スモークベーコンとごろごろ野菜のトマトクリームソースパスタ@Afternoon Tea TEAROOM



秋の期間限定メニュー。


今はほとんど食べることができなくなってしまった伝説の(?)グリルチキンとほうれん草のトマトクリームパスタ

トマトクリームソースは、アフタヌーンティーティールームのシグネチャといっても過言でないと思っている。
この系統で、スモークベーコンときてはまずいわけがない。

スモークベーコンとごろごろ野菜のトマトクリームソースパスタ
e0062977_07242009.jpg
HPで能書きをみると、

アップルウッドで燻製したベーコン、白まいたけ、レンコン、サツマイモなどを炒め、コクのあるオーガニックトマトのクリームソースとクルミで香ばしく仕上げました。

とある。


ところがこのクルミがイカン!


クルミとゴマとキャラメライズしてクランブルにしたものを、最後に振りかけているのだが、これが苦みが強くて、トマトクリームソースのまろやかさと会わなくて、苦痛。

トマトクリームソースのまろやかさを引き立てる、心地よい苦みならいいのだが、クルミをローストしたのはいいけどローストしすぎなのと、ローストした後に皮を取り除かないでいるからなのか、苦痛な苦みがやってくる。

ホームにしている店が、たまたま今回ロースト時間まちがえちゃったのかな?とポジティブに考えてみたが、別の店で食べた時も同様に苦痛の苦みだったので、センターキッチンから来ているものが苦いか、そもそもレシピのロースト時間が長すぎるかのどっちかだと思い、今では食べる時は取り除いてもらっている。

あと、ナッツ類がいちいち歯に挟まるのもイヤ

香港スイーツを日本に流行らせた糖朝。ここで香港の伝統的なスイーツのクルミ汁を食べることができる。
このクルミ汁は単にクルミをペーストにして、お汁粉にしたわけではなく、いったんクルミをディープにローストした後、丁寧にすべての皮を取り除いてから石臼でペーストにしている。ローストした後に皮を取り除くのは、苦みを出さないため。

アーモンドやピーナッツでは、不要な工程だが、クルミでは必須だと思う(薄すぎて苦みが出やすいのだろうか)。

とにかく、パスタそのものは美味しいので、私的にはクランブルは載せないでください!と注文し、おいしくいただいてる。

# by recipko2 | 2018-09-20 18:00 | AfternoonTea | Comments(0)

Visse 「パウダーチップアイカラー」


近頃、どうにもブラウン系がお気に入りで、目が10個くらいあればいいのにって思っているが(嘘)、
先日、ドラッグストアをうろうろしていたら、Visseの商品棚でこれをみつけた。

Visse パウダーチップアイカラー
e0062977_12502773.jpg
本体となるチップ、カラーともに別売りで組み合わせて使うタイプ。

色見本を悩んでみた結果、BE-2グレージュ、BR-8ダークブラウンを選択。

このグレージュという色が、ツボなカラーで、うわーすごいいい色だなーと即決だったが、もう一色が悩んだ。

無難にダークブラウンを合わせたけど、この系統ならモノクロ系も出してほしいなー。

大きくて真ん丸(先がちょこっととんがっている)な擬宝珠形状のチップは、塗りやすくて思いのほか目から鱗というか、なるほどなーという使いやすさ。

# by recipko2 | 2018-09-01 18:00 | Eye Shadow | Comments(0)

THREE 「アンジェリックシンセシスファンデーションセラム 203 」


先日、SUQQUのスポイトファンデーション(なんと大雑把な)を買ったばかりだが、どうもに抜群なお気に入りにならず、やっぱりTHREEのほうがよかったんじゃないの?という思いがずっとあり、

結局、買いました。

THREE アンジェリックシンセシスファンデーションセラム 203
e0062977_14235264.jpg
しかも、THREEでサンプルもらって使ってみたところ、これが期待以上の着け心地と仕上がりで、そりゃー買っちゃうでしょ。

SUQQUは液体に近い状態だし、使用前に瓶をよく振るタイプなので、スポイトを引き出す時にはわからないけれど、THREEはスポイトを引き出すときれいなガラス管なのが分かって、こういうのにイチイチ弱いので、使う前から萌えた。

ヨーグルトのようなテクスチャで、スポイトを一回プッシュして使うのでは多すぎるくらい。

これはサンプルの時にも感じていて、2回分といわれたサンプルだけど、自分が仕上げたい感じでは5日分は優にもった。

だから、スポイトも1回全部プッシュするのではなく、1/3程にしている。

BAさんからも「こまめに点々状に広げるのではなく、一気に伸ばすのがコツです。」と聞いてて、普段している自分の塗り方と同じなので分かりやすかった。

つけてみると、確かに一気に伸ばせる。薄付きに広げていくと、肌の輪郭線に艶が入るいい出来栄え。
べたつきも程よく、秋冬に向けても十分に活躍してくれそうなしっとり感。

オバちゃん肌にはうれしい、程よいツヤ感仕上上がりなのもいいし、SUQQUと違ってババ臭もしないところがなおよい。

近頃かったファンデーションでは、かなりお気に入り。

# by recipko2 | 2018-08-31 18:00 | Foundation | Comments(0)

福島の美味しいモノ 2 Vietnam kitchen Chaochi


福島市内の、繁華街というか飲食店が集まっているエリアに、文化通りという通りがあり、

たまたま以前にご飯食べにいった時に、気になる店が多かったので、散歩がてら見に行くことにした。
もともと建物の奥に入って裏側に出るのが大好きなので、この時も、お!ここよさそう!と思ったビルを入っていくと、裏に抜ける構造だった。

へー、なんかいいね、こういうの。

ふと、みるとベトナム料理店の看板。
e0062977_12504590.jpg
夕ご飯がてら入ってみた。

店内はこざっぱりとしていて、雰囲気もよく、入った時からホッとできた。
オーナーシェフは日本人の方で、メニューはどちらかというとハノイ系っぽいラインナップなのもよかった。

とりあえず、ビールを飲もうと、333を頼み、適当にツマミになるものを頼む。

ベトナムなます
e0062977_12505113.jpg
鶏のから揚げのヌクチャムかけ
e0062977_12510868.jpg
ポテトフライ
e0062977_12511102.jpg
どれも普通においしくて(これ重要)、ここでは自分のベトナム料理のブラッシュアップというよりも、何も考えずに堪能しようと思う。
締めに頼んだ、フォー・ボー(牛肉のフォー)もとっても美味しかった(おしゃべりに夢中で画像とりわすれ)。

ここは通ってしまうと思う。




Vietnam kitchen Chaochi
福島県福島市新町3−6

# by recipko2 | 2018-08-30 18:00 | Travel | Comments(0)

セルニュー 「モイスチュアローション EX」

e0062977_08045118.jpg

高梨医院で、フォトフェイシャルを受ける際に、当然メイクを落とすわけだが、この時に渡してくれるのがセルニューのサンプルセット。

クレンジング、洗顔、化粧水、乳液、日焼け止めが1セットになっており、化粧水以外はパウチだが、化粧水は小さな小瓶に入っている。
これがサンプルといえども3日は余裕でつかえるサイズで、使ったときからいいなと気になっていたので、引き続きつかえたのはうれしい。

この化粧水は、とろりとしている。

水出し昆布出しを作った時のようなトロリとした感じ。どこかで使ったことあるなーと考えていたのだが、あれだ、ドゥラメール の「ザ・ラディアント・インフュージョン」にテクスチャがそっくりなんだ。

幸い、香りはシャボン玉香はしない。

2プッシュを両ほほに、ぬるぬると伸ばして少しするとスッと浸透していく。
これで十分な時もあるし、湿度が急にさがった先週末くらいだと、2~3回繰り返したくなる。

ぬるぬるしているからといって、あとで使う乳液やクリームがモロモロすることもない。

価格も4000円ちょっとで、使い続けるのにちょうどよい金額。

ザ・ラディアント・インフュージョンの時にも感じたが、つけた後、顔が引き締まる印象がある。
感覚としては何もないんだけど、見た目がキュッとするような感じがする。

# by recipko2 | 2018-08-22 18:00 | Lotion | Comments(0)

黒薔薇本舗 「黒百合 速乾性セットローション(ハード)」


正月明けに、髪の毛をショートにしてから、今もずっと短いまま維持しているが、もともと髪の毛にコシもハリもない細毛なので、ブローしてもすぐにクタっとなっ
てしまう。

面倒くさがりなので、パーマも掛けたけど、そのままだと目指しているスタイルと異なるので、やはりブローは必須。

長かったころは使わなかった、ブローミストを使おうとみてみると、なんであれ、寝ぐせ直すとかばかり書いてあるんでしょうね?

朝、シャワー浴びるから、寝ぐせとか全然いらねーよ!と腹立たしく思いつつ、いくつか購入したが、イマイチ満足のいかない使い心地。

なんかこう、もっと、バーン!とエゲツないのはないのか?

夜のドラッグストアをうろうろしていると、ブローミストの棚に、なんとも昭和の香りがする容器が目についた。

e0062977_14383587.jpg

ハード
速乾性
ローション


と、今どきのフワッとしたうたい文句ではなく、わかりやすい昭和なキャッチコピーに心を打たれて購入。

だがしかし、なんか本当にガッチガチになっても怖いので、手持ちのイマイチ満足してないブローローションにぶちこんでみた。

結果大正解で、満足いかなかった部分のピースがカチっとはまった感じ。

全体にスプレーして、ドライヤーで8割がた乾かして、カールブラシで毛束をとりながらブローをしていく。

適当量をいれてるので、本来の仕上がりとまた違うが、程よくカールも決まり、べたべたもせずに仕上がる。

ややキシキシした感じは残るけれど、今までの中では、一番満足いく仕上がり。

# by recipko2 | 2018-08-20 18:00 | Body/hair/bath | Comments(0)

Kiss 「マットシフォン UVホワイトニングベースN 001」



初めにお断りしておきますが、オバちゃんが使ったのが間違いだっただけで、製品自体は優秀なんだと思う。

と、最初から腰低く(?)行きますが、常々、オバちゃん肌にマットは鬼門と思っていたにもかかわらず、マットを選んだ私が悪い。

CANMAKEの下地が優秀だったので、同じような価格帯のKissの下地はどんな感じなのか?という興味が消せずに購入。
e0062977_14385670.jpg
CANMAKEとは仕上がりジャンルが異なるんだから当然だけど、イマイチだ。

オバちゃん肌はマットに整えると、死に体肌になる(この場合はレームダッグというよりも、ほんとに死体に近いという意味)。

生気がないというか、細胞死んでる?って感じになってしまうので、若い子はいいけど、オバちゃんには絶対ダメなんだぁぁぁぁ!と肝に銘じているのだが、マットシフォンではそれが簡単にかなえられる。

だから、艶のある肌を持つ、若い世代にはちょうど良いのかもしれない。

まぁ単にマットな下地だったら、そこは一応いろいろと経験を重ねているので、ほかの手を使ってなんとか使うと思うけど、色合いの残り方が、これまたオバちゃんダメなやつ(まったくなじまない)で、もったいないと思う前に、合わないものは合わないんだとあきらめられた一品。

# by recipko2 | 2018-08-19 18:00 | Base & Control etc. | Comments(0)

Seria MIO PICCOLO 「アニマルチークⅡ 01 ピンク」


おなじく、アイクレヨンとともに、セリアでのお気に入りのもう一つは、チーク。


このチークは108円なので、二つかって、東京の自宅にも、福島の部屋にも置いてある(だって108円だもん)

この1か月半くらい、このチークしか使ってないってくらい気に入ってる。
e0062977_12594624.jpg

ベースに、

SWEETS SWEETS Velvet Souffle Cheeks 03 アプリコットスフレ
SWEETS SWEETS Velvet Souffle Cheeks 02 ストロベリースフレ
kiss マルチチ-クス 05 MilkyCoral

などを薄くいれて、仕上げにこれを使う。

オレンジベースでも、ピンクベースでも使えるのも、より気に入っている理由。

この色は、不思議なことにメガブランドではあまりなくて(なつかしのスティラにはあった)、チープブランド、例えば香港のSASAで買えてたチークでは見かけた。

# by recipko2 | 2018-08-18 18:00 | Blusher etc. | Comments(0)

Seria MIO PICCOLO 「アイクレヨン ブロンズパール」


相変わらず100円ショップのコスメが混在しているが、使えるんだから仕方がない。

アイライナーとともに、セリアでのお気に入りのもう一つは、最近見つけたこのアイクレヨン。
e0062977_14390446.jpg
この初秋シーズンは、CHANELなどのアイクレヨンも気になるが、ベーシックな色合いでしかも108円で買えるなんてすごい。

ブロンズ系の色合いのこのアイクレヨンを見たときに、


こいつは使えるぞ!

とピン!来てすぐに手に取った。

その期待通り、書き心地もいいし、伸び、発色も、合格どころか108円でこれだけのポテンシャル持たれてたら、メガブランドから出るのが霞むわ!というくらいお気に入り。

少し前にViséeのアイクレヨンが気に入ってたことがあるが、それ以上にいいかも?

アイライナーを引いてから、使いたい範囲にぐりぐりとして、その上からアイシャドウを載せてブラシでぼかしていく。

今気に入ってるのは、

CANMAKE パーフェクトスタイリストアイズ 02 ベビーベージュ
SWEETS SWEETS Shiny Dolce Shadow 04 ビターミルフィーユ

との組み合わせ。


アイライナー(インサイドではないやつ)Viséeや、CANMAKEと一緒に使っている。

アイクレヨンをメインで使い、アイシャドウのパウダーはぼかし用に徹底させる。
オバちゃんになってくると目元が窪んでくるが、私の場合は奥二重だったのが比較的はっきりした二重になってきたので、こういう深みのある色合いが使いやすくなった。

加齢がプラスに働くことが多くて、年齢重ねるのも悪くない(笑)

# by recipko2 | 2018-08-17 18:00 | Liner | Comments(0)

SUQQU 「ヌードウェアリクイド 002」


久しぶりに手を出したファンデーション。

SUQQU ヌードウェアリクイド 002

とにかく私は、スポイトついているものに極端に惹かれてしまい、このファンデーションもスポイトついてたから興味をもった。

よくよく考えたらTHREEのほうが買いたかったんじゃないっけ?と気づいたけど、まぁSUQQUも嫌いじゃないからヨシとする。

大昔にCHANELから揮発オイルをつかったファンデーションがでていたが、それを彷彿とさせる。
あの頃よりも、基剤や顔料が優秀になっているのか、使い心地は上回っている。

オイルたっぷり入っている製品の悲しさで、置いとくと二層に分かれてしまう。よく振ってつかうが、スポイトの中も戻してから振ってくださいといわれ、ちと面倒くさい。
一度、スポイトの蓋が緩いのに気が付かずに全力で振っていたら、福島の部屋の壁に飛び散って焦った。
肝心の使い心地は、やや微妙。

今はずっとCHANELのファンデーションを使っているけれど、比べて特別に感動することもないし、かといって悪いかといえばそうでもない。

ヌードウエアとうたっているので、クリームファンデーション様にしっかりカバーされずに、基本的に肌状態がいい人向け。

ただし、ちょっと気になるのはSUQQUのほうは時間がたつと化粧品臭いというかババァ臭い香りが出てくることだろうか。

気が向いたら使う、という位置づけの品でちょっと残念に思っている。

こうなるとTHREEを試してみたくなるのは、悪い癖だ・・・・

# by recipko2 | 2018-08-10 18:00 | Foundation | Comments(0)

高梨医院@浦和でフォトフェイシャル



化粧品でもエステでも、試したものは明け透けにブログの記事にしているつもりだったが、自分のブログを見返すとネタになってないものがあった。

それがフォトフェイシャル。

日本で数度うけていて、香港に住んでいる時には頻繁に、日本に戻ってきてからも香港に行くときは何度かやっていたのが、フォトフェイシャル。

フォトフェイシャルってなんぞや!?なんてのは今更の話なので、そのあたりはググってもらうとして、私の実体験としては、受けれるならば受け続けたい施術の一つ。むしろこれからの年齢だとマストだと思う。

1回目で効果を感じる場合と、2~3回目で感じる場合があり、私はどちらかというと数度目でものすっごい効果を感じたので、それからフォトフェイシャル信者になっている。

超簡単にいうと、光を肌表面ではじくようにあて、細胞を刺激して新しい細胞を生まれさせる。

例えば、オレンジを例に挙げると、表面がぶつぶつ見えるの個体と、つるっとしてる個体があるが、おいしいのはつるっとしてる個体。
これは中の実の水分がスカスカになってないからだけど、フォトフェイシャルでは、このぶつぶつとした肌から、つるっとした肌へと変わっていってくれる。

まぁ、とはいっても赤ちゃんの肌には戻れないので、いい状態をキープできるかというところに価値を見出すわけだけど。

日本でも受けたいと思いつつ、値段の高さにたじろいていた。

フォトフェイシャルは思いつきでやるよりも、定期的にやった方が効果的なので、1回あたりの施術代は自分の財布に見合う価格がいい。

友人と一緒にご飯を食べに行った焼肉店で(また焼き肉か!)、レジ前においてあったパンフレット。何の気なしに手に取ってみてみたところ、

ムムムム!?なんかよさそうではないか!

きらびやかな美容皮膚科なんぞに興味はなく、質実剛健さを求めていたので、ここはピッタリ。

自宅からは少し遠いけど、いけないこともない。その場所は、

浦和

まさかの、浦和

人生で浦和にいくことなど、絶対にないと思ってた浦和

予約をとって、すっぴんで行くと、

・・・・質実剛健にもほどがあろう

という病院の外観。完全に昭和の町医者

そして、一歩入ると、ますます昭和の町医者感がすごくて、本当にここでいいのかな?いくらきらびやかさはイランとはいえ、これはちょっとガチの町医者すぎやしないか?

不安になって受付を済ませて待っていると、看護師さん(?)がきて、どうぞ2階へといわれる。
2階に上がると、急にこぎれいな空間になっていた。

さっそく先生に診察を受けると、これがまたはっきりきっぱり聡明!を絵にかいたような先生で、パパっと話がすむ。

わたし、ここ好きだわ~

先生と相談し、今回はフォトフェイシャルと一緒にピーリング(乳酸)を行うことに。サリチル酸は慣れてるけど乳酸なんてどんな感じなのか!?とワクワクする。

そして、もう一つ気に入ったのが、点滴ができること!

貧血ではないんだけど、血液の量がやや少ない(水分が少ない?)のか、ちょっと調子悪い時に点滴するとテキメンに元気になるので、風邪ひいたときはなんとしても点滴受けたい派なのだが、ここではそれがお金で解決できる(笑)

ポカリスエットと同じ成分位しか入ってない基剤の点滴で十分だったので、施術中に一本いっとく!?とばかりにお願いする。

フォトフェイシャルは、レーザー脱毛器の機器をつかい、アプリケーターを変えることでフォトフェイシャルを行うタイプだった。
私がずっとやってもらってたタイプなので、安心。

まずは乳酸ピーリング。
ナチュラビセのピーリングでなれ、後半は一番強いのでないと満足できなかった私ですが、この乳酸はそんな私ですら、

これやばい!耐えられないかも!

と思うピリピリ加減で、塗った後の放置時間の間に、ピリピリがすごくて何度自分の太腿を叩いていたことか!

・・・・このピーリング好き(*´Д`)

ピーリングが終わった後、点滴をし始めてくれる。この時に看護婦さんが優し気な顔で悪魔のささやきをしてくる。

1種500円で点滴にビタミンだとか入れれますよ・・・

HPには載っていないのだが、医院で見せてもらえるメニューに、プラセンタだとかビタミンカクテルだとかずらっと並んで、1種類500円。まるで焼き鳥を選ぶかのように、手軽に選べるようになってる。
しかも500円。誘惑に負けない方がおかしいってもんです。
色素沈着が気になるので、プラセンタ(確か)を1種類選んで追加してもらう。

点滴の準備ができたら、フォトフェイシャルの施術開始。

今回のフォトフェイシャルは、トライアル価格ということもあり10,000円。通常でも13,000円。

手軽に受けれる値段はいいけど、ショット数はどうなの?と心配していた。

そう、フォトフェイシャルはショットされてナンボ!効果とショット数は比例する(と私は考えている)

事前に先生からも、うちは値段は抑えてあるけれどショット数は抑えてないという話は伺ってたけど、150ショット以上してるそうで、こちらがむしろ心配になってしまった(そんなに打って元とれるのー!?と)

うっすらとしたシミは「浮いてくる」と呼んでいる(業界用語?)、施術後数日経つと、表面がうすいかさぶたみたいになってくるようになるが、今回もショットしている最中に、「浮いてきてますねー」と聞き、うれしくなる。

フォトフェイシャルはダウンタイムがないので、終わった後すぐに化粧も可能。
価格も内容も大満足で、終わったら次回の予約を間髪入れずにしたほど。

いいところ見つけたので、心おきなく通います^^

最終目標は、ヒト骨髄幹細胞培養液療法!


ちなみに、この医院の美容皮膚科では基礎化粧(クレンジング、洗顔、化粧水、乳液、日焼け止め)まではサンプルサイズで用意してあり、初めに渡される。NOVなどを作る常盤薬品のセルニューというブランドものだったが、これがとてもよくて特に化粧水が良かったので買ってしまった。

# by recipko2 | 2018-08-09 18:00 | Spa & Salon | Comments(2)

ローストビーフ


急にローストビーフが食べたくなった。

いや、肉は大好きでしょっちゅう焼き肉を食べに行ってるが、それとこれとは別。
1キロくらいある肉使ってローストビーフにしてみたいけど、作るのはいいが食べきるのが大変そうだし、やっぱ高いし。

小さめ肉というか、分厚いステーキ肉を使えばいいんじゃないかな?と、和牛のいい感じに刺しも入っている300g程度の塊肉を使って、手軽にフライパンで作ってみたところ、とてもおいしくできた。

だが、しかし、和牛の刺もはいった良い肉でおいしいのは当たり前だろう!

こういうのは、やっすい(でも好き)オージービーフの塊肉使って、おいしくできるほうが素敵なので、チャレンジ。

オーブンで作るローストビーフは、グレイビーソースを作ったりと大変だが、調味料に肉汁をプラスしてソースを作り、さらに柚子胡椒を使ったソースのダブル掛けで、120%納得のおいしさとなった。

生春巻きにしても、タイのビーフサラダにしても、肉類に合わせる葉物に、スペアミント、香菜を加えるとぐっとおいしくなるので、今回も付け合わせの野菜には、べビリーフとともに加えた。

細目に切ってバインミーの具材にしてもいいな。

これを作るときは、半日前に冷蔵庫から肉を取り出し(もちろん袋に入った状態で)、タオルなどに包んで常温に戻している。


【材料】
3cm厚の牛塊肉(ステーキ用等でも)  300g程度

ソース
肉汁全量
酢  大1.5
酒  大1
醤油 大1/2
はちみつ 大1.5

ゆず胡椒ドレッシング
柚子胡椒 大1
オリーブ油またはサラダ油 大3
レモン汁 大1


付け合わせの野菜
クレソン、ベビーリーフ等の好みの葉
スペアミント
香菜(葉先をつまむ)

【作り方】
肉を焼く
1 肉は常温に戻しておく。
2 肉の片面に、塩少々、胡椒(できれば白コショウ、黒コショウを両方)をたっぷりとする。
3 フライパンに油を少量いれて熱し、2の肉を塩コショウした面を下にして、中火で4分焼く。
4 焼いている間に、上になっている面にも塩と胡椒をする。
5 4で塩コショウした面を下にして同様に3分焼く。
6 残りの側面も3分ずつやき、焼きあがったらアルミホイルで包んでおく。

ソースを作る
1 アルミホイルで包んで20分以上落ち着いたところで、肉汁だけフライパンに移す。
2 酢、しょうゆ、酒を加えて少しに立たせたら、はちみつを加えてとろりとするまで煮詰める。

ゆず胡椒ドレッシングを作る
1 材料をすべて合わせる。※塩や胡椒はしなくてもよい

仕上げる
1 焼いた肉を薄くそぐようにカットし、さらに並べる
2 上から、ソースをスプーンなどですくいながら回しかける。
3 つぎに、柚子胡椒ドレッシングをスプーンなどですくいながら回しかける。



※敷いた野菜の上に肉を載せても、別盛りでも好みで。
※ソースに使う酢は、米酢、リンゴ酢、黒酢、ワインビネガー、バルサミコなどなんでもよい、それぞれに風味が違っておいしい。
※肉は必ず常温に戻すこと。時間がなくてほんのり冷たい場合は、焼き時間を長めにとる。









# by recipko2 | 2018-08-02 18:00 | Recipe | Comments(0)

高幡不動 ござれ市 2018年7月

e0062977_16220846.jpg

年明けてから、福島への出張が多くなり、すっかりとご無沙汰していた、高幡不動ござれ市。
7月は、蓮の花が咲き始めるので、足を向けてみた。

朝からすでに気温は高く、8時前にはいって戻ってこないと、暑くて大変そうだぞ!

骨董市自体があまりに久しぶりで、好きなものを見つける嗅覚が衰えてるかな?と心配だったけど、好きなものは好きなのねと今回もたくさん見つけることができた。

まず、今回初めてお見掛けした店の店頭に、古い日本の食器があったので物色していると好みのものがいくつか。
紫色のガラスの小鉢。そうめんでしょ、そうめん!と真っ先に思い浮かべる形。

バウヒニア柄のコップ

いつも伺うRAINDROPSさんでは、小さくてかわいい蓋つきのガラスの小物入れ


小物入れとしてではなく、福神漬けいれたいのよ・・・・カレーライス作る予定ないんだけど。

ベトナム産といわれても、ちょっと納得してしまう。大き目カフェオレボウル位の容量があって、スープ入れたりするのにピッタリだと思う。

白猫屋さんで見つけたのは、ガラスのレモンスクイーザー。以下3点はアメリカのヴィンテージ。


ガラスのレモンスクイーザーは日本でもあるけど、これは溝部分が開いてて、コップの上に置いてそのまま絞ると果汁だけ落ちるという、さすがレモネードの国だな!(しらんけど)と感心した。

もう一つは波型ナイフ。本来はチーズカッターらしいが、ベトナムのモノ同様、大根やニンジンを波型にさせたい。


久々にアルミ缶好きの琴線にふれた、ケーキ型

ケーキ型なのかブレッド型なのかわからんけど。ケーキサクレに挑戦したいので、ちょうどよかったと思っている。

# by recipko2 | 2018-08-01 18:00 | 骨董市 | Comments(0)

レタスの豚バラ巻き



珍しく日曜日にテレビを見ていると(見ないだけでテレビが家にないわけではない)、ぶらり途中下車の旅だったのかな?六本木とか言いつつ、あえてじゃないと行かない麻布の住宅街の画像が流れていた。

この一角に串焼きの店があり(というか、ここ放送したくてわざわざ住宅街入ったんだろうなとバレバレ)、そのお店で出していたのが、レタスを豚バラ肉で巻いた串焼きだった。

これは、間違いなく美味しい奴だわ。

豚バラと野菜の蒸し物や、それ以前に餃子&レタス油菜が常食だった私的に、なぜ今まで思いつかなかったのか不思議なほど、大納得の組み合わせ。

当然、パクりました。

早速、その日の夕ご飯に作成。
作っている間にも、ずっと、これは柚子胡椒が絶対にあうぞ!と確信してたので、別添えで柚子胡椒も準備。

もっとちゃんと放送を見ておけばよかったけど、レタスは芯付のまま半分に切って、さらに3等分。

ここにスライスされた豚バラ肉を巻きつける。
直火で焼ければベストだけど、そこは家庭ライズしフライパンで焼けばいい。

食べやすい大きさに切り分けて、柚子胡椒や、大根おろし&ポン酢などで食べる。
沖縄から青切シークワーサーも出る時期になるから、ベトナムで知った豚肉のおいしい食べ方、塩+胡椒+シークワーサーで食べるのも楽しみ。

【材料】
レタス 1/2個
豚バラ肉 300g位
柚子胡椒

【作り方】
1 レタスは芯を残して芯を中心に半分に切り、さらに3等分する。
2 1のレタスに、豚バラ肉を巻き付ける。
3 軽く塩コショウをする。
4 フライパンに並べて、両面よく焼く。
5 食べやすい大きさに切り分けて、柚子胡椒等つけて食べる。

# by recipko2 | 2018-07-31 18:00 | Recipe | Comments(0)

セリア AC MAKEUP アイライナー

一度ハマると集中する悪癖のため、いまだアイライナーを色々と試している。


ダイソーのアイライナーも大変よろしかったが、インサイドに塗るには今少し太さと液量がほしい気がしていた。

福島の部屋の改装(?)用にセリアをうろうろしているついでに、何か面白いコスメないかな?とみてみると、水滴型の容器のアイライナーが目に止まった。

e0062977_15163619.jpg

もの試し。どうせだめでも100円だし!と買ってみたところ、


これがまたものすごく使いやすいではないですか!

ダイソーのものは、これはこれでつかえたけれど、インサイド埋めるにはちと太さが足りないのと、上向きで使うと液量が物足りない。

だけどこれは、筆の太さが十分で、まつ毛とまつ毛の間にポン!とひとのせすれば十分埋まってくれる。

よく美容系雑誌のアイライナーの書き方で「まつ毛とまつ毛を埋めるように」などと書かれているが、それが簡単にできる。

気をよくして、相変わらずの悪癖で10本まとめ買いした。

そして、水滴型のアイライナーをセリアで見かけると、がっさりと買うことにしている。なぜならこの水滴型がリニューアルになったようで、新しいのは書き心地がイマイチだから。


# by recipko2 | 2018-07-28 18:00 | Liner | Comments(0)

火、水、木は、福島で。 ⑧


福島の部屋にやっと絵を飾った。

この部屋に入る時からソファを決めていたけれど、絵もこれを飾ろうと決めていたうちの一枚。

e0062977_14082542.jpg

4年前に行ったベトナム・ハノイの国営っぽい本屋で選んだ、プロパガンダ絵のポスター。

https://recipko2.exblog.jp/22283087/


手漉きのわら半紙のような紙を使った版画で、何気なく選んだものだけど、今思うととてもいい買い物だったなとほくそえんでいる。


3枚あるうち、選んだのは、「けしの花植えちゃだめ、絶対」(適当です)


東京の自宅の部屋から絵が全部なくなってしまうのはさみしいので、ドアで見えなくなってしまっているところに飾っていた一枚を持ってきた。

額装がヘタッピで絵の大きさより小さい額をつかってたから、ふちが折れているんだけど、今回はちゃんと大きいのを選んだ(でもちょっとまがってる?)。

幸い、壁の色、ソファ、照明とも色合いが合ってくれた。


# by recipko2 | 2018-07-27 18:00 | other | Comments(4)

宇治金時@虎屋茶寮


毎年この時期の恒例。始まったらいかないわけにはいきますまい。



e0062977_16033824.jpg

# by recipko2 | 2018-06-20 18:00 | Eat | Comments(0)

SWEETS SWEETS 「Velvet Souffle Cheeks 03 アプリコットスフレ 」




まーた、この手のチークを懲りずに買ってしまった。

この手のチークというのは、水系チーク。
e0062977_13381150.jpg
こんにゃく(身も蓋もナイ言い方)のような感触で、ティントというだけにほんのりと付くタイプ。


肌の上での発色は、ほんのりながらも重ね付けることでカバーできるから、満足なんだけど、問題はこの感触。

おそらく半年位すると乾いてくるとわかりつつ、手に取ってしまった。

色味は、kiss のマルチチ-クスのまろやかなオレンジの方が好み。

# by recipko2 | 2018-06-19 18:00 | Blusher etc. | Comments(1)

COCORO@福島市早稲町


e0062977_13393881.jpg
福島の部屋に飾っているお花を買っているのは、COCOROという花屋さん。

駅に向かう道すがらで見つけたお店で、店の外観と、店内の花の置き方がかわいくて、すっかりファンになってしまった。

火曜日に福島入りするので、できれはこの日の日中(昼休み中)か夕方に伺っている。

アジサイも終わり、さて何しようかな?と伺ってみると、大好きなラナンキュラスが置いてあった。

正しくは、ラナンキュラスという名前を持つ八重のバラ。
e0062977_13393099.jpg
中世ヨーロッパの絵画のような、オールドローズのような絶妙な色合いの色も素敵で、置いてある全部をもらった(1本120円だったから)。
e0062977_13383947.jpg
単色のつもりが、黄色もかわいくて、少し混ぜ、一緒にブラックベリーを合わせた。
e0062977_13393357.jpg

# by recipko2 | 2018-06-18 18:00 | other | Comments(0)

SWEETS SWEETS「Shiny Dolce Shadow 4 ビターミルフィーユ」

CANMAKEで買ったブラウンのアイシャドウが気に入ったのに気をよくして、ほかのブラウンも物色。

若い子向けブランドだからとひるまずに見ていると、お!とよさそうな色合いが目に入ってきた。

SWEETS SWEETS Shiny Dolce Shadow 04 ビターミルフィーユ
e0062977_13383585.jpg

SWEETS SWEETSというブランドのアイシャドウで、クリームタイプのベースと、パウダータイプカラーがセットになっていた。

最初、クリームタイプと気が付かずに、思い切りブラシを入れてしまい、妙にぴとぴとした感触だなという違和感でやっときがついた。

このクリームタイプ。見た目でわかるラメがかなり入っている。

指先でこのクリームを瞼に広げて、右上の色をアイホールに。

ハイライトとなるカラー(左上)は思ったよりもつくので控えめに。

好みで、ブラウンの締め色を使ったり、使わなかったり。

年齢を重ねて、程よくアイホールがくぼんできたのか、このところ自分の目の形が気に入っている。

おそらく、そのあたりもブラウンメイクが気に入ってきている点だが、CANMAKEに続き、今回のアイシャドウも、仕上がりが、なんとなくアンニュイさがあって(ものすんごくよく言うと、外人風とでもいうか)、とても気に入った色。


# by recipko2 | 2018-06-13 18:00 | Eye Shadow | Comments(0)

火、水、木は、福島で。 ⑦


福島の部屋は、レオパレス21の標準的な間取りと設備の部屋だと思う。

思ったよりも広いと感じたシンクと、同じくらいの幅の作業できるスペース、そしてIHではなくラジエントヒーターがついている。
e0062977_12572187.jpg
ガス台ではないのがとても残念だが、この部屋では、自宅では出番が少ない、STAUBやル・クルーゼの鍋とともに、FINELの鍋を使うつもりだったので、ラジエントヒーターと知り、なんとなくヨーロッパのアパートっぽいなと気に入っている。


まずは、壁面にタイルシートを貼る。・・・残念ながら枚数が足らなくて、志半ばの状態だが、また手に入ったら貼るからいい。

そして、突っ張り棒とIKEAで買ってきたラックを使って収納スペースを作る。
e0062977_12571429.jpg
タイルシートを追加し、ツールも増えてきた。
e0062977_14154051.jpg

左側に見えているのは、ザルの代わりに、好きで集めているアルミのコランダー(でないと、全然出番がないから)。
e0062977_14150569.jpg
シンク下の収納スペース。
e0062977_14163522.jpg
今は2段になりもう少しものも増えている(早い)。


据え置きの家電としては、電子レンジがついているが、私的に電子レンジは使わないので、部屋に初めて入った日に、撤去した。

そのあとに収まったのは、自宅から持ってきたお気に入りの電気オーブン。
e0062977_14162768.jpg
当時最新式だった大きなスチーム式のオーブンもあるけれど、単純な構造の職人なオーブンはたまらなく使いやすくて、持ってくるならこっちだなと思っていた。

その上の棚は、大同電鍋と、オスタライザー。
e0062977_14152392.jpg
一番上の棚は、食品や調味料のストック。この病気は収まることを知らないので、一人暮らしで週に3泊程度しかしないのに、充実のストックぶり。そして大好きなビニールクロスもここに突っ込まれている。
e0062977_14151227.jpg

# by recipko2 | 2018-06-11 18:00 | other | Comments(0)

火、水、木は、福島で。 ⑥


e0062977_11595398.jpg
歩いて数分のところに、感じの良い花屋さんを見つけたので、福島の部屋では花をたやさないようにしている。

はじめて買ったのは、ラナンキュラスとバラの組み合わせ。
e0062977_11575778.jpg
翌週は、深い紫が美しいアジサイと、クレマチス。
e0062977_11575465.jpg


そして、今週はアジサイがまだ残っていたので、カラーとゼラニウムを足す。おまけにもらったアジサイも。

e0062977_11574790.jpg
 来週は何にしようかな。
e0062977_11574346.jpg

# by recipko2 | 2018-06-08 18:00 | other | Comments(0)

火、水、木は、福島で。 ⑤



こまごましたものは、宅配便とスーツケースにいれての輸送に任せるとして、問題は大物。

IKEAに行ったときに、一目で「福島の部屋にぴったり!」と決めていたソファが、なにせデカい。

ヤマト運輸の一番大きい配送では遅れないサイズで、いっそ車で自分で載せていくか?とかいろいろ考えたが、調べてみると佐川急便では対応してくれている大きさ。

IKEAでソファを購入し、そのまま佐川急便に持ち込んで配送をお願いした。

そして、到着した箱。ほかに買ったものもこの中にいれて送ったけど、大きくて重いからか回転させて階段上がってきたときには、びっくりした(笑)
e0062977_12343399.jpg
中身はこんな感じにはいっている。
e0062977_11550785.jpg
出して組み立てはじめましょう。

e0062977_11561921.jpg
組み立ては20分ほどで完了。思った通り、部屋にぴったりだった。同じシリーズで同色のオットマンも購入。
e0062977_12313410.jpg
そして、翌週は、先日の東京蚤の市で手に入れたアーコールのテーブルも運び入れた。
e0062977_11550096.jpg
普段はソファの横においておく。
e0062977_11545398.jpg
うん、イメージ通り。


ここまでくると、もう少し後でもいいな、と思っていたマーガレット・ハウエル別注アングルポイズが、どうしても置きたくなるので、買いに行った。買おう買おうと思い続けて10年?
e0062977_11544632.jpg
これも手持ちで福島に運び込み、組み立て。
e0062977_11561063.jpg
ソファ横のアーコールのテーブルの上にいてもらう。やっぱりフロアライトにするバーを買おう。
e0062977_11543791.jpg

リビングのカーテンは、絶対にイエローと決めているので、据え付けのカーテンを外して、付け直す。
e0062977_12314164.jpg
IKEAで購入したカーテンだけど、なんとタッセルついておらず、とりいそぎタッセルはロープにした。

e0062977_11561453.jpg

リビング、ソファエリアの完成。ずっと居たいと思う、いい部屋になりました。

# by recipko2 | 2018-05-28 18:00 | other | Comments(3)

第13回 東京蚤の市 恒例のアレ



5月26日27日は、楽しみにしていた東京蚤の市
e0062977_12282092.jpg
今回は、素敵なものが沢山あって、毎回楽しみにしている奈良のMLP SHOPさんに、大物を頼んでいるということもあり、いつも以上に楽しみにしていた。

家具の持ち帰りがあるので、今回も朝6:30には東京蚤の市会場である、京王閣入口にもっとも近い駐車場に車を停め、開園までスタンバイ。

園内の写真は取っていないので、さっそく、東京蚤の市での恒例のアレ、いきます。

毎回、真っ先に向かうのは、MLP SHOPさん。


今回一番の大物は、イギリス・アーコール社の折り畳みテーブル
e0062977_12263696.jpg
以前からアーコールのカフェテーブルが欲しく、お願いしていたのだが、先日、MLPSHOPさんが、大阪阪急百貨店で行っていたイベント風景の写真の中に、これは!!というものがあって、問い合わせていたもの。

低めの丸テーブルは、福島の部屋に置く予定のソファの高さにもちょうどよくて、運命としか言いようのない出会い。

しかもこれ、折りたたむことができて、そのかわいさといったら・・・・

IKEAの袋に入っちゃうほど!
e0062977_14581734.jpg
価格も、アーコールのテーブルでは考えられない破格値!(折り畳みテーブルの脚の支えの一つが修理されていたり、天板に跡があったり・・・と、私には全然気にならない部分が安くなった理由)


イギリスのアンティークカゴ
e0062977_12225959.jpg
もともとは、このカゴを画像内に見つけたのが始まり。

普通そうで、なかなか見つからないシンプルな形。籠バッグとしてつかったり、そのまま部屋に置いといてもいい。


ガラスのコンポート
e0062977_12232086.jpg
前々回、背の低いコンポートを手に入れ、とても気に入ったので、今回は背の高いコンポート買うことにした。

MLP SHOPさんでは、迷ってしまいそうな程、沢山コンポートを置いてある。その中で、パッと目を引いたものを買うことにする。

T.G.Greenの耐熱皿
e0062977_12231299.jpg
一目でみて、抱きかかえていた皿。一見、キュノワールかと思う美しい貫入の入り具合。

T.G.Greenというと、ボーダー柄だったり、キャニスターを思い出し、白一色というイメージが全然無かったので、かえって新鮮だった。


さて、次は、毎回お会いするのが楽しみなオソブランコさんのブースへ。

いつもと場所が変わっていて室内だった。その手前で、プラバックを見かける。

西荻窪のハチマクラさんで、プラスチックバッグ。
e0062977_12341125.jpg
紺色一色というのがきれいで、ちょうどこの日はオレンジ(赤)のサマードレスだったものだから、余計に似合う(気がするだけ?)。


そして、同じくハチマクラさんで、1970年代のグラス
e0062977_12233291.jpg

オソブランコさんで、楽しくお話しさせてもらい、見つけたのは、PILLIVUYTのカップ
e0062977_12234280.jpg
福島の部屋用に、日本茶の湯飲みをさがしていて、ぴったり!

最後はとおりかかったantiquus daysさんのブースでみつけた、アルミのスプーン
e0062977_12342429.jpg


今回も、とても素敵なものを沢山みつけた東京蚤の市。

# by recipko2 | 2018-05-26 18:00 | 骨董市 | Comments(3)

火、水、木は、福島で。 ④


片付けがひと段落したら、作りたくなったのがポトフ。理由は、たぶん簡単だから。

レオパレスの部屋のキッチンは、IHではなく、ラジエントヒーターというもの。

これがどことなくヨーロッパのアパート、という妄想を膨らませてくれるので気に入ってる。

ここに、自宅から持ってきたFINELの鍋をつかって、ポトフを煮込み始める。
e0062977_14265255.jpg
自宅では、主に旅先でみつけてきた鍋を使うことが多いので、FINELの鍋の出番がすくない。

だから、福島ではFINELや、ル・クルーゼ、STAUBを使おうと決めていた。

結局、ポトフは翌朝の朝食として食べることにした。
e0062977_14265930.jpg

# by recipko2 | 2018-05-10 18:00 | other | Comments(4)

火、水、木は、福島で。 ③

レオパレス21、住むにつけ、とってもよくできているなぁと感心している

狭い面積の中を効率よく使っているというか、ロフト風にすることによって上下2空間を活用できる。

リビングの次は、クローゼット
e0062977_14164577.jpg


IKEAでハンギング収納のコンパートメントを購入。ハンガーもIKEAで統一した。
e0062977_12314813.jpg
これが思った以上に長かったので、反対側には子供用のコンパートメントを使うことにした。
e0062977_14163648.jpg
ちょうどこのコンパートメントで隠れる角っこに、撤去した電子レンジ、テレビ、椅子、カーテンなども収納している。

コンパートメントには、たたんでおける衣類のほかに、タオル類、テーブルクロス、シーツ等とファブリック全般。写ってないが、洗濯ものを干すハンガー類や、アイロンもここに。

そして、スーツケースもこの中にしまっている。


# by recipko2 | 2018-05-09 18:00 | other | Comments(0)

火、水、木は、福島で。 ②


職場の担当から、「GW中にクリーニングを入れてもらうけど、GW明けの5月7日から入居可能」との連絡をもらった。

今年のGWは4月27日から5月7日まで休んで、香港と中国へ行ったが、帰ってきた翌日に福島に出社することにし、そこで大物は別途運ぶとして、自宅にある食器や鍋などの生活用品は送ってしまおうと準備する。

タオルやバスマット類、スツール、台所を作るにあたってのパーツ等はIKEAで購入し、自宅から持ち込む鍋や食器とともに、宅配便で送る。

5月8日

手荷物でもっていった大きなスーツケースにも、パンパンに詰まった状態。
e0062977_13514321.jpg
そしてGW中に手配しておいた別便の段ボール箱3箱を部屋に持ち込む。
e0062977_13513666.jpg

レオパレス21なので、基本的な家具と家電はそろっている。
e0062977_12573185.jpg
けれど、私にとっては不用なモノなので、まずは、リビングにあった椅子とテレビ、ネットの設備などすべて撤去した。

折り畳みになるテーブルも使わないでいるつもりだったが、便利なので使うことにし、椅子はスツールタイプを置いた。
e0062977_12554420.jpg
そのあとに、段ボールに入れて送ったIKEAで購入した、なんちゃってアアルトなスツールを組み立てた。

とりあえず、この状態でいったん終了。
e0062977_13512966.jpg
次の週に、にこちゃんマークのスツールカバーを見つけたので持ってきて、完成。
e0062977_13511647.jpg
鹿牌の熱水瓶には熱湯をいれておき、アメリカのヴィンテージ缶の中にはおやつ。
e0062977_12552159.jpg

# by recipko2 | 2018-05-08 18:00 | other | Comments(0)

火、水、木は、福島で。 ①


今年に入ってから、福島で仕事をする時間が増えた。

もともと、私の所属するチームのプロジェクトの本拠地は福島だが、私は現場に行かない。

今年にはいって、かかわる仕事の種類と、チームで使っている事務所の人員などの問題から、福島での勤務が始まり、週に3日のホテル暮らしをしていたが、やはり不便。

4月以降のプロジェクトがきまったら、ホテル暮らしではなく、部屋を用意してもらうことになっていた。

5月のGW明けに、仲良しの社員さんが仙台に異動となり、私はその子の部屋に入る形となった。

会社が借り上げている部屋は、レオパレス21

ちまたの噂(?)や、その同僚の子からも

狭いし、壁薄いよ~

と聞いてたけれど、HPから見る部屋の見取り図(まぁどこも同じなんだろうけど)から、

これは、意外と住みやすそうだぞ

と楽しみにしていた。

事前に見取り図をガッツリ何度もみて、部屋のイメージを膨らませて、

室内に置く家具や、キッチンの作り方、自宅から福島に持っていく食器類などをリストアップ。

雑然とはしているけど、大好きなものをたくさん置いている東京の自宅に帰って、当たり前に使えていたものが使えないというのは、ストレスとなるのが、ホテル暮らしをしていて、身に染みた。

だから、福島で部屋を借りたなら、大好きなモノばかりをそろえようと誓っていた。

と、いうことで、福島に借りた部屋がどのように変わるか。

イチから、部屋のインテリアをそろえるなんて18年ぶり以上のことなので、せっかくだからブログのネタにしよう。

# by recipko2 | 2018-05-01 18:00 | other | Comments(3)

CANMAKE パーフェクトスタイリストアイズ 15 トワイライトビーチ

02 ベビーベージュに引き続き、もう一色!と買ってしまった色。


CANMAKE パーフェクトスタイリストアイズ 15 トワイライトビーチ
e0062977_15254528.jpg



一見、

メチャクチャ使いにくそうな色の組み合わせ

というこの手のものは、嫌いではなく、新しい発見もあるので時々手を出してしまう。

今回の色で気に入っているのは、デニムブルーと言っていいような紺色。

デニムブルーといえば、数年前にCHANELからそのシリーズが出ていたアイライナーとの組み合わせもちょうどよく、休日での出番が多いアイシャドウとなっている。

左下のオレンジピンクはちょっと考えあぐねている色。



# by recipko2 | 2018-04-23 18:00 | Eye Shadow | Comments(0)

CANMAKEジューシーグロウ スキンベース 01 ベージュ


肌がきれいなら、たいていのことは許せる。

誰もが思うことではないだろうか。

肌がきれいなら、機嫌よく過ごせるし、逆に肌荒れしてると何してもダメなように思ってしまう。

正直、赤の他人に、毎日の肌の調子なんてわからないから気にすることもないのに、なんとなく気になってしまう。

優秀なファンデーションのおかげで、ほとんどのことはカバーできる良い時代だけど、他力本願(ファンデーション)ではなく、できれば自分の肌が綺麗なように見せたいじゃぁないですか。

化粧下地については、結構好きでいろいろと試してきたように思う。

若い時は、肌荒れや肌色コントロールよりも、油田対策がメインで、美容液みたいな質感の化粧下地を使っていた。

近頃は、下地すら使わずに、ファンデーションを塗っていて、特に不満もなかった。

この頃気に入って使っているCANMAKEにも、下地があったので使ってみた。

CANMAKEジューシーグロウ スキンベース 01 ベージュ
e0062977_15253017.jpg
これがまたいいのなんの。

BBクリームといっていい下地で、これもほんの少量つかうだけ。

特別毛穴を埋めているとか、ギラギラパールが分かるとか、厚さも感じないので、そういうのは何もないんだけど、しっかりと土台を整えてくれている。

もうね、これメチャクチャ気に入ってます。

メガブランドの下地なんてもういらない。

# by recipko2 | 2018-04-12 18:00 | Base & Control etc. | Comments(0)


コスメやスキンケアや美容のこと。一生懸命あがいています。といっても最近は素敵なごみ・・・もとい日用品を買う方が多いけど。2018年も旅行に買い物に骨董市にと好きなことしまくります!


by recipko2

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

<< お気に入りのブログ>>
Cozy's Cozy's World
映画のフェイクポスターをのせているブログ。本物かと思うほどの凄まじい出来です。

ニョニャ料理の日々

------------------------
広州
旅行口コミ情報

香港旅行・ホテルのクチコミ






*-*-*Twitterはじめました-*-*

「recipko」
で検索してみてください。

※おもに暴言。たまーに記事にする前のコスメのこととかつぶやいてます

*-*-**-*-**-*-**-*-**

https://iluquappa.stores.jp/

最新のコメント

> まきまきさん ..
by recipko2 at 15:56
先週半ばから東京は涼しく..
by まきまき at 11:29
いいね!香りはあるのかしら?
by yon_yon at 08:58
> るる♪さん ..
by recipko2 at 11:27
> まきまきさん 東北..
by recipko2 at 11:06

ブログジャンル