<   2016年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

越南焼肉撈麵  bún thịt quay

e0062977_16231492.jpg
ハノイは旧市街にしかいないからなのか、冷麦ぐらいのブン búnという米で作られた麺を使った、スープをいれない混ぜ麵をまだ見たことがない。

一方、香港のベトナム料理店は、主に旧サイゴン(ホーチミン)からのボードピープルが多いせいか、フォーと同じ位、いやそれ以上に香港人に好まれているのが、その混ぜ麵。

越南撈麵とメニューにあり、越南香茅撈麵だとか、越南烤肉撈麵だとか書かれている。

麵にたっぷりの野菜、大根とにんじんのなます、そこにメインの肉とかがのって、卓上にある大きな水差しみたいなのに、ヌクマム・醋・唐辛子・ニンニク・砂糖が入ったヌクチャムのようなものをぶっかけて食べる。

ほんのり酸っぱくて、辛みもあり、麵がツルツルなのでどんなに暑い日でも美味しく食べることができる。

一度、本場で食べたいと思っているのだけど・・・・

わざわざ撈麵としなくとも、サニーレタス巻にしたり、ライスペーパー巻きにしたりする材料を、ザッとひと盛にすれば出来上がりの撈麵。

今日は、豚のバラ肉を焼肉というスタイルで焼き上げたので、それを添えて、以前に作って冷凍しておいたベトナム風つくねも添えて、越南焼肉撈麵に仕立ててみた。
e0062977_14442013.jpg
ニンニク・唐辛子入りのヌクチャムは確かに美味しいけれど、その後ずっとニンニクになってしまうので、私はニンニク・唐辛子をいれないヌクチャムが好き。

絶対になくてはならないのが、なます。ベトナム風なんて気負わず、普通にお正月や普段作っている日本のなますでいい。以前はヌクマムを使うなますにハマっていたけれど、普通に作ってみたらそちらの方がより、ベトナムメシに合っていて、それ以来普通のなますを作るようにしている。

日本のなますと違うのは、ナミナミに切っているくらい。

あとは、香菜、スペアミント、適当に葉物野菜をつけて、上から砕いたピーナッツをかければ出来上がり。

お肉は、豚の小間肉を焼肉のタレで焼いたのだっていいし、鶏のから揚げだっていいと思う。


焼肉の作り方はここ
その他の作り方はここ


・この日使った器等・
フランスのヴィンテージ皿 - トンドンシエル蚤の市
ロココ女の小皿 - 布多天神社大骨董市



by recipko2 | 2016-03-31 18:00 | Recipe | Comments(2)

BRICK&MORTAR  トンドンシエル蚤の市 - from Paris -


新宿のルミネ1でご飯を食べようと思った時は、必ず6階を覗くようにしている。

このフロアにある、BRICK & MORTARという雑貨屋さんをチェックするためだ。

11月だったろうか、中川政一商店に行くためだったが、その横に気になる何かがある。

近づいてみると、インドやネパールの雑貨が置いてあり、お店の人もビックリするほど買い込んだ(笑)

それ以降、定点チェック先になったここは、この日は近頃では珍しく早く帰れたので、寄ってみると・・・・

なにあれ!きゃーーーっ!
e0062977_14421972.jpg
となるディスプレイ。なに?なに?今度はなに?


トンドンシエル蚤の市 - from Paris -
と題されたイベントらしく、この一角にはフランスの蚤の市がそのままやってきたような雰囲気(フランスに行った事ないけど)

フランスのアンティークは、インドシナの宗主国だっただけあって、アジアメシ特にベトナム料理にぴったりだけど、ここにあるのは、特にピタッ!と来るものばかりで、狂喜乱舞。

これらの品は、トンドンシエルさんというフランス在住のバイヤーの方により買ってきたものらしく、ちょうどこの日はお店にいらっしゃって、こういったイベントをまわっているのだとか。

トンドンシエルさんのFB
https://www.facebook.com/tantdansciel

実店舗あったらなぁ。

ということで、トンドンシエル蚤の市での恒例のアレ!いきます。

フランス Digoinのプレート。
e0062977_14422071.jpg
これは柄がまんまベトナム・ハノイでかったサッチャンメッ(琺瑯)のプレートにそっくり。というかこういった柄を模倣していたんだと思われる。
e0062977_14421978.jpg
同じ柄と形なのに、色が変わるだけでグッと雰囲気が変わる。

e0062977_14421999.jpg
これもDigoin、大きいリム付き皿もあったけれど、20cm弱の使いやすいこちらの大きさがいい。

これは、バックスタンプがよみとれず。でも形がすごく面白い。
e0062977_14422018.jpg
すり鉢型というには浅い。

トンドンシエルさんの品物は、状態もいいのにお値段がとても手ごろで驚いた。また絶対に買いにいきますっ!

by recipko2 | 2016-03-30 18:00 | 骨董市 | Comments(2)

合羽橋がとまらない! ~ 喫茶 ピーター ~

e0062977_07165947.jpg

探索だけのつもりが、思わぬソ連モノを手に入れてしまった帰り。

魔性の味のコーヒーもいいけれど、他にもたくさん喫茶店がこのあたりにはあるはずと、キョロキョロしていると少し行ったところに、


喫茶ピーター
e0062977_07165903.jpg
という看板が見えた(アフリカ人か)。

これは寄ってみなくてはならないでしょう!

お店の傍に行くと、カレーのいい香りがしている(が、ときわ食堂で食べてお腹いっぱいのままなので飲み物だけ)。

扉を開けてみると、想像以上の店内!
e0062977_07165983.jpg
店主のおばさまがこのソファで紙ナフキンを折々していた(笑)

とても寒かったので温かいものを飲みたいと入ったはずなのに、クリームソーダ―
e0062977_07170087.jpg
こんな店でメニューに載っていたら、頼んじゃうでしょ!?頼まずにはいられないでしょ!?!?

味は普通ですが、乗っているアイスがで美味しい。クリームソーダ―のアイスは、ハーゲンダッツ張りに美味しいのでもダメだし、ラクトアイスってわかるのでもダメな、絶妙なバニラアイスがのっていて、これこれ!と嬉しくなる。

今は、カレーライスとハヤシライスがおススメだそうで、次回は食べてみたいと思っている。小盛、普通、大盛とサイズがあるようなので、小盛食べれたかもーと会計の時に後悔した。



[お店の場所]
喫茶ピーター
東京都台東区西浅草3-13-1

by recipko2 | 2016-03-29 18:00 | Eat | Comments(2)

リサイクルショップ・ナナ@善行



噂にきいていた善行にあるという、ダサ可愛い器の宝庫へ、ニョニャの達人が連れて行ってくださった。

それはもう、とにかく量がすごいと聞いていたので、この日は大和の骨董市だったこともあって、香港で手に入れた、豹柄コロコロを持って行っての探索。
e0062977_07094505.jpg
ニョニャの達人はお仕事中だったために、お店の場所を伺って先に行ってみた。

善行の駅からほど近く。

おべんとう

と書かれた看板が目印のその店は、表でおっちゃんが椅子にすわって日向ぼっこしているという、

アジアか!

といいたくなるほど、のんびりしている風景だったが、店に近づくにつれて、

これは・・・・様子がおかしいぞ!

というオーラーが出ていた。表に食器があふれており、一か所の扉から入ると、
e0062977_07094424.jpg
えらいこっちゃ!

な、荷物の積まれ具合。しかしその隙間から見える器たちは、どれもこれも骨董市で探している私のツボに入るものばかり。

10畳ほどの店内に、上着を脱ぎ、本気の滑り止め付きグローブをはめて、荷物を動かして奥へと侵入をはかっている姿をみられて、

「また、きますねー」

と他のお客様から完全に店員と思われて声をかけられる(そりゃそう思うわ・・・)。

ふー、こりゃ大変だぜと、いったん表にでてみると、私が見ていたのは店のほんの一角だということがわかった。


今見ていた空間の7倍くらいの広さの中に、器器器器器器器器!!!!
e0062977_07205746.jpg
(上海街の店)
香港の上海街にそれはもうのせっぱなしの、どえらいごみ・・・じゃなかった食器やがあるけれど、その店を彷彿とさせる店内。

楽園かっ!

上に積み過ぎてもはや下に何があるかわからない状態。が、そうなると、素敵なごみ好きとしてはムラムラ(?)、たまりません。

この一角を今日は片付けます!

と勝手に宣言し、発掘を始める。

普段、骨董市で探しているような、オールドノリタケや、今では見ない古いタイプの器、なぜかイギリスやフランスの器などが、この一角だけでも相当数あり、積みあがっているほんの一片の雰囲気から、これは!とあたりをつけて発掘するのは、楽しー!

しかも何がすごいって、ほぼ新品中古な所!いわゆるデッドストック状態の品物ばかりなのだ。

店のおっちゃんもビックリなほど深い地層から掘り出した戦利品。
e0062977_07094490.jpg
このおっちゃんとは、オールドノリタケ話で一日中喋っていられると思う。

と、いうことで、善行のリサイクルショップ・ナナでの恒例のアレ、行きます。


水差しのカップ。×4個。
e0062977_07094558.jpg
コーヒーポットなのか水差しなのか・・・・花柄がツボ。
e0062977_07094547.jpg
小花柄の小さなボウル。×4個。
e0062977_07094675.jpg
アジアメシには欠かせない、タレを入れる小さなボウル。
e0062977_07094687.jpg
これまた重宝な小皿。野ばらはナルミ。×3枚
e0062977_07094764.jpg
おなじく、ミニバラはCLOVER。×3枚
e0062977_07094716.jpg
これも直径10cm位のリム付き深皿。×3枚
e0062977_07094700.jpg
12cm程のオールドノリタケの浅皿。×3枚
e0062977_07114186.jpg
「かおり」シリーズ。
e0062977_07114278.jpg


e0062977_07114209.jpg
はかないバラ柄もオールドノリタケ。×3枚
e0062977_07114310.jpg
古い地層(?)から発掘した
e0062977_07114374.jpg
NIPPON TOKI KAISYA会社のバックスタンプを持つ、こちらもオールドノリタケ。×4枚
e0062977_07114487.jpg
これも。
e0062977_07114412.jpg
カーネーションなのか鶏頭なのか・・・・
e0062977_07114575.jpg
こちらもオールドノリタケ。
e0062977_07114588.jpg
かなり気に入っている、
e0062977_07132998.jpg
日本陶器會社とヤジロベエのマークを持っている、これもノリタケ。×2枚
e0062977_07133030.jpg
黒と白で鬚のように見える、
e0062977_07133093.jpg
少しモダンなタイプ。
e0062977_07133145.jpg
最下層から、かすかに見える柄を頼りに掘り出したのは、オキュパイドジャパンのプレート。×4枚
e0062977_07133161.jpg
これ見た時は思わす叫んだ。
e0062977_07133299.jpg
表に近い所にあった、インドネシアのガラスみたいなガラスプレート。×2枚。だっさ!めちゃくちゃだっさ!かわいい!
e0062977_07133249.jpg
こちらもガラスプレート。オニゲシの花かな。×3枚
e0062977_07133337.jpg
こちらは、現:NIKKO、
e0062977_07133412.jpg
日本硬質陶器の深さのほとんどないプレート。×4枚
e0062977_07133393.jpg
油膜柄(?)もカレー皿。
e0062977_07141581.jpg
懐かしい柄の、先割れスプーン。
e0062977_07141580.jpg

これだけ買っても、8700円でバカ安っ!

まだまだ、いっぱいお宝眠っているので、今度は車で発掘しに行きます。


by recipko2 | 2016-03-28 18:00 | 骨董市 | Comments(8)

ストロベリーモンブラン@Afternoon Tea TEAROOM

e0062977_14425268.jpg


昨年と同様に、苺のクランブルチーズケーキが終わって、ストロベリーモンブランが始まった。

モンブランというよりも、苺のムースをモンブラン状にしたようなのがモンブランになっており(?)、そこは変わらぬ美味しさだけど、間に挟まっているクリームが変わった?

去年は、間に挟んでいたのはカスタードクリームと、生クリームだったように記憶しているが、今年はカラメルクリームかと思うようなほんのりビターな風味が挟まっていて、


とてもおいしい!
(HPみたら珈琲クリームだそうです)

寄る年波で、甘いだけのケーキはつらくなってきたので、こういう美味しいビターさが加わるの大好き。





by recipko2 | 2016-03-26 14:42 | AfternoonTea | Comments(0)

素敵なごみと、アジアメシ。[ピンクグラデーションのマレー風ボウル]



香港メシから始まったアジアメシの旅。


香港茶餐廳料理研究家(言ったもん勝ち)を僭称しているわけだが、茶餐廳に限らず、その国や土地に住んでいる人が、日常食べているご飯だったり、当たり前すぎて「え?こんな店でいいの?」というような店の食べ物に興味がある。

はっきり言うと「人」には興味がないけれど、「人々の生活」が知りたいのだ。

だから、人々の生活に直結している「食」というものに惹かれるのだと思う。

その土地の食べ物や、素敵なごみと呼んでいる日用雑貨品(器や台所回り、日用品)が大好きなのも、すべてはその興味があるから。

私の作る香港メシもアジアメシも、高級レストランで出るようなものはなく(そもそも作れん)、普段の食ばかり。

豪華絢爛の器じゃなくて、普通の家庭や食堂で使われている器を使いたいと、少しづつ(大量に)集めている。




高幡不動ござれ市でみつけたのは、ボウル型。

金彩の縁からピンク色が始まり、中心に向かうにつれ薄くなるグラデーションの皿。
e0062977_08112729.jpg
丁度このときは、マレーシアのニョニャ博物館の画像をツイッターで見て、そこで使われていた食器に釘付けに。その食器と似ていて、さらにニンマリした。

これに合わせたいのは、ココナッツミルクがはいったマレー風のカレーだったり、冬瓜とスペアリブのベトナム風スープや、香港メシからは酢豚とかも合う。

この日合わせたのは、タイからヤム・ママー
e0062977_08112708.jpg
トムヤムクン味のインスタントラーメンで簡単につくれる、まさかのヤム・ママー。

インスタントラーメンが安いくせに、エビを入れるのと入れないのとでは美味しさが違う気がして、結局そこそこいい値段がかかるヤム・ママー。





by recipko2 | 2016-03-25 18:00 | 素敵なごみと、アジアメシ | Comments(0)

高幡不動 ござれ市 3月

前日の大和での爆買いにもかかわらず、高幡不動ござれ市は外せません。

今朝は、はじまる朝7時ちょっとすぎには高幡不動尊へ。いつものように駐車場に入れようとおもったら、入口に消防車が・・・

事情を聴きに行った前の人が「むりむり!今日は開かないよ!車がつっこんでた!」と朝から奇想天外な理由を教えてくれて、近くの有料駐車場へ停めなおし。

土方歳三もビックリですが、高幡不動ござれ市です!
e0062977_07162466.jpg

e0062977_14181472.jpg
(境内見取り図。付け忘れた)


まずはいつもの本殿前の陶器屋さん(★1)。今日もきれいに並んでいますが特に欲しいものなし。
e0062977_07162433.jpg
★2の位置は、やっぱりチェック、しろねこ屋さん。
e0062977_07162402.jpg

そのまま坂を上っていくと、ちょうど事故現場がよく見える位置に(△マーク)。高幡不動尊の第2駐車場は少し上った中腹にあるのだが、行く道がクランクになり、ちょうど段になっている。

その段の上(駐車場)から、段の下(民家の駐車場)へダイビングした。
e0062977_07162561.jpg
アホすぎる・・・・・

ソメイヨシノではない桜が咲き始めていた(★3)。
e0062977_07162689.jpg
e0062977_07162532.jpg

階段をくだって、★4の位置には買うことはないけれど、骨董!な品ぞろえで見るのが楽しいお店。
e0062977_07162649.jpg
今日は裏手★5でセトモノやさんがでていた。
e0062977_07162638.jpg



★6で、RainDropsさんと一緒にお店をやってらっしゃる方のテーブルで、ダサ可愛い花柄小皿発見。
e0062977_07162718.jpg
奥のバラの柄も気になったけど、サイズが大きかったのでやめておいた。

★7はRainDropsさん。

朝ごはんは、高幡不動駅の駅ソバで。
e0062977_07181729.jpg
箱根そばの方が好きかなぁ。


ということで、高幡不動ござれ市、恒例のアレいきます!


まずは、RainDropsさんで見つけた、イギリスアンティークのガトートング。
e0062977_07181795.jpg
小さ目のガトーやクッキーを取るのに使いたい。1500円。

印忘れたけど、茶道具を売っているお店で見つけた、なんとなく北欧っぽいスタイルのサーバー。
e0062977_07181714.jpg
本来は灰を炉に入れるものだとか。500円。
e0062977_07181750.jpg
ダサ可愛い花柄小皿は、豆皿サイズ。柄違い2種類。1枚150円。
e0062977_07181809.jpg
上海リルさんで見つけたのは、小さなアルミのカップ。
e0062977_07181833.jpg
養命酒の計量カップの2まわり程小さいサイズ。唐辛子塩とか、ピーナッツ塩とか入れたい。



by recipko2 | 2016-03-24 18:00 | 骨董市 | Comments(0)

素敵なごみと、アジアメシ。  [オキュパイドジャパンのボウル×ベトナム料理]


香港メシから始まったアジアメシの旅。

香港茶餐廳料理研究家(言ったもん勝ち)を僭称しているわけだが、茶餐廳に限らず、その国や土地に住んでいる人が、日常食べているご飯だったり、当たり前すぎて「え?こんな店でいいの?」というような店の食べ物にとても興味がある。

はっきり言うと「人」には興味がないけれど、「人々の生活」にはとても興味がある。

だから、人々の生活に直結している「食」というものに惹かれるのだと思う。

その土地の食べ物や、素敵なごみと呼んでいる日用雑貨品(器や台所回り、日用品)が大好きなのも、すべてはその興味があるから。

私の作る香港メシもアジアメシも、高級レストランで出るようなものはなく(そもそも作れん)、普段の食ばかり。

豪華絢爛の器じゃなくて、普通の家庭や食堂で使われている器を使いたいと、少しづつ(大量に)集めている。


多摩骨董市で見つけた、野ばらのようなハマナスのような花柄が入ったボウル。
e0062977_07494583.jpg
縁部分がナミナミになっており、直径20cmもある大きなボウル(鉢)だった。

ずいぶん大きくて使えるか?と一瞬躊躇したが、器を見ていたら「あ!スープ入れよう」と決まった。

いれてみたいと思っていたスープは、中華系からはコーンスープである玉米湯、酸辣湯、トマトをいれた例湯風のもいい。

ベトナム料理からは、蓮根とスペアリブのスープ。蓮根をジャガイモに変えてもいいし、豆腐と青菜をいれたスープもいいし、ガイドの男の子の家で食べさせてもらった水に酸っぱい実をいれたものでもいいかもしれない(日本なら梅干か)。
e0062977_07494524.jpg
そんな候補から、この日合わせたのは、ベトナムから蓮根とスペアリブのスープ

最初は『頑張って』作っていたスープだけど、何度も作ってこなれ感(笑)がでてきたのか、それともこの器に盛ったからか、よりベトナムらしくできたように思う(自画自賛)

一緒に合わせたのは、ベトナム製のアルミのおたま。小さ目でこのボウルにぴったり。




by recipko2 | 2016-03-23 18:00 | 素敵なごみと、アジアメシ | Comments(0)

やまとプロムナード古民具骨董市 3月


年度末に忙しいのは、仕事をしてきてからずっとなので当たり前とはいえ、近頃は寄る年波には勝てない(以前は1月になってからずっとだったのが、3月だけになっただけマシだが)

なんとか現実逃避モチベーションを維持するために、やっぱり楽しいことがなくっちゃね!と、ニョニャの達人におつきあいいただいて、合羽橋等に攻め入ってたりと予定満載の近頃。今日は月に一度の楽しみやまとプロムナード古民具骨董市

とはいうものの、今日のメインイベントは骨董市ではないので、始発ではむかわずにのんびり行くことにする。

大和駅についたら雨が強く降り始めていたため、骨董市の写真はなし。すんません。

雨のために、店じまいの支度をはじめている出展多いものの、私がいた時間帯は大体まだ数は出ていた。

見ているこちらも笠をさしながらでは大変なので、眼の端に引っかかったものをチラッと見て即決していったかんじ。


一通り見終わって朝ごはんはミスド。
e0062977_07065782.jpg
期間限定というロイヤルミルクティー。期間限定を外してほしい。

ミスドの前にある、気になる百貨店joy浜屋

e0062977_07065810.jpg
中に入ってみたいけれど、用がなくて入れない店w

ランチはもちろん、マカンマカンさんへ。

e0062977_07065801.jpg
今日のランチセット。豚肉と大根、ジャガイモ、ニンジンが入ったブリ大根みたいな(?)日本人が好きな味。ご飯にかけて食べるのだけど、おいしかったー。添えてある魚のすり身を揚げたさつま揚げみたいなのも、当然美味しかった。とにかく納得の美味しさなのです。

ということで、やまとプロムナード古民具骨董市、恒例のアレ行きます。

明日(高幡不動ござれ市)もあるので、RainDropsさんではあっさりとこれ1点。2500円のところを2300円にしてもらう。
e0062977_07065852.jpg
フランスのアルミコランダー。持ち手が木のようなアルマイトのような仕上がり。イギリスとアメリカのだと黒だったりするけれどこういう色合わせがフランスっぽい気がする。


東側にいった店先であった、油が浮いたような仕上げの小皿。
e0062977_07065840.jpg
この仕上かた何て言ったっけ。なにかの本に書いてあったような、マルモのおばちゃんに教えてもらったような・・・・

8枚で500円。


一度、ミスドに行ってから広場に戻り、雨の中見つけたのがこの4種類。
油絵!って感じのだっさい(でもかわいい側)の皿。

e0062977_07065967.jpg
なんか好きだわこれ。
e0062977_07065977.jpg

e0062977_07065902.jpg
ブルーのバラはどこかで見たことあるんだけど、どこでだっけ?これらも1枚500円(後から思うと高かったかも)。
e0062977_07070012.jpg
これも東側で通りかかった店で見つけた、ダサ可愛いバラ柄のプレート。25cmはあるデカ皿。
e0062977_07070027.jpg
デカ皿は使い道がそんなにないのと収納場所に困るのでなるべく避けていたが、トレイ的使い方(上に小さな器をのせる)やプレート盛りに便利なので解禁。1枚300円を2枚かったので500円に。
e0062977_07073372.jpg




by recipko2 | 2016-03-22 18:00 | 骨董市 | Comments(0)

ヤリイカの明太子ジェノベーゼパスタ@Afternoon Tea TEAROOM oishii

春のメニューのうち、3月17日からはじまったメニュー。

意外にもこれまで出たことなかった明太子(たらこ)ジャンル。
e0062977_07190071.jpg
ジェノベーゼ感はほとんどなく、明太クリームパスタという感じの味(パルメザンが入っているからかな)。

この系統は安定の美味しさで、こちらももちろん美味しい。私的にはもう少しクリームっぽい風味がすくないほうが好きだなぁ。

イカのぷりっとした美味しさ、ソラマメの春らしい苦みの取り合わせは好き。




by recipko2 | 2016-03-21 18:00 | AfternoonTea | Comments(0)


コスメやスキンケアや美容のこと。一生懸命あがいています。といっても最近は素敵なごみ・・・もとい日用品を買う方が多いけど。2017年も旅行に買い物に骨董市にと好きなことしまくります!


by recipko2

プロフィールを見る

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

<< お気に入りのブログ>>
Cozy's Cozy's World
映画のフェイクポスターをのせているブログ。本物かと思うほどの凄まじい出来です。

ニョニャ料理の日々

------------------------
広州
旅行口コミ情報

香港旅行・ホテルのクチコミ






*-*-*Twitterはじめました-*-*

「recipko」
で検索してみてください。

※おもに暴言。たまーに記事にする前のコスメのこととかつぶやいてます

*-*-**-*-**-*-**-*-**

https://iluquappa.stores.jp/

最新のコメント

初めまして。ではないので..
by 山下デス at 13:12
> もりもりみつみつさん..
by recipko2 at 15:13
美味しいヤツですよね! ..
by もりもりみつみつ at 21:04
> IKEさん 多..
by recipko2 at 18:42
いつも李錦記の叉焼醤で作..
by IKE at 09:49

ブログジャンル