<   2017年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ヤムヌア - タイ風牛肉のサラダ  ยำเนื้อ -

e0062977_08473559.jpg


ピリッとスパイシーな分、辛いのが苦手なのに、ついつい食べたくなってしまうのが、タイ料理の魅力だろうか。

残念ながらタイには行ったことがないので、私のタイ料理は香港で覚えた味。

香港へ、ボートピープルとしてやってきたタイ人は、基本的には収容されていたけれど、九龍城エリアに住む人も多かった。

その名残で、今でも九龍城はタイ人が多くいるエリアだけど、多いということはタイ料理の店も多いということ。

ヘタしたら3日連続で通って食べた、タイ料理。

どの料理にもいえることだが、同じ料理でも作っている人の味付けが違っていて、お気に入りの店ができてくる。

一人や二人では食べれる量が限られるので、結局気に入った料理ばかりを食べていたけれど。。。。

さて、お店でまず選ぶのは、ソムタム、ヤムウンセンなどサラダ(和え物)類。

大抵、ソムタムだけど、大勢で行くときは、牛肉のサラダであるヤムヌアを頼むことが多かった。

焼いた牛肉をスライスして、野菜類と一緒にヤムしたサラダで、基本的な味付けがおいしい。

他のサラダよりも、辛く仕上げている場合が多くて、ヒーヒー言いながら食べていたが、自分で作る場合は、加減する。
e0062977_08473684.jpg
和牛なんて使うのはもってのほかなので、ここはオージービーフなどがいい。赤身が多くて、大きなステーキ肉が安かったので使うことにする。

ナンプラーを数滴、肉の表面に振り掛けた後で、挽いた黒と白の胡椒をたっぷりとまぶす。

フライパンで焼いてもいいけれど、今日はグリルで仕上げた。

肉を冷蔵庫から出して常温にしておくのを忘れたので、冷え冷えなままだけど、グリルを強火で温めておいてから、肉をいれて、中火に。表2分、裏2分、また表2分で焼き上げたら、アルミ箔に包んで置いておく。

野菜は、トマト、セロリ、キュウリ、ニンジン、赤たまねぎ、香菜。全部切ってまとめてザルやボウルに入れておく。

味付けは、生唐辛子(プリッキーチーファー)、ナンプラー、レモン汁、砂糖。

本当は、プリッキヌーとプリッキーチーファーを何本も使ってこれでもか!と辛くするらしいけど、私は1本で十分。

レモン汁は、レモンを絞るが、これだけだと香りが弱いので、シークワーサーの果汁もたす。

ボウルに、プリッキーチーファーをいれてスプーンの背でぐりぐりとつぶしてから、ナンプラー、レモン汁、砂糖を加えて、味をみて、シークワーサーと砂糖を少し足す。
e0062977_08473755.jpg
あとは、肉をそぐように薄切りにしてから、全部まとめて合えれば出来上がり。

私的に、ヤムヌアは、米のおかずにはならないのよね。
e0062977_08473710.jpg


[材料]
牛肉 ステーキ用肉 250g~300g
ナンプラー  数滴
黒こしょう粒+白コショウ粒  合わせて小1

野菜
赤たまねぎ 1個
ミニトマト  6個
きゅうり  1本
セロリ 1本
人参  1/2本
香菜  2~3株

味付け
生唐辛子(プリッキーチーファー)  1本
ナンプラー  大1.5
レモン果汁  1個分 +α
砂糖  小1


[作り方]
1 赤たまねぎは、皮を剥いた後、半分に切り、2mm程度の薄切りにする。
2 ミニトマトはヘタを取り、2つに切る。
3 キュウリは、縦半分に切った後に、5mm程度の斜め薄切り。
4 セロリは、筋をとってから斜め切りに、葉はざく切りにする。
5 人参は千切りにする。
6 1~5までをザルなどに入れておく。
7 香菜は、葉の部分をざく切りにしておく。
8 ボウルに、プリッキーチーファーをいれて、スプーンなどですりつぶし、ナンプラー、レモン、砂糖を加えて混ぜる。味をみて、レモン、砂糖をさらに少し加える。
9 黒こしょうと白コショウは、胡椒挽きで挽いておく。
10 牛肉にナンプラーを数滴刷り込み、表面に9で挽いた胡椒をたっぷりとまぶす。
11 フライパンまたはグリルで両面を好みの加減まで焼き、焼きあがったらアルミ箔で包んでしばらく置いておく。
12 11の牛肉をスライスする。
13 8のボウルに、6の野菜とスライスした牛肉を加えて全体を手で揉みこみ、最後に香菜を加えて合えたら出来上がり。


※ミニトマトの代わりに、普通のトマトでもいい(1/2個位)
※レモンの代わりに、マナーオがあればマナーオ。ライム、シークワーサー、スダチなどでもいい。
※辛いのが好きな場合は、プリッキーチーファーやプリッキヌーを増やす。
※この時は、グリルで焼いた。


・この日使った器等・
ヤムヌアをいれた、浅いすり鉢型のプレート  -  フランス(トンドンシエルの蚤の市


e0062977_08473958.jpg









by recipko2 | 2017-04-30 18:00 | Recipe | Comments(0)

ナスとサルシッチャの黄色いトマトクリームパスタ@Afternoontea Tearoom


ほぼ毎年夏のメニューとして出るようになった、安定のおいしさ、ナスとサルシッチャの黄色いトマトクリームパスタ。
e0062977_08480906.jpg
と思ったら、ちょっと今年は酸っぱい?(まだ始まったばかりだから?)

ホームにしているATが、このところ雰囲気悪くて居心地わるいからそう思うのだろうか・・・・

空いていることもあって朝一番に行くことが多い(ブランチと買い物)が、時々、夕方に夕飯がてら行くことがある。

ここATは平日でも休日でもコンスタントに混んでいるのだが、ランチ~ティータイムにあたる、13:00~16:30まで特に混んでいて、店員さんも相当忙しいのだと思う。

17:00頃に行くと、お客さんはすでにいないのに、片付けられていないテーブルが半数以上を占めていて、開いてるテーブルは1、2。

それでも片付けなくて、時には、お客さんが待っていたりする。

キッチンが片付けを始められる状態じゃないのかもしれないが、とにかく片付けるのが遅くて、イライラしてしまう。

いざ、片付けはじまったと思うと、これまたトロイ。

サーブした戻りに、少しでも片付ければいいのに、手ぶらで戻ってたりすると、これまたイライラしてしまう。

ああ!もう!手伝ってあげたいわっ!

と、いっても、言うのも手伝うわけにもいかないので(たぶん)、座ってイライラするのが嫌(なら、行かなきゃいいじゃん!ということで)で、このところATに行くのが、なんだか嫌なのである。


・・・・これも、寄る年波!?

by recipko2 | 2017-04-29 18:00 | AfternoonTea | Comments(0)

根野菜のベトナム風スープ

e0062977_08062806.jpg





野菜を取った気になれる一品として、作るのが根野菜のベトナム風スープ。

本来は、これにはスペアリブをいれて、スペアリブと野菜のスープ(canh sườn hầm)作るが、豚肉無しでもおいしい。

あえて、豚スペアリブは入れずに、味付けも、塩を入れてるのか入れてないのか!?ギリギリに薄くして仕上げる。

濃い味付けのおかずが多い時は、淡白なスープにホッとするし、小皿に塩+胡椒粉をいれてレモン(ベトナムレモンなら最高なんだけど)を一絞りして、根野菜をちょんとつけて食べれば、立派なおかずにもなる。

何より、簡単にできるというのがいい。


[材料]
大根  1/4本
人参 1本
じゃがいも 2個

青ネギ 2本

ニンニク 1カケ
鶏手羽先(出汁用) 5本

タレ
レモン 1/8個
塩 小1/2
胡椒粉 小1/2


[作り方]
1 大根、人参、ジャガイモは、皮を剥いて食べやすい大きさに切る。
2 ニンニクはつぶす。
3 青ネギは斜めに薄切りしておく。
4 鍋に水600cc程度いれて沸騰させ、そこにつぶしたニンニクと手羽先をいれて20分ほど煮込む。
5 手羽先を取り出し、そこに1を加えて20分ほど煮込む。
6 野菜が柔らかくなったら、塩で味を調えて出来上がり。



・この日使った器等・
ソンベ焼きの丼と皿  -  ホーチミン



by recipko2 | 2017-04-28 18:00 | Recipe | Comments(0)

イカスミをいれた餃子の皮



カメラロールの中の画像が、水餃子ばっかりでどうしよう・・・


とか、いいつつ、また水餃子ネタでお茶を濁します。


キッチンエイドを買ったらやってみたかったことに、練り込み系生地がある。

イカスミペーストを買ってきて、さっそく作ってみる。
e0062977_08030296.jpg
餃子の皮の分量は、すっかり慣れてきた(あんなに作ってるのだから当然といえば当然)な、薄力粉250g、強力粉250g、水250ccの組み合わせ。

いつもは、ここに塩を加えるところだが、イカスミペーストに塩分がかなり入ってそうなので、今回は入れず。

あと、ラードはいつも通り入れる。

ここに、イカスミペースト(今回は、4g×2袋分)。

e0062977_08030235.jpg
以上を、キッチンエイドのスタンドミキサーのステンレスボウルにいれ、ドゥフックを取り付けて捏ね開始。

最低速で2分まわして、速度2で3分回して、仕上げに速度4で2分。ちなみに時間は適当。

捏ねあがったらラップに包んで、冷蔵庫で1時間ほど寝かせる。
e0062977_08030374.jpg
この日は、具にイカとセロリを使って包んでみた。
e0062977_08030673.jpg
普通においしいので、普通にパスタが作りたくなった。

by recipko2 | 2017-04-26 18:00 | Recipe | Comments(2)

KitchenAidのスタンドミキサーがやってきた!

いつか手に入れたい3大台所道具のひとつ、KitchenAidのスタンドミキサー

e0062977_15113917.jpg
(ちなみに残り2つは、KitchenAidのコーヒーミルと、ガスオーブン)

あったらたぶん便利とわかっていつつも、なくても何とかなるし、と過ごしてきたが、ついに購入

購入したのは、KSM150タイプ。

フードプロセッサーよりはかなり大きいけれど、想像していたのよりは小さく、満足感もある。

試運転がてら、さっそく餃子の皮をつくる。

ステンレスのボウルと、ドゥフックをよく洗い、セット。

適当な量の粉と水を入れて、試運転開始。

ステンレス製品は、金属垢とでもいうのだろうか、いぶし銀みたいな色した汚れが出ることがあるが、捏ね挙げられていくドゥをみていると、やはり汚れがついてきた。

全部の汚れを落とす勢いで、たっぷりと捏ねまわした。再度、激落ち君を使って入念に洗って本番に。

餃子作りは楽しいけれど、餃子の皮を捏ねるのが大変(分量多いからだけど)

先日、徹夜で作った時は、普段使わない筋肉を使って捏ねていたものだから、腕が腫れてしまい、腕全体の痛みで、熟睡できかったほど。

・・・水餃子って、こんな痛い思いしてまで作るものなのか?(あんただけだ!)

と、脳裏にかすめつつ、水餃子作らないと死んじゃう病を患っているので、

痛み < 楽しさ

が勝って、脳内アドレナリンをバンバン出して作っていた。

でも、冷静に考えると、

・・・このままだと、体こわすんじゃないか?(気持ちはまだまだ!と思っても体はオバちゃんだし)

と、機械に頼ることにしたけど、なんでもっと早く買わなかったんだ!というくらい、時間もかからず、楽に作ることが可能となった。

本番の捏ねは、薄力粉250g+強力粉250g+ラード3cm+塩 小1ちょっと+水250CCの配合。
e0062977_15114328.jpg
材料を全部ボウルにいれて、スタンドミキサーにセット。

そして、最低速で運転開始。

粉の様子を見ながら水少し加え、だいたい5分ほど捏ねるとこんな感じになる。
e0062977_15114056.jpg
もう少し滑らかさが欲しかったので、速度2にあげて2分ほどさらに捏ねる。

こんなに簡単にできあがるの!!??


皮が出来上がったら、中身の餡。

豚肉ベースを練るのも、1方向に練るために肩をやられそうなくらいキツクて(運動不足)、これもできたら、スタンドミキサーさんに何とかしてもらいたい。

豚ひき肉と調味液を全部ボウルにいれて、
e0062977_15114123.jpg

スタンドミキサーにビーターをセットし運転開始。

私は隣で洗い物をしながら待っているだけで、完璧に乳化させ練り上げた豚肉ベース。
e0062977_15114230.jpg
もっと早く買えばよかった!!!!




by recipko2 | 2017-04-20 18:00 | 台所道具 | Comments(2)

高幡不動 ござれ市 2017年4月

[今月の境内見取り図]
e0062977_15552758.jpg


初夏のような陽気と青空の中、高幡不動ござれ市。
e0062977_15064838.jpg
先月からあっという間に1か月たってしまった・・・・

まずはいつものように、五重塔の下から見始める。

店先(境内図★1の場所)に並べられたトレイ類が気になって、重ねられていたものを物色すると、ウッドトレイを発見。

e0062977_15064965.jpg
隣の、しろねこ屋さん(境内図★2の場所)では、ディスプレイされていたクリスマスローズが、さりげないのにハッとするほど美しくて、思わず撮ってしまった・・・

先月、ボトルとノートを買ったお店もチェック(境内図★3の場所)。今回は買わなかったけれど。
e0062977_15064951.jpg
境内を一通り眺めて、出店数は平均位だろうか。やや少ないかも。納経所と奥殿の後ろを通り抜けて、RAINDROPSさんのブースへ(境内図★4の場所)。


ということで、高幡不動ござれ市、恒例のアレ!いきます。

まずは、★1のお店で見つけたウッドトレイ。
e0062977_15065031.jpg
ウッドトレイというよりも、バリ島やインドネシアを想像させる椰子の木でできたトレイ。30cmちょっとある。

アジアメシに、バナナの葉を敷いて、お皿として使うつもり。

しろねこ屋さん(★2)では、アルミのティースプーンを購入。
e0062977_15065116.jpg
アルミの素朴さと、首部分の角度がたまらない。柄も大好きなデザイン。


RAINDROPSさん(★4)では、以前にも購入した大きなディナースプーンを。ディナースプーンとしては口に入らない大きさだけど、サーブ用にはちょうど良い大きさ。
e0062977_15065067.jpg

by recipko2 | 2017-04-17 18:00 | 骨董市 | Comments(0)

ラブアンドテーブル ルミネ新宿


Afternoonteaを運営しているSAZABY(なつかしー!今は違う名前か)は、時々、いや結構変なことをやらかす。

企業は常に新しいことに目を向けて、事業開発する必要があるのかもしれないけど、大抵、

やっぱねー

という結果になる。

もう昔ながらのAfternoontea Tearoomだけやってればいいのにと思うのだが、ここに来て、新宿ルミネにあったAfternoontea Tearoomを、

ラブアンドテーブル ルミネ新宿

という、キラキラキャッキャウフフなものに変えてきた。

仕事帰りの通り道であるルミネ新宿(京王線のルミネ口があるから)なので、ご飯食べて帰ろう~と寄ってみたら、店が変わっていてビックリ。

しかも、

・・・なんかちょっと嫌な予感する系だったので、そのまま踵を返したが。


元々新宿ルミネには、3階に甲州街道が望める広いAfternoontea Tearoomがあった。

懐かしの六本木店のような、いい時代のAfternoontea Tearoomのインテリアで、ざわざわしてるけど大きな窓からの明るい陽射しと、景色が気持ちよくて、お気に入りのティールームの一つだった。

それが、まさかの撤退(場所広すぎて、テナント料が高かった?)、その後しばらくして1階上の4階でティールーム再OPEN。面積も狭くなり、窓もない店内と変わったが、間接照明で雰囲気出して、まぁ悪くない。

そのままでよかったのに、ここにきてラブアンドテーブル

ラブアンドテーブルて!!!

しかもコンセプトが、

Eat Pretty!可愛くいこう!
「私に萌えるイマドキ女子」へ「刺激」と「励まし」を届ける場所。

・ ・ ・ ・ ・


ティールームとは異なる、スフレやフレンチトースト等のスイーツ。フード類もパスタではなく、フォーやライスサラダが出ている。

この手の(手垢ツキまくったジャンルの)スイーツに変えて成功してないだろうが!といい加減に理解してもらいたいものですが、昔のSAZABYから変わってしまった今の会社は勘違い野郎が多そうなので、言ってもしょうがないんだろうな。

ただ、ライスサラダは美味しそうだったので、外観はこんなだけどのAfternoonteaなエッセンスがどこかにあるのかもしれないと、良い方に考えて、ランチをしに行ってみた。

一日20食限定のローステッドビーフがなかったので、サーモン&アボカドに。

メニューの見た目もいいし、ライスサラダは、吉祥寺のマーガレットハウエルのカフェで食べたのがとても美味しくて、そんな感じだったらいいなぁと期待してた。

来たのがこれ。
e0062977_08580540.jpg
なにか違和感を覚えながら早速食べてみると、差し込んだフォークがやけに重い。

ライスサラダってこんなモッタリしてたっけ?

一口食べてみると、

モチモチした温かい雑穀飯をプレートに盛り、その上に野菜、サーモン、アボカドを乗せて、キューピー焙煎ゴマドレッシングをかけただけ

という味。

え?ライスサラダじゃないじゃん・・・・・

気を取り直して、ついてきたコーンスープを一口飲むと、

・・・これクノールカップスープだよね?

という味。

私がAfternoontea Tearoomを好きなのは、セントラルキッチンで作られたものを温めて出すのではなく、食材から店で仕込みをして出すところ。お店によって味や盛り付けが少しずつ異なっていて、そのムラがいい感じに飽きさせない。

でも、ここのは、ご飯を盛って、野菜をバサッ!と載せて、業務用のドレッシングかけてるだけ感がすごくて、がっかり。

ただ、味は、そこそこ美味しい。なにせご飯に野菜もって、サーモンとアボカド載せてドレッシングかけてあるだけだから、不味くなりようもない。

でも、また食べに来たい!とい思う印象はないのよね・・・・

うわぁ、もうここにはこないだろうなぁという結論になった。

ただし。


Afternoontea Tearoomのサイトでラブアンドテーブルを見ていたら、

ライスサラダではなく、サラダライスとちゃんと書いてあった。

正直、勝手に読み間違えて期待してスマンカッタ・・・


by recipko2 | 2017-04-11 18:00 | Eat | Comments(2)

鶏のショウガ煮 thịt gà kho gừng



e0062977_06585063.jpg


水餃子も香港メシも大好きだけど、時々一息つきたくなったら、食べたくなるのがベトナムメシ。

シンプルな調理方法なのに、驚くほど美味しく仕上がり、野菜も肉も魚も食べれ、味も香りもよい。

使うたびに、ヌクマムは偉大だなぁと感心する。

なんとなく、肉×肉は後ろめたく(香港メシの叉焼・焼肉・切鶏プレートなどは別として)、肉と魚、または野菜。などとバランスを取ろうと思ってしまうが、ベトナムメシの場合は、すんなりと、肉×肉もOK!という気分になる。

たっぷりと、野菜や、豆腐類も一緒に組み合わせることが多いからだろうか。

この日は、大好きなベトナム豚つくねを作ってたけど、鶏肉(本当はレモンチキン作ろうと買ってた)もあったので、鶏肉も食べちゃえ!ということになった。

作るのが簡単なレモンチキン以上に簡単なもの・・・・

鶏のショウガ煮(thịt gà kho gừng)だ!

鶏肉をぶつ切りにして、生姜とヌクマムでしばらく下味をつけて、煮るだけ。

鶏腿のぶつ切り、とかだともっと美味しい。

面倒くさいときは、ヌクマムと生姜と砂糖だけで似ているが、醤油を入れて煮てもご飯とよく合う。



[材料]
鶏もも肉  2枚

下味
ヌクマム  大2~3
生姜のすりおろし 大3
砂糖 2つまみ


[作り方]
1 鶏肉は適当な大きさにぶつ切りにし、ボウル等にいれる。
2 1に下味の調味料をいれてよく混ぜて、30分ほどおいておく。
3 鍋に2をすべていれて、ひたひたの水をいれて中火にかける。
4 煮汁が半分程度になれば出来上がり。


※生姜はすりおろしとしましたが、しりしり器でおろした後に包丁でみじん切りにした。
※生姜は大3としたが、もっと多くてもいい。好みの量で。
※鶏の骨付きもも肉を使うと、もっと美味しい。
※塩気が強くなるので、漬ける時間は加減する。


・この日使った器等・
小紅花柄の中国制造モノ深皿 




by recipko2 | 2017-04-09 18:00 | Recipe | Comments(0)

家メシ・アジアメシ 2017年3月


基本的に平日は料理をしない(で水餃子食べてる)ので、土日は家メシを楽しんでいる。

家で食べるアジアメシ。3月は・・・


3月5日 水餃子、レタスの油菜
e0062977_06563642.jpg

3月12日 清蒸魚、皮蛋入り玉子豆腐、咸菜豆腐湯
e0062977_06563729.jpg

3月18日 水餃子(椰菜鮮肉餃、韮菜鮮肉餃)
e0062977_06563751.jpg

3月19日 梅菜蒸鯛
e0062977_06563892.jpg

3月20日 カトン風海南鶏、カトン風ピクルス(acar timun)、中華三昧涼麺
e0062977_06564096.jpg


by recipko2 | 2017-04-07 18:00 | 素敵なごみと、アジアメシ | Comments(0)

ミモザショートケーキ@Afternoon Tea TEAROOM

e0062977_09093108.jpg
こちらも、春のメニューから。

ミモザをイメージしているということだけど、

ヨーグルトカスタードクリームと果物の相性は、とてもよくて、食べていて美味しい。

・・・・が、味の印象が薄い。

そろそろたっぷり生クリームの、いつものATなショートケーキが食べたいなぁ。


by recipko2 | 2017-04-06 18:00 | AfternoonTea | Comments(0)


コスメやスキンケアや美容のこと。一生懸命あがいています。といっても最近は素敵なごみ・・・もとい日用品を買う方が多いけど。2017年も旅行に買い物に骨董市にと好きなことしまくります!


by recipko2

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

<< お気に入りのブログ>>
Cozy's Cozy's World
映画のフェイクポスターをのせているブログ。本物かと思うほどの凄まじい出来です。

ニョニャ料理の日々

------------------------
広州
旅行口コミ情報

香港旅行・ホテルのクチコミ






*-*-*Twitterはじめました-*-*

「recipko」
で検索してみてください。

※おもに暴言。たまーに記事にする前のコスメのこととかつぶやいてます

*-*-**-*-**-*-**-*-**

https://iluquappa.stores.jp/

最新のコメント

> やす姉さん 唐..
by recipko2 at 16:34
ひとつひとつの茶器を食い..
by やす姉 at 07:04
> やす姉さん あ..
by recipko2 at 17:06
> Yumijaさん ..
by recipko2 at 17:04
相変わらずのお宝探しの名..
by やす姉 at 06:46

ブログジャンル