにいってご飯食べましたがそれもいまいちでした(笑)
e0062977_1057752.jpg


ちなみに、飲み物はほとんどがグラス提供で、オークラブランドのペットの水と、コーラだけは缶でありました。香港の航空会社なのに、お茶が日東紅茶のブランドというのもゆるせん。

成田だと、ペリエやその他の飲み物も豊富だし、お茶は華泰のも(台湾だけど)もあるし、アイスもいつでも食べれるし、やっぱり成田のほうがいいやい!


==============================
by recipko2 | 2015-01-28 18:00 | Travel | Comments(2)

由木農場のたまご

茹で卵が大好きなのと、この頃はプリンを作ることが多いので、常に卵は2パック程ある。

10個で380円くらいの卵を選んでいるけれど、地元のスーパーでは、これまた地元の養鶏場で取れた卵を売っている。

てか、そっちの方がスーパーより近いし!

自宅から歩いて行ける距離にある柚木農場。

車では少し通りにくい道を進んでいくと、大きなハウスが見えてくる。

ハウスの裏手にある作業場で、その日にとれた卵を小売してくれる。
e0062977_649467.jpg


以前に朝10時ごろにいってみたら、午前早い時間は鶏が卵を産んでいる最中で、卵を集めるのは11時過ぎ位からだから午後にならないと小屋にないんだよと教えてもらった。

だから小売りは13時から

2時に近いころに行ってみると、買い物かごにいっぱいの卵。
e0062977_6494692.jpg

サイズを分けた後に、一つ一つ丁寧に濡れふきんで拭き取っていた。ハウスの中には入ったことがないけれど、入り口からちょっと覗くとケージに鶏が入っていて、産んだ卵を一つずつ手で集めていた。

ここでは、さくら卵と赤卵の2種類がある。赤卵の方がやや高い。

小さ目の卵をお願いして、1kg大体18個で453円。
e0062977_6494742.jpg

いくつかおまけももらえる。

ぐりとぐらが喜びそうな大きな卵と、去年の9月に孵化して今日はじめて卵を産んだ鶏さんの卵。
e0062977_6494827.jpg

左が老練な熟女が産んだ卵(98g)。右がぴちぴちギャルが産んだ卵(52g)。

ちなみに若い鳥ほど卵が小さい。

お店の人が小さな卵を渡してくれた時に「もしかしたら、白身だけだったらごめんねー、まだ卵作るの慣れてないから白身だけの時もあるのよー」と言っていた(笑)

卵はちゃんと黄身もあって、ぶりっぶりでしたよー。

※プリン作るのに白身がぷりぷり過ぎてほぐすの大変でした・・・・
by recipko2 | 2015-01-19 18:00 | other | Comments(0)

高幡不動 ござれ市 1月

2015年最初の高幡不動ござれ市。

お天気は快晴だったものの、朝からとても冷え込んでいた。
e0062977_6502767.jpg


高幡不動尊の境内も、まだまだ初詣仕様。
e0062977_6502836.jpg

だるまも沢山積みあがっている。

なんとなくいつもよりも出店数が少ない気がするのは、どうも寒いかららしい。日が昇ってから開店準備に入る店も多いよう。
e0062977_650291.jpg


一通り回るのを2周位してみたけれど、結局気になるものはいつも行くお店だったりする。

この日も、先月パイレックスのガラスジャーを手に入れたお店と、ブルーウィローの皿を手に入れたお店に、古道具の店上海リルさんの店3店。

今日のたこ焼きは、大きくて美味しくないやつだった。。。。。生地に味が全然ないの・・・・
e0062977_6503091.jpg


五重塔の周りの堀(?)に氷が張っていた。
e0062977_6503089.jpg


さて、今回手に入れたもの。

e0062977_6503166.jpg

メッキのトレイ。縁部分が枝葉模様が入っている。ヨーロッパで紅茶やコーヒーのトレイにしていたかのような趣き。ティートレイにももちろんいいけれど、生春巻きなどをのせるトレイを探していたので、イメージしてたものとぴったり。ブルーウィローの皿を手に入れたお店で。1000円。

e0062977_6503274.jpg

こちらもブルーウィローの皿を手に入れたお店で。先月のござれ市で他の店で見つけたケーキトングが4000円だったけれど、今日はこちらにもあった。これはケーキ用ではなくサラダなどに使うタイプ。横にはいったこまやかな柄と、いい感じのくたびれ感がよくて、多少高くても手に入れようかなぁと伺ってみたら1000円だったもの。

e0062977_6503375.jpg

これも同じお店で。最初みたときに、ソンベ焼きかな?と惹きつけられてしまったカップ&ソーサー。うかがってみると統制陶器で岐阜の官窯で作られたもの。統制陶器は昭和15年から21年に製作されたいたものなので、かなり古い。未使用だったらしくとても状態がよかった。

今ではなかなかない、手書きの絵が一つ一つ異なっていて選ぶのに迷った。これは1200円のところ他のも買ったので1000円に。

e0062977_6503450.jpg

PYREXのガラスのジャーを手に入れたお店で。11月のござれ市で手に入れたフランスPhilippe Deshoulieresのカフェポットと追加。


e0062977_6503439.jpg

上海リルさんでは、アメリカのお会計用トレイ。ケーキをのせるお皿として使いたい。1500円。

もう一つは、カード立て。こうして並べるとインベーダーゲームのようでかわいい。3つで100円。
e0062977_6503538.jpg

こんな風につかいます。
e0062977_6503669.jpg




===============================
by recipko2 | 2015-01-18 18:00 | 骨董市 | Comments(0)

香味チキンのジェノベーゼクリームパスタ @Afternoon Tea TEAROOM


冬の期間限定のメニュー第二弾。
e0062977_6493138.jpg

香味チキンのジェノベーゼクリームパスタ。チキンものは美味しいものが多いので、楽しみに注文してみた。

が、もう二度と食べないw

ジェノベーゼといえば、バジルに松の実とパルミジャーノをたっぷり加えたソースだけれど、今回のはバジルの代わりに青葱で作ったジェノベーゼ。

これが爆クサッ!

決して不味いわけじゃないけれど、ドリアンを食べた時を思い出す、口の中いっぱいに広がる葱とニラが腐った時の香り(私のドリアン香イメージ)。

パルミジャーノの生臭感がいい感じに相乗効果なのだと思うけれど、食べれるけど臭さが気になってしまう。

これはデートでは絶対食べちゃいけないメニューな気がする。ネギ臭いチュー(?)だ。おばちゃん心配したまうわ。

山椒風味(風味というか、仕上げに粉山椒かけただけ)で焼かれたチキンというもの、柚子胡椒ならわかるけどなんで山椒なんだーーー!?と食べた時に気になる。まぁこれは単に山椒が好きじゃないだけかもしれない。

最後の方は食べるのが結構大変だった・・・・これ、オイルベースにして青ネギをたっぷりと炒めて醤油で仕上げてから、柚子胡椒でグリルした鶏をのせたほうが美味しいんじゃなかろうか・・・・




======================
by recipko2 | 2015-01-17 18:00 | AfternoonTea | Comments(4)

スイートポテトプディング

e0062977_15304764.jpg

スイートポテトプディングが、AFTERNOONTEA Tea Roomで食べれたのって何年前だっけ。

温かいプディングに、はちみつ色のバニラアイスをのせて、そのとろけるクリームとカラメルをたっぷりとつけて食べるのが大好きだったスイートポテトプディング。

いつからかすっかり見なくなってしまい、とても残念だ。

基本的にプリンのレシピに、マッシュしたサツマイモを加えるだけなのに、普通のプリンよりも数十倍美味しい。

ハマっていたころに、自分でも作っていたレシピが出てきたので、懐かしくて作ってみると、やっぱり美味しくて、またまたハマってしまった。

ベトナムプリンは卵黄だけで作る事が多いが、スイートポテトプディングは全卵を使っている。

サツマイモは、品種によって煮えやすさが変わってくるので注意が必要だけど、大きめに切った後にひたひたの水を加えて茹で、粉拭き芋の要領で仕上げておくのが好み。

ベトナムプリンを知ってから、カラメルに対する好みが変わり、ぎりぎりな感じの苦さを持つカラメルに変更。でもこれがサツマイモとプリンの甘さにぴったりで、ただ甘いだけのスイーツではなく、大人のスイーツに仕上がっていると思う。

高幡不動のござれ市で以前に手に入れた、鉄のパイ皿に合わせて作ってしまったので、出来上がりがものすごく大きくなり、やや重力崩壊しているけれど、ATで食べていたのもかなり大きかったので、このサイズがいいのかもしれない。
e0062977_15304561.jpg


基本的には、

卵 1個(50gちょっと)
乳(牛乳でも生クリームでもエバミルクでも) 100cc
砂糖 大1/2

サツマイモ 80g


なぐらいで作っている。

卵1個といっても大きさによって全然違うので、まぁ適当で大丈夫。私は小さ目サイズ(54gくらいの)を使っている。

e0062977_15304657.jpg


[材料] ※直径25cm、高さ5cm位の深めのパイ皿
卵 5個
生クリーム 200cc
エバミルク 100cc
牛乳  200cc
バニラビーンズスティック 3cm
砂糖 大1.5

サツマイモ 400g(皮をむいた状態で)

※カラメル
グラニュー糖 大3
水 大1
湯 大2

天板に注ぐための熱湯

バニラアイス


[作り方]
1)カラメルを作る。琺瑯などの小なべにグラニュー糖と水1を加えて火にかける。泡が立って色が変わりだしたら鍋を左右に振りながら焦がしていく。好みの焦がし加減になったところで火を止めてから湯をいれて溶かす。
2)1で出来上がったカラメルを容器に流して、冷やし固めていく。
3)サツマイモは皮をむいて、2cm角程度の大きさに切る。
4)3を鍋にいれて、ひたひたの水を加えて中火にかけて6分~7分ほど茹でる。竹串が通るようになったら鍋の中の水分をすべて捨て、鍋を弱火かけながら水分を飛ばす。蓋をして上下に振るようにして粉拭き芋の要領で粉を吹かせ、蓋を外して水分をできるだけ飛ばす(焦げやすいので注意)。
5)4を冷ましている間に、プリン液を作る。
6 )卵をよく割りほぐす。生クリーム。エバミルク、牛乳、さやから取り出したバニラビーンズと砂糖を加えてよく合わせる。
7)ストレーナーなどで6を濾す(2回くらい)。
8)4が人肌にさめたら、サツマイモを木べらで軽くマッシュする。綺麗にマッシュした部分と大きめに残った部分を残しておくと焼きあがった後美味しい。
9)マッシュした8に5で出来上がったプリン液を少しずつ加える。
10)オーブンを160℃に設定して余熱。
11)9を2の容器に注ぎいれる。
12)オーブンの天板にフキン等をのせた上に11をのせて、熱湯をまわりに注ぎいれる(大体容器の2/3が浸る程度に)
13)160℃で40分程度焼く。湯が少なくなるようなら途中で継ぎ足す。
14)天板を揺らしてみて全体がフルンと動けばOK。そのままオーブン内で20分ほどおいておく。
15)冷蔵庫などで冷やして出来上がり。

※カラメル作る時に、湯を加えると飛び跳ねるので注意。
※エバミルクがなければ、牛乳に変える。
※砂糖は最初大1をいれて、卵液の味をみて好みに調整。カラメルとサツマイモの甘さが加わるので「もう少しかな?」くらいで。
※温かいまま切り分けて、バニラアイスをのせても。


=========================
by recipko2 | 2015-01-15 18:00 | Recipe | Comments(2)

土井九郎 「越南世界」

少しづつだけど、ベトナムの古い時代(といってもベトナム戦争後だけど・・・・)を映した写真集を集めようと思っている。


いろいろ探していて、目に入ったのは土井九郎さんという写真家が撮った越南世界
e0062977_1530130.jpg

一枚一枚ページをめくっていくと、行ったことがあるエリアや、まだ行ったことがないエリア、どちらも199年代の写真のはずなのに、今でも同じような風景が見れそうな気がする。でも都心部ではもう見ることができない風景だと思う。

ハノイでは旧市街にばかりいるせいか、この写真に乗っている光景がまだ見ることができるように思う。

喫茶店や、食堂、その食堂の台所、その家庭の台所代わりになっている路地の写真をみると、とてもうれしくなってしまう。

これはホアビンの通りにある喫茶店。
e0062977_1530345.jpg

こちらはラダットだったかな。窓枠に入っている格子の模様がとてもさりげなくかわいい。各テーブルには魔法瓶。きっと栓はぶよぶよのコルクとか木なんだろうな。
e0062977_1530359.jpg


こちらは食堂。
e0062977_1530460.jpg

中央の棚には、整然と、お茶用の陶器のポットとカップが置いてある。一番上にはビールの333(パーパー)とコーラのなんだか妙に太っちょな缶。食堂のテーブルの作りもかわいい。男の子が食べている麺(?)の器はソンベ焼き

これもきっと食堂。同じ柄のデザイン違いのボーボーをきた女の子がとてもかわいい。が、ここでもやはり窓の格子と、テーブルに乗っている器(ソンベ焼き)に目が行ってしまう。
e0062977_1530524.jpg


土井氏が素材と調理法を身にはいった食堂の台所風景。アウトドアキッチンを作るのを夢見ている私としてはこういう感じいいなぁとハァハァしてしまった。
e0062977_1530665.jpg






土井氏のブログもあった。ここで紹介されている写真の数々も本当に素敵で、ハァハァしてしまう。
http://doikuro.exblog.jp/



=============================================
by recipko2 | 2015-01-13 18:00 | Book | Comments(0)

温野菜と生ハムのチーズフォンデュプレート @ Afternoontea TEAROOM

e0062977_8554499.jpg



過去に出てきたことがない、まったく新しい感じのメニュー。

チーズフォンデュというので、かなりのチーズ感を期待して挑む(?)。

マッシュポテトとチーズを合わしているとかで、チーズフォンデュ感がありつつ、チーズフォンデュの結構きつめなワイン風味がなく、円やかに食べることができる。

ブロッコリー、赤カブ、タケノコ、カボチャ、サツマイモ、レンコンなど、基本構成はグリルチキンノファームズプレートな野菜たちが、チーズ風味のマッシュポテトなチーズフォンデュソースによく合う。

一緒に添えられている、生ハムがのったガーリックトーストも美味しいが、全体としてやや物足りない。

軽めにしたいブランチとかならいいと思うが、ガッツリ行きたい私みたいな人には大盛りが必要。

個人的にはソーセージも入れてくれると、とてもうれしい。
by recipko2 | 2015-01-11 18:00 | AfternoonTea | Comments(0)

苺とオレンジのズコットショートケーキ@Afternoontea TEAROOM

e0062977_856392.jpg






苺のズコットケーキおわっちゃうから最終日に食べに行かねば!と張り切っていくと、

今日はズコット売り切れです・・・・・


といわれ

orz

と悲しい気持ちでいたら、次に始まったのが苺とオレンジのズコットショートケーキだった!

ところで、小学校4年生くらいだったかなぁ。自分の中でスポンジケーキを作るのがすごく流行ったことがあった。

その時に乗せるのは、デコレーション用にはイチゴだったが、スポンジに挟むのは、

みかん缶&生クリーム

かなり以前に、ナイナイのやべっちがケーキ屋さんになってみかんケーキを作っていたけれど、あれを見た時に美味しいの当たり前じゃんか!と見ていた不思議だった。
(でも、そういえば売っているケーキでみかん缶詰使ってるの無いな・・・・)

みかんの缶詰のみかんと、生クリームが合わさった味が大好きで、大人になってたくさんショートケーキを食べたが、間に苺が挟まっていると、心のどこかでガッカリしていた。

今回の季節のショートケーキに苺とオレンジのズコットショートケーキと書かれているのを見た時には、

みかん(いやオレンジだけど)と生クリームきた!!!
と喜んでみたものの、実際はオレンジちょびっとである。

ズコットケーキのベースは、苺のズコットからの継承で、チョコファッジシェイクばりに細かいチョコレートがクリームの中に入っている。間に挟まっているのも前回と同じような苺のコンフィチュールを混ぜ込んだクリームだ。

みかん(缶)でいいのに・・・・・
by recipko2 | 2015-01-09 18:00 | AfternoonTea | Comments(2)

自宅でビアホイハノイシリーズ ~ カリフラワーのフリット Bông Cải Chiên Bột ~

新鮮な素材の下ごしらえを丁寧にし、時にシンプルに、時に手が込んだ調理法で、米にあう美味しい料理というのが、この一年で私の中にできあがったベトナム料理

でも、ご飯をちゃんと食べたい時もあれば、だらーーっとDVDでも見ながらツマミたい時もある。

そんな時に最適なのが自宅でビアホイハノイシリーズ

ビールに氷を入れて飲むようになって以来、帰りの電車が怖くなくなった弱い方(私)も、ザルと呼ばれるほど強い方も、是非ともお試しいただきたい。

そんな自宅でビアホイハノイシリーズ第3弾!は、カリフラワーのフリット

フリットって、ただの天ぷらでしょ!?などと思うなかれ!

確かに天ぷらと基本同じだけれど、少しだけ材料とつけダレを買えるだけで、こんなにも違うなんて!と思うこと請け合い。

天ぷらやほかのフリットとは違うのは、水を使わないことと、卵をたっぷり加えること。

いやたぶんベトナムでだって水で溶いていることが多いと思うけれど、この水をココナツウォーターに変えるだけで、衣が柔らかい甘さともち、衣が急に『フリット』という感じになってくれる。そして卵をたっぷりと使うことでふわふわ感が出る。

天ぷらのようにサクッとした感触を楽しむ場合は、卵の多さは必要ないけれど、これはフワフワのやや甘めの美味しい衣も味って欲しい。

そして、主役のカリフラワーの美味しいことといったら!!

カリフラワーというと、茹でてマヨネーズかディップソース、せいぜい炒め物、あとはポタージュという感じで、年中見かける野菜の割にはレパートリーが少ない(私だけか・・・・・)。

香港やベトナムで、人の頭二つ分程の大きいカリフラワーを見かけるし、買ったこともあるけれど、こんなにどうやって食べるんだろう?と思っていた。色々な料理に使われるから大きくても消費してしまうのだろう。

このカリフラワーに衣を着せて揚げると、イモでもないのにホッコホコになる。

茹でたものよりも断然ホッコホコで、カリフラワーって何モノ!?とびっくりするほどホッコホコである。

冷めてしまうとホコホコ感が減るが、衣が美味しいので、冷めてもパクパクといけてしまう。

これにつけるソースは、断然トマトソース。ケチャップでもあうけれど、ここはやはりトマトソース。

ホール缶のトマトにチリソース、酢、砂糖、塩をいれて鍋でつぶしながら少し煮詰めてもいいし、フードプロセッサーなどにかけて滑らかにしてから、煮詰めてもいい。

チリソースのピリッとした感じとトマトがとても合い、やや甘めの衣とホコホコのカリフラワーとぴったり。

野菜の扱いと、揚げ物は大の得意だけれどコンロ周りが汚れるのが嫌でこの所全然揚げ物をせずにいたが、これを作るようになってまた揚げ物好きだ復活してきた。

揚げ物というと面倒だけれど、全行程20分足らずほどなので、片づけの楽な小さ目の鍋で揚げると楽ちん。

ココナツウォーターがない場合は、リンゴジュース等でも。

e0062977_23131999.jpg



[材料]
カリフラワー 1株

-- 衣 --
ココナツウォーター 100cc
卵 2個
薄力粉 1カップ(100gちょっと)

-- ソース --
トマト缶 1缶
チリソース 大2
酢 小2
砂糖 小2
塩 塩1

揚げ油

[作り方]
1 ソースを作る。トマト缶をブレンダーなどの容器にいれて、そこにチリソース、酢、砂糖、塩を加えてピューレ状にする。
2 ピューレになった1を鍋に開けて中火にかけてややトロリとするまで煮詰める。
3 衣を作る。ボウルなどにココナツウォーターと卵をいれて菜箸や泡だて器で卵をよくほぐす。
4 3に分量の小麦粉を加えてよく混ぜる。さっくり混ぜるのではなくよく混ぜること(練らないように)。
5 鍋に油をたっぷりといれて火にかけて、大体170℃くらいに熱する。
6 油を熱している間に、カリフラワーを洗い、子房に切り分ける。
7 5が170℃くらいになったところで、6のカリフラワーを4の衣をたっぷりとつけて油で揚げる。
8 衣の周りがうっすら色づいてきたところで、油から取り出し、油をよく切る。
9 揚がったカリフラワーを半分にきって器に盛る。
10 2のトマトソースをつけながら召し上がってください。


※ソースはピューレ状にしなくても、直接鍋にいれて作り煮詰めながら木べらでくずしてもよい。
※トマトソースの煮詰め加減は適当でOK。好みの問題なので。
※チリソースは、チリソースの辛さによって加減してください。
※チリソースがない場合はタバスコでもできます。その場合は酢の量を加減。またはタバスコはソースが出来上がってから加えるようにする。
※衣は、てんぷらを作る時はさっくり混ぜたほうがサクッとしますが、この場合はかなりよく混ぜて大丈夫。
※ココナツウォーターも冷たくなくてOK。
※カリフラワーを衣のボウルに入れてタップリとつけて余分な衣を自然に落してから揚油へ入れると、周りにいい感じにつきます。


===============================
by recipko2 | 2015-01-07 18:00 | Recipe | Comments(0)

熟成肉のクリームボロネーゼ@Afternoontea TEAROOM

年末年始休みも基本的にAfternoontea TEAROOMでランチをしているので、休みが多いといろいろと楽しめる(といいつつ、同じのを頼んでいる)


26日から始まったの季節のパスタは「熟成肉のクリームボロネーゼ」。
e0062977_10593646.jpg


荒目にミンチされた肉がたっぷりのボロネーゼ。これがなんとなくクサみがあるというか、いい感じにジビエっぽい仕上がりになっていて好み。

ホイップされたクリーム(もちろん甘くない)を食べる直前に一緒にあえて、まろやかさが出る。

ボロネーゼだけでも十分美味しいけれど、このクリームがもしかしたらジビエぽさを出しているのかも(いいすぎ?いいすぎ?)。

ガッツリ食べたい時にちょうど良いボリュームなのも好き。
by recipko2 | 2015-01-05 18:00 | AfternoonTea | Comments(0)


コスメやスキンケアや美容のこと。一生懸命あがいています。といっても最近は素敵なごみ・・・もとい日用品を買う方が多いけど。2017年も旅行に買い物に骨董市にと好きなことしまくります!


by recipko2

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

<< お気に入りのブログ>>
Cozy's Cozy's World
映画のフェイクポスターをのせているブログ。本物かと思うほどの凄まじい出来です。

ニョニャ料理の日々

------------------------
広州
旅行口コミ情報

香港旅行・ホテルのクチコミ






*-*-*Twitterはじめました-*-*

「recipko」
で検索してみてください。

※おもに暴言。たまーに記事にする前のコスメのこととかつぶやいてます

*-*-**-*-**-*-**-*-**

https://iluquappa.stores.jp/

最新のコメント

> まきまきさん ..
by recipko2 at 17:43
設備の問題なのですかぁ…..
by まきまき at 18:21
> やす姉さん 富..
by recipko2 at 14:44
> まきまきさん ..
by recipko2 at 14:42
富澤商店でも扱ってるんで..
by やす姉 at 08:28

ブログジャンル