<   2016年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

水餃子と素敵なごみ・・・じゃなかった器たち 2


基本的に、会社いってるか、旅行いってるか、アフタヌーンティーにいってるか、水餃子食ってるかなので、特にネタ無し。

なので、水餃子ネタいってみよう。
(左上から時計回りに)

e0062977_08383747.jpg
レタス油菜 - 雛菊柄の碗(シンガポール)
水餃子 - インド産ステンレスのオーバル皿(シンガポール)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - メラミンのタレ皿(シンガポール)
トレイ - アルミ(ハノイ)

プラーヤーン - グリーンのオーバル皿(高幡不動ござれ市)
茹でキャベツ 黄身ソース添え Chưng Cải Dắp - バラ柄のリム付き深皿(大和骨董市)
水餃子 - バラ柄のボウル(シンガポール)

レタス油菜 - メラミン皿(香港)
水餃子 - ピンクのボウル(シンガポール)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - メラミンのタレ皿(シンガポール)

レタス油菜 - バラ柄のボウル(シンガポール)
水餃子 - 唐子の有田焼(高幡不動ござれ市)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - ダブルハピネス柄のタレ皿(シンガポール)

e0062977_08383807.jpg
揚げコーン Ngô chiên - 無骨仕上げのオーバル皿(香港)
水餃子 - ピンクのボウル(シンガポール)
小碗 - 映日紅柄(シンガポール)
パンジー柄のミルクガラスのプレート - (シンガポール)

水餃子 - メラミンのボウル(ダイソー)
白菜と春雨と豆腐の鍋 - 砂鍋(香港)

菜心の油菜 - 山ブドウ柄のオーバル皿(香港)
水餃子 - 帝華柄の浅皿(香港)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - 帝華柄のタレ皿(香港)

レタス油菜 - 琺瑯ボウル(ハノイ)
水餃子 - 琺瑯トレイ(シンガポール)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - 白い無地のタレ皿(シンガポール)

e0062977_08383938.jpg
レタス油菜 - 帝華柄のオーバル皿(香港)
水餃子 - 青い花柄の碗(香港)
同じ柄の小皿 - 香港
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - 赤いメラミンタレ皿(シンガポール)

菜心の油菜 - 琺瑯ボウル(ハノイ)
水餃子 - アルミのトレイ(ベトナム)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - ベージュの無地のメラミンタレ皿(シンガポール)

レタス油菜 - ソンベ焼きの浅鉢(ホーチミン)
水餃子 - 映日紅柄のボウル(シンガポール)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - ソンベ焼きの小さなタレ皿(ホーチミン)

菜心の油菜 - 帝華柄のオーバル皿(香港)
水餃子 - バラ柄の碗(シンガポール)
小皿 - 帝華柄( 香港)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - ベージュの無地のメラミンタレ皿(シンガポール)

e0062977_08384083.jpg
レタス油菜 - 帝華柄の浅皿(香港)
水餃子 - 琺瑯のプレート(ハノイ)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - 花柄のメラミンタレ皿(シンガポール)

餃子と白菜と春雨の鍋 - アルミの鍋(香港)
小碗 - 映日紅柄(シンガポール)
タレ(唐辛子+醤油+シーズニング) - 小花柄のタレ皿(香港)

水餃子とレタスの油菜 - ピンクのボウル(シンガポール)

水餃子 - グリーンの琺瑯リム付きプレート(香港)



私も好きねぇ。。。。(ふたたび!)



by recipko2 | 2016-10-31 18:00 | 素敵なごみと、アジアメシ | Comments(2)

唐辛子と塩で作る辣椒醬

e0062977_08384673.jpg

唐辛子って美しい。刻んだ唐辛子を見るとウットリする。

しかし、辛いものは苦手

でも、生の唐辛子の美味しさを知っている。

だから、大量に入れることはないけれど、いろいろな場面で使うことが多い。

日本だと残念ながら、一年中、生の唐辛子を手に入れることが難しいが、9月から今位の季節だと、時折スーパーで鷹の爪が枝ごと売ってたりする。

ツイッターでフォローさせてもらっている方が、唐辛子を刻んで作った辣椒醤を作っていた。

私も早速作り方を教えてもらい、トライ。

材料さえあれば(そこが一番難しいのだけれど・・・)、すぐに作れて、すぐに食べれて、いろいろな場面で利用が可能。

ベーシックの作り方がわかったので、もう少し何かプラスして作っても面白そう。

教えてもらった作り方は、

① 唐辛子をよく洗う

② ヘタ部分を取り除く

③ フードプロセッサで刻む

④ 塩を混ぜ込んで、瓶などにいれて保存

というものだった。

辛いのが得意ではないので、少量だけ作ってみよう!と唐辛子を買ってきて、トライ。

万が一に備えて、ビニール手袋を装着。小量(たぶん300g位)だったので、フードプロセッサは使わずに、手で刻むことにした。

プロセス①は余裕。

プロセス②もヘタ部分をとるのは、本当に簡単。

でも、中が露出してくると、ほのかにカラ咳が出そうになる。唐辛子成分が空中に放出されてきてるな。

ヘタを全部取り終わった頃には、これは手で刻んでは危ない!とフードプロセッサを使うことにした。

プロセス③は、フードプロセッサにうれて、好みの細かさにするだけなので10秒くらいで瞬殺。

これを集めてきれいなボウル等にいったん入れて、塩を入れるプロセス④になると、結構目に来る。
e0062977_08384724.jpg
できあがり。
e0062977_08384872.jpg
あとは、冷蔵庫で保存。
e0062977_08384716.jpg
※瓶は煮沸消毒してから使った。

一番使っているのは、水餃子(またか!)を食べる時、ほんのちょっと小豆大位をとって、醤油とシーズニングソースに。

辛くないヌクチャムに、ちょっと辛さが欲しい時にも。

何かにちょっとそのまま入れるだけで使える。

ラーメンに入れてもいいし、炒め物に加えても。




by recipko2 | 2016-10-28 18:00 | Recipe | Comments(0)

清湯蘿蔔牛腩 Beef Brisket with radish

e0062977_08371338.jpg



牛腩シリーズ(でた!)の最後は、清湯蘿蔔牛腩

要するに大根を牛腩スープで煮たものだけど、香港のレストランで味わえるものというよりも、小さな店でこれを目当てに行くというイメージ。

具は、牛腩のほかは大根のみという超シンプル。

お店によって甘さの加減が違い、カレー汁を別に用意してたりと様々だと思う。

大根は牛腩スープそのまま煮るのでは、ちとつまらないので、鶏のスープで柔らかく煮てみた。ここでも冰糖を加える。

牛腩スープがWECK化されているからだけど・・・

仕上に、牛腩スープと、牛腩と、大根と、大根を煮た鶏のスープも合わせる。割合はだいたい牛腩スープ4:鶏のスープ1程度。

ガッツリと味を付けるのではなく、ベトナム料理のスープのいいところをマネして、極力味付けは薄めに仕立てた。

食べる時に、塩と胡椒にシークワーサーを絞ったもの、生の唐辛子を刻んで醤油とシーズニングソースを垂らしたもの、チリソースなど好みのタレをつける。
e0062977_08371497.jpg
あと、香菜と、シークワーサーを少し小皿にいれて、食べる時にスープに絞って入れる。柑橘は何でもいいけれど、青切りのシークワーサーや、これからの季節なら酸っぱめのミカンもいいと思う。
(柚子はおすすめしない)

作った日よりも、2日目、3日目とドンドン美味しくなる。

e0062977_08371202.jpg
[材料]
牛腩スープ(牛腩400g+スープ700cc程度)
大根  1/2本

鶏スープの素
冰糖 15g程

[作り方]
1 鍋に大根がヒタヒタに入る程度の水をいれて、火にかける。
2 大根は皮を剥いて大きな乱切りにする。
3 1の湯が沸いたら鶏スープの素(小1)をいれて、大根を加えて、大根が六分通り柔らかくなるまで煮る。
4 別鍋に牛腩スープをいれて火にかける。
5 コトコトしだしたら、柔らかくなった3の大根とスープ1カップ程度加えて、冰糖も加えて15分程煮込む。
6 塩小1、胡椒粉をたっぷり加え、大根が好みの柔らかさになるまで煮込む。
7 食べる直前に、牛腩を取出し食べやすい大きさにきって、大根とスープとともに器に盛る。




・この日使った器等・
清湯蘿蔔牛腩をいれたボウル - 安永百貨(香港)
香菜とシークワーサーをいれた小皿  - 安永百貨(香港)
タレ皿 - 協和號(香港)



by recipko2 | 2016-10-27 18:00 | Recipe | Comments(0)

港式咖哩牛腩(香港式牛バラカレー) Hong Kong Style Beef Brisket Curry

e0062977_12353755.jpg



初めて、美味しいよ~^^と香港人の友人に勧められて食べたのは、銅鑼灣の太興咖哩牛腩だった。

真っ白いメラミンの大きなボウルに、これまたお椀の形くっきりに盛られたご飯と一緒にきて、ええええー!こんなに食べれるのぉ!?とおののいて、結局ペロッと食べてしまった覚えがある。

具は、柔らかく蕩ける・・・とまではいかないけれど、程よく食べると歯に挟まる肉質に、これは明らかにアイダホポテトの冷凍皮付きポテトフライをそのまま入れてるよね?というポテトだけ。

でも、日本のカレーともまた違う、まろやかな甘さをもった咖哩に、肉の美味しさもたっぷりで、ご飯と一緒に食べ始めると止まらない美味しさだった。

以来、私の中での味の基準は太興

茶餐廳で、この咖哩牛腩をウリにしている店も多い。そしてメニューには必ずあるといってもよい。店によってココナッツミルクの量や、トロミ、ジャガイモ形や揚げてたり揚げてなかったりと、個性があって、どこで食べても美味しい。

咖哩牛腩自体、ご飯にかけなくても、麺でもおいしい。

中環の歌賦街にある九記牛腩は、香港のガイドブックに載ってないことがあり得ない程有名だし、やっぱり美味しい。


さて、咖哩牛腩だ!と最初に適当に作ってみたら、意外にも美味しくできたのに、そういう時に限って適当に作りすぎて、レシピをとってなかったりする。

何度か試作し、カレー粉によって味が違ったり、牛肉を煮すぎてホロホロになりすぎてしまったりと、なかなか難しい。

煮込む時に、香港や中華圏でよく使われる冰糖(ぴんとう)という、黄色いロックシュガーを使うのだが、形がまちまちな上に、固いものだから容易に砕くことができなくて、なるべく小さ目の塊を集めて調整しているが、多めの方が好みの味に仕上がるというのがわかった。

カレー粉だけで十分なトロミが付くので、好みのトロミにしてもらい、あとはたっぷりのご飯(タイ米)を用意して、ワシワシたべてもらいたい。
e0062977_12354960.jpg
蕃茄滑蛋というトマトソースに緩くつくったオムレツみたいな料理をそえて、一緒に乗せて食べるのも、このところ気に入っている。
e0062977_12354793.jpg
今日は、コーニングウエアの鍋に入れたけど、大きな皿にご飯を山のようにもって、横にお椀にいれた咖哩牛腩を添えると香港っぽい。



[材料]
牛腩(スープと煮たもの) 400g(食べやすい大きさに切っておく) 
牛スープ 650cc
鶏粉 小1

生姜  1カケ (みじん切り)
ホムデン  4個(みじん切り)

カレー粉
大3 (最初に使う用)
大1~2(味の調節用)

氷砂糖 45g~50g

ジャガイモ 中5個

ココナッツミルク 100cc
エバミルク     50cc


[作り方]
1 鍋に油を大2いれ、生姜とホムデンのみじん切りを炒める。香りが出たらカレー粉大1を加えて油となじむまでよく炒める。
2 分量のスープから600ccを少しづつ加える。鶏粉もいれる。
3 中火で人に立ちしたら、牛肉と氷砂糖を加える。
4 カレー粉大2を残りのスープで溶き辛子の要領でといて、鍋に加える。
5 中弱火で30分程度煮込む。
6 ジャガイモは皮を剥き、好みの大きさにきって、一度油で素揚げしておく。
e0062977_12355075.jpg
7 ジャガイモと、味の調節用のカレー粉を加えて(この時もスープで溶く)20分程さらに煮込む。
8 塩を多めの一つまみ加えて強火にし、ココナッツミルクを加え煮たたせる。
9 煮立ったらエバミルクを加えて弱火にし、10分ほど煮込んで出来上がり。

※牛腩としてますが、牛バラでもハラミでも。
※後から入れるカレー粉は、必ずスープまたは水で溶き辛子の要領(粉に対し少しの水で固めに練ること)で練ってから加えること。
※カレー粉は、インデイラやS&Bなど、好みのものを。ただしあまり辛いのは合わない。
※8で味をみて、塩は増減。砂糖を一つまみ加えてもいい。
※ここでは氷砂糖としたが、私は香港の黄色いロックシュガーである冰糖を使っている。
※ココナッツミルクを加える時は、強火にして煮立たせる。出ないと脂っぽくなる。
※ジャガイモは好みで揚げているが、揚げなくても。また香港の叉焼の美味しい太興は皮付きポテト(冷凍のヤツ)を入れているので、好きなように入れる。
※ジャガイモ入れずにつくって、ご飯に豚のカツレツ、魚のフライなどを載せてルーをかけても。
※鶏粉とは、鶏がらスープの素。




・この日使った器等・
カレーをいれたコーニングウエアの鍋 -  RainDrops
鍋の下にひいた皿  - 安永百貨(香港)
蕃茄滑蛋をいれた深皿 - 安永百貨(香港)






by recipko2 | 2016-10-21 18:00 | Recipe | Comments(4)

牛腩のスープ







e0062977_13422206.jpg


香港で食べる咖哩牛腩が、なんだか格別に美味しい気がする。

たっぷりの牛ハラミ肉を使うから、どうせならスープをとって作ってみたい。ついでにこのスープは牛肉のフォーにも使える。

肉はコストコで買ってきたアメリカ牛。
e0062977_13422043.jpg
焼いて食べて美味しい和牛の肉なんて使わずに、安い牛肉で作る方が近い味になると思う。

このままではあまりに大きいし、ダシをとるにも出にくそうなので、5等分ほどにして、白っぽい筋膜と、余分な油を取り除いておく。取り除いた筋膜は、いわゆるスジ肉なのでそのままスープに投入する。
e0062977_13422124.jpg
さて、これが出来上がったなら、あれを作りますよ。


[材料]
牛肉(ハラミなど) 約2キロ
水 3リットル

スパイス
八角 ホール1個
丁子 5粒
胡椒粒 大1
ホムデン 3個(皮をとるだけ)

[作り方]

下処理
1 牛肉の塊肉の場合、5等分位にわけ、筋と余分な脂肪と取る。
2 筋はそのままスープに加える。

スープの取り方
1 大きな鍋に分量の水をいれて火にかける。
2 沸騰したら、スパイスを加える。
3 再度沸騰したら、下処理下牛肉を入れる。火加減は強火。
4 ふつふつしてきたらあくをきれいに取り除き、中弱火。
5 途中でアクと油を取り除き、1時間煮る。

※この時はハラミ肉の塊をつかった。
※使わない分のスープと肉は、WECK化した。
e0062977_13422376.jpg

by recipko2 | 2016-10-20 18:00 | Recipe | Comments(0)

高幡不動 ござれ市 10月


秋晴れとなったこの日の高幡不動ござれ市。
e0062977_15244100.jpg
7時半を過ぎて高幡不動へいってみたが、この時期にしては寒い・・・

ここ最近着た中では、出店数が多く感じた。
e0062977_15244229.jpg
今の時期は、菊祭り用の棚が設置され、その棚の中で店開きをする店もあるので、ちょっと面白い。

入ってすぐのところに、いつもならんで出店なさっているお店の1つ。
e0062977_15244052.jpg
パッと目にはいった陶器のトレイ。

アーリーノリタケ(オールドノリタケ)の時代な雰囲気に目を奪われ、手に取ってしまった。

行李の後ろにある箱に目が行ったけれど、我慢我慢。
e0062977_15244342.jpg
特に買うものないけれど、チェックしてしまうお店。奥にディスプレイ用出使っていたガラスの戸棚が気になる。
e0062977_15244459.jpg
このところガラガラだった奥にも、今日はいい感じの数が出ていた。
e0062977_15244513.jpg
Raindropsさんにて。


e0062977_15244542.jpg
子どもが遊ぶ絵柄が書かれているのは、海外向けのオールドノリタケ。

私が集めている素敵なごみ・・・じゃなかった日用品の中国制造シリーズでも、子供が卓球していたり遊んでいる絵柄があるけれど(持ってないけど)、かわいいなぁ。

と、いうことで、高幡不動ござれ市、恒例のアレいきます。

入口近くの店でかった、陶器のトレイ。
e0062977_15244869.jpg



絵柄の感じは、アーリーノリタケだけど・・・バックスタンプは、HAND PAINTED ひとやね 光。
e0062977_15254403.jpg
バックスタンプの光というのが、いかにもアーリーノリタケものにある*に近いけれど、でもなんか違うような・・・・

こちらはRAINDROPSさんで手に入れた小さなタレ用皿。
e0062977_15244694.jpg

大好きなグリーンのダブルライン!しかもビリジアングリーン系の深めのグリーンというのがツボ!
e0062977_15244720.jpg
この日買った2種類の皿は、さっそく夕ご飯で活用してみた。

まず陶器のトレイは、ベトナム生春巻きをのせてみた。
e0062977_15254508.jpg
(ベトナム生春巻き Gỏi Cuốnの作り方はここ


ダブルラインのタレ用皿は、生春巻きのタレ(スイートチリソースと、ヌクチャム)を入れて。
e0062977_15254668.jpg




by recipko2 | 2016-10-17 18:00 | 骨董市 | Comments(0)

栗かぼちゃと厚切りベーコンのトマトクリームソースパスタ@Afternoon Tea TEAROOM

e0062977_16223626.jpg

秋らしいメニューが目白押しのAfternoon Tea TEAROOM。

昨年も出ていたかぼちゃと厚切りベーコンのトマトクリームソースパスタが今年も登場している。

ちなみに、昨年は「有機かぼちゃとベーコンのトマトクリームソースパスタ」となっていた。

カボチャは、必ず食べねば!と思うほど萌えないけれど(もさもさするから)、トマトクリームソースパスタは美味しいので、さっそく頼んでみた。

コピのルアクですかこれ?

という、なんかもう消化されずに出てきたカボチャの種を思い出してしまう欝なビジュアルにガッカリ・・・・

アーモンドだけじゃぁダメだったんかい!?

せめてバラバラで散らせばいいのに、何故キャラメリゼしてくっつける!!?

またこのナッツのキャラメリゼがバリバリして口当たり悪い・・・・

トマトクリームソースパスタはやっぱり美味しいので、何回か頼んだけれど、2回目以降は「ナッツはいらない」と除けてもらった。

カボチャは蒸してるのかな、大き目でただ蒸しているので、モサモサ感がハンパなくて、メインのはずなのに半分くらい残している。

ベーコンだけで良いです・・・・


by recipko2 | 2016-10-08 18:00 | AfternoonTea | Comments(0)

家メシ・アジアメシ 2016年9月

基本的に平日は料理をしない(で水餃子食べてる)ので、土日は家メシを楽しんでいる。

家で食べるアジアメシ。9月は・・



9月3日 生菜包(ラープ ムー)、ヤムウンセン、プラーヤーン、ピーナッツおこわのXôi Lạc
e0062977_11584233.jpg
生菜包は小鹿田焼のさらに鳥柄皿と合わせた。映日紅×四季丰収の碗。

9月10日 菠蘿咕嚕肉、蒜茸蒸茄子
e0062977_11584215.jpg
帝華柄の碟と魚柄の碗と映日柄のレンゲ


9月11日 三種類の芋を使ったクロケット、ベトナムシューマイ
e0062977_11584310.jpg

9月17日 窩蛋牛肉煲仔飯、蒜茸蒸茄子
e0062977_11584485.jpg
9月18日 ヤムウンセン、ペーパーチキン
e0062977_11584430.jpg
9月24日 北京の砂鍋白菜豆腐粉絲風鍋
e0062977_11584571.jpg
9月25日 菠蘿蕃茄牛肉炒、粟米石斑塊
e0062977_11584517.jpg






















by recipko2 | 2016-10-01 18:00 | 素敵なごみと、アジアメシ | Comments(0)


コスメやスキンケアや美容のこと。一生懸命あがいています。といっても最近は素敵なごみ・・・もとい日用品を買う方が多いけど。2017年も旅行に買い物に骨董市にと好きなことしまくります!


by recipko2

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

<< お気に入りのブログ>>
Cozy's Cozy's World
映画のフェイクポスターをのせているブログ。本物かと思うほどの凄まじい出来です。

ニョニャ料理の日々

------------------------
広州
旅行口コミ情報

香港旅行・ホテルのクチコミ






*-*-*Twitterはじめました-*-*

「recipko」
で検索してみてください。

※おもに暴言。たまーに記事にする前のコスメのこととかつぶやいてます

*-*-**-*-**-*-**-*-**

https://iluquappa.stores.jp/

最新のコメント

初めまして。ではないので..
by 山下デス at 13:12
> もりもりみつみつさん..
by recipko2 at 15:13
美味しいヤツですよね! ..
by もりもりみつみつ at 21:04
> IKEさん 多..
by recipko2 at 18:42
いつも李錦記の叉焼醤で作..
by IKE at 09:49

ブログジャンル