人気ブログランキング |

<   2017年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

午後のお茶の時間 ~ 明前梅家塢龍井茶 ~


6年前に上海の茶荘で買った明前梅家塢は雀舌で、それまで飲んでいた龍井茶と明らかに異なる香りと味にびっくりした。

先日、荻窪・ビルカーベさんが、上海と杭州に買い付けにいらっしゃるというのに便乗させてもらい、杭州でお茶を買ってきてもらった。

今日のお茶は、その明前梅家塢龍井茶を楽しもうと思う。
e0062977_06560792.jpg
ガラスのコップに、茶葉をいれて、湯を注ぐ。


上等な龍井戸茶は、大豆の炒った香りがするのだけど、これもまた部屋中に、ふうわりと広がる大豆の香り。

しばらく香りを楽しみながら、茶葉が落ちるのをまって、口に含むと、日本の緑茶とも、釜炒り茶とも、ほかの中国茶ともことなる、しいて言えば龍井茶としかいえない緑茶の味がする。

1煎目、2煎目は香りを楽しみ、3煎目になると味がググッと前に出てくる。

お茶請けのひまわりの種の香ばしさとも好相性で、お茶飲んで、ひまわりの種食べて何時間でも過ごせそう。
e0062977_06561121.jpg

by recipko2 | 2017-11-29 18:00 | AfternoonTea | Comments(0)

炒黄瓜芹菜(胡瓜とセロリの炒め物)

e0062977_06555833.jpg

カッパ族なので、西瓜とか胡瓜とか大好き。

西瓜はともかく、アジアメシだと、日本よりも胡瓜はもっと自由に使われていて、わくわくする。

生の胡瓜ももちろん好きだけど、炒めた胡瓜はもっと好き!

ただし、日本の酢豚の胡瓜は好きではない(食べれるけど)。

胡瓜を使った炒め物は、魚香系、塩味系がイケる。

しっかりおかずにしたい場合は豚バラを合わせても美味しいが、ほかにメインのおかずがあって、もう1品・・・みたいなときは、肉を入れずに作るのも好き。
e0062977_06560347.jpg
胡瓜と相性のいいセロリと一緒に、チリソースのチリ抜きみたいな感じ仕上げて、ご飯にかけたら、やっぱり白飯ワシワシになってうれしい。

いつも胡瓜3本くらいペロリ。

ちなみに、調理時間は5分程度。


[材料]

胡瓜 3本

セロリ 1本

ニンニク 1カケ
生姜 1カケ
長ネギ 1/2本


味付け
塩 小1/2
砂糖 小1/2
酒 大1
胡椒粉 多めの一つまみ
スープ(鶏粉付属の匙1+水大3) 大3

水溶き片栗粉(片栗粉大1+水 大1)

[作り方]
1 ニンニク、ショウガ、長ネギはすべてみじん切りにしておく。
2 味付けの調味料はすべて合わせておく。
3 胡瓜は長めの乱切り、セロリは1cm幅程度に切っておく。
4 フライパン又は中華鍋に油大2を入れて熱し、1を加えて香りが出るまで炒める(焦さないように)。
5 3の胡瓜とセロリを加えて、ターナー等で4~5回全体を混ぜながら炒める(強火)。
6 2の調味料を加えて、強火のまま数回混ぜ、水溶き片栗粉を加えてトロミをつけたら出来上がり。

by recipko2 | 2017-11-28 18:00 | Recipe | Comments(0)

アナスドーサビリヤニ@イオンモール多摩平の森


まず最初にいっておくと、

イオンとジャスコが大嫌いである

マジで潰れろ!と一人撲滅運動している位嫌いで、絶対に買い物したくないと思っているくらい嫌い。理由は小売店が好きだから。

そんな中、ビリヤニが食べれる店があるとしり、ものっすごく嫌々ながらも、自宅から車で20分位のところにあるイオンモールへと行ってみた。

1階がフードコートになっていて、いろいろな店が入ってるなか、目指す店があった。


アナスドーサビリヤニ
e0062977_10344007.jpg

店頭には、インド系と思われる方々がいて、

ボリウッドトップスターの3カーン(アーミル、シャー・ルク、サルマン)のうち、だれが好きですか?

と、イン・パキ系と接触したら必ず聞きたい衝動を我慢して、注文。

最初に食べたのは、ラムのビリヤニだった。
e0062977_10344647.jpg
これが、スパイスたっぷりで、とっても美味しいビリヤニだった。ちょっと私には辛かったけど、それでも辞めずにペロリ。ライタの味も好みだった。
e0062977_10345460.jpg
そして、またまた食べたくなって、訪れた日は、3種類のカレーセットにした。
e0062977_06581407.jpg
バターチキン
日替わりのカレー(茄子のカレーだった)
トマトキーマカレー

の3種類を選ぶ。

サフランライスまたはナンを選べるので、ナン。ラッシーもついてくる。

店頭にタンドリ窯が置かれており、近くにナンの生地がフクフクした姿で置かれている。これをシェフが、注文をうけてから上手に伸ばして、タンドリ釜ペタ!と貼り付けて焼き上げる。

大きさは、およそ40センチ位。ほんのりを甘味がある生地で、いつもこのまま蜂蜜とかつけて食べたいなーと思ってしまう。タンドリーももちろん絶品!
e0062977_10350137.jpg
インド料理は好きだけど、自分で食べに行くのって年に数回位。でもここはすでに月に1回位は行ってしまってる。

お持ち帰りもできるので、行ったときには、翌日のお弁当用に持ち帰り分も注文。

書いてたら食べたくなってきた・・・・

by recipko2 | 2017-11-27 18:00 | Eat | Comments(0)

酸菜粉絲

e0062977_06591383.jpg

山梨で買ってきた白菜をつかって、父が白菜漬けを作った。

毎年作っていて美味しいのだけど、今年は塩の分量を間違えたらしく、しょっぱいのが出来上がってしまった。

そこで少し頂戴し、塩抜きをして、北京でよく食べているという(知らんけど)、酸菜粉絲にしてみる。

残念ながら本場(?)の北京で食べたことが無いので、昔、まだ日本のご飯を作っていた頃(遠い目)に、良く作っていたキャベツを使ったレシピを白菜漬けに変えて作ってみる。

豚肉は大き目で粗目のミンチに、春雨は水で戻し、白菜漬けは塩抜きして適当な大きさに切る。

あとは、ショウガをみじん切りにして爆香してから、豚肉と白菜をいためて、春雨をいれたら水を少し加えて炒め、味付けして、仕上げにごま油。
e0062977_06590788.jpg



[材料]

豚肉  100g

白菜漬け  適量

春雨 50g

生姜  みじん切り 大1

調味
しょうゆ  大2~3
酒  大1
砂糖 小1/2
ごま油  大1


[作り方]
1 白菜漬けは塩加減によって塩抜きし、適当な大きさに切る。
2 春雨は、適当な大きさにきってから、水でもどしておく。
3 豚肉は細切り、または叩いて大き目のミンチにしておく。
4 フライパンや中華鍋に、サラダ油大2と生姜をいれて熱し、香りが出てきたら豚肉と白菜漬けを加えて炒める。
5 春雨を加えて、全体を返すように数回混ぜて、100ccの水を加えて春雨を戻すように水分がなくなるまで炒める。
6 醬油、酒、砂糖を加えて炒め、仕上げにごま油を加えて全体を炒めたら出来上がり。


※白菜漬け以外に、普通の白菜、キャベツでも美味しい。
※普通の白菜、キャベツで作る場合は、少し塩を使う。



by recipko2 | 2017-11-26 18:00 | Recipe | Comments(2)

午後のお茶の時間 ~ アンナンとグスタフスベリのC&S ~


試作したマロンプディングをお茶請けに、午後のお茶の時間。
e0062977_06592058.jpg
この日のお茶は、マリアージュ・フレールのアンナンを特に理由なく選んだ。ところが、後日、新宿のマリアージュ・フレールに茶葉を買いに行ったら、廃盤になっていた(しかも結構前になったらしい)。

大好きなお茶だったので、ものすっごいショック。
e0062977_07000035.jpg
カップは、久しぶりにグスタフスベリ(GUSTAVSBERG)のスピサ・リブ。


by recipko2 | 2017-11-25 18:00 | AfternoonTea | Comments(0)

マロンプディング(試作)


福島出張の際に、東京駅の構内の千疋屋で買ったマロンプディングがとても美味しかったので、ちょっと違うけれど自分で作ってみることにした。

基本のレシピは、スイートポテトプディング。

サツマイモを栗に変えればできるんじゃないの?

という、いつもの短絡思考のもと、材料を調達。

和栗を茹でて穿り出したそうか?とか、天津甘栗をつかおうか?とか考えてみたものの、面倒くささのほうが先にたったので、マロンペーストを使うことにした。

SABATONのマロン系は種類も多くて、見れば見るほどどれ使えばいいのだ!?となったが、原料をみて、一番シンプルな「マロン、水」と書かれていたピューレを選ぶ。

そのほかの材料と作り方は、スイートポテトプディングに準じた。

卵 5個
生クリーム 200cc
エバミルク 100cc
牛乳  200cc
バニラエッセンス
砂糖 大1.5 → 大2

SABATONマロンペースト 1缶


焼き上がり。
e0062977_09225560.jpg
見た目、栗色も出ていてなかなかいい感じ。

皿に反してみた。
e0062977_07000552.jpg
天津甘栗を適当にわって加えたので、上にぽこぽこ見えるのはソレ。

周囲を見ると、やや水っぽい感じがする。

食べてみると、甘さが足らなかった(よく言えば、控えめな甘さ)。栗きんとん(正月に食べるヤツ時やない方)を食べた時の、水分取られる感じと栗っぽさは確かにある。それなのに水っぽさがもある。

スイートポテトプディングのさつまいもは、茹でた後に粉吹き芋状態にして水分を飛ばしているが、今回つかったSABATONのマロンピューレは水分入ったままなので、その分、水っぽくなってしまった。

あと、甘さ。サツマイモほどマロンは甘くなかったので、もう少しきっちりと砂糖を入れたい。

砂糖、何を使おうかな。あまり前面に出られても困るので、和三盆にするか、もしくは練乳を混ぜ込んでみるのも美味しいかも。

今回の試作の出来は70点位。

by recipko2 | 2017-11-24 18:00 | Recipe | Comments(0)

Birkahve(ビルカーベ)@荻窪


れ記茶餐廳のイベントをさせていただいた、荻窪のビルカーベさんへ行ってきた。


本当は、この時期、れ記茶餐廳をする予定だったのですが、私の方の準備が整わなくて、今回は見送らせてもらいました。ごめんなさい。



さて、今月の頭に上海・杭州と買い付けにいってらっしゃったビルカーベさん。

そこで買い付けてきたもののお披露目をかねて、お店をオープンするというので、これは見逃せない!と楽しみにしていた。

今回は、大好きな中国制造な器も多くて、大興奮!

それに加えて、ガラスのコップもかわいいのばかりだった。

この日のカフェメニューは、杭州で買ってらっしゃった龍井茶。
e0062977_06580945.jpg
龍井茶は大好きなお茶の一つなので、さっそく注文して飲んでみると、いつも自分が飲んでいる龍井茶よりも、香りがよくて美味しい。

不味いお茶を飲むことほど、人生の損はない

と、普段から豪語しているので、美味しいお茶を飲めて幸せ。


ということで、ビルカーベさんでの恒例のアレいきます。


小紅花柄は、オレンジとグリーンを見たことがあったが、そのグリーン。
直径18cmサイズくらいだろうか。ものすっごくうれしい。
e0062977_06580232.jpg
ちょっと和柄なデミタスカップ。もちろん中国制造モノ。
e0062977_06571744.jpg
一見、小紅花柄?大紅花柄?と思ったけど、見たことが無い薔薇柄の小皿
e0062977_06571367.jpg

いったいどんだけ柄があるというのか!恐るべし!

この薔薇柄も、持ってそうで持っていない柄だった(色違いかも)。
e0062977_06570919.jpg
周囲が花弁型で金縁仕上げなのもいい。小皿サイズ。


ダブルハピネスに、鳥柄の琺瑯カップ。
e0062977_06570455.jpg
そして、一目見た時から、絶対に欲しい!と思っていたのが、このコップ。
e0062977_06565606.jpg
一九七六年 中国家用器皿展覧

と書かれたノベルティのコップ。上海軽工業品進出口公司贈と書かれている。
e0062977_06561590.jpg
たんに漢字が書いてあるだけなのに、なんとフォントのかわいいことか!!!



by recipko2 | 2017-11-22 18:00 | 中國制造 | Comments(0)

アサリと帆立のクリームボンゴレ@Afternoon Tea TEAROOM





例年、この時期の季節のメニューは、楽しみなものが多いが、最近のATは微妙なものを出してくるので、ちょっとコシが引けている。

アサリと帆立のクリームボンゴレ

となると、まぁハズレる要素が無いはずなので、頼んでみた。
e0062977_06590100.jpg
見た目、クリームボンゴレというよりも、カルボナーラ。

味も、ややカルボナーラで、美味しい。

しいて言えば、ベビー帆立は要らん!


この季節、マーマレードポークとほうれん草のサラダサンドがとてもとても大好きだったのに、今年は変わってしまっていて、本当に残念。



お願いだから、戻してください。なぜなら、今期は全部イマイチだから!

by recipko2 | 2017-11-21 18:00 | AfternoonTea | Comments(0)

老虎菜



e0062977_08105767.jpg


新大久保の延辺料理で食べた、老虎菜がとても美味しかったので、再現してみる。
e0062977_08081834.jpg
(千里香の、老虎菜)


材料は、シンプルで、キュウリ、長ネギ、玉ねぎ、香菜、青唐辛子。

味付けは、生姜の甘酢のような、ピクルス液のような甘酸っぱい味。

食べている時に、これはどこかで食べたことがある味だぞ!と頭の中で近似値をサーチしてたら、シンガポールのカトンで海南鶏を食べた時についてきた、パイナップルと瓜のピクルス(アチャー)の味に似てた。

あれは、グラメラカで作るけど、これは普通にグラニュー糖に変えて、醋は千鳥酢ではなく、中国の白醋を使おうと組み立てる。


野菜を切って、調味料を入れていってあえてるのかもしれないけど、私は醋の酸味を少し飛ばしたかったので(そこまで強くなかったから)、一度、小鍋に材料をいれて煮立てて、冷ましたものを使った。


お店では、白い玉ねぎを使っていた。新玉ねぎがあればよかったけど、この時期は難しいし、普通の玉ねぎではちょっと違う気がする。

生食に向いていて、常にストックが野菜室にあるアーリーレッドを使おう。

長ネギもたっぷり入ってたので、これも柔らかい軟白ネギをつかう。

お店で食べたのが、もう少し香菜入ってるとうれしいなーという量だったので、自分ではたっぷりと使う。

胡瓜は太めの千切りにして、青唐辛子は極少量をこれも千切りに。

あとは、大きいボウルで合える。すぐにでも食べれるけれど、翌日も美味しかった。

これに、ショウガいれたり、ニンニクいれたり、レモン入れてみたり、その時の好みで入れても合いそう。もしかして、これ、柿いれても合うんじゃないか・・・・?

お店で食べたのは、白ごま油と、胡麻を入れてあったように思う。


e0062977_08105163.jpg

[材料]

胡瓜 2本
長ネギ(細目) 2本
アーリーレッド  1個
香菜  3株~
青唐辛子  1本

調味液
水 250cc
醋 200cc
砂糖 100g
塩 小1

[作り方]
1 鍋に、調味料の材料をすべていれて、火にかけて煮立てる。ひと煮立ちしたところで火を止めて、冷ましておく。
2 キュウリは厚めにななめ薄切りにしてから、太めの千切り。
3 長ネギは白髪ねぎにしてもいいし、くるくる回しながら薄切りにしていく。アーリーレッドは半分にきって薄めの櫛切り。長ネギとアーリーレッドは水にさらしておく。
4 香菜は根をきって、適当な長さでざく切りする。
5 青唐辛子は、種を除いて千切り。
6 3の長ネギとアーリーレッドの水けを良く切っておく。
7 大きめのボウルに、キュウリ、長ネギ、アーリーレッド、香菜、青唐辛子をすべていれて、1の調味液を、半分量いれてよく合える。
8 すぐに食べてもいいし、30分から1時間置くと味がなじんでより美味しい。


※材料の分量は適当で。辛いのが好きなら青唐辛子をたっぷりいれてください。



パイナップルを入れてみたバージョン
by recipko2 | 2017-11-14 18:00 | Recipe | Comments(0)

午後のお茶の時間 ~ 京都・越後家多齢堂 かすていら と 一保堂のくきほうじ ~

e0062977_08090582.jpg
京都のお菓子

と聞くと、生菓子を除くと、生八ツ橋だとか、阿闍梨餅だとか、鍵善の鍵もちとか、最近のだと、茶の菓のラングドシャだっけ?など、美味しいものが思い浮かぶけれど、まだまだ美味しいものが有るものです。

京都でカステラってあまり聞かないかな?と思って・・・といただいたのが、京都・越後家多齢堂 かすていら

カステラ・・・イメージ全然なかったです。松風は好きで時々食べるのですが。
e0062977_08110184.jpg
入っている箱が、まずかわいい。色合わせや字体、デザイン、どれも好き。

せっかくなので、いただいたカスティラで、本日のお茶の時間にしましょう。


1回10cmは余裕ですというお
e0062977_08091603.jpg
言葉が頭から離れず、どっさりいきました。

お茶は、京都・一保堂の茎ほうじ。


さて、このかすてぃら。

最初の一口目、ん?甘さ控えめ?と思い噛み進めていくと柔らかい甘さと香りがどんどん溢れてくる。

お?おおお?

と思ってる間になくなってしまい、次の一口に。

また、お?おおお!!と思ってる間になくなってしまう。

次の一口に。また、お?おおお!!と思ってる間になくなってしまい次の一口・・なループできる美味しさ。

うちは、カステラ好きなので、今度、京都いったら絶対に買いたい~!!


ごちそうさまでした!

http://www.echigoya-kasutera.com/
(オンラインでも購入可能だそうです)
e0062977_08092251.jpg

by recipko2 | 2017-11-13 18:00 | AfternoonTea | Comments(0)


コスメやスキンケアや美容のこと。一生懸命あがいています。といっても最近は素敵なごみ・・・もとい日用品を買う方が多いけど。2019年も旅行に買い物に骨董市にと好きなことしまくります!


by recipko2

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2019年 05月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

フォロー中のブログ

<< お気に入りのブログ>>
Cozy's Cozy's World
映画のフェイクポスターをのせているブログ。本物かと思うほどの凄まじい出来です。

ニョニャ料理の日々

------------------------
広州
旅行口コミ情報

香港旅行・ホテルのクチコミ






*-*-*Twitterはじめました-*-*

「recipko」
で検索してみてください。

※おもに暴言。たまーに記事にする前のコスメのこととかつぶやいてます

*-*-**-*-**-*-**-*-**

https://iluquappa.stores.jp/

最新のコメント

お返事ありがとうございま..
by sokohaka-note at 20:03
> sokohaka-n..
by recipko2 at 13:49
はじめまして。突然のコメ..
by sokohaka-note at 00:16
おそらく緩めれば粗くなり..
by BJ at 15:30
大変ご無沙汰しています。..
by 葉っぱ at 15:51

ブログジャンル