<   2015年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

多摩骨董市  12月


e0062977_15400585.jpg

先月みたミリタリーコートがやっぱり気になったので、多摩骨董市へ出かけた。
e0062977_15400411.jpg

今年最後の骨董市となるわけだが、お目当ての店は出ておらず、特に収穫なしで1周して帰ってきた。
e0062977_15400432.jpg
いくつか、お?と思うものもあるにはあった。
e0062977_15400466.jpg
多摩骨董市に来出してから、ずっと見る度に「お!?」とみてしまう、Porkと書かれた皿。
e0062977_15400508.jpg
飴色のベースに、素地でPORKと書いてあるのだろうか、直球過ぎるがシンプルで素敵だなと気にはなっていた。

今回お目当てのものもなかったし、値段によっては・・・・と裏に回って価格を見てみると、

ゼロが4つ確認できた。

ということは、最低でも1万円、最高で9万円なこの品。

チョッと怖くて手が出なかったでも、民藝といいたくなる素朴さがすごく素敵で、あれもこれも盛り付毛たいなぁと思えるお皿だったから、奮発してもいいかもしれない。




と、いうことで、今年も一年ありがとうございました。

来年もまた素敵な年となりますように。


by recipko2 | 2015-12-31 18:00 | Museum Piece | Comments(2)

熟成肉のクリームボロネーゼ@Afternoon Tea TEAROOM


昨年の冬メニューで、お正月休みに食べまくった程大好きだった熟成肉のクリームボロネーゼ
e0062977_15410237.jpg
SPICE of DaysというAfternoon Tea TEAROOMの冊子を読んでいて、今年の冬メニューで戻ってくるのがわかり、ワクワクと楽しみだった。

冬メニューが始まったこの日に、さっそく頼んだのはもちろんこの熟成肉のクリームボロネーゼ。

マズイ要素が全くないパスタだが、それだけに細かいけれど自分の好みが出てくる。

今年の熟成肉のクリームボロネーゼは、ミートソースにトマトをだいぶ使っているようで、せっかくの熟成肉感(?)が無くなってしまい、いたって普通の美味しいミートソースになってしまった。

いや、ミートソースとしてはとっても美味しいんだけど、昨年感じた、まるでジビエかと思うような「おお!熟成肉~~!!」といういい意味でのクサみと、牛を赤ワイン煮にしたか、ドミグラスソースをタップり使ってるのか?と思うほどのコクがなくなっている。

トマトの風味が強いので、一般受けや子供も喜ぶ味かもしれないし、さっぱり食べれるということも言える。

でも、昨年の風味が本当に素敵だったので、食べるとそれを思い起こして、あああーー違うの~待っていたのはこれじゃないの~と思ってしまうのだ。

by recipko2 | 2015-12-29 18:00 | AfternoonTea | Comments(0)

3種チーズとスモークチキンのフレンチトーストサンド@Afternoon Tea TEAROOM


秋からクリスマス限定メニューが終わり、ローストチキンとクランベリーのサラダサンドや、グラタンオープンプレートが食べれなくなった寂しさを残しつつ、12/26から冬のメニューに変わったAfternoon Tea TEAROOM。

昨年食べてとても気に入っていたメニューが戻ってくるのを知り、嬉しかったが、初めてお目見えのメニューもある。

3種チーズとスモークチキンのフレンチトーストサンドがそれ。
e0062977_15403718.jpg
Afternoon Tea TEAROOMで、○○サンドという名前が付けば、ガラスボウルにたっぷりの野菜と一緒に入ったパンが特徴だが、今回は正真正銘サンド。

しかも、3種類のチーズと、スモークチキンを間に挟んで、外側はカリカリに焼き上げたフレンチトーストだ。

どう見ても美味しそうなので、夜だと物足りなさそう(私の胃的に)だけどブランチになら丁度好さそう!と早速頼んでみた。

プレートの上に、香ばしい色がついた見るからにカリッカリに焼かれたフレンチトースト、ベビーリーフをメインに使ったサラダが添えられて、さらに豆がたっぷりはいったミネストローネスープが付いている。

フレンチトーストは、最初こそナイフととフォークで食べていたけれど、美味しくてお行儀悪く手で食べてしまった。

というのも、切り分けるときからカリッといい音がしていたから。

フレンチトーストというのでもっと卵っぽい感じかと思ったら、外側もチーズ!?と思うほど香ばしくて、中からとろりと流れてくるチーズとジューシーなスモークチキンが好相性!

丁度、CHEF~三ツ星フードトラック始めました~を見て、チーズトーストに興味深々だったので、もろツボにはまる。

サラダは、ビネグレットが効いたさっぱりドレッシングで和えられており、ベビーリーフを主体にしたグリーンのみだが、さっぱりしてちょうどいい。

一緒に添えられたミネストローネもまた素敵で、大昔にあったミスタードーナツのミネストローネが好きだった人(私のことだけど)は、好きな味だと思う。

基本のミネストローネの中に、インゲンや、ポクポクの豆類がたっぷり入っており、チャイ用の素焼きボウルに入っているので少ないかな?なんて思ったら、ちょうど良いというか、豆の分ボリュームある。

どれもこれも好みの味で、これまででたプレート類で一番好き

物足りなさそう、なんて思っていたが、チーズと、スープの豆と大満足な量!

by recipko2 | 2015-12-28 18:00 | AfternoonTea | Comments(6)

シンデレラタイム ブースターセラムナノクレンジングゲル

よい肌は、食べ物と笑顔から作られる。

と思っているが、同時に、

肌についた汚れは、自分では取れない。

とも思っている。

生物には、代謝とか、角質等、体の中の不要なものは、体内で何とかする生態システムが備わっているわけだが、鎧となる肌の角質から上についた、不要な汚れについてはどうしようもない。

特に女性は、顔の表面に毎日と言っていいほど、汚れとなるものを塗りたくる必要があるが(一応)、寝るまでに綺麗に落ちてくれればいいけれど、厄介なことに落ちにくい。

一応このブログはコスメブログのはずだが、最近、特にこの4年くらいの内容を見てもわかるように、あまり肌へ塗るものに興味がなくなってきた(反比例して素敵なごみ・・・じゃなかった日用品に興味がシフト)

それは、結局、肌を作っているものは、表面に塗りたくるものではなく、血流だと嫌って程わかったからだ。

砂漠に植物が生えないように、肌の真皮層に血流から取り込んだ栄養と酸素が細胞のミトコンドリアを活性させ、肌細胞を作ったり使って出てくる老廃物を流し去るようになってないと、何を塗りたくろうが関係ないのである。

いや、ぶっちゃけ、マジで肌に塗ったものが細胞に浸透するなら人間すぐ死んじゃうし。と思う。

外部から余計なものが体内に入らないようにブロックしているのが角質層なのだから、化粧品ごときが細胞に何かできるわけがない。

ちなみに、「7万円の美容液を使っているんだわ」という思い込み効果は侮れないので、そういう意味で化粧品というのはとても大事だと思う。

中からいい肌が出来上がるなら、肌の表面についた汚れなんて関係ないのでは?と思ったこともある。

体は洋服で外部からの汚れや陽射しから守ることができるが、顔というのは常に外にさらされている状態だ。だから洋服替わりにメイクアップ用品を使うのはいいことだと思っているし、自分的にはすっぴんで過ごす方が肌の調子が悪くなる。

でもこのメイクアップ用品というのは、いくら現在の最高の技術をもってしても、結局最後は崩れて酸化して肌にとっては汚れとなってしまう。

この汚れを放置したままにすると、毛穴から出る油と混じったり、酸化した油分や顔料が角質を刺激するのではないだろうか。

というわけで、私的には塗るものよりもクレンジングが一番大事(というよりも、クレンジングしかしてないというか・・・)

自分的世界最高のクレンジングはオシエムだが、残念ながらオシエムを取扱っている会社が、やる気があるのかないのかわからない入荷状況なので(もう4か月近く入荷待ちってなんなの!?)、オシエムのクレンジングとまでは言わないけれど、肌にあるクレンジングを探さなくてはならない。

まず試したのが、Diorのディオールスノー スノーメルティングメイクアップリムーバー(記事はここ)

しっとりを勘違いしてんのか?と思う、肌表面に油が残った感じで気色の悪い洗い上がり。洗えば洗うほど肌が弱ってくるクレンジングだった。

次に試したのが、ポール&ジョーのディープクレンジングミルク(記事はここ)

単に近くの百貨店にポール&ジョーが入ってて「ディープ」の言葉に血迷ったわけだが、お前自分のブログ読んどけっ!と学習能力のなさが嫌になる程、これまた気色の悪い洗い上がりのクレンジングだった。

オシエム使っていると、使っていくだけで肌の調子よくなるのだが、Diorとポール&ジョーの2品は使っていくだけで肌がボロボロになった。

若い頃なら、若さと気合(?)でなんとでもなるだろうが、寄る年波なお年頃としてはいかん!このままではマズイ!と切実に思うわけです。

かといって過去使ってきて、今手に入るもので良い物ってあったかなぁと浮かばない。

期待せずに、美容コーナー(コスメカウンターではない)をうろうろして、クレンジングを見ていると、ん?と気になるものがあった。

一見ただの透明な液体が入ったポンプに、

Cinderella time

(商品については、面倒(オイ)なので↓リンクをみてください)
シンデレラタイム ブースターセラムナノクレンジングゲル

と、オバチャンが言葉として発するには恥ずかしい一言が書かれていた。

御託を読んでいると、良さそげ(所詮、いつもカンだ)

クリームクレンジングではなく、洗い上がりがヌメッとしなそう。

きっと、エロ本買うオッサンはこんな気持ちなのか

とわけ分からないこと考えながら会計をし、夜さっそく使ってみた。

ジェルということだけれど、その感触はほぼ。なにこれ水溶き片栗粉入ってないって感じ。

ポンプから出す時も、気をつけないと飛び散る程ユルい。
ユルいということは指にとってもユルいので、少しずつ取っては肌になじませていく。

ジェルクレンジング黎明期によく書かれていた「肌の上でフッと軽くなったら汚れが浮いてきた合図」的な感触はなく、見た目の変化も特にはない。

さすがにアイメイク部分は浮いているがわかるけれど・・・・

ついつい、少量の水を加えて乳化をさせようとするが、まったく意味なくて、そのまま洗い流しでOK。

洗い流しも、前述の2品がしつこく流せないのに比べると、あっけないほどあっさりすむ。

洗い上がりの変な脂っこさのない、すっきりした感じと言ったら!!!!

クレンジングでさえちゃんと汚れ落ちできていれば、その後何もつけなくても大丈夫な私の肌で、洗い上がりのままでいると、ピキピキと乾燥することも痒くなることもなく大丈夫だった。
(さすがに冬で乾燥しているので、適当にクリーム塗ったけど)

後はそのクリーム塗りがてらマッサージで終わり。クリーム塗らないときはそのままやるけど。

やや気になる点は、オレンジオイルの香りだろうか。あまり好きではないので。。。。

オシエムのつなぎとして使うのに、このクレンジングは、かなり気に入った!


by recipko2 | 2015-12-24 18:00 | Cleanser etc. | Comments(0)

プレミアム和栗モンブランソフト@ミニストップ


ツイッターで栗子活動の一環として(?)教えていただいた、ミニストップのプレミアム和栗モンブランソフト

プレミアム和栗モンブランソフトHP


幸い、ミニストップは近所にはないけれど、車でならいけないことはない場所にあるので、行ってみた。
e0062977_16213958.jpg
マロンペーストがはいったソフトクリームの上に、和栗のマロンペーストをで作ったソースをモンブランしたもの。
e0062977_16213981.jpg
コンビニのソフトクリームにしてはお高い320円。

ソフトクリームとソースを混ぜしながら食べると、なるほど!320円でもいっか!という美味しさに。

自宅の近くとか駅前にあったら、しょっちゅう寄って食べてしまいそう。

でも次はカップにしようっと。


by recipko2 | 2015-12-22 18:00 | Eat | Comments(0)

高幡不動 ござれ市 12月


今年最後の高幡不動ござれ市は、この冬一番!と思った寒さでスタート。
e0062977_09171260.jpg
11月の出典状況が微妙だった反動(?)か、今月はいつも通りのにぎわいでワクワクする。

でも、寒さのせいでか、7:30の段階で、準備状況は遅めでテントをやっとはって商品を並べ始めているお店が多かった。
e0062977_09171203.jpg
門前前にいつも出しているご兄弟でやっているお店。
e0062977_09171339.jpg
しろねこ屋さんのディスプレイも相変わらずかわいい。
e0062977_09171365.jpg
しろねこ屋さん隣の隣には着物を扱っているお店。
e0062977_09171442.jpg
晴れて寒い分澄んだ空気なので五重塔が綺麗だ。
e0062977_09171488.jpg
五重塔のちょうど下の参道に出していたお店。初めてみたかな。
e0062977_09171520.jpg
その向かいのちょっと気になったラインナップ。
e0062977_09171527.jpg
裏手にも着物を扱う店。袢纏(?)の柄がかわいくて買おうか悩んだけれど、着物は全然わからないのでやめておいた。
e0062977_09171594.jpg
なんだかんだと、隔月で何かしら買ってしまっている気がするお店。この日はシルバーメッキのトレイと、垂直四角のホーローのバット(それぞれ500円)を購入。
e0062977_09221930.jpg


e0062977_09221937.jpg
境内奥にでていた、多治見焼きの白磁のデッドストックを扱う店。ノースウエストの機内食用食器なんかもあった。

e0062977_09221987.jpg
ここは着物そのものではなく、装飾品系。
e0062977_09222014.jpg
裏手(会館側)にも着物(?)や古着の店。
e0062977_09222027.jpg
こちらも会館前にいつも出している着物を扱う店。
e0062977_09222032.jpg
欲しいようないらないような・・・・
e0062977_09222055.jpg
この日は着物を扱うお店が多かった。
e0062977_09222182.jpg
上海リルさん。
e0062977_09222131.jpg
本殿裏の着物を扱うお店。
e0062977_09242822.jpg
上海りるさんの隣にいつも古道具を扱う店があるが、今日はなんとアケビ(かな?)みたいな蔦で編んだ猫用ゲージがあった。かわいいw

大好きなRainDropsさん!この日もかわいい物たくさん。
e0062977_09242851.jpg

さて、高幡不動ござれ市、恒例のアレいきます。

15cm×20cm位のシルバーメッキのトレイ。500円。
e0062977_09242956.jpg
こういうトレイ類は、お茶を飲むときはもちろん、下ごしらえの時などにも使えるし、アジア飯にも合うので重宝するため、何枚でも買ってもOKにしているやつ(そこか!)
e0062977_09242963.jpg
琺瑯のバットは、調布・布多天神社骨董市でも2枚かったが、スタッキングできる台形タイプではなく、入れ子にする垂直タイプが好き。食材の下準備に、普通に収納に使ったりとこれも何枚あっても(ry
e0062977_09242928.jpg
バターナイフ好きになってしまったので、RainDropsさんで素敵なのを見つけたら即買うようにしている。今回は三越の裏印がはいったバターナイフ。700円。

ある意味、今回一番の私的お宝。香港で素敵なごみ・・・じゃなかった日用品探索をしている私的には、これを買う逃すことは許されないでしょう!な、メイドインホンコン(全部カタカナで書きたいイメージ)のステンレスの計量カップ。
e0062977_09243043.jpg
今は少なくなってしまった、香港製造なモノ。RainDropsさんで

そして、自分へのクリスマスプレゼントという免罪符を久しぶりに振りかざして、手に入れたのは、大好きなアーリーノリタケ(オールドノリタケ)のツバメ柄のカップ&ソーサー!
e0062977_09242877.jpg
ひゃっほう!かわいいよぅ!かわいいよぅ!プレートとお菓子をのせるお皿と少しずつあつまり、いずれティーカップも手元に来るかなぁと思っていたら、今回出ていた。


今年一年もたのしいござれ市でした。また来年も良い物に出会えますように。



by recipko2 | 2015-12-21 18:00 | Museum Piece | Comments(0)

THREE 「アルティメイトプロテクティブプリスティーン プライマー [グロー]」

THREEのブランドがデビューした時から、下地、ファンデーション、パウダーはもちろんメイクアップも気に入って使い続けている。

特に、プリスティーン プライマーは、こんなとろりとしてて下地になるの?と頼りなさげなのに、しっかり肌の雰囲気を変えてくれるし、付けていて不愉快さが全くないのでとても気に入っていた。

先日、もうないから購入しようと見たところ、とっくにリニューアルしていたorz

新しくなったプリスティーン プライマーのうち、アルティメイトプロテクティブプリスティーン プライマーなるものを選んでみた。

公式HPによると、

つけた途端に感じる、内側からふっくらしたような心地よさ。

だそうだが、実際につけてみると・・・

つけた途端に感じる、内側から水分奪われるような乾燥感。

だった。

なにこれ・・・・

BBクリームでも目指したのか?というテクスチャで、肌に伸ばすと顔料が肌表面の水分を全部奪っていく感触。

以前のとろりとしたみずみずしさはこれにはなく、ただひたすらヒエ~!下地のこの時点でなんかカサカサなんだけどファンデーションつくのか?と不安になる。

選んでしまったアルティメイトの方は、このヌードベージュが補正効果有るらしいけれど、肌を乾燥させてしまい、おでこが粉拭いたみたいになってしまった・・・・

これはまずい!と、次に使う時は部分使用にしてみたが、やはり感触は同じ。この下地を着けた部分から下(肌表面と内部)は、もう使いたくないという悲鳴を上げてるんだけど、上部分(ファンデーション)の見た目はそんな風には見えない。

でも、付けている間、常に乾燥した感じがあるっていうのは、やはり使ってて心地よいものではないので、もう一つのアドバンスドハーモニープライマーの方を試してみたい。




by recipko2 | 2015-12-17 18:00 | Base & Control etc. | Comments(0)

ポーチドエッグと蟹のクリームソースパスタ@Afternoontea TEAROOM

e0062977_18301239.jpg



去年でわかっていたはずなのに、学習能力なく今年ももしかしたら自分の好みが変わっているかも!?などと淡い期待をもってトライした、クリスマスまでの期間限定のパスタ。

蟹のほぐし身が入ったクリームソースに、ポーチドエッグをのせたパスタは、


今年も、

やっぱもう食べなくてもいいかも。

という結論に至った(なぜ食べる!?)

いやー、ほらさー、時々嫌いだったものが急に平気になったり、そんなに好きじゃなかったものがとても美味しく感じたりするじゃない?

あれ?美味しい?と思うことが多かったので、もしかしたらこれも!?と魔が差した。

決して不味くはないし、好きな人は好きだと思うけれど、お腹が空いた時に、あー!あれ食べたい!とはならない味。

クリームがややサラリとしているのと、蟹がそんなに好きじゃないからが原因だけど、まぁ1回食べたからいいかなーと反応薄し。多分もっとクラムチャウダーっぽい味だったら好みなのかもしれない・・・・(そこまで悩まなくてもいっか)

by recipko2 | 2015-12-16 18:00 | AfternoonTea | Comments(4)

調布・布多天骨董てんこもり(布多天神社大骨董市) 12月


10月、11月とも雨となった調布・布多天神社大骨董市

│12月の見取り図
e0062977_15575193.jpg
12月こそは!と張り切って朝から行くが、この時期にしては雨が降りそうな怪しい雲行き・・・・
e0062977_18271124.jpg
車を駐車場に止めて、鳥居まで戻ってからスタート。

鳥居の右側にあったのは、ブロカントとアンティークのお店。
e0062977_18271222.jpg
(見取り図 1)

アルミの函や、椅子、アラジンのストーブも売り物だった。脚立の上に乗っているクルクル回る本棚がとても魅力的だった(値段訊けばよかったと今にして後悔)。
e0062977_18271229.jpg
テント外側には大きなタライ。これもなんか欲しくなってしまう物の1つ。

傍にある着にはダウンがかけられて、その下にはラグをひいてカゴ、ちゃぶ台、トレイなど置かれていた。お店の人がどこにいるのか最後までわからなかった店。
e0062977_18271395.jpg
(見取り図 10)

欲しいようないらないような、でもじっと見てたら欲しくなりそうなものが売っていたお店。

e0062977_18271320.jpg
(見取り図15)


RainDropsさん。フランスのアンティークタイルは、国立のSTUDIO SETSUのガレージセールの時に見かけていて、先月の多摩骨董市で見せてもらえるようにお願いしていたもの。
e0062977_18271383.jpg
グリーンが美しい琺瑯のポットは最後まで悩んだのだけど、結局買わず。
e0062977_18292111.jpg
この日は比較的アクセサリー大目だった。


今日は曇(しかも時々パラパラと雨が降る)なので、9月よりもお店が少ないし出足も遅い。

8時になったので一旦朝食をとり調布パルコのミスドへ。

教えていただいて食べた担担麺が美味しくて、ミスドがあると食べてしまう。朝だろうと夜だろうと関係ないので担担麺な朝ごはん。
e0062977_18271495.jpg
お腹がいっぱいになったところで、骨董市に戻って再度チェック開始。

今度は鳥居左側。和食器や日本の洋食器等を扱っている店。
e0062977_18271424.jpg
(見取り図 1と3)

先ほどのブロカントのお店と、その向こうは時計とかカメラの店。
e0062977_18271422.jpg
(見取り図 4)
e0062977_18271491.jpg
見取り図6と8は準備中でイマイチよくわからなかったけれど、日本の日用品や古い農具と一緒に工具とかも売っていた。
e0062977_18291916.jpg
(見取り図 6の店内)


見取り図14あたりにあった店。コーニングっぽいんだけどコーニングじゃなかったガラスウエア。
e0062977_18292061.jpg
見取り図17の位置には、上海リルさん。今回は特に欲しいものなし。
e0062977_18292022.jpg
いつも不思議なものが置いてあるお店。古いファッション雑誌とか美術系の本、何故かルイ・ヴィトンのヴェルニ、靴や服。ル・クルーゼの鍋があったのだけどオレンジのグラデーションだったのと中のガラス質が剥げていたので買うのはやめた。
e0062977_18292068.jpg


ということで、調布・布多天骨董てんこもりの恒例のアレいきます。


RainDropsさんでフランスのアンティークタイル。
e0062977_18292182.jpg
鍋敷きとして使うのはもちろん、チーズのせたりするつもり。1500円のところを1200円にしてくださった。

RainDropsさんの隣に出ていたお店で見つけた、台湾の茶缶。どのお店かは判別できなかったけど、缶の裏底にお茶の名前などがかかれていた。
e0062977_18292188.jpg
もちろん、ストックされている大量のお茶の一部を保存するのに使う。1000円を900円に値切った(笑)


1のブロカントのお店で手に入れたアルミの大きな函というかバット。
e0062977_18292148.jpg
36cmくらいあるので食材を置いとくのにもいいし、アルミだから鍋替わりにWECKにも使えるなと思っていたが、茶缶に入らなかった残りのお茶を保管して食器棚に入れる用になった。1500円。


と、この日はこの3点。また次回に期待したい!


by recipko2 | 2015-12-15 18:00 | Museum Piece | Comments(0)

ヤム・ママー(トムヤムクン味インスタントラーメンのサラダ)

e0062977_06520288.jpg



タイにはいつか行ってみたいとは思いつつ、香港やベトナムのように行動を起こすまでには至ってない。

でも、タイ料理は大好きで、少しずつレシピを増やしている。

残念ながら私のタイ料理の味の基準は、香港の九龍城にある泰金国というお店なので、本場の味かどうかわからないのだが、香港に住むタイ人が美味しいといって通っていたのでヨシとする。

ハノイに初めていった際に、ベトナム人のガイドの男の子に「ベトナム料理とタイ料理って似てるよね」と行ったら「全然ちがうよ!」と言われた通り、ベトナム料理と、タイ料理は全然違う(と今ならわかる)。

同じような暑さのバンコクと、ベトナム・ホーチミンでも違うし、北を見てもやはり違う。

ただ、やっぱり似てるなぁと思うのは野菜をたっぷり使って、日本人では思いつかないような組み合わせの食材を、予想以上の美味しさにしてしまう所。

食材へのフレキシブルさは香港でも感心するけれど、よりシンプルな調味料を使ってしっかりと味わい深く仕上げているのがタイ料理と、ベトナム料理だと思う。

だから、ものすごく美味しくていろいろな物つかってるのかなぁと探ってみると、え?それだけなの?というほどシンプルな調味料だったりする。

たとえば、ソムタムなんて、千切りピーラーをつかって細切りにされた青パパイヤを、ナンプラー、タイのライムであるマナーオ、椰子の実の果汁からつくった砂糖で味付けしているのに、素材の美味しさとあいまって汁まで飲み干してしまいたいくらい美味しい。

かと思うと、日本人ではそのまま作って食べるしか思いつかないモノを、食材として到底考えられない使い方をして、美味しい物にも仕上げてしまう。

その代表格が、インスタントラーメンだと思う。

日本人は、インスタントラーメンは、ラーメンとして完結しているので、具を工夫するとかあるけれど、ラーメンとして食べるものとは思っていない。

でも、アジア圏ではこのインスタントラーメンが、ラーメンとして食べるだけではなく、食材として使われる。

香港でならたとえばオイスターソースで和える撈麵になるが、タイだとヤムになる。

ヤムは、ヤムウンセンとかのヤムで和え物という意味だそうだが、あぁラーメンサラダか?と侮るなかれ。

麵どころか、添付のスープの素と調味料を全部使って、しかも野菜や海鮮などをちゃっかりいれて美味しあげてしまう、れっきとした一品料理なのである。

中でも、ヤム・ママーはトムヤムクン味のインスタントラーメンを使って、トムヤムクンとはまた違う美味しさになるのが素晴らしい。

トムヤムクン味のインスタント麺はタイ食材店になら大抵おいてある。普通のトムヤムクン味と、ココナツミルクが入った味とがあるので、普通のバーミートムヤムクンバームサイを選ぶ。

奮発して海老を入れたけど、イカだっていいし、ムール貝の実だっていいし、両方入れちゃったっていい。

こういった料理にあう、セロリの葉、赤たまねぎ(アーリーレッド)、香菜、トマト、きゅうりをいれたい。

そして一番のポイントは麵を茹ですぎないこと!

インスタントラーメンはついつい3分茹でたくなるが、1分茹でたら負け!と心を鬼にして45秒で引き上げたい。
e0062977_06520360.jpg

[材料]

トムヤムクン味インスタントラーメン(タイ製)  2袋

鷄粉 小1

海老(冷凍)  適量

セロリ 1本
赤タマネギ 1/2個(薄切り)
ミニトマト 5個
きゅうり 1/2本
香菜  1袋(3株)

砂糖 大1

マナーオ(レモンでも) 1/2個

[作り方]
1 海老は背ワタをとり、殻付のまま茹でる。触れる程度に覚めたら殻を剥き半分に切る。
2 セロリは茎の部分は薄切り、葉の部分はざく切り。
3 キュウリは縦半分に切り斜めに薄切り。トマトはヘタを取り半分に切る。
4 セロリの茎部分と、薄切りした赤タマネギ、きゅうりを一つのボウルに入れておく。
5 香菜は洗ってざく切りにする。
6 鍋にインスタント麺を茹でれる程度に湯を沸かす。沸騰したら鶏粉を加え、強火のままトムヤムクン味インスタントラーメンを入れ、再度沸騰してから30秒くらいしたら4の野菜を鍋に入れる。
7 10秒ほどで麵ごといれた野菜もザルで引き上げてボウルに入れる(この時特に汁けを切らない)。
8 インスタントラーメンに添付されたシーズニングと、トムヤムクン調味料をすべてボウルにいれて、残りの野菜もいれて全体を混ぜる。
9 砂糖を加えて味を見る。
10 最後にマナーオを絞って全体をあえて出来上がり。

※鷄粉はチキンスープの素で。
※海老以外にも、イカ、カニカマ、かまぼこ等加えても美味しい。
※マナーオの代わりに、レモン、ライム、スダチなどでもいい。
※麵が長くて取りにくいので、ところどころはハサミで麵を切っておくと食べやすい。
※インスタント麺に付属のシーズニングと調味料をすべていれて、タイ料理の偉大な調味料、砂糖を加えて好みの味に仕上げる。
※辛いのが好きならば、唐辛子を加える。
※タイのインスタントラーメン。これはママー社の。
e0062977_06520366.jpg



by recipko2 | 2015-12-13 18:00 | Recipe | Comments(0)


コスメやスキンケアや美容のこと。一生懸命あがいています。といっても最近は素敵なごみ・・・もとい日用品を買う方が多いけど。2017年も旅行に買い物に骨董市にと好きなことしまくります!


by recipko2

プロフィールを見る

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

<< お気に入りのブログ>>
Cozy's Cozy's World
映画のフェイクポスターをのせているブログ。本物かと思うほどの凄まじい出来です。

ニョニャ料理の日々

------------------------
広州
旅行口コミ情報

香港旅行・ホテルのクチコミ






*-*-*Twitterはじめました-*-*

「recipko」
で検索してみてください。

※おもに暴言。たまーに記事にする前のコスメのこととかつぶやいてます

*-*-**-*-**-*-**-*-**

https://iluquappa.stores.jp/

最新のコメント

お久しぶりです☆ 素敵..
by Yumija at 21:36
> もりもりみつみつさん..
by recipko2 at 15:55
> まきまきさん ..
by recipko2 at 15:52
> もりもりみつみつさん..
by recipko2 at 15:47
アスリート並みの酷使で、..
by もりもりみつみつ at 20:14

ブログジャンル